週末は、2日間連続でピエモンテ州モンフェラート地方を訪問していました。
モンフェラート地方の小さなワイナリーに偶然の出会いがあり、交流ができて昨日の夕方、
自宅に帰る前に訪問しました。

一時帰国前で、この機会を逃したら、もうクリスマスを過ぎて来年になってしまうので
ここ数日間は、やり遂げたいことがいっぱいで、ピエモンテを走り回っています。

初めて訪れたモンフェラート地方の小さな町の集落。

20181118_160052

夕暮れのモンフェラート地方

20181118_160209

地下にあるワイナリーへ。

20181118_161210

この町で生産されているというサラミ2種類、ワイナリーのご家族の手造りの Cugna
(クーニャ:ワイナリーのバルベーラのブドウ果汁に花梨などの果物、ヘーゼルナッツなどを加えてジャムのように煮詰めたもの。)
と一緒に近郊の町のフレッシュなヤギのミルクのチーズが
用意されていました。

生産者のマッテオさん。先月、知り合った時、ほんの5分弱しか話をする時間がなかったのですが
その誠実で実直な印象だったので、機会があればワイナリーやブドウ畑を訪問したいと強く思っていました。

そしてワイナリーからのモンフェラート地方の丘陵地帯の眺めが想像していた以上に美しく
まだまだ私の知らない美しいピエモンテの小さな町や自然がたくさんあり、
それは、きっとこれからもこんな風に小さな発見がずっと続くことでしょう。

20181118_161925

GRIGNOLINO DEL MONFERRATO CASALESE
品種:Grignolino(グリニョリーノ)100%


20181118_163012

年間に合計8500本しか生産していない小さなワイナリーです。
ほぼすべて地元のモンフェラート地方で消費されるワインで
今までに海外に輸出したことがないとのことですが
醸造も丁寧で素晴らしく、後味もすっきりとして綺麗なので、
きっと日本で美味しく楽しめることでしょう。

これからその準備を進めてきます。

***************

ヨーロッパランキング ヨーロッパ(海外生活・情報)に参加しています。
クリックして応援して下さると嬉しいです。