日本でのお料理や風景が続いているので、今日は、ピエモンテの暮らしの日々の写真の更新です。

2019年のゴールデンウィークが最大10連休とのこともあり
この機会にアルプスの麓にあり豊かな自然の風景、ユネスコ世界遺産があり、美食の宝庫である
ピエモンテ州を旅行したい方も多くいらっしゃることでしょう。
今日は、メールで問い合わせの多かったトリノの街の風景の更新です。

トリノの中心部にある美しいサンカルロ広場(Piazza San Carlo

CAFFE` TORINO(カフェ トリノ)、CAFFE` SAN CARLO(カフェ サンカルロ)など
老舗カフェがある美しい広場。
ドイツ、オーストリアが好きな私にとって、ここは、まるでウィーンのカフェのようでした。

torino

私の暮らすノヴァーラ県は、ミラノとトリノの間にあり、ミラノ・トリノ間を結ぶ高速バスがあります。
私は、明るく華やかな商業の都市であるロンバルディア州の州都ミラノに通勤していました。

トリノを訪問した時、ピエモンテ州の州都トリノは、イタリア統一(リソルジメント)の
政治的・社会的運動の名残りなのかどこか重い空気を感じました。
それと同時に自分の暮らしている町がこのピエモンテ州であることを強く感じて
トリノの街並みをミラノ以上に好きになりたいという気持ちもありました。
(ミラノもトリノも、そして今まで暮らしていたボローニャ、ヴェネツィア、ローマ
そして短期間ですが、ワインバーで働かせてもらって滞在していたカッラーラ、ヴィアレッジョも、
どの都市もとっても好きです。)

ミラノに通勤している時に、同僚が持つ保健カード(tessera sanitaria) が
ロンバルディア州のデザインでピエモンテ州のものと違うのを見た時に
私は、違う土地に暮らしていて、ミラノに通勤しているのだと改めて思ったのです。

今、とても大切に考えている、ピエモンテ州。その州都トリノ。
その風景を皆さんにお届けします。

このピエモンテ州を訪れたいと思う方がいらしたら、とってもたくさんのおすすめがあります。

私が出張でトリノを訪れた時、レストランに入ったら、メニューも見ないですぐに決めるのは
ピエモンテ州の郷土料理のパスタ ”Ravioli del Plin” そしてチーズの盛り合わせ 。

こちらは、ピエモンテ牛ファッソーネと野菜を入れた小さなラビオリ(パスタ)になっていました。

Ravioli del plin(Agnolotti al plin) alla Piemontese
torino1

ピエモンテ州特産チーズとクーニャ(Cogna:洋ナシ、リンゴなどの果物、ヘーゼルナッツハーブをブドウの絞り汁、または赤ワインで煮詰めたもの。
ブドウは地場品種でNebbiolo、Dolcettoなど)とパプリカのジャム


torino 2

トリノの街並み。
カフェに立ち寄ってたり、博物館を訪れたり、美味しいチョコレートのお店を訪ねたり
とっても素敵な時間を過ごしました。

torino4

日本滞在中なので、次回のブログは、たぶん、ちょっとディープな東京の赤羽か秋葉原です。

**************

ヨーロッパランキング ヨーロッパ(海外生活・情報)に参加しています。
クリックして応援して下さると嬉しいです。