今日は、仕事の打ち合わせで秋葉原に行っていました。

以前、イタリア人向けの訪日(訪都)旅行のプロモーションの仕事をしていた時、
新たな試みで東京の視察コースに組み入れてみたのは、
秋葉原をIT産業の世界的拠点にと進められたプロジェクトで再開発されたエリアで
ITを活用した次世代ビジネスの秋葉原クロスフィールド
そして建築・環境デザイン部門でグッドデザイン賞を受賞した秋葉原UDXでした。

その後、別の年には、ポップカルチャー。アニメの聖地としてAKIHABARAを紹介するようになったので
秋葉原というと、その印象が強くなってしまいましたが、
今日、訪れた秋葉原のオフィスエリアで思ったことは、
様々な情報が行き交い、クロスするビジネスのポテンシャルが高く
まさに東京のビジネスのクロスフィールドだということです。

一時帰国の今、東京でしかできないことを思いっきり進めているわけですが
ちょっとピエモンテの日々が懐かしい。

今日のブログは、スマートフォンに残っていた写真から、
ピエモンテ州北部のワイン産地ゲンメの街から車で50分弱、ヴァラッロ(Varallo)の街の風景です。

ヴァラッロ(Varallo)は、ノヴァーラ県の隣ヴェルチェッリ県。
自宅から行きは、ワイン産地のゲンメ経由で、帰りは、同じくワイン産地 ヴェルチェッリ県
ガッティナーラの街を通ってみました。

Varallo1

街を見下ろすようにそびえている岩山へ。

Varallo3


Varallo4

ユネスコの世界遺産に登録されている巡礼地区(ピエモンテ州とロンバルディア州のサクリ・モンティ)
その中で最も古いのが、このヴァラッロ(Varallo)のサクロ・モンテになります。

Varallo5

この時、ヴァラッロの街に行ったのは、ピエモンテ州北部の美味しいお菓子の工房が目的だったのですが
最終的に輸入するのに採用したのは、ビエッラ県の菓子職人さんの作る郷土菓子になりました。

ワインが美味しい地域は、お菓子、そして蜂蜜もまた美味しいところが多いです。
素晴らしいお菓子に出会いました。

もし、イタリアにご旅行に行かれたら、ワインだけでなくその地域の美味しいものをたくさん見つけて
その街の持つ食文化、伝統をたくさん満喫して、とっても素敵な時間にしてみてください。

これから眠って、あと3時間後には、もう起きなければなりません。
日本での日々は、やりたいこといっぱいで、いつも夜更かしです。。。

明日、東京から日帰り出張で訪問する都市は、雪が降っているかもしれません。
それでは、また。良い1日をお過ごしください。

**************

ヨーロッパランキング ヨーロッパ(海外生活・情報)に参加しています。
クリックして応援して下さると嬉しいです。