今日も東京は、暖かい1日です。イタリアから一時帰国をした日は、まだ冬の入り口でした。
1つの季節を日本で過ごしているわけですが、これだけ長い一時帰国は初めてです。
まだ日本残業が続いています。今日は、お知らせのブログです。

tokyo


作家 辻仁成さんが編集長のwebマガジン「DesignStories」に私が書いた記事が掲載されました。

このブログに時々、登場するノヴァーラ県のワイナリー フランチェスコ・ブリガッティのブドウ畑と、その生産者フランチェスコとの会話を東京で思い出し書いたエッセイになります。

このエッセイのように、今、私は、東京のbar、ノヴァーラの丘の風景と異なる2つの世界から
生産者の方、それを近くて見ていた私の視点からワインを眺めているわけですが、
ワインのコルクを開けて飲む方たちに、また別のストーリーがあることでしょう。

次回の記事は、また違った角度から地元のワインを眺めて書いてみようと思っています。
時間のある時にぜひご覧ください。
PANORAMA STORIES イタリア名門、ピエモンテワインが愛される訳
辻仁成さん、本当にありがとうございます。2年以上も原稿を待っていただきすみませんでした。

**************
実は、前のブログの写真にあった苺のカクテルの後に、地元ノヴァーラ県のワインを飲んでいました。
エッセイに登場した場所は、開高健さんがよく行かれていた赤坂のBar kokageさんです。
そこで、コッリーネ・ノヴァレージ・ネッビオーロ: Colline Novaresi Nebbiolo“MotZiflon
コルクをマスターに開けてもらった時に、ふと視線の先に、静かにシガーを楽しむ男性の姿を見て
急に溢れる思いで、何か別のストラーダが(stradaは、イタリア語で道のことなのですが、
道というより、ストラーダと書く方がぴったりなので)
目の前に現れたような気がした夜に思ったことです。

Bar kokageさんのオーナーさんが経営する松濤にある会員制のオーセンティックバーで
ゲンメのワインを最近、開けてもらった時の写真です。

bar1


bar2

GHEMME "Oltre Il Bosco "2013 ゲンメ ”オルトレ イル ボスコ”2013 Francesco Brigatti  
北部ピエモンテ ノヴァーラ県ゲンメの近郊スーノのワイナリーのフランチェスコさんが
ゲンメの丘の 0.5 ヘクタールのブドウ畑を購入しネッビオーロを栽培し
ノヴァーラ県の偉大なワインゲンメを醸造しました。 年間生産本数 約1000本弱
スラヴォ二ア産オーク材の樽で 24 ヶ月熟成後、瓶内で 6 ヶ月熟成後、市場に出荷されます。
天然酵母、ノンフィルターのワインです。
ブドウの品種:ネッビオーロ 100%


**************

ヨーロッパランキング ヨーロッパ(海外生活・情報)に参加しています。
クリックして応援して下さると嬉しいです。