東京で道を歩いていた時に、見かけた濃い桃色で釣り鐘状のお花。おそらくカンヒザクラ。
メジロの鳥のコントラストが綺麗でした。

Prunus campanulata(カンヒザクラ)
Occhialino giapponese(メジロ)

mejiro

東京の実家周辺には、桜並木があります。
今年は、思いがけず、桜が咲き始める季節まで東京に滞在することになりました。
イタリアで暮らすようになって18年、春の時期に日本で過ごすことがなかったので、それ以来です。

イタリア人の訪日観光促進の仕事に関わっていた頃、イタリアにも桜があるのに
なぜそこまで、日本の桜の時期に日本行きの旅行が集中するのかと思ったりしながら
桜の名所の案内を当時、イタリア人向けに発信していた訪日(訪都)目的のSNS に
書いていた時期もありました。
仕事の終了もありアカウントも閉鎖してしまっていて今となっては、読み返すことができないのですが
フォロワーであるイタリア人の方たちが日本好きで歴史に関することを読むのが好きだったこともあり
8代将軍徳川吉宗が、江戸の町民のために植樹した飛鳥山(王子)のお花見風景の浮世絵と
江戸時代のお花見、お花見弁当のはじまりについて書いたように記憶しています。

ロゼワインと一緒に窓から桜を眺める。
そんな東京での話をイタリアに戻ったらワイナリーや農場の友人たちに話してみましょうか。

**************
少し前の土曜日の夕方の時間、私は、赤坂のオーセンティックバーで過ごしていました。
日本で過ごす時は、シェリー酒にすることが多いです。
今回の帰国時のミュンヘンから東京行きのANA機内でもシェリー酒(Dry sherry)でした。
シェリー酒(スペインでは、へレス:Jerez)は、スペイン・アンダルシア州で生産される酒精強化ワイン。
いつもは、爽やかな辛口のフィノなのですが、スペインのアンダルシア地方に行った時には、ミネラルを感じるmanzanilla(マンサリージャ)が好きでした。

kokage3


kokage1


kokage2

会員制の赤坂のオーセンティックバー 開高健さんが愛していたBar kokageさん

**************

ヨーロッパランキング ヨーロッパ(海外生活・情報)に参加しています。
クリックして応援して下さると嬉しいです。