今日は、画像、情報を提供した小学校高学年以上が対象の農作物についての本の紹介です。
以前、紹介した小学校高学年以上が対象の『ダイズの大百科』『イネの大百科』に引き続き
(過去のブログ  お知らせ(農業書の紹介)http://blog.livedoor.jp/airone0219/archives/52104954.html)
画像・情報提供をした『トウモロコシの大百科』の本が届きました。
この本では、世界三大穀物であるイネ、コムギと並ぶトウモロコシについて世界各地での生産や利用、人間社会とのかかわりについてわかりやすく書かれています。

ヨーロッパのトウモロコシ作では、ピエモンテ州ノヴァーラ県の平野部に広がるトウモロコシ畑
そしてバイオマス燃料用に収穫されている様子、また、ピエモンテ州モンフェラート地方の農場で
収穫されたポレンタ用のトウモロコシを天日で乾燥させているところの画像など提供しています。

*北イタリア、ポー川流域の農業地域は、バイオマスエネルギーのプラントが集中していて
バイオマスエネルギー専用のトウモロコシの品種が多くあります。

とうもろこしの大百科


トウモロコシの大百科2

まるごと探究! 世界の作物
トウモロコシの大百科
濃沼圭一(編集)
発行:農山漁村文化協会


**************
日本滞在中の写真は、東京の景色、オーセンティックバー、イタリアンレストラン、ワインバーでの
写真が続いているので、今日は、軽井沢のエコの農園さんを訪問した時の写真です。

ここは、長野県、雄大な浅間山の南麓・千ヶ滝西区の農園です。
自然の生態系保全のため化学物質を一切使用せずイタリアなどの西洋野菜の栽培をしている
オルトアサマさん。

karuizawa

雄大な八ヶ岳連峰を望む。

karuizawa2

東京では、軽井沢のオーガニック野菜のサラダをピエモンテのオリーブオイルで楽しむ日々でした。
ピエモンテの日々に戻ったら、近所の稲作農場のお米でリゾットやお豆やお米を入れた野菜スープの日々に
帰っていきます。

そしてスマートフォンには、まだまだたくさんの春の東京の風景やお料理、ワイン、
知人や日本のスタッフさんと飲む機会が多かった日本酒の写真が残っています。
日本では、素敵な日々がたくさんありました。

今日は、日差しのない東京の空、今にも雨が降りそうなグレーの空が広がっています。
そういえば、雨の夕方の銀座の風景が好きで印象に残っています。
最後、あと少し東京での日々の写真が続きます。

**************

ヨーロッパランキング ヨーロッパ(海外生活・情報)に参加しています。