北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして

ピエモンテ州ノヴァーラ県の稲作地域での暮らし。 バローロ、モンフェラート、ゲンメのワイナリー、ピエモンテ料理ときどき地域猫のぴーちゃん

フランスワイン

帰国の前に。

木曜日の23時25分にパリの空港を出発し、日本に向かいました。

写真は、夜のパリ、シャルル・ド・ゴール空港です。
CDG 20Nov2008 1
























毎年11月第3木曜日に解禁されるフランスの新酒ボジョレー・ヌーヴォー
(Beaujolais nouveau)は機内にもありました。

私は、出発ロビーで。
CDG 20Nov2008 2
















*********************************************************

長くブログが更新できず申し訳ありませんでした。
その間に書きたかったことがいろいろとあります。

そのうちのひとつ、それは、夜のピエモンテのブドウ畑の光景です。

**********************************************************

出発前日の夜、アルバのワイナリーまで
書類を受け取りに行き、その帰り道のこと。

いつも高速を使わず、一般道で行くために
街灯もない真っ暗な道を走り続けます。

うっすらと霧になり、どうやら、道を間違えてしまったようでした。

急なカーブの丘が続き、不安な気持ちになりながら
道を確認しようと、丘の上に車が停車できるスペースを見つけ
そこまでとにかく登り、いったん停車することにしました。

その時です。私の車のライトに照らされ
真っ暗で、うっすらとした霧の中紅葉したブドウ畑が現れました。

霧雨の中、車を停車し、思わず車の外に出てみました。

美しい葉の色を見て、”ドルチェットか・・・。”

まだ紅葉した葉が残る、冬の始まりの夜の霧の中に見える
ブドウ畑があまりにも神秘的だったのです。

夜のワイナリーで。
打ち合わせをしていた暖炉のある部屋。
ワイナリーの一室で























母へのお土産に買ってきたのは、ピエモンテのチーズ。

toma














blogランキング
に参加しています。
どうか、クリックして応援して下さい。

今回は、約2週間の帰国です。

今日、父の法事が済みました。
毎年、ボジョレー・ヌヴォーの季節が来ると思い出します。

Yvon et Chantal Contat-Grange'

空を見上げると低い位置で
ノガモ(Germano)が通り過ぎていきました。

germano


















そして雲の合間をゆったりとサギ(Airone)が飛んでいきました。

airone
















今日は、デジタルカメラに残っていた日本の画像から。
日本で飲んだフランスワインを紹介。

普段、イタリアでは、飲む機会がないワインで
母が飲むやすいワインにしようと選んだのが
このブルゴーニュワインです。

ブルゴーニュワイン
Yvon et Chantal Contat-Grangé 
Bourogogne Rouge

Appellation Contrôlée:
Village de la Côte de Beaune
Les Maranges
2006
ブドウの品種:Pinot Noir.
アルコール度数:12%

透明感のあるルビー色。
果物の香りよりも先にスパイスの香りベルガモット、
湿った土地
そして赤い実の森の果物、ラズベリー、キイチゴ
すみれの花の香り
土壌から来るミネラルが感じられるワインで
少しタンニンが口の中で残る
華やかさはないけれど、自然で素朴な味わいです。

日本では、たった1時間しか会う時間がなかった私に
祖母が買ってくれたパンを使って母が作ってくれた前菜でした。

日本で














************************************************

カメラの中に残された数枚の写真を見ていたら
いろいろな1日の出来事が次々に想い出されました。

blogランキング
に参加しています。
どうか、クリックして応援して下さい。

今、ラジオから懐かしいメロディが流れてきました。
小さい頃、エレクトーンで弾いていたので
鮮明に覚えていた曲です。
歌詞がイタリア語でしたが、日本語とだいたい似ている
内容だったのですぐに気が付きました。
昔、日本でカバー曲というのが多かったのですね。
Mr.サマータイム

Muscat Petits grains

今日も、暖かい1日でした。

4mar2008

















************************************************

日曜日にこの町でチーズの試食会が行われました。

試食会の準備














試食チーズ











チーズは、英国とアイルランドの信頼ある生産者によって
大切に作られたものが4種類

これらのチーズに一緒に添えられていたジャムは
やや黒い方は、イチジクとぺペロンチーノ
そしてもう一方は、生姜とアプリコットのジャムです。

写真の一番上から
英国のChedder Montgomery's
世界中に知られている英国のチェダーチーズです。
口の中にぎっしりと詰まった硬さの中に伸びやかな広がりが
感じられます。
もし、ここで一緒にピエモンテのワインならば
私は、樽熟成しているバルベーラが飲みたいです。

Dilliskus
やや黒っぽい色をしたこのチーズは、海草が加えられています。
アイルランド産
やや塩味とほろ苦さの残るチーズ

Stichelton Neals Yard
英国ノッティンガムで作られた青かびのあるチーズ

Bellingham Blue
アイルランドで作られた青かびのあるチーズ

いずれもノヴァーラ県の柔らかでクリーミーなゴルゴンゾーラと
違い、硬質であり、その良質なミネラルと塩分が英国そして
アイルランドの冷たく澄んだ空気を思い出させます。

私がアイルランドを訪れたのは、もう何年も前の夏の日でした。

それでも透明で冷たい空気に覆われ

急遽、厚手のセーターと強い風を遮るために毛糸で編んである
ヘアーバンドを買いました。

それらは、まだ日本の実家に残っていて
2月の一時帰国の時に、この毛糸のヘアーバンドをつけていました。



チーズの試食会のために準備されていたワインは
フランスの甘口ワイン
(酒精強化ワインのVDN(Vin Doux Naturel)
ヴァン・ドゥー・ナチュレル)でした。

muscat de miravalMUSCAT DE MIREVAL
VDN (VIN DOUX NATUREL)
地域:Languedoc Roussillon 
ラングドック ルーション地方のAOC
(Appellations d'Origine contrôlée)
ブドウの品種:Muscat Petits grains
発酵中のワインにブランデーを添加している酒精強化酒。
ブランデーを入れることによって発酵を止め
ブドウの糖分がアルコールに変化しないで
残されているのです。
アルコール度数:15%
DOMAINE DU MOULINAS

芳香のあるMuscat種でアーモンド、蜂蜜やアプリコットの香りで
柔らかな丸みを持った余韻の長いさわやかな甘口で
これらのチーズと良く合います。


少人数のこの試食会では、話し合いの場ももたれていました。
すでに他のスローフードのメンバーは、顔見知り同士のようでした。

そこに1人、偶然、知り合ったカメラマンが私を招待してくれたのでした。
この小さな町で開催されて、参加したのは
消費者の代表として正装したトリノやノヴァーラの人だけで
地元は、私たったひとりでした。

テーブルの置かれた会場は、以前、画廊の展示会などのために
私が清掃していた場所であり、常に町の人が近くにいました。

町のみんなが不在のこの場所で、私は、フランスワインの解説をし
町の友達は、食べることがないであろう遠く英国、アイルランドの
チーズを試食し、不思議な感覚になっていました。

しばらくそれぞれが隣の人と談笑していた頃
カメラマンが、ワインを飲みながら
日本についていくつか質問してきました。

私が日本の食料自給率のことに触れた時
大きな声でなかったのだけれど

みんながそれぞれの会話をやめ、静まり返り
気が付くと私の方を向き、真剣な顔で聞いていました。

急に注目されたことで顔が火照りながらも
静かにゆくっりとしたイタリア語で話し、そこから
みんなの話題が広がっていきます。

いつも地元のバールで楽しく話して笑っている時と
違う人格の自分のような気がしてきました。


でもそれも悪くない・・・。


参加したメンバーとメールアドレスの交換を終えると
すでに13時半を過ぎていました。


外は、とても暖かく、コートを手に持って家に向かおうとしました。

会場のあった建物の大きな門を抜けると
目の前にいつものバールが見え

”RIE!どこに行っていたんだ。こっちにおいでよ。
食事は、終わったのか。”と大きな声で呼ぶ声がしてきました。

みるとトレーナーやTシャツ姿で、外に置かれたテーブルで
楽しそうに談笑している町の人々でした。

その声を聞いて友達のロミーナが
お店のカウンターから外に出てきました。

blogランキング
に参加しています。
どうか、クリックして応援して下さい。

GRANDS ECHEZEAUX

早いところでは、もう田んぼに水が入り始めました。
自宅近くの春の用水路を散策した時の写真です。

春の用水路2007













時々、ピンク色の大きな花ビラが流れてきます。
ただ、用水路の付近は、地平線まで見渡すかぎり田んぼで
どこから、この花びらは、運ばれてきたのでしょう。

この水は、遠くスイスのモンテローザを水源とする
大きな河川の支流から供給されています。


最近飲んだワインは、フランスワインです。

grands echezeaux
Grands Echézeaux
Région :ブルゴーニュ(Bourgogne)
Sous-région : コート・ドゥ・ニュイ(Côtes de Nuits)
ヴォーヌ・ロマネ(Vosne-Romanée)
Appellation :
グラン・エシェゾー(Grands Echézeaux) Grand Cru
1996
ブドウの品種:Pino Noir
アルコール度数:13.5%
Georges Noellat





透明感を持つレンガ色がかった深いルビー色のワインを注ぎました。
バローロと違い、女性的で優雅なこのワインは

ダークチェリーや野いちご、ラズベリー、ローズティーの香りの中に
トリュフやムスキオ(Muschio:麝香)
マジョラーナ(Maggiorana:シソ科でイタリアでは、野菜の香味料や
肉料理にも使うこともあります。)など
香りに複雑さと深みがあります。

深い余韻がありながら、後味がすっきりとしたエレガントなワインです。

このブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネの地域は、
何度か訪れたことがあり

そのブドウ畑の風景を思い出していました。

この1996年の秋の初めにも訪れています。
その時のブドウでしょうか・・・。
約10年の時間が経過して、再び、巡りあいました。

ブドウは、ゆっくり時間を経過して美味しいワインに
そして私は、更にワインの勉強をして北イタリアに住んでいます。

この日は、イタリア料理との組み合わせではなく
ル・コルドン・ブルーのフランス料理の本を見ながら
作ったものにしました。

この優雅なワインは、ピエモンテ牛のグリルなどでなく
若鶏を使ったフランス料理風のものにしようと思ったからです。

29日から始まったヴェローナのワインフェアであるVINITALY。
この期間中、私は、いつもの仕事が休みになり
4月2日までヴェローナまで日帰りです。

ただ、週末の土日だけは、このピエモンテのワイン農家
そして、ピエモンテ州のエノテカを何件か訪問したり
この田舎で過ごそうとしています。

華やかな国際見本市でのワインの関わりとは、また違った角度から
ワインについて、ゆっくり考える時間が急に欲しくなりました。

自分が本当に勉強してきたワインに関する専門知識は
どこに向かおうとしているのか・・・そんなことも含めて

本質が見えなくならないようにバランスをとる時間が
私には、どこか必要になることもあるからです。

blogランキング
に参加しています。
どうか、クリックして応援して下さい。

Cru Bourgeois

自宅から12km離れた農家からの帰り道。
車から降りて写真を撮りました。

日が沈む少し前になり、前方のアルプスの山々が
ほんのりピンク色に見えてきました。

昨夜は、そんなに寒かったかしら・・・と考えました。
ここ2、3日で、すっかり白い雪で覆われていたからです。

帰り道の景色 12,2006















16時になって、農家で15歳の女の子との
勉強の時間が終わると

いつも明るいお母さんが仕事から帰ってきました。

”RIE、まだ居る???”と大きな声が聞こえ

番犬になっている小さなかわいい犬が
その大きな声に反応して吠え始めました。




そんなお母さんとコーヒーとクッキーでの時間は
ここでの生活の中の楽しい時間のひとつです。

オフィス勤務である女の子のお母さんが仕事仲間から
もらったというクッキーを嬉しそうに並べました。




”私もRIE先生のように、小学生の家庭教師を
毎週金曜日に始めたのよ。宿題のお手伝いだけどね。”

そう言って、帰り際に窓から手を振っていた
素朴な15歳の女の子のことを思い出しながら

ずっとこんな静かで幸せな田舎での暮らしが続くようにと祈り

車窓からのアルプスを眺めていたその景色が、上の写真です。



今夜は、フランスワインで。

ボルドーワインChâteau Rollan de By
Bordeau Médoc Cru Bourgeois
(APPELLATION MÉDOC CONTRÔLÉE)
2003

ブドウの品種:Merlot 70%
Cabernet Sauvignon & Cabernet Franc 20%
Petit Verdot 10%

アルコール度数:13.5%
ワイン醸造学:
イタリア人ワイン醸造家
(Ricardo COTARELLA)





仕事がクリスマス時期から始まるのと、
その後のお仕事が春からずっと続くこともあり

まとまった冬の休暇の時期に

ほんの4,5日でもどこか旅に出ようと思うのです。
どこか遠くに。

blogランキング
に参加しています。どうかクリックして応援して下さい。

トリノで試飲したワイン

食の国際見本市(SALONE INTERNAZIONALE DEL GUSTO)の帰りに
見たトリノの空です。

トリノの空


















先日のブログの続きになります。

この日に試飲したワインです。


国際見本市のワインコーナーは
ワインの生産者と話す場でなく

楽しく会場に来た方が
ワインを飲むように出来ていました。

リストの多いワインバーが会場内の一角に設けられているのです。

1973種類に及ぶリストがあり、4段階に値段が分かれています。

よく考えてみると一般のワインバーで飲むのと
値段に大きく差がありません。


それならば、一口の試飲程度でなく
赤、白の2種類をグラスに一杯ずつ

ここでは、楽しく美味しく飲むことにしようと思ったのです。


白ワインとパン赤ワインとパン











白は、オーストリアからブレンナー峠を通過していく
北イタリアの地域のワインをを飲んでみようとすぐに決めました。

イタリアで飲む機会がほとんどないオーストリアワインと
どちらにしようかと迷いましたが、

何度か試飲したこともある好きなワインに。

北イタリア、アルト・アディジェ(ALTO ADIGE)地方の
Mannaというワインを選びました。


franz-haas
MANNA
Bianco IGT
2004
ブドウの品種:Riesling 50%
       Chardonnay 20%
       Aromatic Traminer 20%
       Sauvignon Blanc 10%

アルコール度数:13.5%
FranzHaas





これは、4種類のブドウの品種を使っています。
品種により、収穫時期が異なるため
醸造を品種により別々に行っています。

それぞれの品種の持つ個性が活かされながら
そして気品のある余韻の長い白ワイン。

これは、この地方の持つ輝いているミネラルが感じられる
お気に入りのワインのひとつです。


赤ワインの試飲は、すぐに決まりました。

ピエモンテの高級ワインもリストに並んでいましたが

探したかったワインは、CÔTE du RHÔNE(ローヌ地方)
有機農法BIODYVIN(Biodynamique)で作られたフランスワイン。

できればジビエなどにも合うような力強い味わいのもので
最初に飲んだ白ワインの13.5%よりもアルコール度数が高いもの。

そしてそれにぴったりのものが、リストで見つかり
迷わず、これを選びました。

hermitage bio
Hermitage Rouge
Monier de la Sizeranne

2003
ブドウの品種:Syrah
アルコール度数:15%
M.CHAPOUTIER











国際見本市をあとにし、自宅に向かうことにしました。

いつも地平線が見えている私の田舎の町と違い
美しい邸宅と高い建物の間から空が見えます。

この日もピエモンテは、青い空と秋の綺麗な雲でした。
その時に見た空が最初の写真です。


短い時間であったけれど、美味しいワインが飲めたことで
充実した気持ちでいっぱいでした。

そろそろ、うちに帰ろうとバス乗り場に向かっていました。

まだいたネーヴェちゃん

”あっ。まだいたの。ネーヴェちゃん。”

オリンピックの頃が
急に懐かしくなりました。




たくさん買っておいたバスの切符を使ってみると
回りの人が使っている切符とデザインも違いました。

”まだこれでも使えるのかしら・・・”と
近くにいた学生さんに尋ねると

”大丈夫じゃないかな。地下鉄でなければ。”

あれから、時間が経っていたことを感じていました。

blogランキング
に参加しています。どうかクリックして応援して下さい。


対戦国 フランスのワイン

気持ちのいい午後だったので、自転車に乗って
自然の空気をたくさん吸って心も浄化しようと出かけました。

写真は、お米よりも一足早い収穫の終わった麦畑です。
緑色の水田が多いこの町は、秋になれば、お米の収穫。
そして一面黄金色の町になります。
麦畑の収穫














ワールドカップ。イタリアとフランスで真っ先に
私は、ワインの戦いのように思えてしまいました。
今日は、対戦国のフランスの美味しいワインを紹介します。

イタリアでは、海外のワインを買うことが難しいので
このワインもイタリア・ソムリエ協会のソムリエのいる
専門のエノテカで見つけました。

chablisCHABLIS GRAN CRU VAUDÉSIR
2000
ブドウの品種:Chardonnay 100%
アルコール度数13%
CHABLIGIENE






2000年は、シャブリ地域にとって、必ずしも良い年とは
いえなかったのですが、酸味とシャブリ地域のシャルドネ種の持つ
ミネラル成分のバランスが良く、とても美味しいワインでした。

輝きを持ったほんのりと緑色がかった金色。
まるで偉大なシャンパンを思い出すような香りがしてきます。
新鮮なへーゼルナッツや熟れた洋ナシのような香りを持っています。



まだ中田選手が若い、フランスのワールドカップの時
アルゼンチン戦のトゥールーズで
たまたま仕事で一緒にいたフランス人の運転手さんが
"彼は、ジダンに似てるね。"と話題になり
近くにいた見知らぬ他のフランス人も
"ああ。そうだね。そういえば似てるね。"

外見が似ていたのか、どうか、なぜ、そう思ったのか
今では、わからないけれど、そんな会話がありました。


ワールドカップを楽しみに思う土曜日の午後
勝つかな、どうかな・・・。終わると淋しいかもしれないと
思いながら、広場で遊ぶ子供たちを見ていました。

もちろん、イタリアに勝って欲しい。
そこには、近所の幼い子供たちの夢があるから。

いつも、自転車で遊び、何度か一緒にお付き合いした缶蹴りの遊びが
みんな、なぜかサッカーをしているから。
その小さな真剣な眼差しを見たら、勝って、そしてみんなに夢を・・・と
とても思ったのです。

今日のワインは、和食にも美味しいです。
私は、以前、パリのホテルでいつも食べていた
鶏肉のネギのクリームソースで。

ほんのりと甘い鶏肉のクリームソースが、このワインの酸味と
すっきりとした辛口であるミネラルの利いた味と
バランスがとれます。

日本なら、お寿司にも美味しいワインです。

blogランキングに参加しています。
よかったらクリックして応援して下さい。

いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。
とても嬉しいです。

フランスワインで

先日は、パスクア休暇明けだったため、
ローマから帰りのミラノ行きのユーロスターの空席がなく、

サルデーニャ島から来ている仲良しのアレッサンドラも
飛行機が満席で、翌日の朝に帰ることになっていました。

時間があいてしまった私たちは、ワイングラスで乾杯しながら
しばらく一緒に時間をすごしていました。

アレッサンドラは、サルデーニャ島でこの夏にエノテカを
オープンするため、

"とても忙しいのよ。"と困ったような顔をしながら、
とても幸せそうに、その準備の話をしてくれます。

私たちが、この日、試飲したワインは、フランスワイン

イタリアは、自分の国のワインを主に消費しているため、
輸入ワインは、大変数少ないです。

gevrey chambertin

GEVREY-CHAMBERTIN
(ジュヴレ・シャンベルタン)

1er CRU
CLOS ST JACQUES

アルコール度数 13%
ブドウの品種 PINOT NOIR
DOMINIQUE LAURENT







"これは、grande vino(偉大なワイン)ね。"
アレッサンドラは、グラスをゆっくり回しながら

"フランスワインやスペインワインも置こうと思うの。"と
目を輝かせて、嬉しそうに語っていました。

ブルゴーニュの赤ワインは、若いようで、香りに複雑さを持ち、
バラやスミレのような花の香りと木苺などの森のフルーツや
真っ赤なオレンジの香りの中に

ローズマリーなどの香草や、しょうがなどの
オリエンタルなスパイス、そして鉄分やミネラルを感じるのです。


私は、その後、夜中の12時過ぎにローマを出発する
夜行列車で帰ることにしたのですが、

この日は、予想通り、多くの乗客で通路までいっぱいでした。

一睡もしていない上、朝5時過ぎまで、空席がなく
ずっと窓越しに立ったままでいた私は、

帰ったら、このまま1日、眠って終わってしまいそうだと
ため息をつきながら、列車を降り、自宅に向かいます。

町が近づいてきた頃、そんな私の目の前の光景は、
朝日が水面に反射している水田地帯でした。
それは、大切な1日の始まりを感じるのです。
19042006


















ブログを書いている今、教会の鐘の音がしてきます。
あれからもう、長い時間が過ぎて、
眠って過ごしてしまうことなく、夜の10時になりました。

今日の最後には、アレッサンドラに昨日の楽しかった
お礼のメールを書いて、その後にゆっくりと昨夜の疲れをとります。

blogランキング
Profile
写真 文章の著作権は
RIE OKUYAMA、Wine・Art Co.ltdにあります。
copyright(c) 2005-2017 
RIE OKUYAMA All rights reserved.


Archives
  • ライブドアブログ