北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして

ピエモンテ州ノヴァーラ県の農業地域での暮らし。 アルトピエモンテ地方ノヴァーラ県、ゲンメのワイナリーの他、ランゲ地方バローロ、モンフェラート地方、海沿いのトスカーナ州マッサ・カッラーラ県のワイナリー、稲作、養豚、果樹園などイタリアの農業調査の仕事のこと、ピエモンテ料理ときどき地域猫のぴーちゃんとみーちゃん。

ヴェネトのワイン・お料理

ヴェネト州のワイナリーへ

ジャーナリストさんのグループがヴェネツィアからスロヴェニアに向けて出発するのを見送った後、
ヴェネツィアから車で約1時間、ヴェネト州のコッリ エウガネイ州立自然公園にある丘陵地帯
Colli Euganei(コッリ エウガネイ)のワイナリーに立ち寄りました。

生産者さんのジョバンニさんとは、ミラノで知り合い、それから何度か私は、
彼のワインを試飲する機会がありました。
”いつかヴェネト州にくることがあったら、コッリ エウガネイに来てその環境や土壌を見に来るといいよ。”

ピエモンテのワイナリーから海沿いの取引先でもあるトスカーナ州マッサ・カッラーラのワイナリーや
バルサミコ工房のあるモデナまでは、何度も行く機会があったものの
ヴェネツィアに行くことがあっても、ヴェネト州のワイナリ―まで行く時間が持てなかったのです。
それをとても残念がっていたジョヴァンニさんと何度かそんな会話をしていたのを思い出して

ヴェネツィアに行く数日前にメッセンジャーで連絡してみると
”11時頃に来るといいよ。もし、時間が許すようだったら、みんなでそのままランチでもどうかな。”
**************
ワイナリーに到着。

cantina

丘陵地帯 Colli Euganei(コッリ エウガネイ)

cantina2

ブドウ畑の土壌:火山岩

terra

ジョヴァンニさんと試飲して語り合うひととき

vino1 (2)

この日、全種類のワインを試飲していますが、これからヴェネト州のワインも
取り扱ってみたいと思っていて、そのワインは、こちらの白ワイン。
ノンフィルターの微発泡辛口のワイン

VINO BIOLOGICO VENETO IGT
VINO BIANCO FRIZZANTE (微発泡 白ワイン)
右のボトル 品種: Glera100% (グレラ)
左のボトル 品種: Moscato Giallo 100%(モスカート・ジャッロ)

vino1 (1)

国際品種であるメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを使った赤ワインは、
ランチタイムでもみんなで美味しく楽しみました。

VINO BIOLOGICO
DOC COLLI EUGANEI
品種: Merlot,Cabernet Sauvignon


vino2


ピエモンテに帰る前に、ワイナリーのジョヴァンニさんとみんなでランチタイム。
お肉屋さんが経営するレストランで。

たくさん並んでいるのは、キアニーナ牛(Chianina

pranzo1

前菜は、仔牛の内臓の食用部分のフライ。(仔牛の胸腺、脳、胃袋:トリッパ)
これは、おすすめの一品らしくて、張り切って頼んでいるジョヴァンニさんの横で
”大丈夫かな・・・。食べれるかしら”と思ったものの、とっても美味しかったのでびっくりです。
おそらくお肉屋さんならでは美味しさなのかもしれません。

Un fritto di animella,cervella e trippa
pranzo3

トスカーナ州ピストイア近郊ソラーナのキアニーナ牛のグリル。
La fiorentina di Sorana
pranzo2

昨日に続いて、急いでヴェネト州の記事を更新しました。
明日からは、ピエモンテの白トリュフ、バローロ、そして地元のノヴァーラ県ゲンメ、オルタ湖
での日々が続きます。
秋が深まってきて、ワイン、お料理がとても美味しく感じられる季節です。

どうか素敵な秋の日々を。

*****************

人気ブログランキング
に参加しています。

ヴェネツィアで待ち合わせ

”お願いがあるの。ヴェネツィアで22名の夕食を予約してもらえるかしら。”と
知り合いでお世話になっているジャーナリストさんから連絡が来ました。

”ヴェネツィアか・・・。”
ちょうど17年前の秋、ヴェネツィアで暮らし始めた頃は、9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の後でした。

当時、ヴェネツィアから観光客も減り、タイミング的に、この街で仕事を
見つけることができないだろうと思いながら、重い大きなスーツケースを2つ持って
リド島に引っ越した日のこと、そして秋のヴェネツィアの風景を思い出しました。

*************
ヴェネツィアのホテルで朝、待ち合わせだったので、ノヴァーラ県の自宅を朝3時に出発。
夜が明ける頃、パドヴァを通過、そしてちょうど約束の時間に懐かしいヴェネツィアに到着しました。

晴れた秋のヴェネツィアで。

venezia1'


venezia2'


venezia1

この日は、散策の合間に優雅にサンマルコ広場周辺の歴史あるカフェで過ごし、
ハリーズバーで桃のカクテル、ベリーニを飲んだりしていました。

そして夕食前にリアルト橋周辺の路地でアペリティーボでは、
フリウーリ・ヴェネツィア・ジューリア州の白ワイン リボッラ・ジャッラ(Ribolla gialla)を。

venezia5


venezia

夕食は、20名以上だったので、メニューとワインは、すべて私が先に選んでおき、
前菜、パスタメイン、デザートをそれぞれ2種類くらいずつの郷土料理を
レストランの方と決めておいて、その中から皆さんにお好きなものを選んでもらいました。

もし初めてヴェネツィアにいらしたら、きっといろいろと味わってみたいことと思い
前菜は、アドリア海の生の魚介類の盛り合わせ
または、気軽にヴェネツィアの味が楽しめるおつまみの盛り合わせ(Selezione di cicchetti veneziani)から選んでもらいました。

私は、アドリア海の魚介類の盛り合わせを。
Crudo di pesce
antipasto


そしてパスタやリゾットは、きっと皆さん、いろいろと少しずつ楽しみたい思っていることと思い
1種類でなく、少ない分量で2種類の盛り合わせを用意してもらいました。
魚介類のリゾットとイカ墨のスパゲッティ、
ボンゴレのスパゲッティとイカ墨を練りこんだパスタの蟹クリームソース

ASSAGGI DI PRIMI PIATTI
Risotto di pesce e spaghetti al nero di seppia

veenzia4


ASSAGGI DI PRIMI PIATTI
Tagliolini neri al granchio e spaghetti alle vongole

venezia3

メインは、魚介類のフライ(Fritto misto di pesce)か、
ヴェネツィア風レバーソテー(Fegato alla Veneziana)から
選んでもらいました。レバーを選ばれた方が多かったです。
私は、魚介類のフライを。

Fritto misto di pesce
secondo

デザートは、それぞれ選んでもらいました。
私は、パイナップルを使ったデザートを。
dolce

ワインは、3,4種類からお料理や好みに合わせて楽しんでもらいました。
最初の乾杯でProsecco di Valdobbiadene(ヴェネツィアのあるヴェネト州のスパークリングワイン)
イタリアの北東部フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア(Friuri-Venezia Giulia)州のシャルドネ
SOAVE(地元ヴェネト州のワイン ソアヴェ)
Orto di Venezia (ヴェネツィア サンテラズモ島 Isola di S.Erasmo の白ワイン)

皆さんの行程では、ヴェネツィアでの夕食はこの1回だけだったので、
もし、初めてヴェネツィアに来たら、どんなものを食べてみたいだろうか
ワインは、どんなものを飲んでみたいと思うだろうかと考える時間は、楽しいです。

ワインは、レバーもあるのと、赤ワインの方がお好きな方もいらっしゃると思ったので
赤ワインも1種類考えていたのですが、白ワインとミネラルウォーターをとっても楽しまれていて
量もちょうど良かったのでプロセッコで乾杯の後は、3種類の白ワインで、シャルドネをメインに。

***************
この日は、ノヴァーラから列車でなく、ヴェネツィアまで車で向かったのは、
翌日、ヴェネツィアから近いパドヴァ県にあるワイナリーに訪問したかったからです。
ピエモンテ州とは違った食文化と品種、そしてブドウ畑の丘陵地帯も
ぜひ、この機会に見ておきたかったのです。

次回は、そんなヴェネト州のワイナリーで過ごした時間を更新します。

*****************

人気ブログランキング
に参加しています。
Profile

RIE

ピエモンテ州のお米とワイン産地ノヴァーラ県にある人口1000人弱の小さな町で暮らし、主にピエモンテ州北部(アルトピエモンテ地方)のワイナリー、ノヴァーラ県の稲作、養豚、酪農などの農業地域で過ごしながら、年に3,4回日本に帰国。日本では、2008年から酒類販売免許を持ち、2017年からは、個人の方やレストランさんへの小売販売免許の他、ワインショップ、酒屋さんへの卸売販売免許も取得。
ピエモンテワイン、オリーブオイルなどの直輸入販売。東京、軽井沢からゆうパックで全国に発送しています。

農業視察や農業調査、ワイナリー訪問の他、日本帰国時にピエモンテワイン会、試飲会など企画しています。
ローマにてイタリアソムリエ協会ソムリエ資格。上級コースであるマスターコースも修了。
得た知識をできるだけ多くの方に伝え、皆さんにピエモンテのワイン、農業地域での暮らしを楽しく読んでいただければと思います。

http://www.wineart-piemonte.com/

人気ブログランキング

ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング

ヨーロッパ(海外生活・情報)のブログランキングに参加しています。
クリックして応援してくださると嬉しいです。

Instagram(インスタグラム)
写真 文章の著作権
copyright(c) 2005-2019 
RIE OKUYAMA Wine・Art Co.ltdAll rights reserved.




Facebookページ
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ