【読書】逆説ビジネス学(プロレスラー&麺ジャラスK・川田利明)

DSC_0909
「開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学」

この本を読んで、
前から考えてきた喫茶店起業は“甘くない”と強烈に感じた。

サクセスストーリーが多く書かれているノウハウ本やガイドブックの中、
この本は失敗談などリアリティに書かれている。

ある意味、「失敗」は何よりの参考書でもある。

著者・川田利明が
ここまでずっとやってこられたのは、
ほかでもない、
単なる「意地っ張り」である(笑)
 



 


迷いやすかった、登別市最高峰「バケモノ山」(1077m)

好天気が続いた休日。
札幌市から約97km先のオロフレ峠駐車場に向かった。
今回の目的は、1077m峰の通称「バケモノ山」へ。

DSC_0733
オロフレ峠展望までの道路はまだ積雪で通行止めだった。
ここからは徒歩で(時々ジョギング)。

DSC_0737
バケモノ山へ行くには、カルルス山登山口から登らなければならない。
オロフレ山登山口の反対側にあり、マイナーな山のせいか、誰も登らなかった(終始すれ違いなし)。

DSC_0736
羊蹄山がくっきりと顔を出した。
登山日和

DSC_0741
いきなり急登から始まり、ゼーハーゼーハー(汗)

DSC_0744
木の枝を避けるように腰を曲げながら登る所もあった。

DSC_0745
1000mあたりからは登山道が消え、ここからは雪一面に。

DSC_0746
登別市と大滝区の境界線である尾根に上がった。
見晴らしは良いが、正直登山道がどこにあるのかわからなかった。
とりあえずピークらしき所へ歩いた。

DSC_0750
いくつかのアップダウンを乗り越えたが…
え? どっち?どっち?
方向感覚を失うような景色。

DSC_0758
行き止まり。
ここからは笹薮漕ぎしなければならないのか?
いや、踏み跡はあるはず。
何回もこのあたりをくるくるした。

DSC_0762
電波が届くので、スマホのGPSアプリを起動してみた。
すると、1077pは進行方向のやや左側にあったので、笹薮漕ぎへ突入。

DSC_0770
やっと「バケモノ山」の看板を見つけた時は思わず、「見つけたぞ!」と叫んだ。

バケモノが出現しそうな迷いやすい山のことから「バケモノ山」と呼ばれたらしい。

なるほど、納得。

次は、
バケモノ山から約300mあたりに「カルルス山」の標識があるという情報を知っていたので探し回ったが、
笹薮漕ぎが多くて萎えてしまったので、完全に雪が融けてからリベンジすることにした。

DSC_0797
(帰り、中山峠名物のあげいもを喰う)

笹薮漕ぎで、足は傷だらけ

血が出ていました(泣)

痒くてかぶれてしまいました。

短パンに生足は、危険ですね。

やはり笹薮漕ぎは苦手だ。
マダニが怖い

今回は、
久し振りに、アドベンチャーな気分を味わいました。

DSC_0777
(下山中、霧に見舞われ、迷いそうになった)


おつ山でした。

DSC_0773
















支笏湖の山々トレーニング(イチャンコッペ&紋別岳)足腰強化

前記事にて述べた山岳ガイドラインに沿い、近距離(100km圏内程度)の山を求めて、
札幌から約40km先の「イチャンコッペ」を狙った。

今年3度目になる【イチャンコッペ】(828.9m)。
眺めがよいことから、個人的に好きな山である。
ちなみに、登山口付近の駐車場は超満車でした。

DSC_0805
気温は約25度。
蒸し暑くて、ずっとマスク着用は無理でした

DSC_0804
支笏湖が覗いて見えた。

DSC_0807
正面に、イチャンコッペの偽ピーク(反射板跡)が見えた。
でもここはまだ5合目あたり。

DSC_0811
山頂へのなだらかな尾根上。

DSC_0812
785p(反射板跡)では外国人グループが樽前山をバックに記念撮影を楽しんでた。

DSC_0809
来し方を振り返る。

DSC_0820
大量の汗を流しながら、登頂。

DSC_0833
登り63分、下り49分。
オロナミンCを一気飲みしてから、
次の山に向かう。


【紋別岳】(865.8m)

冬の紋別岳は何回か登ったことがあるが、
夏山は実は初めてになる。

紋別岳は山頂まで舗装道が続いており、
登山感覚がない。
でも足腰を鍛えるいい機会だと思って、
履きつぶしたボロボロのトレイルシューズに履き替えて出発。

DSC_0834
NTT管理道路ゲートから。
最初は砂利道だが、すぐに舗装路に変わった。

DSC_0836
舗装道路といっても、凸凹がひどい上、
急な斜面なので、意外に体力を使う。


DSC_0837
紋別岳までまだまだ遠い。
軽登山気分で来たが、正直後悔した。

DSC_0839
単調な登りがだらだらと続く。
走ろうと思っても、走れない。
とにかく斜面がきつい。
他サイトを覗くと、ずっと傾斜15%らしい(一部30%有)。

DSC_0841
足首の傾斜がツラく、
イチャンコッペで半分ほど使い果たした脚力がどんどん奪われていく。

DSC_0842
いくつかのカーブをぐるぐると回り込んで、
ようやく山頂アンテナ群へ。
もっと早く着くと思ったが、
足首の疲れがどっときたせいか、1時間以上かかってしまった。

DSC_0843
山頂への小さな丘を踏もうと太ももをあげたら、若干攣りそうになった。

DSC_0848
二等三角点【紋別岳】へイーン!

DSC_0845
今までの疲れが吹っ飛ぶような、第一級の眺め。
思わず、仰向けになった。

DSC_0846
登り67分、下り44分。

足裏の古傷が痛くなり、さらに水ぶくれもできてしまい、
ボロボロです

DSC_0858
本日、オロナミンC、2本目(笑)


今日は暑くて、ペットボトル2本、オロナミンC2本飲んだが、
それでも足りなかった。
帰りの運転では、頭がぼーっとしてました。

ラーメン食べて、
マグロたたき丼を食べて、
更にカレーうどんも食べました。

体が塩分を欲しがっていたんでしょうか(笑)

長い自粛生活で肥えた体を絞ろうと思ったのに、
この暴飲暴食じゃ、また太りますね。


おつ山でした。









登山「自粛解除」について

先日の、
政府の緊急事態宣言の全面解除の発表を受けて、
山岳四団体も登山・スポーツクライミング自粛要請を解除した。

1590887665334


自粛解除後は、下記のガイドライン(指針)を遵守することになる。

「自粛」要請解除後の登山・スポーツクライミング活動ガイドライン
■感染させない、感染しないために〜

ゞ甬離(100km圏内程度)でできるだけ都道府県を跨がない日帰り登山から始めましょう。

体調不良(平熱を超える発熱、悪寒、倦怠感、息苦しさ、咳等)での登山は止めましょう。入山後にコロナ感染発症すると命に関わり、救助隊、収容先地元医療機関に多大の迷惑を及ぼします。

E仍海蓮⊂人数で行いましょう。(パーティーは、当面5名以内で。)

ぜ粛期間中、季節や地震による山容の変化、登山道の荒廃など思わぬ危険が潜んでいます。十分な登山ルートの下調べと地図、コンパスの持参、登山届けは必ず提出し、家族にも残しましょう。

ヅ仍鈎罎任皀泪好を着用しましょう。マスク着用時は、熱中症及び脱水には十分留意し、こまめに水分摂取を心がけましょう。

ε仍魁▲ライミングジムでのソーシャルディスタンスを守りましょう。 一般的には2m前後ですが、登山中の場合は、さらに距離が必要と言われています。また、クライミングジムでは建屋構造、利用人数等で制限がありますので、ジムの指針に従って行動してください。 唖えロープ、滑り止めなどもジムの方針に従ってください。

登山山域内での買い物や、下山後の呑み会等も地元住民への感染防止の観点から控えてください。食材、飲料、緊急食などは出発前に揃えておきましょう。

┝粛中に衰えた筋力、体幹を鍛えましょう。 


新しい登山(生活)様式?は少々戸惑う面もあるが、
周囲の人々に迷惑をかけないためにはこれがよいかもしれない。


これを受け、
私も登山自粛解除し、
おとといは久々に山を登った。

DSC_0807


(→次の記事へ)










アベノマスク、やっと届く

DSC_0800

昨日やっと届いた噂の“アベノマスク”。

“やっと”と書いているけれど、
心の内では「複雑」である。

近くのスーパーやドラッグストアではもう普通に販売されているからだ。


賛否両論はあると思うが

せっかく配布していただいたアベノマスク。

有効活用させていただくつもりだ。











カープファンから素敵なプレゼント & タケノコ皮むき

今日ポストの中を覗くと、
広島にいる熱狂的カープファン男からこんな手紙がきた。

sketch-1590232083019

開けてみると……
なんと私が最近ハマってるビジネス関連本だった。
しかも広島カープの(笑)

DSC_0715
【野村の考え。】カープ元監督・野村謙二郎

仕事にも人生にも役立ちそうだから、今から楽しみである。
Tさん、ありがとう!



今日は久々に実家に寄ったら、
母が親族から届いたタケノコの皮むきをしていた。

DSC_0711

結構な量だったから、私も手伝うことに。
キレイに剥くのは難しくて、最後までキレイに出来なかった。

DSC_0712

手指にかぶれができてしまいました(泣)




DSC_0673

最後に、
相方に作ってくれた、
レモン付き冷やしラーメン。

さっぱりした味わい

気分もさっぱり


緊急事態宣言前に比べて、
3キロも太ってしまいました

ヤバイ…





ハッカ油を買ってみた(除菌スプレー作り)

コロナで、マスクだとか、除菌だとか、
敏感になってる中、
私は「ハッカ油」というものに注目してみた。

DSC_0710
(ハッカ油で作ってみた除菌スプレー)

楽天市場で購入した「ハッカ油」。
600円台という安さもまた魅力。

ハッカ油は、虫よけにいいといわれているが、
実は除菌にも応用できる。

水100mlに対し、10滴ほど垂らすと、除菌スプレーを作れる。

またマスクにスプレーをかけると、スースーと鼻の通りがよくなる。

お風呂にも入れて、アロマ代わりにもいいかもしれない

とにかく一石三鳥な“ハッカ油”

これからの夏に活躍しそうな一品です

(ちょっとニオイは強烈だけどね笑)







おうちで過ごす(ネットショッピング)

好きなブランド“NIKE(ナイキ)”が
なんとアウトレット商品が30%OFF、
(※ナイキストア内会員のみ、5/19まで)
という魅力に負け、
ついついポチポチ

_20200517_074057
_20200517_074123

バックパックや帽子など買いました

会員だと送料無料という所が嬉しい。
(30日間返品無料)

(外出自粛でも)普段の買い物とあまり変わらない感覚でした。


暇な人がテレビの通販番組を見ると買いたくなる心理がなんとなくわかるような(苦笑)









【ノスタルジア3】宗谷本線 日進駅(名寄市日進)

コロナでどこにも行けないから、
当分の間は、昔旅行で行った場所や思い出の場所、お気に入りの風景などを紹介していこうと思う。


【追憶シリーズ3】

宗谷本線「日進駅」(北海道名寄市)。

line_13594793529758
昨年の名寄市内マラソン大会の帰りにふと見つけた無人駅。

何もない所にぽつんと建つ、味わいのある駅舎。

line_13607412397201
寂しげな時刻表。

line_13630206391255
あちこち写真撮ってたら、ちょうどタイミングよくやってきた列車。

line_13650386537497
キハ54 501。

line_13666803710095
稚内方面に向かって発車する列車。

当地に岐阜県から和人が入植したとき、
「日進月歩」の意味を込めて名付けられた【日進駅】。


 “未来に向かって、
  絶え間なく、
   強く突き進んでほしい”


■2019年訪問(北海道名寄市)






おうちで過ごす(料理)

昨夜挑戦してみた時短レシピをひとつ。

サンマの蒲焼き缶詰を炊飯器に入れて、
炊き込みご飯を作ってみた♪  

DSC_0643

サンマだけだと寂しいので、
油揚げ、エリンギも入れてー。

味付けは、米2合に対して、
・しょうゆ 大さじ一杯
・料理酒 大さじ一杯
・みりん 大さじ一杯
・麺つゆ 大さじ一杯

といっても、自分好みの適量でいいです(笑)

あとは炊飯器スイッチを押すだけ。

はい、出来上がり
 ↓ ↓
DSC_0644~2

水少なめにしたので、
パラパラで しかもお焦げがついていて、
美味しかったです

普段おかわりしない相方は珍しくおかわり。
「美味しい」と言ってくれて嬉しかったです。

家にいる時間が増えた分、いろんな料理に挑戦したいです

気分はコックさん







【ノスタルジア2】日立さくらロードレース2016の桜(茨城県日立市)

コロナでどこにも行けないから、
当分の間は、昔旅行で行った場所や思い出の場所、お気に入りの風景などを紹介していこうと思う。


【追憶シリーズ2】

「日立ロードレース」会場の桜。

CIMG7099
日立駅前にある日立シビックセンターあたりの桜。

CIMG7107
マラソン大会と同時にお祭りもやっていて混んでいた。

CIMG7109
当時は曇り空だったが、青空だったらもっとキレイだったろう。

CIMG7104
見事な満開。

1460504364666
平和通りの桜並木の中を走るのは気分良かった。


■2016年訪問(茨城県日立市)










【ノスタルジア】トトロ峠のネコバス(深川市戸外炉峠)

コロナでどこにも行けないから、
当分の間は、
昔旅行で行った場所や思い出の場所、お気に入りの風景などを紹介していこうと思う。

【追憶シリーズ1】

深川市の戸外炉(トトロ)峠にあるネコバス。

47237470_2007867969_160large
初めて訪れた時、異様なトトロワールドに驚いた。

47237470_2007867965_142large
廃バスをトトロ仕様にペインティング塗装されている。

47237470_2007867963_213large
元々はこのあたりの農作業の人の休憩所として使われていたが、町おこしグループさんによって「ネコバス」に生まれ変わった。

47237470_2007867984_93large
トトロ峠から下りた所にある温泉施設「まあぶ」ではもう一つの小さなネコバスが停まっていた。

■2010年頃訪問




おうちで過ごす(読書)

今日でゴールデンウィーク最終日になったが、
テレビで見ると、警告無視で豊平川でバーベキューをやってる人たちがいて、
同じ市民でありながら残念な気持ちになった。

(札幌では)感染者数の減少が見られず、むしろ右肩上がり状態である。
今夜も鈴木知事による会見が行われたが、
なんか連日やっているような気がして、慌ただしい感じである。


家にいる時間が増えた分、読書も増えた。
ゴールデンウィーク中に読んだ本は…
 ↓
IMG_20200506_192139

上は、プロレス・ビジネス関連でほとんど読破した。
川田利明の「してはいけない逆説ビジネス学」はこれから読むところである。

下の左は、吉沢明歩の半生が綴られた「単体女優」で、
業界の裏側や厳しさ、そして女性の気持ちについて考えさせられる本であった。

下の右は、トレイルランの雑誌。
私がNIKEの「テラカイガー」というシューズを購入するきっかけになったことは前に記事を書いた通りである。


本を読み過ぎて、目が痛くなったが、
私にとって「読書」はこれ以上ない娯楽時間だと思っている。

この本たちのおかげで、また一つ人生が豊かになった気がする。

本の神様に感謝。









おうちで過ごす(テレビ電話など)

【オイル交換と洗車】
相方に「アンタは暇だから洗車でもしたら?」と言われ、近所のガソリンスタンドで約半年ぶりに洗車をした。

洗車後、車のメンテナンス記録帳を整理してたら、
昨年の8月以来、ずっとオイル交換していないことに気付き、慌てて近くの車屋さんに向かったら空いていたので予約なしで交換できた。
(↓タイヤにワックスを塗っているところ)
DSC_0545


【ゲーム】
テレビ視聴もそろそろ飽きてきたので、
相方と木材バランスゲーム(うっぴー)とオセロ対戦した。
DSC_0493

オセロでは、白の私の圧倒的勝利(笑)
DSC_0491


【テレビ電話】
ゴールデンウィーク中は誰にも会っていなくて、誰かとおしゃべりしたくて、
遠く離れている友人とテレビ電話。

友人は私と同じ業界で働いていて、(当然だが)私と同じく、コロナショックの波紋で悩んでいる、とのこと。

仕事の話からどういうわけか、ビックリマンの話になっていき、
偶然にも友人もビックリマンを集めている、とのこと。

お互いのビックリマンシールを見せ合う中年オヤジ2人(笑)
 ↓
sketch-1588682643952

ビックリマン対談、熱く語り合うこと、合計約3時間(2回テレビ電話)。。。

楽しい“おうち時間”でした







おうちで過ごす(テレビ)

ゴールデンウィークに入ったが、
いつもと違ってワクワクしない。

神奈川県知事は「GW」を、
「我慢ウィーク」とメッセージを発信した。

不要不急ではない時はなるべく家にいるようにしている。


そこで
普段観ないBSの映画やドキュメンタリー番組をいくつか録画して、観るようにしている。
(地上波はコロナニュースや再放送が多く、新鮮味が感じられない)


DSC_0538
DSC_0539
先日放送された、スピルバーグ監督作品【宇宙戦争】。
エイリアンに侵略され、パニックに陥れた人間の暴徒化を観て、
なんかコロナとの闘いの終末とカブるだろうな
と勝手に妄想してしまった。


DSC_0558
【グレートレース・極寒イギリス不眠不休の420km】。
フルマラソンの10倍の距離の山道を走るレースで、強風や寒さと闘いながら立ち向かうトレイルランナーに感情移入し、最後までハラハラドキドキさせられた。


気が付いたら、もう真夜中になっちゃうこともある。

GW中は、こんな感じでステイホームを楽しむのも悪くない。









春探し♪ 防風林ぷちトレイル

春の花を見つけたくて、防風林の中をサクッとトレイル

DSC_0486

DSC_0480
好きな花、ムスカリ。

DSC_0481
これはクロッカスだよね?

DSC_0482
水芭蕉の大群。

DSC_0483
エゾエンゴサク。

DSC_0484
スミレ。

DSC_0488
今年初めて見つけたサクラ
千島桜。

DSC_0490
別のサクラ。

今年の開花は昨年に比べ、遅れ気味だが、
春を感じると、やっぱ元気が出ます











初めてのNIKEトレイルシューズ『テラカイガー』

思わず ぽちっとしてしまった物が届いた。

DSC_0440
NIKEのトレイルシューズ『テラカイガー5』である。
最新作の「テラカイガー6」が発売され、前作の「5」は安くなってきたので即購入した。

DSC_0430
きっかけは、
雑誌「TRAILRUN」最新号を読んだら、
トレイルランナー小原将寿さんが同モデルを愛用していたこと、
そして最近のNIKEのトレイルグッズが充実化してきて気になり始めたこと、
である。

流行に敏感な私w

DSC_0436
NIKEトレイル象徴である三角形ロゴがなんとなくカッコいい

DSC_0437
モデル全貌。
落ち着いたカラーで、山道(トレイル)との相性が良さそう。

DSC_0438
NIKEらしくない?ゴツゴツとしたアウトソール。
4mmドロップで、安定した走りができそう。

DSC_0439
早くコレを履いて、山に出かけたいです!


今は非常事態宣言が出て、外出が難しい。
当分の間、山に行けないので家トレでもしよう。









公園トレーニング

人気のない公園で軽くジョギングとトレーニング。

IMG_20200426_202312
なるべく腰を落として、速く足を入れ替える“スイッチランジ”。
安定してなくて、ブレまくりでした。

そして昨日から取り入れ始めた“縄跳び”。
(昨日撮影)
 ↓
IMG_20200426_200511
縄跳びをやるなんて、小学生以来かも。
全然跳べないだろうと思ったら、まあまあできてた(笑)

ただ走った後の縄跳びはキツくて、
ゼーハーゼーハー
小学生の時は息苦しくなかったような。

私は足底の骨髄炎のせいか、着地に弱く、
いつも足首の炎症を起こしてしまう。

このようなトレーニングを取り入れて、
少しずつでも良いので、鍛えることができたら・・・と思っている。





札幌50峰【天神山(89m)】ジョギング登山

午後から雨予報の今日は珍しく早起きして、
川沿から札幌50峰の1つである「天神山」へジョギングに出かけた。

天神山は札幌50峰の中で一番低い山で、天神山緑地の中にある。

天神山緑地の中には神社があって、過去何回か参拝したことがあるが、そこが三角点のある山だとは今まで知らなかった。

ピークハンターである自分としては狙わないにはいかない。

緑地内には駐車場があるが、普通の登山じゃつまらない。
ジョギングを兼ねて、約5キロ離れた川沿からスタートした。
 
DSC_0444
真駒内公園に入って、その近くのサケ科学館を通過する所。

DSC_0445
しばらく豊平川沿いを走る。

DSC_0446
目的地である「天神山緑地」へ。
なお、同緑地は、非常事態宣言で、花見シーズンに入る29日から閉鎖される、とのこと。

DSC_0447
道なりに進み、長い坂を登る、登る(走る)。

DSC_0448
ピクニックに最適な広い芝生があった。
ぷちトレイル気分♪

DSC_0450
「天神山」と書かれた標識のある展望広場に着いた。
ちなみに実質的な最高点は相馬神社の境内にある。
(三角点は隣の三吉神社裏にあるが、相馬神社より低い72.34mの三等三角点「平岸」である)

DSC_0453
相馬神社と狛犬さん。

DSC_0454
参拝後はUターンし、真駒内公園に戻ったが、
ランナーがかなりたくさんいて、飛沫感染が心配になり、すぐに離れてスタート地に戻りました

低山なのに、なぜか脚がパンパンになりました。

おつ山でした。




1年ぶりの峠走(小林峠〜藻岩山麓〜幌見峠・4/18)

先週土曜は久々の峠走へ。

小林峠頂上からスタートし、
石山通(国道230号)に向かって下りて、
藻岩山麓通を駆け上って、
難所・幌見峠を攻めて、
小林峠に戻るコースです。

_20200424_004359

このコースは今回で3度目になるが、
キツイ分、走り切った後の達成感がたまらない(笑)
実際、昨年はこの練習をしたら、
フルとハーフマラソンと共に自己新記録を叩き出すことができた。
心肺機能強化に有効な“ザ・ヘンタイ練習”だと思ってます。

DSC_0418
ペコちゃんシャツ(綿)を着て、スタート。
実はこれはゴール後に撮ったものだが、
スタート時の小林峠駐車場は超満車でした。
多くの人が藻岩山か砥石山へ登っている模様。
世間はコロナで外出を控えている中、アウトドアは関係なしのようです

今日は強風で走りに集中したので、しばらくは風景撮影なし。
そして、
幌見峠で珍しい“水呑場”を見つけたので、ポケットからスマホを取り出して撮影。
 ↓
DSC_0414

(ドライブを含め)何回も幌見峠を通っているのに、
こんなの初めて見た。
雪解け水が流れていて、この時期限定?の水呑場になっているかもしれません。

DSC_0415
汗かいたので、美味しくいただきました
ナイスオアシス

DSC_0416
急な幌見峠では絶対に歩かないぞ!と誓ったのに、
やはり歩いてしまいました
ここではキロ10分ペース

今回の結果です。
 ↓
_20200424_004315
_20200424_004332

前回とほぼ変わらないタイムでした。
(強風のせいか、1分遅めでしたが)

この冬、脚づくりがしっかりできていなかったのか、
この後3日間も筋肉痛が続いてしまいました


まだまだ、初歩です。
お疲れランでした。









★ プロフィール ★
北海道生まれ。
登山とマラソンが趣味で、
日本あちこちを旅しながら、
レース大会に出場したり、
山登ったりしています。
マイブームは「旅ラン」。
★ LINE読者登録QRコード ★
LINE読者登録QRコード
記事検索
★ タグクラウド ★


カウンター



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ