青空の4月中旬。
札幌国際スキー場横のスノーブリッジがもうすぐで消えてしまうという情報を得て、滑り込みセーフのような気持ちで、札幌国際スキー場へ向かいました。
目指すは、札幌50峰の「朝里岳」と「白井岳」です

DSC_0888
オープン9時過ぎの札幌国際スキー場。
ほぼ満車状態で、駐車場の隅へ案内されました。

DSC_0891
ゲレンデ内では歩き禁止なので、ゴンドラに乗って行きます。
スカイキャビン往復1500円、
片道だと1440円と謎の料金設定
他に保証金として別途500円かかります。

DSC_0896
スカイキャビンに乗ります。
よくわからないけど、こうゆう時って緊張しません?

DSC_0899
一気に約2キロ先の頂上駅(標高1100m)へ。
(写真はスカイキャビンから見た下界)

DSC_0902
ゲレンデ山頂駅へ降り立つと、おぉ!景色が良い!
日本海や増毛山脈などが見えます

DSC_0905
滑走禁止エリアのロープを申し訳なさそうに潜ります。

DSC_0906
積雪310cmあります。
まだまだたっぷりとありますね

DSC_0908
最初から緩い雪原を歩きます。

DSC_0909
一応スノーシューを持ってきたのですが、全体的に雪が締まっていてツボ足で十分でした。

DSC_0911
天気良すぎて、じわじわと汗が出ます

DSC_0912
振り返ってみる。
絶景ビュー

DSC_0915
気持ち良い緩斜面だが、悪天候時だと迷いやすい地形ですね。

DSC_0917
紫外線浴びまくります
結果、酔っ払いみたいに赤く焼けました

DSC_0919
ほどよくして、札幌50峰の「朝里岳」とーちゃく

DSC_0920
立派な看板です。

DSC_0927
頂上から右の方へ向けると、余市岳が見えました。

DSC_0931
札幌最高峰の余市岳。
2回登ったことがありますが、いつも爆風でした。

DSC_0933
通称・飛行場と呼ばれるただただ広い雪原は気持ち良い
余市岳に向かう先行者二人組。
なんか絵になりますね
‌‌
DSC_0943
石狩湾に増毛山脈。
山並みが水に溶けているよう

DSC_0945
次なるお山「白井岳」ロックオン!

DSC_0953
尾根雪庇に気をつけながら、アップダウンを繰り返します。

DSC_0956
尾根を下りたコルから見上げると、長い雪庇がっ

DSC_0959
羊蹄山、どーん

DSC_0964
あの山は、未踏の無意根山と中岳。
中岳までの道のりは長くて約20キロもある
札幌50峰のラスボス的存在です。

DSC_0967
白井岳ピークかと思ったら違ってました。

DSC_0970
白井岳の頂は、この山より更に奥です。

DSC_0975
本当のピークが見えてきました。

DSC_0981
もう少し。

DSC_0983
「白井岳」ピークです。
先週までは埋まっていた標識が顔出してきました。

DSC_0984
札幌50峰、47座目
制覇まであと3座になりました‌‌

DSC_1002
羊蹄山をバックに、ガッツポーズ!
バックカントリーグループに撮っていただきました。
ありがとうございます

DSC_1010
まだまだ登山は続きます。
今度は「長伯稜」と呼ばれる、超がつくほど細尾根の岩稜の先「上白壁」を目指します。

DSC_1015
気温上昇で、ズボります

DSC_1016
これ以上、細尾根の先へ進められません
時期的に遅かったです。
もう少し雪がある時に狙った方がよいです。

DSC_1017
木々のある方へ下りてトラバース気味に歩きます。

DSC_1019
踏み外したら、下の方へ落ちそうです。

DSC_1026
怖くて、心臓パクパク
後悔しました。
こんな危ない所、誰も行かないのも納得です。

DSC_1027
アイゼンを持っておけばよかった…と思いながら、枝などを掴んで、ピークを探します。

DSC_1028
やっと見つけました!

DSC_1029
札幌150峰のひとつ、「上白壁」(1160m)。
よく危険な所に看板を作ったなぁ。

DSC_1037
また下りて、トラバース。

DSC_1038
「下白壁」を目指すが…

DSC_1039
このように雪崩ているので、アタックをやめました。

DSC_1043
谷の方へ下ります。

DSC_1044


DSC_1045
く、クマだよね?(´(ェ)`)
しかも新しいやつ

DSC_1046
大声を出しながら、急いで歩きます。

DSC_1048
札幌国際スキー場のゲレンデが見えてきました。

DSC_1051
問題は、スノーブリッジ。
幸いにも、まだ残っていました。

DSC_1053
沢状を歩きますが、デブリが多くて、慎重にいかないと滑って川に落ちてしまいます

DSC_1055
また対岸へ。

DSC_1056
3つ目のスノーブリッジを渡ります。

DSC_1057
スキー場の管理道路が見えてきました。
一安心

DSC_1062
朝乗ってきたスカイキャビンの下を歩きます。
ビクトリーロード気分です

DSC_1064
無事戻りました。

DSC_1066
スカイキャビン乗車券を返却(この機械へ挿入)して、保証金500円を受け取って、本当の下山終了です。


スノーブリッジが消える前に登ることができて、スッキリしました

おつ山でした