ブリーダーの犬ごはん

ラフコリーのブリーダーが薦める簡単な食欲増進メニュー

ジュースを利用

簡単ナポリタン風

★このブログの画像及び文章の無断使用は御遠慮下さい★
Copyright(c)2009 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved


◆このブログでは、食事のメニューだけを載せています◆
犬の訓練方法、生態観察その他は、↓のブログ2つに
載せています。

http://awc.blog55.fc2.com/
http://collies08airw.jugem.jp/
エアウーマン犬舎のサイトは↓です。
http://airwoman.if.tv/

============================

遅くなりましたが、11月5日と6日の画像をUPします。
まず5日のですが、自分用に茹でたスパゲッティの残りを
使ったメニューです。

細切りにしたカボチャとピーマンとキャベツとパセリを
バター(オリーブオイルでも可)で火が通るまで炒めてから
茹でたスパゲッティを入れ、最後にトマトジュースを入れて、
さっと火を通して仕上がりです。
タンパク源が無かったので、別鍋で茹でていたカレイの身を
ほぐして入れました。

1人分を自炊する場合、500mlのトマトジュースは、最後に
なると嫌になってしまうので、料理に使ってしまいます。
犬に使うことを見越して、私は無塩タイプのトマトジュースを
買うようにしています。100%果汁タイプのジュースは何かと
料理に利用できて便利です。

炭水化物:スパゲッティ
タンパク質:カレイ
野菜または果物:カボチャ、ピーマン、キャベツ、パセリ、
          トマト(ジュース)

Food091105you


◆ブログ・ランキングに参加しています。クリックして頂けると
励みになります。
「動物の健康」と「犬」の2つのカテゴリーに登録しています。banner_22
ここをクリックして下さい。

ラフコリー専門 エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
●サイト本体から他のブログ3つへも行けます。


トマトジュースを使って

★このブログの画像及び文章の無断使用は御遠慮下さい★
Copyright(c)2009 AIRWOMAN COLLIES All Rights Reserved


◆このブログでは、食事のメニューだけを載せています◆
犬の訓練方法、生態観察その他は、↓のブログ2つに
載せています。

http://awc.blog55.fc2.com/
http://collies08airw.jugem.jp/
エアウーマン犬舎のサイトは↓です。
http://airwoman.if.tv/

============================

31日の献立は、まだ使い切れていなかった賞味期限の過ぎた
小麦粉(薄力粉)を使い切る為に考えたものです。
Food091031Million

小麦粉に食塩無添加のトマトジュースを入れてこね、沸騰した
お湯の中に小さくちぎり入れて茹でました。調味料は何も入れて
いませんが、トマトジュースをたっぷり入れたので、きれいに
発色し、ほのかな酸味と塩味がして美味しかったです。

茹で汁は捨てずに、冷凍の赤魚があったので、それを入れて
余っていたパセリも入れて煮ました。画像の中央の深緑色が
パセリで、白っぽいのは、赤魚の身です。手前右には、さっと
茹でたレタスを添えました。生野菜が好きな子ならば、小さく
千切った生レタスを添えたのでもいいですが、ミリオンは、残す
心配があるので、軽く茹でました。
今は、生のトマトがとっても高いので、トマトジュースや水煮の
缶詰を利用したいなと思います。

飼主さんが、犬ごはんを作ること自体を趣味としているのなら
高価な食材を与えたのでも良いと思いますが、贅沢な食材が
必ずしも犬の健康の為になるとは限りません。
また、無添加食材やサプリメントにこだわり過ぎるより、毒素を
身体から出す為の食材(食物繊維など)を与えて、新陳代謝を
よくする為にしっかり運動をさせることの方が健康への近道で
ある場合もあるかと思います。

炭水化物:小麦粉、
タンパク質:赤魚、
野菜または果物:トマト、パセリ、レタス


◆ブログ・ランキングに参加しています。クリックして頂けると
励みになります。
「動物の健康」と「犬」の2つのカテゴリーに登録しています。banner_22
ここをクリックして下さい。

ラフコリー専門 エアウーマン犬舎 http://airwoman.if.tv/
●サイト本体から他のブログ3つへも行けます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

エアウーマン

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ