Spirit In The Sky

Hard Rock/Heavy MetalからMetalcore, Alternative Metalまで"激しい"音楽にどっぷり浸かりながらバンドとアルバムの紹介、ライヴ参戦レポ、チケット情報や海外のメタルニュースを書いてます。
海外記事は正確に訳すように心掛けていますが、間違ってる箇所があったら教えてください<(_ _)>
Twitterでも「Airy_666」で呟き中です♪

「SPIRIT IN THE SKY」 COPYRIGHT c 2013 ALL RIGHTS RESERVED

Jeff Hanneman先日5月2日(日本時間:5月3日)SLAYERJeff Hannemanの突然の訃報が届いてからちょうど1週間が立ちました。

本日5月9日 (日本時間:5月10日)、SLAYERのオフィシャルサイトに、Kerry KingとTom AlayaによるJeffの想い出とJeffの死因およびJeffを偲ぶ式典の開催について新たな声明が掲載されました。

KerryTomはインタビュー形式でJeffとの想い出を語っています。

また、様々な憶測を呼んでいたJeffの死因について公式な死因を明らかにするとともに、一部の報道を誤った情報として否定しています。


声明文は少々長いのですが、KerryTomの貴重な想い出話をぜひ皆さんに読んでいただきたく、全訳しました。
KerryTomになりきった気持ちで訳しました。

では和訳をどうぞ!

JEFF HANNEMAN 更新 5-9-13


細部は現在詰めているところでありますが、SLAYERはファンの皆さまにお知らせさせていただきます。
今月中のとある日に、ご家族とご友人の皆さまとともにJeff Hannemanの生涯を偲ぶ式典が挙行されます。一般の方々もどうぞご出席ください。
詳細ほどなく投稿いたします。


Kerry KingとTom Alayaは彼らが共にした楽しい時間を思い出すことで、彼らの仲間を亡くした辛さに対処しようと努力しているところです。

*******
KERRY: 「俺はJeffと本当にたくさん素晴らしい時を過ごしたな…俺達がツアーにでたばかりの初期の時代にな。
奴と俺は夜更かし野郎で、バスの中で一晩中徹夜したんだよな。ダラダラしたり、喋ったり、映画観たりして…第二次世界大戦の映画とか、ホラーとかさ。
"フルメタル・ジャケット"は山のように観たな…実際、台詞ぜんぶ暗唱できたもんな。」

TOM: 「俺達が最初SLAYERを結成したとき、毎日休みなく熱心にずっとリハーサルしてたよね。Jeffと俺はずいぶんと多くの時間、一緒に過ごしたね。奴は俺達がリハーサル場所にしてた俺の父親のガレージに住んでたんだ。
奴がアパートを持つと、奴は8トラック(テープ)を持ってたんで、俺はそこに行って俺が書いた曲を録音したもんだ。それらはSLAYERの曲じゃなくて、別の曲だけど。
ある時期に、奴はまだバンドにいるものの、バンドとは別の人生をスタートさせてね。"毎日休みなく"ってのは脇にいっちゃって、以前のように一緒に過ごすことはなくなってしまった。俺はあの初期の日々が恋しいよ。

KERRY: 「奴はものすごい第二次世界大戦マニアで、奴の父親がその戦争に従事してたんだよな。
それでSLAYERがロシアで初めてライヴをやった時 - 1988年だったと思うんだが、Jeffと俺はモスクワの軍事博物館の一つに行ったんだ。
俺は奴が館内を歩き回って、戦車、武器、それから他の展示物を全部見物したのを絶対忘れねえ。奴はクリスマスの朝のガキのようだった。
だけど、それはJeffの得意分野だからな。奴は第二次世界大戦の歴史についてそりゃ沢山知ってるし、学校で教えることができただろうよ。」

TOM: 「俺達は"South Of Heaven"のレコーディングでニューヨークにいたんだ。Jeffと俺はホテルにいて、スタジオに入んなきゃいけなくて - Chug Kingって言ったと思うけど、マジで寂れた場所でね。
それで俺達はホテルをでて歩こうと決めたんだ。ところが雨が降り出してきたんだよ。多分5ブロック歩いたんじゃないかな。
雨はほんと激しくて、俺達全身ずぶ濡れになっちまった。で、タクシーを拾うことに決めたんだ。
が、この時の俺達ってば、長髪、革ジャンの二人の男が全身ずぶ濡れの姿で、スタジオへとタクシーを拾おうとしてるわけだ。
誰も止まらないって。俺達、結局、全部歩かなきゃいけなかった…。」

TOM: 「JeffはSLAYERの命綱だった。奴はバンドで有名な曲の多くを書いてたんだ。奴は心根が優しい良い奴だったよ。」
*******

Jeffの正式な死因がアルコール性肝硬変であることが判明いたしました。
彼は長年にわたり健康問題を抱えておりました。その中には彼の健康に大きな打撃を与えた近年の壊死性筋膜炎の感染も含まれます。
Jeffと彼の近親者らは、彼の人生の最後の日まで彼の肝臓の本当の状態に気付きませんでした。
いくつかの記事に反して、Jeffは亡くなるとき、あるいはそれ以前に肝臓の移植リストには載っておりませんでした。
事実、誰に聞いても、彼は回復に向かっておりました。 - 彼は新作で仕事をすることに興奮し、楽しみにしておりました。


KerryTomの想い出話は訳しながらクスっと笑ったり、シンミリとしてしまいました。
バンド結成当時のエピソードを読むと、どれだけ彼らが濃くて深い付き合いをしていたのか良くわかります。
それだけに、Jeffを亡くした悲しみの大きさを思うといたたまれません。

Jeffの追悼式典も準備されておりファンの参加も可能なようですが、当日は日本の片隅から心だけ参加させてもらいます。

また、Jeffが「肝不全」で亡くなったことから、「壊死性筋膜炎」の悪化やアルコール、ドラッグの可能性まで色々と噂がネットで飛び交っていました。
今回、Jeffは長年の飲酒が原因の「アルコール性肝硬変」で「肝不全」を起こしてしまったことが分かりました。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、「アルコール性肝機能障害」が「アルコール性肝硬変」に進行して症状が現れるまで気がつかないことも多くあるそうです。
そこまで進行すると治療は非常に困難を極めるとのことで、つくづく残念でなりません。

あらためてJeffのご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ ←よろしかったらクリックお願いします
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5月7日AS I LAY DYINGのヴォーカルTim Lambesisが別居中の妻Megganに対する殺人教唆容疑で逮捕されたことを受け、8日にバンドが オフィシャルサイトで公式声明を発表しました。

AILD Messageバンドの公式声明文のスクリーンショットです。
クリックで拡大します。

オフィシャルサイトに声明を掲載後、バンドのFACEBOOKページにも同じ声明を投稿し、わずか4時間でファンから2000以上のコメントが寄せられています。


声明文の和訳です。
ファンの皆さんへのメッセージ
MAY 8, 2013 4:58 PM

我々のファンの皆さんへ

これを投稿するときも法的手続きが講じられている最中で、あなた方と同じく私達も情報がありません。
不明な点が多くありますが、今後数日〜数週間のうちに状況が明らかになっていくことでしょう。
私達はできる限り皆さんに情報をお伝えし続けるつもりです。

私達の想いは今、Tim、彼の家族、そしてこの恐ろしい状況に見舞われた方々、さらに私達が愛し 力をもらっているファンの皆さんとともにあります。

皆さんのご理解と、以前どおりの AS I LAY DYINGへのサポートを感謝いたします。

- Jordan, Nick, Phil, and Josh


Artisan News動画ニュースで、サンディエゴ郡保安官事務所報道官のJan Cadwellへの電話インタビューによると、今後の見通しについて以下のように語っています。



“The next step will be Lambesis’ initial appearance in court, and that is where the charges are read, and if there’s a bail to be set. And they will go from there and start setting different court dates. The investigation at our end is still ongoing, and I can’t go into detail on that. And, thankfully, no one was hurt. But I believe that the captain who commented earlier said that we averted a tragedy today.”

次のステップは裁判所にLambesisが出頭して冒頭手続きがされます。そこで告発文が読まれ、保釈が決められるかもしれません。
そして冒頭手続きが終わると次の裁判日程(予備審問)をセッティングします。
当方の捜査は現在も進行中なため、この件について詳細は語ることはできません。

アメリカの刑事裁判手続きは日本と大分異なるようで、少々ググって調べてみました。
  • 犯罪に関する告発(charge)があった場合、警察は裁判所から令状を取って被疑者を逮捕します。
    一方、告発者がいない場合でも、警察が犯罪行為がなされたと信じるに足る相当な理由があった時は令状無しで被疑者を逮捕(arrest)することができます。

  • 被疑者を逮捕すると、警察署で被疑者の身柄を登録する手続き(booking)を行い、留置所(jail)に収監します。

  • 身柄登録手続きが終了すると警察は案件を検察へ送致し、逮捕後48時間以内に裁判所へ告発(charge)の手続きを完了する必要があります。

  • 裁判所への告発の手続きは、検察が告発状(complaint)を裁判所に提出し、被疑者を裁判所に連行して冒頭手続き(initial appearance)を行います。

  • 冒頭手続きで、裁判所の治安判事は被疑者の容疑事実と逮捕するに相当する理由について審理します。保釈(bail)の決定もここで行われます。

  • 軽犯罪では冒頭手続きで有罪判決が下されることがあります。

  • 重犯罪では、冒頭手続き完了後(だいたい2週間前後)に判事は予備審問(Preliminary Examination)を開き、被疑者を起訴する相当な証拠があるかどうか審理します。
    ただし、冒頭手続き完了後不起訴処分または軽微事件へ告発内容の変更が行われて、予備審問が開かれないこともあります。

  • 予備審問で被疑者を起訴して公判を行うに値するだけの証拠があると判断されると、被疑者は正式に起訴され、公判手続きがなされます。


サンディエゴの裁判所のウェブサイトにはTim冒頭手続きは5月9日に行われると記載されていることから、日本時間の10日にはTim保釈条件と予備審問に進むかどうかが明らかになる予定です
Timが起訴され刑事裁判にかけられるかどうかは予備審問の結果を待たねばなりません。
予備審問が行われる場合、ちょうどバンドの5月30日のアメリカツアー開始の時期になりそうで非常に心配です。

まずは冒頭手続きでTimの保釈が認められることを願っています。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ ←よろしかったらクリックお願いします
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Tim Lambesis アジアツアーから帰国したばかりのAS I LAY DYINGですが、とんでもないショッキングなニュースが入ってきました!

ヴォーカルTim Lambesisが5月7日午後2時頃(アメリカ太平洋時間:日本時間5月8日午前6時)、サンディエゴ近郊のオーシャンサイドにて、彼の妻に対する殺人教唆の容疑で逮捕されたそうです。



この衝撃的な逮捕のニュースは、国際ニュース社のロイター通信を始め、地元サンディエゴのメディアで大きく取り上げられました。

ロイター通信UT Sandiegoの記事を和訳しました。

ロイター:サンディエゴ 2013年5月7日 アメリカ東部時間 午後10時22分

ヘヴィメタルシンガーTim Lambesis 委託殺人計画で逮捕


ヘヴィメタルバンド AS I LAY DYING のリードシンガーであるTim Lambesisが別居中の妻を殺すように潜入捜査官に支援を求めたかどで逮捕されたと警察は述べた。

サンディエゴ郡保安官事務所の広報官Jan Caldwellによると、Lambesisはカリフォルニアのオーシャンサイドで潜入捜査官に企みの手助けを懇願した後、火曜日(5月7日)に拘留されたとのことである。

警察はLambesisが殺人を請け負う人物を探していることを前もって知っていたと、広報官のCaldwellは述べた。

「この情報は先週後半に我々のもとに届きました。我々はすぐに行動に移しました。私たちは大悲劇を回避できたのだと信じています。」と彼女は述べた。

Caldwellは、何故Lambesisが別居中の妻を殺したがったのか、警察は彼の殺人計画とされていることをどのようにして知り得たのかについて、現在捜査が進行中のため詳細は公開できないと述べた。

AS I LAY DYINGの所属レコード会社Metal Bladeの代理人とはコメントの連絡が取れなかった。
Lambesisが弁護士を付けたかどうかは不明である。

バンドの2007年のアルバム"An Ocean Between Us"はビルボードチャート初登場8位を記録し、彼らのトップセールスアルバムの一つとなっている。
昨年、AS I LAY DYINGは6枚目のアルバム"Awakened"をリリースしている。


U-T サンディエゴ:Susan Shroder, オーシャンサイド, 2013年5月7日午後5時49分

ロッカー、委託殺人の容疑


保安官事務所が語ったところによると、ヘヴィメタルバンド AS I LAY DYINGのリードシンガーであるTim Lambesisは別居中の妻を殺すため潜入捜査官を雇おうとしたということで、火曜日(7日)にオーシャンサイドで逮捕された。

Lambesisは殺人教唆と犯罪実行謀議の訴因で、ヴィスタウェイにある小売り店で午後2時に身柄が確保され、ヴィスタ拘置所に収監された。
刑務所のウェブサイトによると、Lambesis木曜日(9日)午後1時30分にヴィスタ上級裁判所に出廷予定である。
サンディエゴ郡保安官事務所の広報官Jan Caldwellは、現在捜査が進行中のため詳細を明らかにすることはできないと述べた。

Lambesisの妻は昨年9月20日、ヴィスタ上級裁判所に離婚を申し立てた。裁判所記録には、親権に関与する未成年の子供が少なくとも一人存在する。
ビルボード誌によると、夫婦はエチオピアから3人の子供を養子にしている。

保安官事務所のCaldwellは、Lambesisがエンシニータス在住の別居中の妻を殺すように誰かに要請しているという情報を先週の木曜日(2日)に得て、「早急に行動する必要があると分かった」と述べた。

Lambesis (32才)はソラナビーチのサンタフェ・クリスチャン・ハイスクールを卒業しており、インタビューでクリスチャンであることについて語っている。
彼は2001年、サンディエゴでバンドをともに立ち上げた。2005年、グループはサンディエゴ音楽賞で"年間最優秀アーティスト"を受賞した。
バンドはその後グラミー賞にノミネートされた。

バンドは先週アジアツアーを終えたところで、5月30日オハイオにてアメリカツアーを開始する予定であった。
先週、「アジアのここの群衆が大好きだ」とLambesisは彼のFacebookページに投稿していた。

ファンは即座にLambesisの逮捕のニュースに対する反応を彼のFacebookページに投稿しており、ファンの多くは信じられないという思いでいる旨述べている。
あるファンは「これが真実ではないと本当に願っている」と記した。

Lambesisはまた3月29日に、彼の友人と発言していたオリーヴェンハインの映画制作者であり慈善家のJohn Uptonが前日に射殺されたことについて、ツイッターに投稿していた。
「精神的に辛いニュースだ」「俺の友人であり、俺がスタートした新たなチャリティプロジェクトのパートナーが殺されたと判明したばかりだ」と彼はツイートしている。


サンディエゴ郡保安官事務所Tim Lambesisの逮捕についてのプレスリリース7日オフィシャルサイトに公開しました。

PressRelease ← こちらがプレスリリースです。

クリックすると拡大して読むことが可能です。


プレスリリースの内容を和訳しました。
ニュース記事の元になっているため表現が重複しますが、時系列が分かりやすいと思います。

殺人委託罪の計画は失敗した
AS I LAY DYINGのリードシンガー逮捕

ヘヴィメタルバンド AS I LAY DYINGのリードシンガー兼 共同創設者であるTim Lambesisは本日、2013年5月7日午後2時、オーシャンサイドのヴィスタバレーにある小売り店にて無事逮捕された。
Lambesisは他人に殺人を犯すようと教唆した容疑がかけられている。

5月2日にサンディエゴ郡保安官事務所に、Lambesisが他人にエンシニータス在住の別居中の妻を殺すよう要請しているとの情報が寄せられた。
エンシニータスの捜査官、サンディエゴ逃亡者特別捜査班、および保安官事務所の特別捜査班の捜査官らは直ちに捜査を開始した。

捜査は本日の午後、Lambesisが潜入捜査官に彼の妻を殺すよう要請したときクライマックスを迎えた。
彼はその後逮捕され、エンシニータス駅に運ばれ、ヴィスタ拘置施設に収監された。


郡保安官事務所のプレスリリースを読むと、情報が寄せられたのは AS I LAY DYINGがアジアツアー真っ最中のことだったんですね。

3つの警察の合同特別捜査班を立ち上げ、かなり大がかりに捜査をしていたことが分かります。

アメリカでは麻薬の取り締まりなどで、いわゆる「おとり捜査」といわれる捜査方法がよく利用されています。
今回のTimの逮捕も潜入捜査官が彼と接触して逮捕したことから、「おとり捜査」によるものだと分かります。
アジアツアーは5月5日までだったので、Timはアメリカに帰国してすぐに潜入捜査官と会ったことになります。

おとり捜査の手法上、逮捕に到るまでのプロセスや容疑の証拠の詳細は現時点では明らかにできないため、本当にTimが妻の殺人を依頼したのかどうかは警察からの一方的な話だけで、今後裁判が始まるとTim 側からの証言も出てきて、不明な部分が明らかになっていくと思われます。

アメリカの刑法では、「殺人教唆罪」は最長9年の実刑に科せられるそうです。

できれば無実であって欲しいのですが、2日から7日までの僅かな期間で潜入捜査の手はずを整え、Timとコンタクトを取り、実際に直接会うことまでできたということは事実であり、スピーディーに事を運んだ警察のやり方を見ると、裁判に臨めるだけの容疑の証拠を掴んでいるようにも思われ、心中穏やかな気分ではいられません。

Timは上の記事にもあったように、妻のMegganとの間にエチオピアから養子を迎えています。
今年1月のLOUDWIREのインタビューで、エチオピアから迎えた養子について、子供たちの母国を訪れて世界に目を向けるようになり、それが歌詞に影響を与えていることを語っています。

「人道主義の歌詞を書く必要はないけど、人生で何が人々を幸せにするのかってことを歌詞に書いている」と語ったTim

そんな彼が、例え離婚調停中とはいえ、妻を殺そうと企てたなんて信じたくないのが正直な気持ちです。だってそんな事をしたら、最愛の子供たちの心に大きな傷を与えてしまうのですから。

真実は必ず明らかになります。
冷静に続報を待ちたいと思います。

San Diego FOX5 News:2013年5月8日配信 動画ニュース



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ ←よろしかったらクリックお願いします!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

引っ越しのあと、ネット開通やら荷ほどき整理やらに追われてブログの更新が全くできませんでした。
1ヵ月たって、やっとCDの整理が済んだところです・・・。

ゴールデンウィークの後半に入り、お台場で行われているドイツビールの祭典オクトーバーフェストにメタル仲間で行ってきたのですが、そこで教えてもらった衝撃的なニュース・・・。

SLAYERのJeff Hannemanが5月2日午前11時(アメリカ太平洋時間)、49才で肝不全のため病院で亡くなったと・・・。



友人曰く、CNNのニュースをスマホで見て知ったそうで…。詳細を知ろうにも私は今や少数派のガラケー。すぐに帰れる場所でもないということで、穏やかじゃない心をビールを飲んでなんとか過ごしました。

帰宅してネットを見て愕然・・・。

Yahoo!のトップニュースに載ってるではありませんかっ!

そして改めてSLAYERFACEBOOKとオフィシャルサイトで発表された公式声明を読み、Jeffの死去が現実のものと認識しました。
Jeffは同世代なだけに一層ショックが大きいです…。

SLAYERオフィシャルサイトJeffの追悼ページがトップページになっています。

SLAYER - Jeff Hanneman


FACEBOOKの公式声明です。
Jeffが亡くなってから約3時間後の5月2日午後3時(アメリカ太平洋時間:日本時間5月3日午前7時)に発表されました。和訳も載せました。
SLAYER - Facebook

SLAYERは精神的に打ちのめされつつ以下のことをお知らせいたします。
我々のバンドメイトであり兄弟であるJeff Hannemanが今朝11時に、南カリフォルニアの自宅近くで逝去いたしました。
Hannemanは肝不全となり自宅のある地域の病院に入院中でした。彼は妻のKathyと兄弟姉妹のKathy、Michael、Larryを残して先に逝ってしまいました。ひどく寂しいものです。

( ;Д;)…。

Jeff2011年1月に自宅で右腕を毒グモに噛まれ、その時に感染した細菌により「壊死性筋膜炎」を発症して緊急手術を受けました。
壊死性筋膜炎」の進行は極めて早く重篤だったため、右腕の感染巣と壊死した筋肉と皮膚を広範囲にわたって切除し、皮膚移植を幾度となく繰り返しました。
入院は2ヵ月にも及び、退院後は自宅で療養しながら右腕の筋力のリハビリに励むことになりました。

SLAYER2009年から2010年にかけて、Tom Alayaが長年にわたるヘッドバンギングで頸部椎間板の損傷を悪化させ手術することになり、ツアーをキャンセルしてファンを悲しませたことから、Jeffが完治するまではサポートギタリストを入れてツアーをすることをJeffの合意のもと決定しました。
サポートはEXODUSGary Holtが主に務め、EXODUSのツアー中はCANNIBAL CORPSEPat O'Brienが務めました。

Jeffは療養に入ってからほとんど公に出ませんでしたが、療養中の2011年4月23日、地元カリフォルニアのインディオで行われたBIG 4ライヴで、アンコールの時サプライズでJeffが登場し、"South Of Heaven""Angel Of Death"をプレイして会場のファンを喜ばせました。
これがJeffの最後のステージとなってしまいました。

Jeff Hanneman 2011 Apr 23-2 Jeff Hanneman 2011 Apr 23-1

(↑↑ アンコールでのJeff。Jeffの右腕の手術痕が痛々しいです。)

また、2011年12月発売のCLASSIC ROCK誌にJeffへのインタビュー記事が掲載され、病気のことやリハビリの様子などを語っていました。

2012年以降KerryTomのインタビューからからJeffの回復の様子を伺うだけでしたが、彼らの話を聞く限りでは、リハビリも進んで回復しつつあるように思えていただけに、突然の訃報には正直驚きを隠せません。
バンド側の声明では、Jeffの療養の原因となった壊死性筋膜炎」が「肝不全」と関係しているかどうかは明らかになっていません。


SLAYERの地元アメリカでは、バンドの公式声明を受けて、各音楽メディアはもとより普段あまりメタル関係のニュースを流さないようなABCCBSNBCの三大TVメディアを筆頭にFOXCNNと言った大手TVメディア、NEW YORK TIMESWASHINGTON POSTUS TODAYといった有名新聞、その他多くのメディアも"Breaking News (速報)"としてJeffの逝去を一斉に報道しました。

その後、時差の関係で少し遅れて日本とヨーロッパ及び世界中のメディアがこの悲しいニュースを報道しています。

SLAYERの公式声明後、数多くのミュージシャンやファンから追悼のコメントやツイートがSLAYERオフィシャルサイトFACEBOOK公式ツイッターに寄せられています。

Kerry KingTom Alayaは個人的なコメントを発表してませんが、2月にギャラに伴う契約問題でマネージメントと揉め、2月からのツアーから外されたままのDave Lombardoはツイッターで以下のように発言しています。

Dave Lombardo Twitter

俺は深く悲しみ、ショックを受け、言葉が出てこない。今、自分の気持ちを綴ることは俺には辛すぎる。俺の心はKathy Hannemanの傍に…ご同情申し上げます。


DaveFACEBOOKのカバーフォトをデビュー当時のメンバー写真に変え、「Our Brother Jeff is gone. I'm speechless. (俺らの兄弟、Jeffが逝ってしまった。ショックで言葉がでない…。)」とコメントしています。

写真を見ているだけで泣けてきます。

今夜は2010年BIG 4ライヴDVDを観てJeffを偲んでいます。
2009年LOUD PARK 09のライヴでJeffの姿を観られたのが良い想い出となってしまいました。

ライヴは一期一会。
この思いをまた強く感じることになりました。

R.I.P. Jeff...

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ ←よろしかったらクリックお願いします!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年4月4日。7年前の本日ブログを始めてました。
昨年は長くお休みしてましたが、なんとか復活して無事8年目を迎えることができました。

8年目ですか〜。文字にすると結構ずっしりと響く数字ですね。
ブログ始めた年に生まれたお子さんがもう小学生になってるんですから…改めてびっくりです(^^;)

ブログを始めた動機は、当時は比較的時間に余裕があったので、自分が集めて愛聴している"激しい音楽"=いわゆるメタル系のバンド/アーティストのアルバムを、細かいジャンルに拘らずに紹介していきたいと思ったからでした。

そうして始めたところ、共通の趣味を持つ方々と知り合うことができ、また、新たなジャンルのバンド/アーティストを教えていただいて、自分の愛聴する音楽の幅が広がって充実した毎日となりました♪

気がつけば7年も経ってました。こんなに長く続けることができたのは、このブログの記事を読んでくださってるみなさまのおかげです!
本当にありがとうございます♪

近年は時間があまり取れなくなったので、アルバム紹介(記事を書く前に何度も通して聴き直し、バンドやアルバム制作のバックグラウンドを調べるので非常に時間がかかってしまいます…)よりもメタル関係のニュース紹介やライヴレポがメインとなってますが、時間が出来た時はアルバム紹介をしていきたいと思っています。

体調と相談しながら気負わずゆるゆるとブログを続けていくつもりですので、これからもよろしくお願いいたします<(_ _)>


さて、私事ですが、今週末引っ越しです(といっても、近所だったりしますw)。
PCとネットが来週月曜日まで使えなくなるので、更新はその後引っ越しが一段落してからとなる予定です。
引っ越し疲れで倒れないよう気を付けねば・・・( ̄▽ ̄;)


Stay Metal!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ ←よろしかったらクリックお願いします!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ