Spirit In The Sky

Hard Rock/Heavy MetalからMetalcore, Alternative Metalまで"激しい"音楽にどっぷり浸かりながらバンドとアルバムの紹介、ライヴ参戦レポ、チケット情報や海外のメタルニュースを書いてます。
海外記事は正確に訳すように心掛けていますが、間違ってる箇所があったら教えてください<(_ _)>
Twitterでも「Airy_666」で呟き中です♪

「SPIRIT IN THE SKY」 COPYRIGHT c 2013 ALL RIGHTS RESERVED

タグ:diskUNION

ブログをお休みしている間も私の物欲は留まることを知らず、むしろ暴走モード状態になってしまいました。

床に野積みとなってるCDを収納するためのラックを買ったものの、あっという間に一杯になってまた買い足す始末。

2012年の1年間で300枚近く増えてました…( ´Д`)

2013年、この物欲にブレーキを留めることはできるのか?

1月は御茶の水diskUNION「初詣」したり、Amazonさんの「初・ポチッとな」したりと誘惑が多かったんですよね・・・。


そんな2013年のスタートダッシュの1月の物欲爆発結果です!

御茶の水diskUNIONへの初詣はこんなことになりました!!
↓↓↓
CD2(;゚〇゚) !!!
ビニールのdiskUNION袋では入りきらず、紙袋に格上げです!

昔はビニール袋と同じ黒地に赤のデザインで厚手のコート紙でできたカッコイイ紙袋でした。
残念ながら数年前から経費削減なのか、とっても地味なものに変更されてしまいました。

・・・って、お前どんだけこの紙袋の世話になってるのかとww
 
メタル初詣のお賽銭 大判ぶるまいしすぎ〜(^^;)


では、その収穫物をば。

まずは新作から。

CD3左上:BLACK VEIL BRIDESWretched And Devine [CD+DVD]」(2013年発表、DVD付初回限定盤)
右上:HOLY GRAILRide The Void」(2013年発表、DVD付初回限定盤)
左下:I AM WAROutlive You All」(2012年発表、輸入盤)
右下: M-PIRE OF EVILHell To The Holy」(2012年発表、DVD付初回限定盤)


2010年にデビューするなりブレイクしたアメリカ出身の若手グラムメタルバンド BLACK VEIL BRIDES
ショーケースギグの初来日公演は2011年3月11日の東日本大震災当日ながら、ど根性でライヴを敢行しました。
その半年後の10月にはV-ROCK FESTIVAL '11で再来日!

BLACK VEIL BRIDESは80年代LAメタルと日本のヴィジュアル系をミックスし進化させたダークなメイクとファッションに目が行きがちですが、その音楽性もなかなかのものです。
デビューアルバムの「We Stitch These Wounds」(2010年)はスクリームを取り入れながらも、哀愁を帯びたキャッチーなメロディラインと分厚い演奏が印象的で次のアルバムを聴きたいっ!って思いました。
Wretched And Devine」は2011年にリリースされた2ndから1年半ぶりにリリースされた3rdアルバムで、BLACK VAIL BRIDESにとっての勝負作!
期待に違わず会心のアルバムに仕上がってます!

BLACK VEIL BRIDESの紹介ナレーションから徐々に盛り上がるイントロ。
その後は一気にダーク&メランコリックな世界へと突き進みます。
より洗練されたメロディラインとスクリームパートが絶妙な絡み具合で脳に気持ち良く響きます♪
メタルコア系のスクリームは苦手という人も、クリーンヴォーカルがメインなのでスクリームはアクセントとしてあまり抵抗なく聴けると思います(^▽^)
アメリカでBillboard 2位デビューというのも納得の1枚です♪

HOLY GRAILも2010年にデビューしたアメリカLA出身の若手バンドで、2010年のLOUD PARK 10で日本デビューを果たしました!

HOLY GRAILは若いながらもJUDAS PRIEST、IRON MAIDENACCEPTMANOWARといった80年代正統派ヘヴィメタルの伝統と脈々と受け継いだサウンドを、1stアルバム「Crisis In Utopia」(2010年発表)で聴かせてくれました。

3年振りの2作目となる「Ride The Void」は正統派らしくインストのイントロから始まります。
が、本作では、土台は正統派メタルながらもヴォーカルラインにスクリームを入れたり、ブレイクダウンパートを入れたりと、モダンなグルーヴメタルの要素を加えてきました。
ピロピロと絡むギターパート、メロディラインを強調したヴォーカルは、輝かしき先達へのオマージュ。
ただもう少しモダンなアプローチとクラシックなパートの融合がスムーズだと良かったかも。良いメロディラインがあるだけに、ちょっと勿体ないと思っちゃいました。
これぞというキラーチューンがあれば化けてくれるんではないかと。
日本盤はRAINBOW"Kill The King"カバーが収録されてますが、このカバーは秀逸です!

I AM WARは 2011年に活動休止を発表したATREYUのスクリーム担当Alex Varkatzasと、今年に入って電撃的解散を発表したBLEEDING THROUGHの Vo. Brandan Shieppatiによるオレンジカウンティ・メタルコア組による新プロジェクト。
昨年夏に輸入盤で「「Outlive You All」がリリースされた時、日本盤が出るのではないかと期待して買うのを伸ばしてました。しかし、半年経っても音沙汰がないので諦めて輸入盤をゲットしました。
新年そうそうBREEDING THROUGHの解散にガックリきてたんで、このI AM WARのアルバムを聴いて心を慰めてます(´・ω・`)
というか、心慰められるどころか拳上げて心燃え上がりっぱなしです!(笑)

ATREYUはメタルコア勢の中ではメロディアスなエモパートが特徴的でしたが、I AM WARではエモの要素は排除されてBLEEDING THROUGH譲りの飽くなき暴虐性をより強調したサウンドになってます。
1曲が2分前後と短く、息継ぎをする間もなく次から次へと畳み込むスタイルで脳天をぶっ飛ばします。
AlexBrandanの掛け合いも凄まじく、まさにガチバトル!
ライヴでぜひ観たいですね〜!

M-PIRE OF EVILは恥ずかしながら12月にONSLAUGHTとカップリング来日ツアーをしたことで初めて知りました。
VENOMMantasさん!いつの間にこんなたいそうなバンド結成してたんやっ!( ̄▽ ̄;)

自分へのおさらいを兼ねて…。M-PIRE OF EVILVENOMの歴代メンバーMantasThe Demolition ManAnttonVENOMの凶悪なサウンドの真の継承たるべく結成したバンドです。
2012年5月に 「Hell To The Holy」をリリースしたのですが、直前にまさかのAntton脱退というハプニング!
人事異動の激しさまでVENOMを見習わなくてもいいのに…( ´Д`)
後任のドラムにはJxnを迎えて、無事来日公演を終えました。
サウンドはMantasが言うようにVENOM直系!
スピーディーでダーク、そしてスラッシーなMantasのリフに"The Demolition Man"のガナリヴォーカルが乗って前ノリに突進していきます。
ギターソロパートはメロディも重視した80年代NWOBHMサウンドで、クラシカルでいてそれでモダンなサウンドに仕上がってます!

CD4左上:V.A.爆風トリビュートComplete」(2013年発表)
右上:V.A.爆風トリビュートCompletediskUNION特典CD-R」
左下:CRYPTOPSYWhisper Supremacy」(1998年発表、2012年再発、日本盤)
右下:TANKARDA Girl Called Cerveza」(2012年発表、日本盤、ボートラ入)



実は私、爆風スランプデビュー当時からのファンですw
偶然TV神奈川で彼らのPV"たいやきやいた""無理だ!"を観て、歌詞の内容とパフォーマンスのあほさ加減と対照的な高い演奏技術にぶっ飛んで、メタラー友達らに広めた経緯があります(笑)
"ランナー"で大人気バンドとなってからは初期のナンセンスな歌詞とパフォーマンスは影を潜めて悲しかったのですが、やはり初期アルバムには非常に思い入れがあります。

ご存じの通り、ドラマーのファンキー末吉氏はLOUDNESSニイちゃん筋肉少女帯橘高文彦氏らとXYZ→Aというバンドをやってる他に、中国や日本で数多くの友人ミュージシャンらとライヴセッションを行ってます。
そんなファンキー氏が友人ミュージシャンに声を掛けて出来上がったのが「爆風トリビュートComplete」!
XYZ→Aはもとより、"手数王"こと菅原孝三EARTHSHAKER44MUGNAMPaulBOWWOW山本恭司デーモン閣下ROLLY野村よっちゃん、オリメンC-C-B再結成と、顔の広いファンキー氏ならではの多彩な顔ぶれによる爆風スランプのカバー曲となりました!
嬉しくて驚いて懐かしくて楽しく聴き倒しましたよ〜♪(^-^)

カナダの古参デスメタルバンドCRYPTOPSYの「Whisper Supremacy」は1998年にリリースした3rdアルバムです。
CRYPTOPSYといえば、昨年のLOUD PARK 12で、扇風機ヘドバンをかましながらリフを弾きまくる楽器隊と、とにかくジッとせずにステージを動き周りながら下水管ヴォーカルを唸り続ける強烈なステージパフォーマンスが記憶に新しいところ。
CRYPTOPSYのアルバムは全部揃えたと思ってたら「Whisper Supremacy」だけ欠番だったことに気付き凹んでたところ、ビクターさんが12月にお買い得価格で再発してくれました!
ありがたくゲットさせていただきました♪ヽ( ´ー`)ノ

TANKARDは昨年30周年を迎えたジャーマンスラッシュの「酔っ払い集団」
いかん、2013年からはジャーマン三羽烏にTANKARD加えて"THE BIG TEUTONIC 4"って言うんだった(汗
A Girl Called Cerveza」は2012年にリリースしたTANKARDの15枚目です!
何故か買い忘れてたんですよね〜。"THE BIG TEUTONIC 4"のニュースで思い出しました(^^;)

デブなビール腹の王様のジャケ絵に( ´Д`)…となってたら、今度はデブな女王様のジャケ絵…orz
このB級なジャケ絵とビールバンザイな歌詞がTANKARDTANKARDたる由縁ww
はい、最新作もやっぱり安定の平常運転なGerreさん節!
30周年だからと下手に気負わず、スラッシーなリフにメロディアスなソロを組み合わせ、ビールが美味いスラッシュアルバムを作ってくれました(^o^)/

お次は再発盤・既発盤・中古盤いきます!続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新年明けたら初詣しないといけないですよねw

今年は風邪で寝込んでたためどこにも初詣行ってないのですが、近くの神社仏閣行くよりメタラーならメタルの聖地に初詣ということで、御茶の水diskUNIONへと行って参りました!

今週はNIGHTWISHSCORPIONSの新作日本盤がリリースされます。
DEAD ENDの3ヵ月連続シングルリリースもラストスパート!

この3枚は必須だよな〜と鼻息荒くお店に飛び込みました!

じゃんっ!

CD 左上:DEAD END夢鬼歌 (限定盤)」(2012年、シングル、DVD付き限定盤)

右上:SCORPIONSComeback : 暗黒の蠍団」(2012年発表)

左下:NIGHTWISHImaginaerum」(2012年発表、ボーナスCD付)

右下:FIVE FINGER DEATH PUNCHAmerican Capitalist」(2011年発表)

です!


diskUNION初詣は諭吉1枚のお賽銭。


NIGHTWISHキタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!

輸入盤の方が先にリリースされて、聴きたいのをじっと我慢して日本盤が出るのを待ってたのです!

先行PVの"Storytime"を観て、前作の暗い陰鬱なイメージから大きく脱却したなと思っていたのですが、新作の「Imaginaerum」は、アルバムが1つの舞台のように感じました。

これから何かが起こる・・・という雰囲気満点の"Taikatalvi"は、まさかのMarco単独クリーンヴォーカル!
そこから"Storytime"で、Anetteにヴォーカルがチェンジして舞台の幕開け!
オーケストラのシアトリカルな効果も満点です!
かと思えば"Slow, Love, Slow"のような、今までのNIGHTWISHにない甘く切ない曲もあって、舞台の一幕一幕が進んでいくように感じられます。
"Song Of Myself"は舞台終盤に相応しい13分半に及ぶ大作ですが、途中でナレーションが入ったりと起伏に富み全くダレません!
最後の"Imaginaerum"はオーケストラによるインストゥルメンタル曲。
全ての曲をまとめた音楽で舞台の終演を飾るという粋な演出・・・。オーケストラアレンジが良すぎます!

前作から4年間は長かったのですが、TuomasTarja Turunenの呪縛から解き放たれ昇華した作品を作り上げるには重要な時間だったと思います。
Anneteの素直な唄声を生かして新たな試みを大胆に取り入れたこの作品、4年間待ち続けた甲斐がありました!

NIGHTWISHの「新作日本盤」はボーナスCD付録の2枚組仕様です。
ボーナスCDには、"Storytime"、"I want My Tears Back"、"Slow, Love, Slow"、"The Crow, The Owl And The Dove"のデモ曲4曲が収録されています。

輸入盤は2種類フォーマットでリリースされてます。
ボートラなしの「通常盤」と、デジブック仕様の「デラックス盤」(2011年発表)です。
「デラックス盤」はCD2枚組で、ボーナスCDには全てインスト・バージョンの曲が収録されています。
NIGHTWISHファンとしては、輸入盤のデラックス盤も欲しいところ・・・(^^;)


FIVE FINGER DEATH PUNCHの新作「American Capitalist」は去年の11月にリリースされたもの。

いやー、すっかり買うの忘れてましたよ〜!私としたことがっ!(>_<)

FIVE FINGER DEATH PUNCH5FDPとかFFDPと略して書かれることが多い2005年に結成されたアメリカ、ロサンゼルス出身の若手メタルバンドです!

バンド名からハードコア系やデスメタル系と思われそうですが、イヤイヤ全然違うんですよ!
アメリカ〜ン・ヘヴィ・メタルなサウンドです!
2000年代のアメリカン・ヘヴィ・メタルなので、音は当然ながら重いっ!
でも、それに疾走感にグルーヴ感が重なって、身体がムズムズして暴れるのにご機嫌なサウンド♪

新作は3枚目にあたります♪
デビューアルバムから聴いてますが、アルバム出す事に一皮ずつ剥けていって、この3枚目でまた一皮剥けましたね!

ザックリしたギターの音、跳ねるリズム、スクリームとクリーンの使い分けがバッチリ決まってます!
グルーヴ感はSTONE SOURの2ndアルバムを想像していただければいいかと。
スクリームはLAMB OF GODRandyMACHINE HEADRobbといったドスの効いた感じ。
クリーンヴォイスはこれまたSTONE SOURCorey Taylor。でもあそこまで甘くないw
エモになるギリギリのクリーンコーラスなんですが、ギターがバリバリ弾いて突っ走ってるんでやっぱりヘヴィメタル♪

で、「こやつらめ〜w」と思ったのが、 "Under And Over It"という超テンション上げな曲と対極な"Remember Everything"という泣きメロバラードの両方をPVにしちゃったところ。
"Remember Everything"は歌詞付きPVコンテストをやったんですよね。
歌詞をじっくり読ませちゃうなんて、「んも〜勝負に出たな( ̄ー ̄)ニヤリ」 と思いました。

悔しいけど良い曲なんですよ〜。バンドの引き出しの深さを感じさせます!
できれば "Under And Over It"と"Remember Everything"のPVを観ていただきたいです♪

サマソニで来日したことのあるFFDP、今年はLOUD PARKもしくは単独で来日ぜひお願いします!


SCORPIONSの「Comeback : 暗黒の蠍団」は先に輸入盤がリリースされ、そっちを買ってしまったら日本盤がボートラ付きでリリースされちゃったという・・・( ̄▽ ̄;)

ボートラ1曲だけなら我慢もしたんですが、3曲も入ってるんですよ!
日本盤ボートラは、"Big City Nights"、"Still Loving You - Je t'aime Encore"、"Shapes Of Things"の3曲。
"Big City Nights"はセルフカバーです。
"Still Loving You - Je t'aime Encore"は2008年フランスのオーディション番組の優勝者の女性をゲストに迎えてレコーディングしたものです。
"Shapes Of Things”はJeff Beck在籍時のTHE YARDBIRDSの曲をカバーしたものです。

ね、貴重なボートラ音源をみすみす逃すわけにはいかないでしょ・・・。
だから日本盤も買っちゃいました〜(T▽T)
SCORPIONS来日祈願のお布施ですよ!お布施!


DEAD ENDの「夢鬼歌」は、DVD付きの限定盤を買いました。
だからデカジャケ。

このDEAD ENDの3枚のシングルがCDラックに入らず、非常に収納場所に難儀しております。
紙ジャケなので薄いため、下手なところに置くと存在がわからなくなってしまうんですよね(-_-;)
仕方ないので3枚横に重ねて置いてますw

DEAD ENDに関してはもう言うことありません。安心のDEAD END クオリティ!

3ヵ月連続シングルリリースなんて最初は大丈夫かと思ったけど、あの「Metamorphosis」(2009年発表)を出したバンドですよ!
ちょっとでも疑った私が悪かった。侮ってましたごめんなさい。
3曲全部毛色の違う曲。でもDEAD ENDでしか出せない音色と艶にメロメロです。

こうなったらフルアルバムのリリースが待ち遠しくてたまりません!
もっともっと艶やかで激しくて妖しい世界をたっぷり聴きたいです!o(≧∀≦)o


新年早々、ヘビロテのアルバムばかりでUNION初詣は大成功でした(^o^)♪


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ←よろしかったらクリックお願いします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、長引く風邪とともに仕事納めをしてきました。

まったくタチの悪い風邪にひっかかったもんです(=_=;)

仕事納めの帰りには物欲納めもしなきゃってんで、diskUNION御茶の水店へとダッシュしました!

28日リリースのアルバムもあるのです(^^)

UNIONで買ったのはこの4枚!

CD1 左上:BURZUMFrom The Depths Of Darkness」(2011、再録、diskUNION直輸入・帯・ライナー付)

右上:MORTAL SINPsychology Of Death [Limited Edition]」(2011年発表、ボーナスCDは1stアルバム「Mayhemic Destruction」(1986年発表)をカップリング)

左下:SABER TIGERParagraph 4 [2CD+DVD]」(2011年発表、ベスト盤、再録)

右下:ROYAL HUNTShow Me How To Live (DVD付)」(2011年発表、DVD付デラックス盤)

です!


BURZUMの最新アルバムは、1991年にリリースされたデビューアルバム「Burzum/Aske (鬱なる黎明)」(1991年発表、2010年「Aske」EP (1992年発表) とのカップリング再発盤、diskUNION直輸入・帯・ライナー付) の「Burzum」と1993年にリリースされた2ndアルバム「Det Som Engang Var (無常の門)」(1993年発表、diskUNION直輸入・帯・ライナー付) からCount Grishnackhが選曲して再レコーディングしたものが大半を占めています。

トラックリストは以下の通り。
【 From The Depths Of Darkness 】
01. The Coming (Introduction) *
02. Feeble Screams From Forests Unknown / Burzum
03. Sassu Wunnu (Introduction) *
04. Ea. Lord Of The Depths / Burzum
05. Spell Of Destruction / Burzum *
06. A Lost Forgotten Sad Spirit / Burzum
07. My Journey To The Stars *
08. Call Of The Siren (Introduction) *
09. Key To The Gate / Det Som Engang Var
10. Turn The Sign Of The Microcosm (Snu Mikrokosmos' Tegn) *
11. Channeling The Power Of Minds Into A New God / Burzum
* 新曲


昔の曲をただ再レコーディングしたのではなく、物語の各章のように"Introduction"という短い新曲を始めにつけています。
長尺の新曲は"My Journey To The Stars"1曲のみ。

新たに息を吹き込まれた曲は、最初リリースされた時の衝撃を失う事なく、また新たな凄みを利かせて
見事に蘇えりました!
こういう再レコーディングは大歓迎です♪


MORTAL SINはオーストラリア発の古参スラッシュバンド。
2007年に復活アルバム「An Absence of Faith」(2007年発表)をリリースし、本作「Psychology Of Death [Limited Edition]」は4年振りの新作となります!

しかも!日本盤の初回限定盤は1986年のデビューアルバム「Mayhemic Destruction」がボーナスCDとして収録されてます!

これは2007年の再発盤を買ってない私にとっては嬉し過ぎる特典!
迷わずDVD付きの初回限定盤をゲットしちゃいました!(^^)


SABER TIGERは今年8月に結成30周年記念となる強力なアルバム「Decisive」(2011年発表)をリリースしました。
そのメンバーがユーザーリクエストから18曲をセレクトし、再レコーディングしたベスト盤が「Paragraph 4 [2CD+DVD]」です!

"Paragraph 4"のタイトルは、1998年にリリースした再レコーディングベスト盤「Paragraph 3」(1998年発表、2003年リマスタ・ボートラ付再発)の続きという位置づけから来ています!

長い眠りから覚めて下山兄貴が咆哮するパワーメタルな新作の勢いをそのままベスト盤に持ち込んでいます!
DVDは未公開ライヴ映像およびPVのメイキング映像が収録されてます!

年末最後に滑り込みでのリリースに、バンドの意気込みを感じさせますね♪


ROYAL HUNTはデンマーク出身のメロディック・ハードなバンド。
2009年のLOUD PARK 09にMark Boalsがヴォーカルで出演しています。

しかしファンが元ヴォーカリストのD.C. Cooperを熱望したため、2011年バンドは遂にD.C. Cooperをヴォーカルに迎入れてのスペシャルツアーを決行しました!
そのスペシャルツアーで、ROYAL HUNTは震災後間もない4月末に来日してくれました!!

D.C. Cooperとのスペシャルツアーの反響は大変なもので、バンドとD.C. Cooperは一時的なものではなく正式な復帰を決断し、D.C. Cooper復帰作となる「Show Me How To Live (DVD付)」を12月ギリギリセーフでリリースすることに成功しました♪

もうこれがなんといっても素晴らしいメロハーぶり!
D.C. CooperAndre Andersen (Key)のコンビは鉄板だなと思わせるサウンドに涙涙・・・。
来年2012年5月に再来日も決定し、バンドは波にのりまくってますね♪


Amazonに注文していたのも届きました!

CD上:KORNPath Of Totality [Limited Edition]」(2011年発表、DVD付 デラックス盤)

左下:LAZARUS A.D.「Black Rivers Flow」(2011年発表)

右下:DISTURBEDLost Children」(2011年発表)

です!


LOUD PARK 10に続き今年はSUMMER SONIC 2011に出演したKORNが前作から1年と早いスパンで新作をリリースしました!
新作はエレクトロニカ系の"ダブステップ"というサウンドを取り入れています。
ミクスチャー系のKORNならではのアプローチで、モダンな印象がさらに強くなりました。

このDVD付きデラックス盤の内容は豪華ですよー!!
ボーナスDVDには、2010年7月にWebで公開されたミステリーサークルの中でのライヴ映像LOUD PARK10SOMMER SONIC11でのライヴ映像が収録されています!
KORNファンなら泣いて喜ぶ貴重映像ばかりっ!(>▽<)

こんな豪華なDVDを作ってくれるとはロードランナーさんグッジョブすぎますって♪


LAZARUS A.D.は11月末に来日したばかりの若手スラッシュバンド。
2009年にデビューしたときにLOUD PARK 09に出演したので、覚えている方も多いかと思います。

11月の激ロックFESでは、そりゃもうフロア騒ぎまくりの熱いパフォーマンスをしてくれたそう。
ギックリ腰で行けなかった私、超涙目です。

新作は2011年2月にリリースされてましたが、その時は買うのを完全に忘れてた…。
来日が決まってチェックしたら新作出ててガチョーン!(死語)となったというorz

この「Black Rivers Flow」は、実は2ndアルバムになります。

やっぱカッコイイっすね〜♪ 活きの良いスラッシャーが続々現れる限り、スラッシュは安泰です(^^)


DISTURBEDは今年突然活動休止宣言をしちゃいましたね(ToT)
アメリカン・モダンヘヴィネスなサウンドを得意として確固たる地位を築いていたのに…(涙)
どうやらメンバー間で色々とゴタゴタがあったらしく、「メンバー同士の個人的な事情」という曖昧な理由での活動休止というのが泣けます。

そんなDISTURBEDの活動休止前の最後アルバムはEPのB面に収録されてた曲と未発表音源を集めたもの。
ぶっちゃけコレクターズアイテム系です。
日本盤が出ないのもしょうがないかな。
それでもマニアには宝物です!
あああ・・・一度でいいからDISTURBEDのライヴ観たかった。。。

一旦リセットしてお互い冷却期間をおけば良い方向に転がることもあるので、また私達の前に戻って来てくれると夢を持ち続けたいと思います。


最後はタワレコで買ったブツを1枚。

CD2 DEAD ENDFinal Feast [限定盤]」(2011年発表、DVD付きシングルEP)

です!

DEAD END の怒濤の3ヵ月連続シングルリリース第2弾です!

あいかわらず特注のデカジャケ仕様w


Morrieの妖艶な世界をたっぷり味わえるミディアムテンポのシングル曲"Final Feast"もまたまた強力ナンバー!
初回限定盤にはDVDがついてて"Final Feast"のPVが観れます!
DEAD ENDのPVを作っているクリエーターさんはDEAD ENDを深く深く理解して映像を作り上げてることが良く分かります♪

この世界観はDEAD ENDならではですね〜(´∀`*)♪

ほんと再結成してからのDEAD ENDの勢いはすごい!

来月のシングルリリースも楽しみ楽しみ♪



とまあ、年内の買い忘れはあるかもしれませんが、取りあえずこれで〆!
来年早々にはベストアルバムを発表したいと思います(^o^)/

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ←よろしかったらクリックお願いします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先週はライヴ週間だったので、今週に入ってからやっとdiskUNIONに行ってきました!

毎年12月のdiskUNION詣では特別楽しみにしています。

それは・・・、

diskUNION特製HR/HMカレンダーをもらえるから!\(^O^)/


正確には、1諭吉以上買うとカレンダーがプレゼントされるのです♪

我が家のカレンダーは「HR/HMカレンダー」と「リラックマカレンダー」と決まっています(笑)

一時期は2種類の「HR/HMカレンダー」があったのですが、最近は1種類となってます。
2ヵ所に貼りたいので、2FのHR/HMフロアと3Fのデス・ブラックフロアで1枚ずつゲットの予定w

仕事が終わって寒さをものともせずdiskUNION御茶の水館にGO!!


まずは2FのHR/HMフロアで物色。

CD2 左上:HELLHuman Remains 」(2011年発表)

右上:HARDCORE SUPERSTARParty Ain't Over 'til We Say So (the Best of)」(2011年発表)

左中:ANTHEMHeraldic Device : DVD付 Deluxe Edition」(2011年発表、2011年 DVD付きデラックス盤再発)

右中:FASTKILLBestial Thrashing Bulldozer〜恐怖のスラッシュ殺戮兵器〜」(2011年発表)

左下:DAUGHTRYBreak the Spell : Deluxe Edition」(2011年発表, ボートラ付デラックス盤, 輸入盤)

右下:FASTKILL 「diskUNION特製DVD」

です!


悲劇のN.W.O.B.H.M.バンドと言われるHELLが結成から29年たってデビューアルバムをリリースです!
すいません、実はHELLというバンド自体を全然知りませんでした(汗)
メタラー仲間のhideさん、ヤンちゃんからHELLを絶賛されて、随分と遅れましたがゲットしました!

調べたら、N.W.O.B.H.M.時代の1982年に結成され、1983年にデビューアルバムをMausoleumレコードよりリリースする直前で、まさかの会社倒産でおじゃん!
ショックを受けたVo.のDave G. Hallidayは自殺してしまい、バンドは解散の憂き目にあいました。まさに悲劇です(TT)

しかし、バンドのデモテープがファンの間で長らくトレーディングされ続け、HELLの名前はアンダーグラウンドで伝説となってたようです。

21世紀になりDave Hallidayからギターの手ほどきを受けHELLに影響を受けたことを公言していた名プロデューサーのAndy Sneepが動きました!
AndyはスラッシュバンドのSABBATを再結成するとともに、HELLのオリジナルメンバーに働きかけて、2008年にオリジナルメンバー、AndySABBATMartin Walkyier (Vo.)でHELLを再結成させたのです!
その後Vo.は役者として活躍するDavid Bower (芸名 David Beckford)に交代し、とうとう幻のデビューアルバムがNuclear Blastからリリースされました。

サウンドはN.W.O.B.H.Mど真ん中!
疾走感のあるドラムにツインリードのギター。メロディラインがしっかりしています!
そして何よりもVo.のDavid Bowのパフォーマンスが素晴らしい!
役者として活躍してるだけあって、唄の情感の込め方といい、PVでのHELLの醸し出すオカルティックなイメージを存分に表現しています!

本当なら1983年にリリースされてたアルバム。
人の縁というものの大切さを感じずにはいられないアルバムです。


HARDCORE SUPERSTARは先月買った輸入盤ベストの日本盤を買い直し。。。
輸入盤と収録曲は全く同じなのですが、日本盤は「K2HDリマスタリング+HQCD仕様」というのが違うんです!
やはり初期のアルバムをリマスタリングした効果は大きいです!
どうせベスト盤買うなら高音質のもので聴きたいなあ・・・と思って買い直しました(^^;)

ANTHEMは7月にリリースされた新作が新曲+ライヴ音源2曲のボートラとDVD付きデラックス盤で再発されました!

「おいおい最初からデラックス盤出してくれよなあ〜」と思わず突っ込み入れたくなりましたが、ANTHEMマニアとしては新曲とライヴ音源もDVDの「レコーディング・ドキュメンタリー映像」も外せません!(>_<)

特にANTHEMブログやWE ROCKの柴田コラムを読んでるだけに、キツイので有名なレコーディング風景をドキュメンタリーとして36分も観れるというのは、マニアにとっては貴重すぎるお宝映像なのです!

まだ買ったばかりで観てませんが、週末にでもゆっくり観たいと思います(^^)


FASTKILLは結成15周年を迎えた日本のスラッシュメタルバンド。
これが3枚目のアルバムとなります!

FASTKILLは名前しかしらなかったのですが、発売日に私のツイッターのTLがFASTKILLだらけになりプチ祭り状態!
しかも買った人が絶賛しているではありませんか!Σ( ̄□ ̄;)

これは絶対ゲットしなくてはならない!( `・ω・´)
妙な使命感に燃えてゲットしちゃいました!
そしたらDVD-Rまで付いてきた!ラッキー♪

CD再生したらイキナリ金切り声の悲鳴でマジ驚いたっ!(T▽T)
爆音再生したんで、隣近所に変な勘違いされてないかと焦りましたw

サウンドは80年代な激速・突進系の極悪スラッシュですね〜!
とにかく速いっ!速いっ!速いっ!
Vo.のTOSHIさんの声がまた独特で、金切り声シャウトが脳に突き刺さってきます!
強烈なヴォーカルと絨毯爆撃のような楽器隊が(あえて狙った)音の悪さと相まって、聴く者をマヒさせます。
確かに中毒になりそうなヤバい臭いのするアルバムです(^^)


DAUGHTRYはアメリカン・アイドル出身のヴォーカリストChris Daughtryが率いるバンドで、サウンドはNICKELBACKなどのメインストリーム系です。

今作は日本盤もでました!
が、お店には輸入盤しかなかったので輸入盤のデラックス盤を購入しました。
1曲ボートラが少ないけど我慢だ我慢(><)

Chris Daughtryはスキンヘッドのゴツいお兄さんで、ルックス的には・・・イマイチかも(^^;)
でも、声は深みがあってセクシーなんですよ♪

サウンドも耳に馴染み易いキャッチーかつ骨太のロックで聴いていて気持ちが良いのです♪
新作は3rdアルバムとなりますが、さらにサウンド的に広がりをもって、DAUGHTRYワールドを確立したように思います。

NICKELBACKSlashのソロでヴォーカルをつとめるMyles Kennedyが属するバンドALTER BRIDGEが好きなら、DAUGHTRYも気に入ると思いますよん♪(^^)


これでHR/HMカレンダー1枚ゲットしました!(^0^)v


重くなったバッグを肩に3Fへと移動。
デス・ブラックフロアでのお買い上げは…以下の通り!

CD1 左上:VENOMFallen Angels」(2011年発表、輸入盤)

右上:NIGHTRAGEInsidious」(2011年発表)

左中:DEATHIndividual Thought Patterns : Deluxe Edition」(1993年発表、2011年リミックス・リマスタ、ボーナスCD付デラックス盤 再発)

右中:DEATH「diskUNION特製CD-R」

左下:MORS SUBITAHuman Waste Compression」(2011年発表、輸入盤)

右下:SYLOSYSEdge of the Earth」」(2011年発表、輸入盤)

です!


キタキタキター!VENOM、3年ぶりの新作です!

N.W.O.B.H.M.の時代にスラッシュ的なサウンドと悪魔的なモチーフを押し出して、多くのバンドに影響を与えてきたVENOM
かれこれ13枚目のスタジオアルバムで、私が買ったのは輸入盤の初回限定盤。ボーナストラックが2曲付いてます♪
3Fのフロアに着いた途端目に付いたアルバムでしたw

2006年のTHRASH DOMINATIONはまさかのCronos病気でドタキャンという不幸がありました。
それ以来来日を果たしてないんですよね。新作も出たことだし、2012年こそは来日してもらいたいものです。


NIGHTRAGEはギリシャ出身のMarios Iliopoulos (G.)が中心となって結成したメロデスバンドです。
過去にはGus G.Tomas Lindbergも在籍したことがあるバンドですが、メンバーの入れ替わりが激しくて、2007年からやっと今のラインナップで落ち着いているところです。
本作からOlof Morck (G.)が正式なメンバーとなりました(^^)

本作は5枚目のスタジオアルバムになります。
インストのイントロから泣きのギターサウンドが炸裂する2曲目への流れなど、メロデスファンにはたまらないサウンドとなっています!

また、先述のGus G.Tomas Lindbergがゲスト参加しているところもミソです!
アグレッションと泣きメロがほどよく調和して、メロデスの王道を行くような作品になってます♪


DEATHはその名の通り"デスメタル"というジャンルの創始者であり、ジャンルを定義づけた偉大なるバンドです。
そのバンドが1993年にリリースした5枚目にあたる名盤「Individual Thought Patterns : Deluxe Edition」が2011年にリマスタリング&リミックスされて蘇りました!

デスメタルに"テクニカル"の要素を持ち込み、"デス声"に一見惑わされるが実は格調高い作風でファンを唸らせたアルバムが、よりクリアな音で帰ってきました。
ただし、初期のデスメタルやブラックメタルは音質の悪さもその魅力の一つであったのは否めない事実であり、リマスタとリミックスにより音圧が上がったのは良いのですがリミックスされたサウンドは、初期からのファンにはどう取られるのかな?

VENOMの「Black Metal」のSHM-CD盤は、高音質が売りのSHM-CDにする意味があるのか?ってなぐらい何も変わってなくて苦笑したけど、それでこそVENOMだと納得したもんです(笑)

個人的にはオリジナル盤もリマスタ盤もどちらも良い点があるので両方保存ですw

そしてこの再発で嬉しいのはボーナスCDに1993年ドイツでのライヴが収録されていること!
後追い派の私にとって非常にありがたいライヴ音源です(^^)♪


MORS SUBITAはジャケ買いというか、POPの説明読んで買いましたw
まずバンド名からして読めない。多分"モーズ・スビタ"かと。
調べるとフィンランドとスロベニアに同名のバンドがあり、私が買ったのはフィンランドの方でした。

MORS SUBITAは2006年と2009年にEPをリリースして、この「Human Waste Compression」がフルデビューアルバムとなります。

AmazonさんではCDは売られておらず、MP3ダウンロードでのみ購入できます(T▽T)

サウンドはメロデス&スラッシュ系・・・"メロデスラッシュ"とでも言えばいいのか?
AT THE GATESCARCASSとエクストリームメタルの影響を受けたことを公言してるだけあって、確かにアグレッションの高いデスラッシュ風のサウンドがメインで、メロディを散りばめています。
北欧メロデスバンドで重要なパートのキーボード奏者がいないのもポイントの一つです。
叙情派メロデスとは一線を画したメロデスです。
アプローチとしては大変面白いですね♪
このまま独自のスタイルを確立すると化けるかも(^^)


SYLOSYSは2008年にデビューしたイギリス出身のスラッシュ〜メタルコア系の若手バンドです。
本作が2枚目のアルバムとなります。まだ日本盤デビューは果たしていません。

ブラストビート叩きまくりで、スラッシーかつデスメタルっぽいテクニカルも入れつつ、メタルコアなブレイクダウンもあったりと、そこら辺をゴチャミソに混ぜたサウンドが特徴です。
メタルコアでありがちのクリーンヴォーカルはありません。ひたすらデスヴォイス♪

思えば、ハードコアとメタルが合体してメタルコアになり、デスメタルとハードコアが合体するとデスコアになり、エモとメタルコアが合体するとスクリーモになり、スラッシュとデスメタルが合体すればデスラッシュ・・・。
じゃあスラッシュとメタルコアが合体するとなんなんだ?

あああ、ジャンルが再融合・細分化を繰り返して何がなんだかわからない・・・(;´Д`)

要するに、エクストリームなメタルってことでOKだよね!(←半分やけっぱちw)

ということで、サウンドはモッシャー щ(゚д゚щ)カモーン! な内容です!
アグレッション高いし、若いだけあって勢いもあるし、ライヴとか燃えそうです♪

SYLOSYSと言えば、先日紹介した英METAL HAMMERのオマケCD、Dimebag Darrellトリビュートアルバム「Getcha Pull」(2009年発表)で"Strength Beyond Strength”をカバーしていました。
「なかなか良いアレンジしてるよな〜。知らないバンドだけど。」と当時思ったものです。

METAL HAMMERがトリビュートアルバムに選ぶバンドは、イギリスで人気または注目されているバンドなので、このアルバム聴いてなるほど鋭いな…と感心しています(^^)

早く日本盤契約とれてEXTREME THE DOJOか激ロックあたりで来日して欲しいものです♪


以上のCD買って、カレンダーをまた1枚ゲットしました♪

diskUNION特製カレンダーはこれです!

diskUNIONカレンダー2011年にリリースされたCDの中から選ばれた、綺麗なアルバムジャケットを月替わりで眺めることができます♪

ちなみに12枚のアルバムジャケットのうち、私は9枚持ってることがわかりましたww

これで来年もカレンダー観るのが楽しみです♪




にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ←よろしかったらクリックお願いします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

11月の物欲は相変わらず爆発してたのですが、忙しくて記事に出来ぬままCDとDVDが山積みになってしまいました(汗)

普段、物欲爆発の記事を書くときは、写真とアルバム名だけでなく、アーティストの簡単な紹介と短いレビューを載せてます。

でもレビューが長めになる傾向があるので、今回はサクッと行きたいと思います!(希望)

数が多いのでCD編、DVD編と記事を分けました。

ではCD編の物欲爆発結果行きます!

1109 CD1左上:MEGADETHTh1rt3en」(2011年発表)

左下:SLIPKNOTIowa : 10th Anniversary Edition」(2001年発表、2011年デラックス盤再発)

右上:STEEL PANTHERBalls Out! : 鋼鉄の玉!」(2011年発表)

右下:CATHEDRALAnniversary」(2011年発表)

です!


MEGADETHスラッシュ四天王の一角をなしてるスラッシュ界の重鎮です。
"インテレクチュアル・メタル"と言われる複雑なリズムや曲展開のスラッシュ サウンドと、リーダーの"ムス大佐"ことDave Mustainのカエル声のヴォーカルが特徴的とされてます(^^)

一度"ムス大佐"が腕の故障でMEGADETH解散を発表しましたが、その後完治したことにより再起動!
2010年にはオリジナルメンバーの"元Jr.ことDave Elefson (Ba.)が復帰し、"BIG 4"の夢の共演も実現して、ノリにのってるところで出た新作!

これは良いですよ〜!
うんうん、Dave & Daveコンビが復活して阿吽の呼吸で進むサウンドがなんとも熱い!
MEGADETH再結成後のアルバムの中では一番好きです♪

STEEL PANTHERは2枚目となるアルバムです!邦題の「鋼鉄の玉!」には爆笑してしまいましたw
このノリこそSTEEL PANTHERならでは!

曲もまた極上な80年代LAメタルをオマージュしたポップでキャッチーで下品と魅力たっぷり♪
ゲストも豪華で、"あの"NICKELBACKChad Krogerが"It Won't Suck Itself"でリードヴォーカル取ってるんですよ!Σ(゚∀゚;)
STEEL PANTHERによれば、「NICKELBACKファンの目を向けさせたい!」ってことで頼んだとかw
そして、Chadにヘヴィーメタルな曲の作り方を教えたんだってw(←オバカ発言すぎるwww)

何はともあれ、脳天気でスカッとしたいときはSTEEL PANTHERですね♪

SLIPKNOTの「Iowa : 10th Anniversary Edition」は10周年記念アルバムの再発で、CD2枚とDVDの3枚組!

もう10周年なんですね〜。早いなあ〜。しかしこのアルバムを聴いた時の衝撃は変わらないままです。
ボーナスCDはDVD「Disasterpieces」(2002年発表)のCD音源。DVDから音抜き出さなくて良いのでこれはありがたい♪
DVDはShawn Crahan監督による「Iowa」リリース当時の様子を未発表映像やメンバーインタビューで語ったドキュメンタリーが見物です!

CATHEDRALはドゥーム・メタルの第一人者としてLee Dorianが21年間率いてきたバンド。
惜しくも2011年に解散を表明して2012年に最後のアルバムがリリースされる予定です。

Anniversary」はCD2枚組で、Disc 1が2010年12月3日のロンドンでの20周年記念ライヴを収録したもの。Disc 2は現メンバーによるベスト盤となってます。

初期CATHEDRALの曲はドゥーミー感がハンパなくって、ドロドロと重いっ!
ライヴでもそのヘヴィネスはしっかりと再現してます!
後期になるとかなり聴きやすくなってきますが、キャッチーとドゥームの両方が相混ざってCATHEDRALしか出せないサウンドなんですよね。

ライヴ盤もいいですが、Disc 2のベスト盤もCATHEDRAL入門者にはオススメです♪


1109 CD2 左上:LOU REED & METALLICALulu」(2011年発表)

右上:STAINDStaind」(2011年発表)

下:WARBRINGERWorlds Torn Asunder」(2011年発表)

です!


2011年最大の問題作となったのがLOU REED & METALLICAのコラボアルバム、「Lulu」!
前宣伝の力の入れ方はもの凄かったのに、予告PVを観て不安がるファンが多数続出し、そして蓋を開けたら・・・売り上げは大ズッコケしてしまいました。

これはMETALLICAをメインに考えると受け入れられないアルバムだと思います。
LOU REED先生がMETALLICAをバックにしたソロアルバムと思えば、余裕で"あり”です!

LOU REED先生はアルバムをリリースするたびに物議を醸しているアバンギャルドなお方。
彼の"念仏"ヴォーカルがキツいという声が多く聞かれますが、あれもパフォーマンスの1つなんですよね。

LOU REED先生は"ミュージシャン"というより大きな意味での"アーティスト"です。
「詞」ではなく「詩」を作りそれを様々な表現でパフォーマンスするのです。
曲にのせて叫んだり、呟いたり、大きなジェスチャーをしたりと、彼の1人芝居の舞台がアルバムだと思ってくれればいいかと。

だから"唄う"のではなく、抑揚を聞かせた"朗読""台詞回し"をして表現してるのです。
PVの "The View"を観れば、METTALLICALOU先生の1人芝居のBGMであり、Jamesの唄も効果音だと解釈できます。
そう思えば、"念仏"唱えてるだけ・・・に聞こえてたのがあら不思議、「叫ぶ詩人の会」のような芸術パフォーマンスとポジティヴに聞くことができます!

とはいえ、ぶっちゃけ2枚組ぶっ通しで聴くのは・・・結構骨が折れました( ̄▽ ̄;)


STAINDは満を持してのセルフタイトル新作!
アメリカのヘヴィ・ロック系を牽引しているバンドの1つですが、日本ではあまり人気のないジャンル。
ミドルテンポでヘヴィな横揺れリフ、好きなんですけどね〜。モッシュとかしにくいからなのかな?

セルフタイトルをつけただけあって、新作は気合い充分です!
思ってたよりアグレッシブでヘヴィなサウンドに身体が即反応してしまいました♪
回るのは無理ですが、ピョンピョンモッシュやガチンコモッシュなら余裕でいけます!!
ライヴ観たいなあ・・・。


WARBRINGERは新世代スラッシュシーンの第一人者の1つ。
アメリカ・ベイエリア出身で、オールドスクールなスラッシュ・復興の一躍を担っています。

これが3枚目となりますが、残念ながら日本盤はリリースされてません(涙)
3枚目の本作はノリにノったスラッシュ・チューン満載で、思わずガッツポーズ上げたくなるほど!
こいつは突進力もあるし、暴れられるし、スラッシャー大喜びな1枚です!
くそー!こんなにいいのにEVILEといいWARBRINGERといい、なぜ新作の日本盤が出ないのか・・・(>_<)


1116 CD1 左上:NICKELBACKHere And Now」(2011年発表)

左下:HARDCORE SUPERSTARParty Ain't Over 'til We Say So」(2011年発表、新曲入りベスト盤、輸入盤)

右:SCORPIONSComeblack」(2011年発表、輸入盤)

です!


NICKELBACK キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!

オリコン初登場で洋楽1位!!もちろんアメリカのBillboardチャートも初登場1位!
いよいよ日本でもNICKELBACKの時代がキター!!
長かった・・・本当に長かった。。。

骨太かつキャッチーなメロディ、フックのあるリフ、Chadの漢っぽいダミ声ヴォーカル、なんで日本でウケないのかと不思議でした。
新作もNICKELBACKワールド全開です!


HARDCORE SUPERSTARは新曲1曲を含むベスト盤!

これは・・・やっちまったー(T▽T) 日本盤じゃなくて輸入盤買っちゃいました…orz
日本盤のみハイクオリティリマスタリング仕様なんですよ・・・。
初期の曲は音圧が低いのでリマスタリングが効果をもたらすはずなのに、輸入盤・・・l|li_| ̄|○il|li

HARDCORE SUPERSTARのバッドボーイズ・ロッケンローな魅力は、このベスト盤聴けば充分伝わります♪
北欧のバッドボーイズ・ロッケンローは本当にイキが良い!
入門編にも最適なベスト盤です(^^)


SCORPIONSは輸入盤を買ってしまいましたが、これ、日本盤「暗黒の蠍団」が2012年1月にリリースされるんですね(T▽T)
焦って買ってもうた…orz

内容はセルフカバーとSCORPIONSが影響を受けたTHE BEATLESTHE KINKSTHE SMALL FACESといったバンドのカバー曲からなっています。

あらためて思ったのはKlaus Maineの唄の上手さ。
今更なんだと言われそうですが、あの大御所達のカバー曲を自分の持ち唄のように完全に消化して唄ってるんです。
引退するのがもったいないってば(>_<)


1116 CD2 左上:DEAD ENDConception [SingleCD+DVD, Limited Edition]」(2011年発表、DVD付きマキシシングル盤、初回限定盤)

右上:HIBRIA AND DOWNHELLEast Japan's Help [Single, Limited Edition]」(2011年発表、輸入盤EP)

左下:AS I LAY DYINGDecas」(2011年発表)

右下:THE MORNING AFTERLegacy」(2011年発表)

です!


DEAD ENDの3ヵ月連続シングルリリース第1弾ですよ!\(^O^)/
初回限定盤はPVの入ったDVD付きですよ!ジャケットがメチャでかくてラックに入りませんww

曲は妖艶なDEAD ENDの世界をモロに体現してます!
ヤバイ、本当にヤバイ!Mollyのヴォーカルは魔力がありすぎる!
来年春のライヴが楽しみだー!


HIBRIA AND DOWNHELLは東日本大震災義援としてつくられた2曲入りEPです。
ブラジルのパワメタ・バンドで5月に来日公演を行い、震災の様子を見聞きして衝撃を受けたHIBRIAがその後韓国公演で共演したDOWNHELLと意気投合してチャリティアルバムを作ることになったわけです。

ただし、時間がないので新曲ではなく彼らの敬愛するIRON MAIDENのカバー曲をレコーディングしてます。
このレコーディングにはGALNERYUSShuがゲストギタリストで参加してます♪

韓国のパワメタ・バンドDOWNHELLが"Aces High"を、HIBRIAが"2 Minutes To Midnight"をやっています♪
タイトなスケジュールでレコーディングしたとは思えぬクオリティです(^^)
MAIDEN LOVEもしっかり伝わってきます♪

このEPの収益金は日本赤十字社に義援金として寄付されるそうですよ♪


AS I LAY DYINGは新曲、リミックス、カバーと色々ごちゃ混ぜにした10周年記念アルバムです!
新曲もかっこいいけど、リミックスはトランス入ってたりと意外な感じで楽しいですね(^^)
カバー曲はJUDAS PRIESTの"Hellion"〜"Electric Eye"とJUDASファンなら大喜びのチューンがっ!
楽器隊は完コピ、ヴォーカルはスクリーム&クリーンですが聴きやすいぞ(笑)
"Electric Eye"の爆笑もんPVまで作ってくれてありがとうwww


THE MORNING AFTERはイギリスの若手メタルバンドです!
平均年齢が20才だったかな?とにかく若くて活きがいい!

本作が2枚目になりますが、1枚目にあったスクリーム&クリーンヴォーカルはかなり抑えられ、キャッチーで心地良いメロディック・ハードロックサウンドに満ち溢れてます!

あまりにメロハーの曲が良いので、ところどころに入ってるメタルコアな曲はむしろ流れを邪魔してる感じです。
このままメロハー路線を突っ走って下さい!

1116 CD3左:INSOMNIUMOne for Sorrow」(2011年発表)

右:TSJUDERLegion Helvete」(2011年発表)

です!


INSOMNIUMはフィンランド初のメロデスバンドです。
冬はこういう叙情系メロデスを聴きたくなりますね〜( ´ー`)

INSOMNIUMの新作は輸入盤ですが、バンドにとっては5枚目のアルバムとなります。
ちょっとパターン化してるきらいはありますが、心の琴線をかき鳴らす泣きメロは北欧系叙情派メロデスならでは!


TSJUDERは読めないっwww ノルウェーのブラックメタルバンドです。

まったく知らなかったのですが、diskUNION行ったら最初にINSOMNIUMがかかってて、「これは買わねばっ!」と思いCDを取ったところ、店員さんがCDチェンジしてかけたのががTSJUDERでした!
んで、速攻CDを取る私。店員さんの策略に見事にハマッたwww
CDジャケットに豪奢な紋章バッチが貼られていて、ラックの場所とることったらw

サウンドは暗黒の深淵を覗くかのような邪悪なリフが延々と続き、これぞブラックメタル!
といっても呪われた叫び声とか出すわけではないので、ブラックメタルを聴く人ならむしろ聴きやすく感じるかも(^^)
かなり気に入って1日に5回ぐらい聴いてしまいました♪

だれか読み方教えてください<(_ _)>

CD 上:DEVILS WEAR PRADADead Throne」(2011年発表、輸入盤)

下:DISTORTED WONDERLANDDistorted Wonderland」(2011年発表、輸入盤)

です!


DEVILS WEAR PRADA、日本盤はデジタルダウンロードのみのリリースとなってしまいました。
私は輸入盤をゲットしました!

DEAD BY APRILがやたら明るくキャッチーになったのに対し、DEVILS WEAR PRADAの新作は、王道のメタルコア路線を突っ走ってます!
スクリーム&シャウトでグイグイと押していくサウンドは名前のようなオサレなイメージとはだいぶ遠い感じ(^^;)

ただ似た曲が多いので、何回か聴いてると頭の中がグルグルしてしまいました。
もうすこしフックがあるといいんですけどね・・・。


DISTORTED WONDERLANDは、diskUNIONで目立つところに飾られていた輸入盤です。
日本盤は出てないんですよね。

調べたら2010年12月7日にリリースされてました。しかもデビューアルバム。
バンドはスウェーデンのイエテボリ(Gothenburg)出身とな!北欧かっ!

CD再生したとたん、こいつは大当たりでしたよ!
なんじゃこのかっこいいバッドボーイズ・ロッケンローはっ!
疾走感、スリージーさ、キャッチーさ、どれをとってもデビューアルバムとは思えぬハイクオリティ!
HARDCORE SUPARSTARをもっとドライヴ効かせたような感じで勢いがあります!

バッドボーイズ・ロッケンローのファンの皆さま、要チェックなバンドですよー!(*^O^*)

Ozzy Box Set OZZY OSBOURNE「Blizzard Of Ozz / Diary Of A Madman 30th Anniversary Box」(2011年発表、DVD付きボックスセット、限定盤)

です!


OZZY OSBOURNE、春には出なかった30周年記念再発盤のボックスセットです!
私、「Blizzard Of Ozz: 血塗られた英雄伝説 Legacy Edition」(1981年発表、2011年オリジナルメンバー・リマスタ 再発)と「Diary Of A Madman: Live Edition」(1981年発表、2011年オリジナルメンバー・リマスタ、ボーナスCD付 再発)を買ってたんですが、日本盤のボックスセットがでると聞いて我慢出来ずに買い直してしまいました!
だって、ボックスセットのDVDにはRandy Rhoadsの未発表ライヴ映像が入ってるんです!
ドキュメンタリーも日本語字幕付きだし・・・、これはファンとしては買わぬわけにはいかなかったんです(^^;)

CD3 RETURNUNHOLY THRASH METAL 」(2011年発表)

です!


最後に、これは3Fのデス・ブラックフロアに置いてある、日本発のデス・ブラックメタルバンドRETURNのデビューアルバムです♪

毎月行われているメタルパーティーの常連さんで、ロン毛にコープスペイントかましてフロアをのし歩いているトシ君がやっている3ピースのバンドです。

スラッシュとデスとブラックを混ぜこぜしたサウンドだと言うので、興味津々でゲットしちゃいました(^^)
といっても私は直接手渡し購入組なんですが、diskUNIONでも大プッシュされてましたよ!

CDを再生すると、聞こえてきたのはプリミティブ・ブラック/デス メタルの邪悪な音とスラッシーなリフが共存してました。

ギターのリフはザクザク刻むスラッシュメタル。
でもモノトーンでメロディレスなところはデス〜ブラック。
全部足すとタイトル通り「Unholy (不道徳な)音」がスピーカーから聞こえてくるんです!

そして予想通り音悪いのよwww

でも、これはこれでいいのです。
初期スラッシュ、デス、ブラック系のバンドはみな「音悪くてナンボ」というチープな音作りしてましたから。
プリミティブな時代のブラック・デスメタルをリスペクトしてるのだから、デジタルでエッジの尖った綺麗な音はだめw

それにハッキリいって演奏はあんまし上手くないw
ドラム走るし、ギターとベースとドラムのテンポがずれたりするけど、"プリミティブ"で"不道徳"な音なんだから全部許せちゃうんですね。むしろそれも一つの芸かもw
アンダーグラウンドの香り一杯立ちこめた、暗黒への熱情にかられたサウンドが良い味だしてます!

曲は短めで、アルバムがあっという間に終わってしまうんですが、妙に頭にこびり付いてしまい、気がついたらずーっと繰り返し再生してました(笑)

ヤバい。これはきっと逆回転すると「ジャンキーになれ〜」という悪のメッセージが入ってるに違いありません(嘘ですw)

いや、冗談抜きで良かったです(^^)
80年代〜90年代初期のデス・ブラックが好きなら聴いてみてください。「うんうん、そうだね〜」って分かってくれるはず!

下手に技術なんかに拘らずこの勢いのまま突っ走ってください!2ndアルバム楽しみです(・∀・)ノ

次はDVD編行きます!!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ←よろしかったらクリックお願いします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ