2016年12月09日

リスなら可愛いけど、、、

   これから忘年会や新年会のシーズンになりますねえ。
 リスなら可愛いのですけど、、、。

 完熟リンゴにアルコール分が含まれていたようです。

 下の画像の三角形をクリックしてご覧くださいませ。





aisan88 at 14:27|PermalinkComments(2)

2016年12月07日

「脱内燃機関」って?

大変だ!、、、、と思いました。何が「大変!」かっていうと
 
 「内燃機関」の車とは排気ガスを出す、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車のこと。 
 世界は、排気ガスを出さない電気自動車へ一気に進もうとしている。
 ドイツは2030年までに、ノルウェーは2025年から、オランダは2025年以降、ガソリン車、ディーゼル車を販売を禁じる法律をつくろうとしている。
 ヨーロッパとアメリカは、一気に「脱内燃機関」を進めることによって、日本から車の主導権を取ろうとしている。
 
 世界の車が、猛烈なスピードで「脱内燃機関」に向かっているのに、日本は出遅れている。
 日本の会社はまだまだハイブリッド車にしがみついていて、これで食べて行こうとしている。
 
 という記事を読みました。
 
 じゃあ、あの水素を燃料とする「燃料電池車」の話はどうなってるの?
 と思ったら、「水素燃料電池車」が、大衆のものになるまでには、莫大な投資と時間がかかるしいです。
 その間に、電池の性能が日進月歩。 
 
 こういう状況を日本で報じられない理由について、私は
「車の売れ行きが悪くなる」
からではないかと勘繰っています。
 本当は日本の車メーカも必死で「電気自動車」を開発している。 決して世界に遅れをとっているわけじゃないのかもしれない。
 世界と競争できるようになったある日突然に
 「○年後にはガソリン、ディーゼル車の販売を禁止します」
てなことかしら?
 
 それとも、まさかまさか、本当に世界から遅れをとってる?
 
 詳しくは下記のサイトに
           ↓
 


aisan88 at 14:45|PermalinkComments(4)

2016年12月06日

ましな人間増やす法

 お餅つきは手間がかかります。
 お米をセイロで蒸したり、臼で、ペッタン、ペッタンしたり。
 つき上がったら手早くちぎって、黄粉をふりかけたり、大根おろしをかけたり、餡子をまぶしたり。
 それぞれの作業の一つ一つがものすごーーく楽しいです。
 
 こんな楽しい行事、現代人はなんでしなくなったのだろう。
 お餅もスーパで手軽に買えますけどねえ。
 みんなでワイワイガヤガヤ、ウキウキとした楽しい過程、あっさり捨ててしまったのねえ。
 
 今からでも遅くないわ。
 全国の幼稚園から大学まで、年末にペッタン、ペッタンとお餅つきをすれば、もうちょっとこう、まともな人間が増えてくるのじゃないかしらねえ。
 
 そうだ! 来年は町内会でお餅つきをするよう、会長をそそのか、、、いえ提案してみようかしら。
 「予算が、、、、」
と断られないように、あらかじめ臼や杵のレンタルがあるかとか、値段とか調べておかなきゃ。
 
 きっと上手くいくわ。(*^_^*)b

161206A


aisan88 at 14:44|PermalinkComments(2)

2016年12月04日

♪〜♪あーきの ゆーうひーの♪〜♪

 ♪〜♪ あーきの ゆうひーの てるやまもみじ♪〜♪
 ♪〜♪ こーいも うすいーも かずあるなかに♪〜♪
 
 富津にある「もみじロード」と、神野寺の紅葉を見てきました。
 盛りは過ぎていましたが、まだまだ充分綺麗でした。
 
 遠くまで行かなくても、日本中どこでも春には桜、秋にこの紅葉が堪能できますね。
 日本に生まれて良かったァ♪〜♪

161204A



















161204B


aisan88 at 12:20|PermalinkComments(2)

2016年12月01日

病が嫌う玄米

 最近、「ロウカット玄米」を食べています。
 「ロウカット玄米」とは玄米の一番外側の固い部分(ロウ)を取り除いたお米のことです。
 今まで食べてきた「胚芽米」とはどう違うのかな、と思いましたが、そんなに違いはないようです。
 
 ただメーカーの説明によると、「ロウカット玄米は、白米の美味しさと胚芽米の栄養価を持ったお米」とありました。
 しかし「胚芽米」の味も私は好きです
 
 「ローカット玄米」や「胚芽米」は食物繊維が白米の約3倍、ビタミンB1は4倍と栄養価が高いです。
 その上、玄米はガンを抑制する効果とか、糖や脂質代謝の正常にして糖尿病を防ぐ働きもあるようです。
 
 日本人はお米を食べるようになって二千年間、最近まで(約150年前)玄米のままで食べていました。
 我々の臓器や血管、身体の隅々まで玄米に親和性があるように思えます。
 
 それでも、真っ白な白米が一番美味しく感じるのは「病は毒を好む」からでしょうか。

161201


aisan88 at 21:21|PermalinkComments(2)

2016年11月29日

春菊、綺麗!

 好物の春菊の苗を、3株買って植えました。
 葉っぱが大きくなり数も増えました。 
 野菜売り場にある春菊と違って、瑞々しく美しいです。
 毎日見るのが楽しみです。
 
 お詳しい方の助言で
「芯の先っぽを切ると、それ以上伸びないで、いっぱい脇芽が出てくるよ。それを摘んで食べれば良いよ」
 
 でも、先っぽを切らない、ずっと伸ばしたいから。
 第一、食べない。
 食べるのはスーパーで買えばいいわ。1把150円くらいだもん。
 
 うちのは食べない、無くなっちゃうから。
161129BRg


aisan88 at 14:11|PermalinkComments(2)

2016年11月27日

同情する気は無いけれど

 町内会の会長でさえ、なりてがなくて困っているのに、なんであの人は、国のトップにしがみついているのだろう。
 さっさと辞めてサッパリすればいいのに。
 いったいなんで?
 と思っていたら、そう簡単ではないらしい。
 
 お隣の国のあの女性、辞めたら逮捕されて刑務所に入れられる可能性が強いのでしょう。
 辞めなければ特権で逮捕されない。
 民衆が諦めるのを待ってるのか、戒厳令でも出すのかしら。
 
 だいたい大量虐殺したわけでもなく、辞めなならんほどの事をしたようには思えないのだけど。
 誰かが権力の座から引きずり落とそうとしているのでしょう。
 
 寄ってたかって女性一人をイジメてるような光景は、袋のネズミを虐待しているようで、見ていて気分が良くない。
 だからといって同情する気は、ぜんぜーーーん無いのけど。

 161127


aisan88 at 15:14|PermalinkComments(4)

2016年11月25日

地球の演奏


 地球の音を探査機「ボイジャー」が録音した地球の音です。
 宇宙空間には大気がないので音なんかしないはずですが、地球は電磁振動を出しています。
 その電磁振動を、人間の耳に聞こえるように周波数を可聴域に変換したものです。
 
 太陽エネルギーを受けた大気が、激しく擾乱する音でしょうか。
 それとも、大洋を行く、幾筋もの潮の流れの音でしょうか。
 宇宙空間に向かって、地球が歌を歌っているようですねえ。
 
 




aisan88 at 14:19|PermalinkComments(4)

2016年11月23日

自然な反応、、

 パックツァーで北海道に行ったときのこと。
 中年の男性添乗員が
「今日の昼食のお弁当を配ります。あのビルの中にベンチがありますから、そこで召し上がってください」
 
 ところが我々のグループ4人は、お弁当を手に持ったまま、食べる場所を見つけることができず30分もウロウロしたのです。
 バスに帰って、添乗員に
「ベンチが少なくて、30分もウロウロしました」
「他の方々はちゃんと食べましたよ。それに、バスの中でも食べることができると言いましたよね。」
 
 また、お客のお一人が
「バスでの移動時間が長すぎる」
 それに対して
「この旅行を選んだのはお客様ご自身なのです。この旅行のプランは東京の会社の者が作ったのです。我々添乗員はそれに従って進めていくだけなのです」
 
 彼の気持ちを表した「自然な反応」なのでしょうか。
 今時は小さな会社の受付の女の子でも、お客に対しては、会社の代弁者として応対するのが普通です。 
「あ、そうでしたか、それは申し訳ありませんでした」
「そうですね。もっと移動時間が少ないプランを作るように、担当の者に伝えておきます」
 
 悠久の大自然の中で、いろいろ考えさせられた旅でした。

161123


aisan88 at 16:33|PermalinkComments(8)

2016年11月21日

「お戯れを!」

161121A


















 また一つ、大自然の「お戯れ」と思ったのが、この不思議な六角形です。
 これは土星探査衛星「カッシーニ」が撮影した土星のてっぺん、北極です。
 
 どうやって自然はこんな完全は六角形を作ったってわけ?
 と思ったのは、ド素人の私だけでなく、学者先生方もなかなか分からなかったそうです。
 
 でも分かった、らしいです。
 「雲のある大気層で極周囲を東へと吹くジェット気流が、その下に流れる風に押されて六角形になる」
だそうです。
 
 なんだかよう分からんけど、ようするに、表面を吹いてる風と、ちょいと下を流れる風が速度が違っていて歪んだこの形でバランスしている状態、ってわけじゃないの?
 と理解しているのだけど、違うかも分からん、、。
 
 もう一つの画像は、私のお気に入り。(*^_^*)b
 逆光で見た土星です。
 まるで土星が、輪のこっち側にあって、土星を透かして、向こうの輪が見える、って感じじゃないですか。
 
 まだまだ、太陽系も面白い事がいっぱいありそうです。

161121B


aisan88 at 21:26|PermalinkComments(4)

2016年11月19日

泥舟に乗ってる

 福祉会での講演会に参加しました。
 講師は新聞社を定年退職後、館山に移住された方です。
 「館山市民へのメッセージ」というお題でした。
 日ごろ我々市民が感じていることを、ズバズバおっしゃってくださって、
 「あ、やっぱ、そうなのね」
 
 人口減や高齢化に対しての対策が、あまりにも弱過ぎる。
 人口が減ると、税収入も減り行政サービスも悪くなる。
 このままでは泥舟に乗ってるようなもの。
 行政機関がやる気がない。
 老人ホームのような町だ。
 
 公共交通機関が貧弱だから、車に頼らざるをえない。
 東京から200キロ圏内で直通がないなんて考えられない。
 列車は人だけでなく情報も運ぶもの。
 
 市民が声を上げないのは
 「自分が生きている間が良ければいい、先のことはどうでもいい」
と思って動かないからではないか。
 アメリカのトランプのような人が大統領に選ばれる時代、世界は、大きく変革している。
 館山市民も、企業の一つも持って来れない議員や市長は要らない、という気持ちが必要。
というお話でした。
 
 泥舟に乗ってるのかァ、泳ぎの練習せなならんかなあ、、、、。

161114B


aisan88 at 11:37|PermalinkComments(2)

2016年11月17日

ウットリする声明文♪

 アメリカの次期大統領が決まって、世界中で
「どうなるのかしら、、、、?」
と不安が拡がっているようです。
 
 そんな中、深く感動したことがあります。
 ニューヨーク州知事の緊急表明です。
 まだ、こんな政治家がいてくれたんだ!
 日本にも、こんな高い理念を持った政治家が欲しいと思いました。
 
 しかしアメリカも日本も、政治家は民が選ぶもの。
 この政治家を選んだニューヨーク州民が偉いのですね。
 
 表明分のサイト(下記のURL)は、ニューヨーク在住の日本の方から教えていただきました。
            ↓
       https://logl.net/419
 
 抜き出したものをここに載せさせていただきます。

161117


aisan88 at 11:23|PermalinkComments(2)

2016年11月15日

サルッ気がないもんで (^┰^)

 インフルエンザに罹ったことがない人っているんですよねえ。
 あれはなんですかね、ここだけの話、ホントにここだけの話ですけど、人類として進化しきってない証拠じゃないですかね?
 つまりまだ、チンパンジーに近いとか、、、。
 なァ〜〜んて、冗談ですから、ハイ、あんまり本気でそう思ってるわけじゃないですから。
 
 インフルエンザになると肺炎になる私、ワクチン接種が必須です。
                           (ノ_・。)
 でも、毎年毎年受けてるから、去年のワクチンの効力がまだ身体に残っているのじゃないかしら。
 たまにはサボりたいなあ。
 調べたら、注射の効果がある期間は5カ月、ダメじゃん。┐(-。ー;)┌
 それにインフルエンザのウィルスは毎年変化しているから、ワクチンもそれに対応したものでなきゃいけない。
 
 今シーズンのワクチンは、A型2種類、B型2種類、合計4種類の抗原が入ってるそうです。
 ワクチン接種して効果が現れるまで2週間かかるので、12月中旬までに接種したほうが良いそうです。
 
 やっぱ、真面目にワクチン注射するしかないわねえ。

161115B


aisan88 at 15:35|PermalinkComments(6)

2016年11月13日

楽しい低予算懇親会

 町内会の懇親会がありました。
 4年前までの懇親会は、きちんとしたお料理屋さんで、会費を払って参加するやり方でしたが、参加者は役員ばかりで、町内の懇親のためにはイマイチでした。
 しかし、3年前から、稲荷神社(十歩神社)の広場で、参加費無料で開くことにしたら、参加者が4倍にも増えました。
 なにしろ近所なので、お身体の不自由な高齢者とか、子供とかも気軽に参加できます。
 
 お料理は皆で、カレーライス、焼きイモ、フランクフルト、お汁粉を作りました。
 それぞれのご家庭から不用品を提出していただいて、なぞなぞゲームの賞品にしました。
 
 司会者が
「1羽でも、”にわ”がつく鳥さんはなーに?」
小さな女の子が手を上げます。
「はい、ニワトリでーす」
「ピンポーン!」
パチパチパチ!
という具合です。
 
 最後にみんなで、歌ったりして、楽しいひと時を過ごしました。
 低予算で、みんなで作った懇親会、お天気も良く、風もなく、本当に良かったです。

161113A






















161113B




















161113C



aisan88 at 15:50|PermalinkComments(2)

2016年11月11日

いい仕事してますねえ!

 いくら科学が発達したとはいえ、何十億光年もの先の出来事を「どうだこうだ」と言われても、素直に信じられないこともあります。
 ところがやはり、現代天文学はすごいと感動しました。
 
 70億年前、70億光年かなたで、やたら大きいブラックホールが巨大爆発を起こし、非常に高エネルギーのガンマー線が放射されました。
 そのガンマー線、衛星や望遠鏡の観測によって、学者たちは地球には2回届くに違いないと思いました。
 
 なんでか?
 爆発が2回あったわけではありません。
 ガンマー線が地球に向かう途中、重力レンズがあったのです。
 が、通過するレンズの場所によって、11日間のズレが生じるってことが分かったというのです。
 だから、1回目のガンマー線観測の後、11日後にもう1回観測されるはずだ、と計算されました。
 
 で、いみじくもかしこくも予測通りに、もう1回観測されたのです。
 
 へーーっ、天文学者の方々、いい仕事してますねえ!
 お見事です! 

161111


aisan88 at 22:02|PermalinkComments(0)

2016年11月09日

幸運な女性♪

 
 旅行に行った時、ホテルのレストランで出会った見知らぬ女性との会話。
 女性が
「大きな病気をしましてね、膵臓がんです」
 ギョッとして、思わず、その女性をまじまじと見てしまった。
 
 3年前、膵臓がんで、あっという間に逝ってしまった友人を思い出しました。
 膵臓がんは5〜10%の5年生存率だそうです。
 
 しかし、眼の前の彼女はお顔の色もいいし、お元気そう。
「もう大丈夫なんですか?」
「はい、お医者様からもう大丈夫だと言われました」
「そらぁ、良かったですねえ!」
「何か、自覚症状があったのですか?」
「はい、背中の1点が差し込むような痛みがありました」
「あら、背中が? 私も痛い時あるけど」
「いえ、差し込むような痛みですよ」
「発見が早かったのですね」
「がんができた場所が、膵臓の尻尾のほうだったので良かったのです」
「それは幸運でしたねえ! 本当に良かった、良かった!」
 
 彼女から「良い運」をいただいた気がしました。
 それと、治る確率が低い病気になっても、希望は持つものだという気分になりました。
 
 お名前も存じ上げない女性の方、良いお話を有難うございました。

161109


aisan88 at 11:30|PermalinkComments(2)

2016年11月07日

ドジ脳をコピーアンドペースト

 
 新聞で聞きなれない言葉を見つけました。
「シンギュラリティが、なんたらかんたら、、、、」
(ン? シンギュラリティって何じゃ?)
 
 調べてみたら、
「技術的特異点、技術的開発の限界点」
 さらに
「人間の脳をスキャンし、ロボットにインストールできるようになる」
へーっ、そら、大変じゃ、で、いつごろ?
「2030年の初めごろ」とか「2045年ごろ」とか。
 
 それまで生きていられるかどうか分からないけど、なんだったら私を実験台に使ってくれないかしら。
 私の脳をスキャンして、ロボットにインストールしてもらう。
 ウフッ、そうすると私のドジ脳は、ずっと生き続けることができるのじゃないかしら。
 そのロボットが壊れそうになったら、別のロボットにこのドジ脳をインストールしてもらう。
 
 ある日、あまりのドジに悲観して、完全に消えてなくなりたくなったら、初期化ボタンを、ブチッと押せばいい。
 面白そう♪
 
 どっかで、人間実験台を募集してないかしら?
161107


aisan88 at 14:44|PermalinkComments(4)

2016年11月05日

「あみだくじ」パターンのおしゃべり

 
 小さな「おでんパーティ」に参加しました。
 町内会の行事の「お互いご苦労さん会」みたいなものです。
 
 参加者は男女半々の8人、小さな集まりですが、話題は豊富です。
 しかし、楽しいおしゃべりは、ここと思えばまたあちら、「あみだくじパターン」をたどります。
 
 空き家問題から、ヒュッとお漬物の付け方に移る、と思ったら自衛隊基地の話、でまた再度、空き家問題に戻る。
 さらに
「貴方、そのうち市長にならない?」
なんて話も。
 
 こんな気楽なコミュニュケーションを重ねていくことで、住みやすい町になっていく気がします。
161105


aisan88 at 21:06|PermalinkComments(2)

2016年11月04日

牡蠣食べ放題

 北海道で「焼き牡蠣の食べ放題」を体験してきました。
 自分で焼き網の上に生牡蠣を並べて焼くのです。
 時間は40分。
 
 焼き上がると殻の隙間がちびっと開くので、そこにヘラを差し込んでこじ開けます。
 アツアツの身は、味が濃厚で芳ばしく大変美味しいです。
 次々と焼いて、時間前にお腹一杯になりました。
 野菜が欲しい人は買って焼くこともできます。
 私は玉ねぎとピーマンのパックを買って焼きました。
 
 しかし、牡蠣を焼く時は汁が飛んできますから火傷に注意することと、汚れても困らない服の方が良いです。
 それと、夕食でなく昼食に食べた方が良いかなと思います。
 落ちつかないのですよ。
 「あと何分です」とか声がかかるので、のんびりおしゃべりもしてられないし、飲む人もゆったり飲んでられないようでした。
 ゲーム感覚なので、お昼だったら楽しいと思います。
161104


aisan88 at 13:35|PermalinkComments(6)

2016年11月02日

ビャーッと広い畑

 釧路湿原を見て来ました。
 パックツァーです。
 
 北海道は日本の面積の5分の1、九州の2倍の広さがあるそうです。
 だからパックツァーだと、観光名所を巡る移動時間がとても長いです。
 
 それでもやはり北海道、豊かな大自然を満喫してきました。
 ビャーーッと拡がった畑、人の姿は見えません。
 きっともう、今年の畑仕事は終わったのかもしれません。
 
 ツル、白鳥、キタキツネ、鹿などの生き物も、忙しそうでした。
 彼らにはスーパーもコンビニもないので、冬を生き抜くのは大変なのでしょう。
 でも、期待していたヒグマには出会えませんでした。

161102A
























161102B



aisan88 at 20:29|PermalinkComments(2)

2016年10月30日

有名になる崖?

 崖を見て来ました。
 「チバニアン」という崖です。 
 この崖が今注目を浴びてるそうです。
 77万年前の地層で、地球の歴史の一時期を代表する地層として、国際標準地に選ばれるかもしれないのです。
 
 この地層を調べる前までは、地球の磁場が最後にひっくり返ったのは77万年前だとされていましたが、この地層によって78万年前だということが分かりました。
 この地層は、磁場の逆転の境目がはっきりしているのが特徴です。
 
 しかし絶対選ばれるとは限らない理由は、イタリアにも2か所候補があるのです。
 もし、千葉の地層が選ばれれば、正式にこの時代は「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」と呼ばれることになります。
 
 世界の学者さんたちに、「チバニアン」が選ばれるといいなあ。
 
 詳しくは下記で ↓
 


aisan88 at 23:55|PermalinkComments(2)

2016年10月28日

糖質ゼロ麺

 ファミリーレストラン「ガスト」で、変わったお料理を見つけました。
 糖質ゼロ麺の「サラダ麺」です。
 
 糖質ゼロなんて、有難いじゃあん♪
 ダイエットに最適だわ。(*^_^*)b
 でも、コンニャクのような麺かしら。
 
 はい、コンニャクでした。
 美味しかったけど、なんかもの足りない感じ。
 そらそうでしょ。
 主食無し、サラダだけの食事なんだから。
 
 その後、コンビニに寄って芋餡の饅頭を買って食べました。
 何しよるか分からん、、、、。

161028C


aisan88 at 16:00|PermalinkComments(6)

2016年10月26日

ちょいと離れて見れば

161026






















 
 月は地球の周りをグルグル廻っていますが、その様子をちょいと離れたところ(150万km)から見たらこうなる、という写真です。灰色のボールが月。

 月はカメラに自分の裏側を見せています。
 NASAの宇宙天気観測衛星「DSCOVR(ディスカバー)」が、地球の手前を月が横切る様子を撮った写真を合成したものです。
 
 かってアボロが月の地平線から出る地球の写真を撮って、世界を感動させましたが、この写真にも驚かされます。
 下記のURLをクリックしてご覧くださいませ。記事の中に動画があります。
 
地球の前を横切る「月の裏側」


aisan88 at 21:24|PermalinkComments(2)

2016年10月24日

ダメじゃあん!JRフリーパス

 JRが「サンキューちばフリーパス」という乗車券を売っています。
 千葉県内のJR線、小湊鉄道、路線バスが、3,900円で2日間乗り放題というものです。
 友人たち十数人で、これを利用した1泊旅行を計画しました。
 
 ところが、このフリーパス券、県の北部の主要駅でしか売ってないというのです。
 JRに電話して取り寄せるか、郵送してもらえないか、と頼んでみましたが、ダメ。
 
「どうして館山駅から買うことができないのですか?券を買いに千葉駅まで行けば往復3千円余計にかかります。」
「北部の方から千葉県を巡る、という企画なものですから」
 
 結局、皆の分を世話人が千葉駅まで買いに行くことになりました。
 
 なんか、おかしい、、、。

161024


aisan88 at 12:09|PermalinkComments(2)

2016年10月23日

暗闇の中で、ハエは、、

 
 最近はあまりハエを見かけなくなりましたが、さらにもっと見なくても、ちっとも悲しくない虫です。
 ところが、そのハエをズーーッと70年間、それも暗闇の中で飼ってるグループがいるのです。 
 京都大学でのショウジョウバエの研究の話です。
 
 昔は遺伝子は変わらないものと考えられていましたが、そうでもないようです。
 大学ではショウジョウバエを、暗闇の中で70年以上、1000世代以上にわたって飼っているそうです。
 結果、暗闇育ちのハエは普通のハエとは遺伝子が違ってきました。
 暗闇ハエは周りの状況がより感知できるように体毛がちょっと長くなりました。
 また暗闇ハエは臭いを嗅ぐのも出すのも敏感になりました。
 
 この研究により、環境によって遺伝子が変わるってことが分かりました。
 そうよねえ、単細胞から人間のような複雑な生物に進化するのに、「自然淘汰」とか「突然変異」だけじゃあねえ、と疑問に思ってた人は沢山いたでしょう。
 
 それにしても、ハエを70年もずーーーーッと飼い続けたなんて、すごい執念ですねえ。
 
 その話の記事は下記のURLをクリックしてご覧ください。
           ↓


aisan88 at 10:40|PermalinkComments(4)

2016年10月21日

「落語会」大成功!

 良かったァ、 大成功だァ!
 昨日、福祉会で開いた「落語会」のことです。
 
 毎年、福祉会ではこの時期、お食事会とちょっとした講演会を開いています。
 今年は「落語会」を開くことになりました。
 社会人落語家が、隣の町内会にいらっしゃるので、打診してみたら快く引き受けてくださったのです
 
 その落語家「三茶亭ちら志」さんは、東京からお仲間の「鹿鳴家ひで坊」さんも呼んでくださって、お二人で演じてくださいました。
 演目は、ちら志さんが「つる」と「時そば」、ひで坊さんは「火焔太鼓」でした。
 
 なにしろ、このイベントの言い出しっぺは私なので、ちゃんと沢山の人が聴きに来てくださるのか、ちゃんと笑ってくださるのか、気をもみました。
 しかし役員の方々が、それはそれは一生懸命に動いてくださったおかげで、大勢の方々に来ていただき嬉しい悲鳴をあげました。
 
 ちら志さんとひで坊さんの熱演に、お客さんの眼はくぎづけ、集中して聴いてくださっています。
 話の登場人物がおかしなことをするたびに、どっと笑い声が上がります。
 見事な芸に、ときおり拍手が起こります。
 部屋は皆さんの笑顔でいっぱいになりました。
 
 「生の落語を始めて聴きました」
 「久しぶりに大声で笑った」
と、皆さんに喜んでいただいて、本当にホッとしました。
 
             ヾ(^O^)ノ
161021A






















161021B


aisan88 at 21:07|PermalinkComments(2)

2016年10月18日

ショックな写真

161018


















 殺処分が目の前に迫ってる犬2匹の写真です。
 この犬たちは、状況がよくよく分かっているのでしょう。
 保護団体の人が、この写真をフェイスブックに載せ、殺される直前に里親になってくれる人が見つかって命が助かったのだそうです。
 
 でもきっと、一般に知られてないだけで、日本中の処分施設で日常的に、こんな光景があるのでしょうねえ。
 
  詳しい記事は ↓のURLをクリックしてご覧ください。




aisan88 at 15:11|PermalinkComments(2)

2016年10月17日

あてにならない係数

 外国の地震で崩壊した家々を見て、
「日本の家と違って、耐震構造ではないからなあ」
と、気の毒に思っていました。
 ところが我が国も、自慢できるほどの耐震構造ではないかもしれません。
 
 36年前、国は地域によって「耐震基準」を決めました。
 建築する「家の強度の基準」を、強い地震が起こりそうなところとそうでもないところで違えたわけです。
 
 例えば、震度6強が起こる可能性が高い所は、係数を1.0
 そんな強い揺れは起こらんかも、という地域は0.9とか0.8
 大きい地震は起こらんでしょ、という沖縄は0.7
 
 震度7に耐えるには係数が1以上必要だそうです。
 
 我が家は多分係数1.0だろうから、震度7だとグシャッと潰れるんだわ。
 
  これが決められた36年前は、熊本地震も東日本大震災、岩手宮城内陸地震、阪神・淡路大震災も、まだ起こっていませんでした。
 この地図で見ると、熊本は係数が0.9と0.8。つまり、家はそんなに丈夫に作らんでもいい基準だったわけです。
 今となっては手遅れですが、震度7が起こった東北沿岸と熊本、係数を1以上、1.1とか1.2にして、建物をもっと丈夫にすれば良かったですねえ。
 
 もう一つの図は、ここ1カ月間に起こった地震です。
 つまり日本列島はしょっちゅう地震が起こってるんですねえ。
 こんな基準、無い方が良いかもしれません。

161017A

















161017B


aisan88 at 11:00|PermalinkComments(2)

2016年10月16日

これもアスパラ

 アスパラ、もしかして、花を咲かせるのでは?
 検索してみたら、なんと、花だけでなく真っ赤な実もつけるそうです。
 こんな綺麗な花と実をつけるのなら、小さいうちに食べてしまうなんて、もったいないですねえ。
161016S


aisan88 at 10:08|PermalinkComments(0)

2016年10月15日

アスパラって、こうなるのね

  野菜の「アスパラ」、畑からスーッと棒のように伸びてるのは見たことありますが、そのまま放っといたものは見たことありませんでした。
 この夏、友人の畑で見てビックリ!
 花がないコスモスがびっしり生えてるようでした。
 
 松葉のような細い葉っぱ、茹でてアク抜きしたら、美味しく食べられるのじゃないかと思いました。
 来年はもらって試してみようかなあ。
161015A




















161015B




aisan88 at 10:58|PermalinkComments(2)

2016年10月13日

復興にタックスヘイブン

アメリカの大統領候補、トランプ氏が所得税を払ってないと聞いて、アメリカの税制も金持ちに有利にできているんだなあ、と呆れました。
が、もっと「えぇッ!」とびっくりしたこと。
 
なんとアメリカの国内に「タックスヘイブン」があるってことです。
アメリカの4つの州では「法人地方税」と「個人住民税」がないそうです。
 
それともう一つの呆れた仕組み、世界中の銀行は、アメリカの市民権を持つ人全員の口座を、アメリカ国税庁に報告する義務がある。
ところがアメリカの外国人の銀行口座はそれぞれの国に報告しなくても良いのだそうです。
これを「大国の論理」とでもいうのでしょうか。
 
そりゃあ、世界中のお金持ちがアメリカのタックスヘイブンを利用するわなあ。
アメリカはそれぞれの国に内緒にしててくれるんだもの。
 
日本も東北あたりをタックスヘイブンにして、世界中からお金集めたらどう?
あっというまに復興できるかもよ。
 
お金沢山持ってる人は大変ねえ!
どこに仕舞いこむか、必死に頭使わなくてはいけないから。
最後は天国に持って行きなさいましね。

161013


aisan88 at 10:25|PermalinkComments(4)