2018年08月18日

思えば遠くへ、、その(3)

 
 地球には時々、大きな隕石がバリバリッドーーンと落ちることがあります。
 そのせいで、恐竜が滅びたのですけど。
 
 火星も同様に、時々大きな隕石がドーンと落ちます。
 すると、火星表面の岩石が、パーーーッと上空に巻き上げられます。
 大部分は火星の地面に、パラパラッと落っこちてきますが、落っこちてこないで、宇宙まで飛んで行くものあります。
 
 宇宙空間を漂ってた隕石は
 「あら、オアシスみたいな惑星が近付いてきたわ」
と地球に落ちて来るものもありました。
 今まで見つかった火星からの隕石はなんと172個もあります。
 この地球には、まだ見つかってない隕石が、きっと何万、いや何百万個もあるでしょう。
 
 そこでですよ、登場するのが前回書いた、ヨコヅナクマムシです。
 火星の泥や岩石の中にいたあのクマムシみたいな生物が、突然宇宙空間に飛ばされて、フワリフワリと漂った後、地球に飛来したってことはないでしょうか。
 なんせ、彼らは乾眠状態に入ると、真空にも、放射線にも、高熱にも、高圧にも平気なんですから。
 
 最初の生命は深い海で生まれたか?いや陸上か? 
 もう一つ、、宇宙から、っていう説もあるんじゃないですかねえ。
 それも、ウフフフ、なんとなんと、単細胞ではなく、多細胞ですよ♪〜♪
 
 大自然の秘密のドア、開いても、開いても、開いても、まだまだずーーと先までドアは続いているようです。
 
 ♪〜♪ 思えば遠くに、来たもんだァ〜♪〜♪ (^O^)
  その(1)、その(2)、その(3) 読んでいただき有難うございました。
 
              <m(_ _)m>

 180818


aisan88 at 14:34|PermalinkComments(0)

2018年08月16日

思えば遠くへ、、(その2)

 
 普通の生き物は、高温にあたれば煮えます。高圧に押されれば、ブチッと潰れて死にます。
 さらに、強い放射線に当たれば、細胞の構成分子が分解されてしまいます。
 もっといじめて、長期間、エサを食べなきゃ餓死してしまいます。
 
 ところが、そうじゃない生き物がいるのです。
 しかも単細胞ではなく多細胞生物。
 ヨコヅナクマムシです。 
 この虫についての論文を読んでビックリ仰天しました。
 ヨコヅナクマムシは乾眠といって、からだから水分を出し、ひからびた状態で生き延びるのです。
 なんと、その干からびた状態で、マイナス273℃の超低温、強い放射線、高圧力、真空などの極限環境に耐えるそうです。
 これなら、宇宙に漂っても死なないでいられるじゃあん!
 
 そのとおり!
 欧州宇宙機関により、宇宙に10日間さらされた後、地上帰還後に復活したそうです。
 また別の実験、火星の地表環境を再現したシュミレーションで、45日間さらされても過半数か生き残りました。
 
 堀川大樹氏の、この論文の最後の一文を読んで、私は思わず (⌒〜⌒)ニンマリ、膝をポンと叩きました。
 それ一文は
 「クマムシの常識を超えた環境耐性能力を目の当たりにすると、ハビタブルゾーンは、我々が考えるよりも広く、生命は宇宙でありふれた存在ではないかと思わされる」
 
 その記事↓
 
 「最初の生命」の話は、一番言いたいこと、最後の「思えば遠くへ、、その3」へ続く、、です、ハイ。


180816


aisan88 at 07:55|PermalinkComments(4)

2018年08月14日

思えば遠くへ、、その(1)

 最初の生命は、「海」か「陸」か、はたまた、、?(1)
 
 私らのご先祖様、初めて生命が生まれた場所は「海」、というのが定説になってるとおもっていましたが、
「ウンニャ、違う、陸で生まれた」という説が出てきました。
 またまたァ、人と違うこと言って目立とうとしてからにィ、、、。
 
 ところがその説明を聞くと、いや読むと、
「うん、そうだね、そうに違いない!」
と、あっさり同調してしまいました。
 
 生命陸上発生説の根拠、
  〇あらゆる生物の細胞の液体の組成が、原始時代の海水とは大違い、陸上の「熱泥泉」の蒸気に近い。
  〇細胞の蛋白を合成するには多くのカリウムが必要、ナトリウムは邪魔。原始時代も現在も海のナトリウムとカリウムの比は40:1でナトリウムがめっちゃ多い。これじゃ、ナトリウム排出機能をまだ持ってなかった原始の細胞には、たんぱく質は作れなかったはず。
  〇「熱泥泉」はカリウムや無機質が多量に含まれていて生命誕生に良い。
  〇今まで「熱泥泉説」が否定された理由は、「熱泥泉」の硫化水素が空気中の酸素と反応し、猛毒の硫酸になり、生命は誕生できないはず、と思われたから。しかし、原始大気は長期間(何億年も)酸素が少なかった。だから硫酸は出来ず、生命誕生できた。
 
という話です。
 一番初めの生命は、海の底か?陸上か?どっちの説が正しいのでしょうねえ。
 
 私はですね、、2つのうち、どっちでもない、別の説に興味を持っているんですよ。
 それはまた、「思えば遠くへ その2」で、ハイ。(*^┰゜)b


180814
 


aisan88 at 11:41|PermalinkComments(6)

2018年08月11日

盗まれないでね

 
 将来は、車のほとんどは電気自動車になるらしい、ということは分かっています。
 でも今の電池では、走行途中にちょくちょく充電せんならん、そこが問題らしい。
 
 ところが、えらく性能の良いリチウム電池ができたそうです。
 東京工業大学、東北大学、日本工業大学が、今までの電池の弱点を改良した
   高出力、
   全固体、
   超高速充電(数分で充電できる)
のリチウム電池です。
 愚直に30年もの歳月をかけて見つけだした技術だそうです。
 
 説明を読んでも、よう解らんのですが、なんでも固体電解質と電極が作る界面の抵抗が高い、という問題を解決したのだそうです。
 2,020年代の前半に実用化できる予定だそうです。
 
 世界中で激しい競争だそうです。
 どこかの産業スパイに盗まれんようにね、、、。
 
詳しくは
     ↓


aisan88 at 14:46|PermalinkComments(0)

2018年08月09日

置き土産



 スーパーのチラシはお盆用品のセールで埋められています。
 私はちびっとヤキモチやいて
「フーン、そう、いろいろ準備が大変ねえ、、、うち? 誰も来ない」
 お盆とかお正月だからといって、実家に帰ったこともないし、帰って来られたこともない、っていう家もあるんですよ。
 
 ところがたまたま妹が来て数日滞在して帰って行きました。
 友達に会うと心が喜び、肉親に会うと内臓が喜ぶ、と聞いたことがありますが、そのとおり。
 何日も前からウキウキ、布団を干したり、部屋を居心地よくしたり。
 
 めいっぱいご馳走したりしてサービスしたので、機嫌良く帰って行きました。
 後に、置き土産「寂寥感」を残して、、、。
 
 そうか、田舎ってそうなのかもしれない。
 お盆やお正月の後の家には、ちびっと「寂しさ」が漂ってるのかもしれません。

180809


aisan88 at 20:52|PermalinkComments(2)

2018年08月06日

慣れ慣れしく、、(*^┰゜)b

180806A
















 ここら辺の銀河の群れのなかでは、我らの銀河系がナンバー2でした。
 ナンバー1は、アンドロメダ銀河で、我らの銀河系より2〜3倍大きいということでした。
 
 なんせ北半球では、肉眼で見える星といえば、地球に近い星しか見えません。
 ところが唯一、アンドロメダ銀河だけは、銀河系から遠く、遠く離れているのに肉眼で見えるのです。 
 だから長いこと、恐れ多くも女王アンドロメダ銀河を見上げる時は、うやうやしく、遠慮がちに、伏し目がちに、見上げたものです。
 
 ところが、研究者によって「ナンバー1」じゃないことが解ったというのです。 
 アンドロメダ銀河の中の高速で走り回る星の軌道から脱出速度を調べたら、この銀河の重さが今までの推定の3分の1だと解りました。
 
 ナンバー2と思われた我らの銀河と同じじゃあん!
 いやいやことによると、ちびっとの差で我らの銀河系のほうが「ナンバー1」ということもあるわ。
 これからは「馴れ馴れしく」しようかなあ。┐(^┰^)┌ 
180806B


aisan88 at 19:51|PermalinkComments(2)

2018年08月04日

柿八年

 前に、植えた覚えがないジャガイモが生ったことがありました。
 今度また何か生えてきました。
 ジャガイモではなさそうです。
 ネットで葉っぱの形を見てみたら、どうも「柿」の苗のようです。
 干し柿の種をたったの1粒、ポィと投げた覚えがあります。
 まさか、この干し柿の種が芽をだすことはないだろう、と。
 
 もしかして、本当に柿の木なら、「桃栗三年、柿八年、、」というから、八年待たなくちゃ柿が生りません。
 八年も待てないよ、「美人薄命」っていうし、、、。
 (友人からそこまで生きたら薄命とは言えない、と言われた)
 
 柿の木に、ミカンとか桃とか、いろいろな果物を接ぎ木できないものかしら。
 いろんな果物が一本の木になったら、さぞ楽しいだろうなあ。
 え、ダメ? 農業の学者、サボってる、、、。

180804


aisan88 at 14:56|PermalinkComments(5)

2018年08月02日

極悪人の敵は、、

 
 極悪人の敵は、極善人じゃあない、ですよね。
 極悪人の利益を阻む者が敵でしょう。
 
 コロンビアの極悪犯罪組織が、なんと一匹のワンちゃんの首に懸賞金をかけたそうです。
 麻薬探知犬「ソンブラ」はシェパードで、今まで悪ィ奴を245人も取っ捕まえたし、麻薬を9トンも押収しました。
 勲章も二つももらってるそうです。
 
 極悪組織にとってはまさしく敵!
 「チッキッショー!あの犬のおかげで大損させられた、だたじゃおかねえ!」
と、770万円の懸賞金をかけたのです。
 それで、麻薬犬はより安全な首都ボゴダ空港に転勤になり、護衛警官が付き添っています。
 
 でもねえ、心配なのよねえ、、、。
 ある日、その護衛警官に電話がかかり
「あの犬を散歩させる日時と場所を教えてくれるだけでいいのだよ。お前には可愛い息子がいるなあ。ずっと無事に育てばいいねえ」
とかなんとか。
 
 推理ドラマの見過ぎ?

180802


aisan88 at 15:02|PermalinkComments(2)