2016年09月28日

月面探査レース

 「ロボットコンテスト」とか、「鳥人間コンテスト」、紙飛行機の競争とか、大変面白いです。
 ところが、もっともっと面白いレースが開催されています。
 
 無人月面探査レースです。
 しかも参加資格は「純民間」、政府とか国家の参加はダメ。
 主催者はアメリカの非営利組織「XPRIZE財団がグーグルをスポンサーにして行うもの。
 
 ルールは
 ●2017年末までに月面探査車を送り込み
 ●ローバー(無人探査車)を500m走らせ
 ●高解像度の静止画データを地球に送信する
以上が最低条件。
 
 さらにボーナスミッションとして
 ●ローバーを5000mより遠くまで走らせる。
 ●革新的で個性的なチーム。
 ●人類が残した、これまでの月面探査の痕跡を探す。
 ●アポロ計画での月面探査機器を探し撮影する
 ●寒暖差の大きい月面の過酷な昼夜を乗り切る
 ●月面で水、または水の痕跡を発見する
 それぞれのミッションに賞金がついています
 賞金総額は3,000万ドル、約30億円。
 
 10ヵ国10チームが参加するそうです。
 日本はアメリカチームと一緒に、ロケット(ファルコン9)に乗せてもらって月に行きます。
 で、アメリカか日本が優勝したら、賞金は山分けだそうです。
 
 日本、優勝してもらいたいですねえ!

160928


aisan88 at 10:17|PermalinkComments(0)

2016年09月27日

肥満、ダークマターのせい? (^┰^)

 私らが住んでる家、いえ、銀河系のことですが、どれくらいの重さがあるかまだはっきり分かってなかったそうです。
 諸説入り乱れて議論が白熱していましたが、決着がつくかもしれません。 
 
 カナダの研究者が、球状星団を調べて解明しました。
 球状星団は、銀河系の周りにクラゲのように、ホワ〜ン、ホワ〜ンと漂ってる集まった星でできたボールです。
 その球状星団の動きと速度を調べて解明しました。
 
 で分かったことは、我が銀河系の総質量は太陽7000億個分だということ
 そのうち恒星の質量は太陽600億個分。
 ガスとちりが1〜3%、残りはダークマター。
 ダークマターは88%もあるそうです。
 
 銀河系の総質量7000億個の88%といえば、6160億個。
 つまり我々の銀河系には太陽6160億個分の重さのダークマターがあるってことです。
 
 そうしますと、88%っておいからには、この辺りにもダークマターがあるんでしょうねえ。
 私は地球の中心に向かって重力によって引っ張られているけど、ダークマターはどうなのかしら。
 最近、体重計に乗ると、前より重くなってる気がするけど、もしかして体重が増えたのじゃなく、ダークマターが引っ張ってるんじゃない?
 
                     (*^┰゜)b エヘヘ
160927


aisan88 at 10:19|PermalinkComments(2)

2016年09月24日

火星旅行が現実に♪

 アメリカの1民間企業が
「9年以内に火星への有人飛行を行う」
と発表しました。
 
 この企業スペースXは今月始め、派手な爆発事故を起こしました。
 でも
「ロケット本体ではなく、射点設備に原因があった」
 たいした問題じゃないってことでしょうか。
 
 火星有人宇宙船に使うロケットのエンジンは、メタンと液体酸素を推進剤に使うのだそうです。
 メタンを使う理由は、帰りの燃料を火星で生産するため。
 地球から水素を持って行って、火星の大気から2酸化炭素を取り出し、メタンと酸素を現地生産して帰りの燃料にする。
   CO₂+2H₂→CH₄+O₂
 そうすれば、ロケットがかなり軽くできるってわけです。
 
 もしかして、本当にあと9年で火星旅行が実現するのかなあ。
 健康に気をつけて、長生きせなならん。

160924


aisan88 at 17:05|PermalinkComments(4)

2016年09月22日

昔々太陽系も

 南米チリにある究極の電波望遠鏡アルマは、日本の国立天文台が主になって建設したものです。
 
 アルマは、そうれはもう、眼の覚めるような素晴らしい発見を、次々としていますが、今回は惑星が出来つつある現場をとらえたました。
 それに関して、大変面白いグラフが示されました。
 グラフって普通、難しげで、何だかしんどいものですが、これには思わず
「へぇーっ!、こりゃあ面白い?」
 
 図A 我らの太陽系も大昔はこの画像のように、太陽のまわりに、ガスとチリのモヤモヤがありました。
 そのガスやチリが集まって惑星ができる。
 惑星は、まるで掃除機をかけるように、軌道のモヤモヤを取り込んでいきましたから、この画像のように隙間ができました。
 
 大きな惑星ができるときは、モヤモヤをごっそり沢山集めるので、幅が広く深い隙間ができたはずです。
 小さい惑星ができるときは、モヤモヤは少しでいいから、幅が狭く浅い隙間ができたでしょう。 
 図Bはそのような状態を表したものです。
 
 だんだん、私らのルーツが分かってくる、楽しみですねえ!

160922A





















160922B


aisan88 at 19:38|PermalinkComments(2)

2016年09月21日

いじわるゥ〜 (^┰^)

先日、銚子に日帰り旅行の際、大雨の予報がはずれてたいした雨に会いませんでした。
ところがご一緒した方々のお一人が
「大雨の予報だったので、長靴をはいてきちゃったわァ」
 
心優しい同行者たちは口々に
「あらァ、長靴に見えないわよ〜♪」
「そうよ、普通の靴みたいよ」
「可愛い靴だよねえ〜♪」
と慰める。
 
私はその一人をからかいたくなりました。
耳に口を寄せて、わざとトボケたふりして、
「(小声でヒソヒソ)どう見ても長靴に見えるけど、、」
心優しい彼女、慌てて、小声で
「あらァ、ほら、リボンがついてるし」
私はもっとトボケて
「あなた、あれ、長靴に見えないの? 眼、大丈夫?」
彼女さらに焦って、
「シーッ、眼は大丈夫よ」
さらに私はつけあがって、
「魚屋のおっちゃんの長靴と同じねって言ってみようか」
「魚屋のおっちゃんの長靴ゥー?」
そこでやっと、私のおふざけに気がついた彼女
「いじわるゥ〜ウ!」
 
ごめんなさい、長い鈍行列車の旅、退屈したもんで、、。
 
        ┐(^┰^)┌

160921


aisan88 at 10:54|PermalinkComments(2)

2016年09月19日

暑さ、お彼岸を待たずに

 あんなに暑かった夏は、お彼岸を待たずにさっさと行ってしまいました。
 最高気温が30度を超えたのは、7月28日に梅雨明けした日、そして最後は9月10日でした。
 つまり館山の夏は1ヵ月と14日でした。
 
 辛い猛暑が過ぎて良かったァ、と喜んでばかりはいられません。
 お野菜の値段がちょっと高め。
 それでも、豪雨と強風相手に闘ってらっしゃる農家のご苦労を思えば、文句を言うのはバチ当たりです。
 
 うれしいことに、大好きな温州ミカンが求めやすくなりました。
 やっぱ、もう秋ですねえ!
 自分が黄色くならない程度に沢山食べたいです。

160919


aisan88 at 12:59|PermalinkComments(2)

2016年09月17日

鶴谷八幡宮のお祭り

 今日と明日は、鶴谷八幡宮のお祭りです。
 房州で一番大きいお祭りで、千年の伝統を誇り、千葉県無形民俗文化財に指定されています。
 館山の街の道路は10社のお神輿と4基の山車が行列でひしめきます。
 お祭りに参加する市民は、白い上下の衣装や祭り半纏を来て嬉々としています。
 
 今朝、我が町内会の山車小屋が開かれ、大きな山車が引き出されました。
 華やかな笛と太鼓の音が、真っ赤な花びらが振りまかれるように、お祭り気分を盛り上げます。
 
 今、午後10時02分、太鼓と笛の音が、ピーヒャラ、ドンドン、ピーヒャララ、と聞こえてきました。
 山車が帰ってきたのです。
 お帰りなさーい、お疲れ様でした。
 また明日、頑張ってね。(*^_^*)b
160917AM





























160917BM


aisan88 at 22:11|PermalinkComments(4)

2016年09月15日

1円の本

 ネットで古本を買いました。
 なんと、たったの1円。
 1円といっても、手数料と送料が257円でした。
 本は上巻と下巻、別々の注文と支払いになります。
 
 汚れ・キズ、書き込みがあるかもしれない、ということでしたが、全然そんなことはありませんでした。
 それに、1円だからといって、登場人物が減ったり物語が雑になったりはしてませんでした。
                       (*^┰゜)b
 なんか、とても得した気分です。

1enBookM


aisan88 at 10:19|PermalinkComments(11)

2016年09月13日

バイ菌より小さなクレーター

 2010年の小惑星探査機「はやぶさ」が、イトカワから持ち帰った小さな小さな石ころ(100分の1mm位の大きさ)。
 世界中の学者に分けてあげて、今も研究されています。
 
 この目に見えない位の石ころから、多数のクレーターが見つかったそうです。
 そんなに小さなクレータなんて、どうやって出来たのでしょう。
 
 その出来方は、あのラッコの形をした小惑星「いとかわ」に、別な何かが衝突した時、破片が飛び散る。
 その飛び散った破片が、またイトカワ表面の石ころにぶつかって作られた二次クレータだそうです。
 
 こんな小さなクレーター、バイ菌だって小さすぎて、かくれんぼにも使えないでしょうよね。

160913A























160913


aisan88 at 14:07|PermalinkComments(0)

2016年09月11日

黒雲が近づいて来る?

 世界がギスギスしてきてるなあ、と心配していたら、また妙な記事を目にしました。
 ドイツとチェコの政府が、国民に食糧と水の備蓄を呼びかけているというのです。
 理由は「国民の存在を脅かす、将来において本質的に排除できない脅威に備えて適切に準備することを国民に求める」というものです。
 
 もっと驚くことは、ドイツもチェコも将来的には、自分の身は自分で守るように「市民武装を推奨する」です。
 フランスの国内治安総局局長は「フランスは内戦まであと一歩である」と発言。
 さらにこのような傾向は、スイス、デンマーク、ノルウェー、ロシア、アメリカでも、無縁ではなさそうです。
 
 食糧と水の備蓄? 市民武装?
 世界はどうなっちゃってるの?
 
 日本は地震の備えだけ考えていればいいのかしらん、、、、、。
 
 
 関連の記事 ↓
 
 
 


aisan88 at 12:16|PermalinkComments(2)

2016年09月10日

甘党向き

 銚子電鉄の犬吠駅の売店で、名物の「ぬれ煎餅」がよく売れてるようでした。
 が、「ぬれ煎餅」はしょっぱいので、高血圧の私向きではありません。
 
 で、キョロキョロしたら、「ぬれカステラ」というものが眼に留まりました。
 シロップに浸されたカステラです。
 サバランケーキのようなものかな。
 買いました。
 
 柔らかく甘く、美味しい。
 が、もうちょっと甘さを控えたらもっと良いのだけど。
 
 「ぬれ煎餅」にしろ「ぬれカステラ」にしろ、水分が多いと腐敗しやすいので、防腐剤代わりに醤油や砂糖を多くする必要があるのかもしれません。

160910


aisan88 at 11:12|PermalinkComments(2)

2016年09月08日

味の創造4百年

 銚子の「ヒゲタ醤油工場」を見学してきました。
 ヒゲタ醤油の創業は1616年、今年でちょうど400年になるそうです。
 まさに、日本の味を創造してきた歴史そのものでしょう。
 
 見学コースは広い敷地の工場の一部でしょうが、地味で静かでした。
 その地味な工場に花を添えるためでしょうか、巨大な「フレスコ画」がありました。
 なんでも、385周年記念に制作したのだそうです。
 
 このフレスコ画には「祈り」が感じられます。
 フレスコ画は千年は持つそうですから、今後、「ヒゲタ醤油が千代に八千代にと続くように」との祈りです。
 
 帰りにお醤油「本膳」をいただきました。
 が、それとは別に売店で「本膳・生」を買いました。
 「本膳・生」は柔らかな旨味で、白身のお刺身とかお豆腐料理に良いそうです。
 
 帰ってこの「本膳・生」をお皿に垂らして舐めてみました。
 ほんと、上品な旨味、美味し過ぎる!
 ご飯に垂らして食べるのが一番美味しいのじゃないかなあ。

160907


aisan88 at 14:38|PermalinkComments(4)

2016年09月06日

星の川 〜☆〜☆

 国立天文台のホームページを見ていたら、「今週の一枚」の項に「銀河に流れ込む星の川」とありました。
 ン? どっかで聞いた、いえ、ブログに書いたことがあるわ。
 
 2012年5月3日に「春の小川」というタイトルで書き込んでいました。
 「へーッ、宇宙にまた星の小川が見つかったの?」
と思ったら、6年前の画像と同じものでした。
 
 そうよね、「星の流れる川」、こんなロマンチックな光景ってそうそうないよねえ。
 小さな銀河に、もう一つの小さな銀河から、星がサラサラ流れ込んでいるのですから。
 夢のある光景だから、6年たってもまた「今週の一枚」に選ばれて載るはずだわ。
 
 しかし流れてる星の1コ、1コ、みんな太陽のような星々です。
 なかには地球のような惑星も持ってる星もあるでしょう。
 で、その惑星には生物もいるかもしれません。
 いや、いるでしょうよ、きっと。
 そうしますと、、、、
 
 小川を流れる葉っぱの上の蟻んこのように、
「私たちどうなるのかしら、オロオロ、オロオロ、隣の銀河に引っ張り込まれてるのよ」
と慌ててるでしょうか。
 
 いえきっと、我ら人類の先祖がアフリカを出て、何代も何代も世代を重ねて日本列島にたどり着いた、その時よりももっともっと長い年月がかかるグレートジャーニーでしょう。
 その惑星の住人は
 「♪〜♪思えば 遠くに 来たもんだぁ♪〜♪」
とか160906B




aisan88 at 15:07|PermalinkComments(0)

2016年09月04日

お金持ちには牛1頭を♪

 ふるさと納税をする人が、爆発的に増えてるそうです。
 以前は「納税というからには、税金を余計に払うことだ」と思ってた人が、そうではない、むしろ払う税金は激減した上に、いろいろな豪華プレゼントがもらえるってことが分かってきたからのようです。
 それと、めんどうくさい手続きを一切合切代行してくれるサイト、「さとふる」や「ふるさとチョイス」ができたからです。
 
 それに、前は確定申告をしなければ、税金の控除がなかったのですが、今は、確定申告をしない人でも住民税の控除がうけられるようになりました。
 寄付先の自治体と現住所のある自治体とかやり取りをして、自動的に住民税から控除されるようになりました。
 
 「自分はいったいどれくらいふるさと納税できるのだろうか」を知ることが出来るサイトもあります。       
       ↓
 
 これによると、例えば約年収250万円の人は21,000円まで、約500万円の人は59,000円まで寄付出来ます。
 21000円寄付する人も59,000円寄付する人も、自己負担額は2千円だけです。21000円寄付した人は19,000円の控除があって、自己負担分は2,000円だけ。
 59,000円寄付した人は57,000円の控除があって、自己負担分が2,000円だけ。
 さらにお金持ちで、300万円寄付した人も2,000円引いた分2,998,000円が控除になって、返礼品も牛1頭とか、超豪華になります。
 だから、納税額が激減したうえに、豪華返礼品をもらえる、そりゃあ、爆発的に参加する人が増えるでしょうよ。
 
 この制度で、一般住民税による税収よりもこの寄付金による収入の方が増えた自治体もあるそうです。
 だから、自治体の目の色が変わってきました。
 わが館山市もそうです。魅力的な返礼品が選り取り見取りになりました。
 
 しかし私は全国の返礼品の中から、一番お得な返礼品を選びます。
                              (*^┰゜)b
 
 ちなみに「さとふる」のサイトは
           ↓
 
 ふるさとチョイスは
           ↓


aisan88 at 13:52|PermalinkComments(2)

2016年09月01日

ケチでして、、

歯磨き剤とか化粧品とか、チューブ入りは絞って絞って使います。

160901A











化粧品なんぞは、容器を切って指でちびちび掻き出せば、一カ月分ぐらいあることもあります。
160901B












 
電気蚊取の液体薬剤、少なくなったらボトルを集めて、一つの容器に入れます。
160901C










 
こんなにケチしているのだから、きっといつかお金持ちになるはずです、タブン。
 
                      (*^┰゜)b


aisan88 at 20:26|PermalinkComments(4)

2016年08月30日

見えない人がいるかも

 そろそろ、
「オッ!」
と、驚く天文ニュースはないのかしら、とおもってたら、あった!
 
 なんとなんと、99.99%がダークマターで出来た大きな銀河が見つかったというのです。
 大きさは、我らの銀河系くらい。
 
 どうやって見つけたの?
 この銀河、見えてる星が少ない、これじゃ星がバラバラになるはずなのにならない。何かがあるはず。 
 そこで、少ない星々の運動速度が測定されました。運動速度が速いほど、この銀河には何かの物質が多くあるはずです。
 
 速かったのです。
 星々がこんな速さで動きまわているってことは、我らの銀河系と同じくらいの質量を持ってる、ってことが解りました。
 
 これまでも、ずっと小さな矮小銀河なら、ダークマターだらけという銀河はあったそうです。
 でもこんな大きな銀河では初めて見つかりました。
 
 「このダークマターだらけの銀河、もしかすると、ダークマターでできた宇宙人がいるんじゃない?」
と言っても、誰も
「うんにゃ、そんなこたあないよッ!」
って言えないのじゃない?
 調べようがないもん。 (*^-゜)v 〜♪

160830


aisan88 at 11:58|PermalinkComments(2)

2016年08月28日

お隣さんの惑星

160828












 天文学の学者の方々は
、「どこかに地球のような惑星がないかなあ」
と、例えば系外惑星探査機ケプラーなどを使って、宇宙のあちこちを探査してきました。
 まあ、そこそこ地球に似た惑星は少しは見つかりましたが、決して多くはありません。
 
 ところがなんと、すぐ隣の、つまり太陽系に一番近い星(約4光年の距離)にその惑星が見つかり、しっかりと確認されたというのです。
 大きさは地球よりちびっと大きい程度。
 主星(太陽系でいえば太陽にあたる星)からの距離は水が液体の状態で存在できる位置。つまり生命が生存できる可能性がある。
 
 どのようにしてそれが分かったか?
 主星が12.2日の周期で、地球に対して時速5kmで近づいたり遠ざかったりする動きが検出されました。
 「ドップラー法」といわれる方法です。
 主星の周りを惑星が回っているので重力によって星がふらつく現象です。
 
 今までに3,000個もの系外惑星が見つかっています。
 今回、一番近い星のハビタブルゾーンに惑星が見つかったということは、ますます生命が存在してる惑星がウジャラウジャラいる気がしています。
 
 なお、2012年10月20日の私のブログにも「一番近い系外惑星」が見つかった記事を載せましたが、この惑星の存在はまだ確認されていないそうです。


aisan88 at 10:40|PermalinkComments(2)

2016年08月26日

本音を言えば、、

 NHKEテレ「switchインタビュー達人たち」をいつも楽しみに見ています。
 各回に登場する人物は、それぞれ大変魅力的で、一生懸命に生きてらっしゃる様子に心惹かれます。
 
 先日は俳優の杉良太郎の言われた一言が心にストント落ちました。
 
 彼は、福祉活動を57年続けています。
 被災者支援や外国の孤児の里親になったり、また、あるいは刑務所の特別矯正監になり、受刑者が出所してからの即戦力になるように介護しの資格を取るように働きかけたりしてきました。
 しかし、「売名行為」と叩かれてきました。
 熊本支援の時、彼の
「1億2800万人、全員売名してほしい」
の言葉が評判になったそうです。
 
 番組の中で「売名行為」と言われていることに対して、
「命には限りがある。短い人生で建前を使って生きていくほど暇じゃない。本音を言って早くなんでも解決したい」
 
 この一言に私は思わず
 そう、そうなんだよねえ!
 本音を言った方が、物事の状態を正確に表すことができます。
 そこに建前が入りこむと、
 「何のために、誰のために、、、」
が、ズレてきて、物事が本筋から離れていってしまいます。
 
 しかし杉良太郎は言いました。
「本音を言う自分は嫌われている」
 
 そうなんですよ、、、。
 本音を言うってことは、時に誰かの不利益になるのでしょうねえ。
 困ったことです。
 
 にもかかわらず、杉良太郎は57年間も活動を続けてる。
 えらいッ!
160826


aisan88 at 16:31|PermalinkComments(2)

2016年08月24日

「冷えますねえ」まで2ヶ月

暑い夏が始まってかなり経つので
「もういいかげん終わらんかね。┐('〜`;)┌ 」
 
でも、関東の梅雨が明けたのが先月28日、まだ1月もたってないのですよねえ。
もう2ヶ月くらい経った気がします。
 
しかし、お盆も高校野球も終わったのだから、あとは「お夏さま」にお帰りを願うだけよ。
うんにゃあ、「暑さ寒さも彼岸まで」といいますから、まだあとひと月は居つきそうですねえ。
 
至福の寒い冬まであとどれくらい?
11月になれば、ちびーっと寒い日もあるでしょ。なんせ霜月っていいうのだから。
 
ということはあと2カ月ちょっとで、待ちに待った「寒い」が味わえる。
 
あー、早く言ってみたい
「めっきり冷えますねえ」

160824


aisan88 at 14:49|PermalinkComments(4)

2016年08月22日

招かざる客

 さっき、12時半頃、館山に台風が上陸したそうです。
「あら、ようこそ♪」
だなんて言うわけにはいきませんが、この辺りではそんなに破壊的な強風も吹かないし、洪水をおこすほどの大雨も続いては降りませんでした。
 
 私の故郷宮崎は、昔は「台風銀座」と言われてるくらい大きな台風が見舞われていました。
 幼少の頃真夜中に、大嵐の中、一家でよそのお宅に避難したこともありました。
 
 関東に来て、台風とは縁が切れたと思っていました。
 たまに関東に近づく台風があっても、すでにエネルギーを使い果たして、ヨレヨレに衰えた台風しか来ませんでしたから。
 それでもたまに、台風が近づくと、テレビが大騒ぎします。
 それを見て
「これっぽちの台風なんて可愛いもんじゃあん」
 
 ところがなんと館山に台風が上陸した!
 たまたま大きくない台風だったから良かったものの、大きな台風だったら、、、。
 今後が心配です。
 
 これも異常気象でしょうか。
 人間社会の乱れがお空の秩序を乱しているのでしょうねえ。

160822


aisan88 at 14:47|PermalinkComments(4)

2016年08月21日

全自動洗濯物たたみ器



 うちの洗濯機、一度も壊れたことないけど、いったい何歳なのかしら?
 型式「NW-60RS1」をネットで検索してみたら、発売は23年前から。
 あー、なんと約20年も使っているんだなあ。
 そういえば、ブレーキシューが擦り減ってるのか、回転が止まるのに時間がかかります。
 でも他は問題ないから、もうちょっと使うかなあ。
 
 てなこと考えていたら、新聞の
「洗濯物をたたむ、真の全自動時代に」
という記事に眼に留まりました。
 たたむだけでなく、仕分けして引き出しに仕舞ってくれるそうです。
 「洗濯物たたみ器」は来年の売り出し、2019年には洗濯乾燥機との一体型も売り出すそうです。
 
 しかし、価格は高く、50万円くらい、だんだん安くなるでしょうけど。 
 激安特価になるまで、自分の手でたたむわ、、、。┐(-。ー;)┌
 
 その「たたみ器」の動画が見れます
 下記のURLをクリックしてご覧ください。  
             ↓



aisan88 at 13:52|PermalinkComments(1)

2016年08月19日

「楽したがり屋」の運命

 私は「楽したがり屋」なもんで、何事も「どうやれば楽できるか」ばかり考えています。
 それでも悪びれず、密かに開き直っているのです。
「楽したがる人間がいたから、文明は発達したのよ」
と。 
 しかし、やっぱり反省した方がいいかも、というニュースを見ました。
 
 英国の渡り鳥カッコウはサハラ砂漠に渡って行くそうですが、近道をした集団は死亡率が高いことが分かったというのです。
 理由はその近道ルートの中継地、スペインで厳しい干ばつがあったからです。エサが無かったのですねえ。
 近道じゃない普通のルートはイタリアとバルカン半島を経由します。
 やっぱ、「楽したがり屋」はダメねえ、、、、、、。
 
 とは、いかないのですよ、へそ曲がりは。
 「楽したがり屋」カッコウの死亡率が高かったとはいえ、生き残った者もいたわけですよね。
 生き残った彼らは中継地スペインで、厳しい干ばつを生き抜いた頑健な身体と知恵があるってことです。
 弱い者は淘汰されて、より強く賢い者が残ったはずです。
 そうしますと、決まり切ったルートを渡っている集団より、生き延びる能力は高いのじゃないでしょうか。
 
 はい、「楽したがり屋」は、「屁理屈屋」でもあるのです。(*^┰゜)b

160819


aisan88 at 14:12|PermalinkComments(2)

2016年08月17日

楽しきかな人生

 久しぶりに「夢幻庵」に行ってきました。
 素人の美術・手芸作品を展示するのも観るのも無料というカフェです。
 8月は休業中なのですが、おかかさんが御在宅の時は見せていただけるのです。
 
 最近は「夢幻庵」に入ると、実家に帰ったような感じがします。
 きっと、おかかさんのさりげない優しさに包まれるからでしょう。
 
 いつも前向きな彼女、お話をしていると、人生は楽しくて楽しくてたまらないものだ、という気がしてくるから不思議です。
 今日は彼女の
「どんな貧乏をしても、死ぬことはない」
という言葉に心動かされました。
 
 写真は展示してあった、どなたかの作品です。

160817A






















160817B


aisan88 at 20:59|PermalinkComments(0)

2016年08月15日

よだきくても、灯油は、、

 
梅雨が始まった頃、真面目な友人が
「石油ファンヒータの灯油を抜いて仕舞ったわ」
 
そうか、そんな時期か、でも今年はなんか、よだきいなあ!
だいたい、ファンヒータに灯油を入れっぱなししても、どうってことないのじゃないかしら。
と、何もしないで放っときました。
 
しかし、今日、ちょっと気になって、ネットで検索してみると、
「ファンヒータが長持ちしない、お店では、冬になるとその故障の修理依頼が多く忙しくなる」
 
あらァー、壊れやすくなるのか、やっぱ、サボりはダメねえ。
慌てて、家じゅうのファンヒータから油を抜きました。
 
毎年毎年、面倒だなあ、もっと手間がかからなくて、安価な暖房ってないかしら。
火鉢に炭とか、暖炉に薪とか、七輪に練炭とか、、、、。
囲炉裏のある家にすれば良かったかなあ、、、。

160815


aisan88 at 11:40|PermalinkComments(2)

2016年08月13日

先祖はタンポポのように♪〜♪

 昔は、といっても2、30年くらい前までのことですが、地球上の生命は特別で、地球外生命の存在については否定的でした。
 ところが今は、真面目に地球外生命について調べる計画がある時代です。
 
 国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」で、その実験が去年の5月から始まっています。
 宇宙空間に漂ってるアミノ酸とか生命の種を捕集し地球に持ち帰る、あるいは地球の微生物を宇宙空間に曝して、生きていられるかどうかを調べるものです。
 
 タンポポの種のように宇宙を漂ってる物を探すので「たんぽぽ計画」と名付けられました。
 2018年に地球に持ち帰えるそうですが、その結果がどうなのか、非常に楽しみにしています。
 
 しかし、そのタンポポの種(生命の種やアミノ酸)を捕集する容器はせいぜい数十兒擁のものが20コ位、捕集する期間は3年間、何も捕集出来なかったとしてもがっかりすることはないでしょう。
 古代地球において、もしも宇宙から生命の種が地球にもたらされたとしたら、その時の捕集容器は地球表面、捕集期間は数億年だったわけです。
 当然、捕集できるチャンスは比べ物になりません。
 
 それでもこの実験結果はとても楽しみです。

160813


aisan88 at 11:26|PermalinkComments(4)

2016年08月11日

移住するなら (*^_^*)ノ

 館山の花火大会を観てきました。
 館山の人口は約5万人ですが、花火大会の会場はその3倍の人で溢れます。
 
 館山の花火は、なんといっても水中花火が見事です。
 館山湾に、大きな大きな花が、咲いては消え咲いては消えていきます。
 
 春は桜、夏は花火、秋は紅葉、冬は星空、房州は良いとこだわねえ!

160812


aisan88 at 21:35|PermalinkComments(2)

2016年08月10日

 見ィ〜たァ〜なあ〜!

科学者たちが宇宙を見上げていたら、「お目目」が見えたそうです。

 いえ、見えた目は1コだから「目」ですね。
 それも、ただの「目」じゃなく、神聖なる古代エジプトの神の目「ホルスの目」だそうです。
 
 銀河の重力が、その後ろにある一つの銀河の光を歪める現象は珍しくありませんが、このホルスの目の場合は二つの銀河です。
 二つの銀河を重力レンズで歪めるというのは極めて珍しいです。
 
 図のように、70億光年先にあるのがレンズ銀河、その後ろにある90億光年(赤丸)と105億光年(青丸)先にある2つの銀河を歪めて、地球から円弧に見える”虚像”を作り出しています。
 
 地球の人類の中で、最初にこの神聖な神さまと目を合わせてしまった科学者たち、
「ギョッ!」
としたでしょうか。
 
 限りなく広大な宇宙、ちゃんと目まで備えているとはねえ!
 
160810


aisan88 at 11:22|PermalinkComments(2)

2016年08月08日

壺坂観音霊験記

 人形浄瑠璃を観てきました。
 地元の伝統芸能ですが、廃れてた人形浄瑠璃を、安房の人形浄瑠璃保存会房州白浜座の方々が見事に復活させたものです。
 移住者仲間の友人が、終始、太夫として浄瑠璃を謡いました。
 友人は声が良く通る美声なので、マイク無しで充分会場に響き渡りました。
 
 今回は神奈川県から、国指定重要無形民俗文化財、相模人形芝居長谷座による賛助出演もあって、大変華やかな公演でした。
 演目は、白浜座の方々が寿式三番叟を、壺坂観音霊験記は長谷座と白浜座の両方の方々が演じられました。
 
 寿式三番叟は、五穀豊穣を寿ぐ舞です。
 壺坂観音霊験記は、盲目の夫と開眼を祈るけな気な妻との愛情物語です。
 夫は、自分がいない方が妻は幸せになると思って、谷底に飛び降ります。
 妻も後を追います。
 でも観音様が二人を生き返らせて、めでたしめでたしの物語。
 
 どちらも、人形が意思をもって動いてるかのような、見事な演劇でした。
 
 移住者が、地元の方々と楽しみながら何かを成し遂げていくということは、移住者自身がその地での住み心地を良くするだろうな、と思いました。

160808


aisan88 at 11:57|PermalinkComments(2)

2016年08月05日

勘ぐり過ぎ?

160805B 













 
 
 天皇陛下が生前退位の意向を示されたことについて、ほとんどの国民は
「ご高齢だし、お身体もお丈夫ではなさそうだし、退位は当然なこと」
と受け取ってると思います。
 
 ところが、そうではない解釈もとりざたされてるようです。
 政治的に何の力もお持ちでない陛下が、憲法改正に「待った」をかけるためだと。
 つまり、安部政権が、経済対策等をしっかりやって国民の信頼を得て、最終的には憲法改正進んでいく、という筋書きが、思わぬ高所からの「待った!」が、、、ということです。
 
 何しろ「生前退位」は大変な事案で、有識者の意見を聞き、国民的議論をしたうえで皇室典範を変更したり、あるいは法律を作ったりで長い時間がかかる、とても安部政権中に憲法第9条の改正などやってる暇がない。
 そこを狙っての陛下の「待った」だというのです。
 
 本当かなあ、勘繰り過ぎじゃないのかなあ。



aisan88 at 14:23|PermalinkComments(2)

2016年08月03日

恐怖の白粉

 何十年もの長い間、「これはこうだ」と信じていたことが、全然違ってることが分かって驚くことがあります。
 
 江戸時代、三代将軍家光以後は代々、ほとんどの場合、朝廷筋から正室を迎え入れてましたが、その子供が将軍になったことはない。
 これは朝廷が幕府の政治に介入するようなことがあってはならないので、正室との子供はもうけなかった、とばかり思っていました。
 
 ところが実際はそうじゃなかったのですねえ。
 驚いたことに、ほとんどの正室は一応懐妊しています。
 でも全員、流産とか早産、生まれても夭折。
 
 じゃあ、数多くの女性がいる大奥だから、側室にじゃんじゃん子供が生まれたかというと、そうでもありません。
 子供が無事に成人した側室は半分もありません。
 
 側室の骨を調べると、美人ではなく骨格が頑健な者が多いそうです。
 そりゃあそうでしょうねえ、こんなに子供が生まれ育ちにくいのであれば、美人をなんて言ってられない、とにかく丈夫な女性が選ばれたことでしょう。
 
 なにしろ、徳川家としては息子や娘を全国の大名と結婚させ、徳川の血で統一したかったでしょうから。
 大奥はその大役を担った大事な機関だったわけです。
 だから、大奥の女性たちの権勢は強く、使われるお金は幕府の年間予算の25%の時もあったそうです。
 
 子供が無事に生まれ育ちにくい原因は、白粉に含まれる鉛や水銀の毒によるもの、といわれています。
 そうだとすれば、何百年ものあいだ、「どうも白粉が怪しいぞ」、と気が付かなかったのかしらねえ。
 水銀や鉛が毒だということは分かっていたでしょうに。
 
 しかし本当のところは分かりません。

160803


aisan88 at 15:20|PermalinkComments(4)

2016年07月31日

軽快なキッズミュージカル♪

 キッズミュージカルを見てきました。
 特にキッズミュージカルに関心があるわけじゃないのですが、劇の脚本と演出をしてらっしゃるのが町内会活動してくださってる方なので、近所の友人と観て応援することにしたのです。
 
 去年は、戦争中の子供たちの様子を描いた劇でした。
 
 今年は田舎の、閉校が決まった小学校の運動会と卒業式の劇です。
 友人たちと
 「今年も地味な劇のようだわねえ、運動会と卒業式の劇なんだもの」
 「華やかな劇はお金がかかるからよ」
 
 ところが、最初から最後までとても楽しい劇でした。
 運動会と卒業式の劇は、ユーモアに溢れ、軽快なテンポで小気味良く、飽きる暇がありませんでした。
 
 それに、運動会も卒業式もかって経験したこと、観客である自分も参加しているような気分になりました。
 劇の中で
「一同、起立!」
 思わず、スッと立ちそうになりました。
 
 終わった後、観客の方々がみんな満足そうにニコニコしてらっしゃいました。
 素晴らしい演劇でした。
 
160731


aisan88 at 14:52|PermalinkComments(0)