愛され葉酸 授乳中の効果は?葉酸不足は補える?

葉酸不足にならないために愛され葉酸を選んで後悔はしないの?

妊娠初期だけじゃなくて、授乳を終えるまで末永なくママと赤ちゃんの体を支えてくれるのが愛され葉酸です。


口コミでも、


特別に気になる添加物ではないので安心して使えます

妊活中は気にならなかったですが、つわりの時は錠剤のにおいが強く感じる事がありましたが、飲めない程ではなかったです。

現在妊娠中です!ずっと子供がほしくて飲み続けてました!




といった体験談が並んでいます。



■出産後も葉酸は必要!

葉酸が特に必要だと言われるのは妊娠初期。この時期は胎児が最も活発に成長する(新陳代謝が進む)時期で、このタイミングで葉酸が最も必要になるんです。

葉酸の働きは、タンパク質を代謝すること。身体に取り込まれた食べ物に含まれるタンパク質を、その構成要素であるアミノ酸へと分解したり、逆にアミノ酸を様々なタンパク質へと再合成します。



私たちの体の様々なパーツは、タンパク質できていて、新陳代謝とはつまり、タンパク質の再合成を意味しています。

妊娠初期の胎児は、神経が優先的に形成されるんですが、神経もやっぱりタンパク質からできています。葉酸が不足してしまうと、神経の発達に遅れができる危険があるわけです。



万が一、深刻な葉酸不足が起きてしまうと、神経管閉鎖障害と言って、重い先天性異常を抱えて生まれてしまうリスクが高くなることがわかっています。

そこで、厚生労働省からも葉酸をしっかり補うようにと、母子手帳にも記載されるようになったわけですが、葉酸の必要性は妊娠後期や出産後も薄れることはありません。




妊娠初期に比べるとスピードは遅くなるとはいえ、生まれたばかりの赤ちゃんも、大人をはるかに上回るスピードで新陳代謝を繰り返しています。

信じられないくらい、皮膚もどんどんむけていくわけで、タンパク質の代謝を促してくれる葉酸を十分に補ってあげなければいけません。



出産後であれば母乳を通じて葉酸を補ってあげることになりますから、少なくとも、授乳を終えるまでは継続して乳酸を補給し続けるのが良いです。



■母乳の出良くなるって本当?

葉酸サプリの口コミを見ていくと、「出産後の飲み続けていたら母乳の出が良かったです!」という感想がちらほら見つかります。

逆に言うと、葉酸サプリを飲んでいるにもかかわらず、母乳がなかなか出なくて苦労した、という体験談はほとんど見つかりません。



葉酸と母乳には一見、関係がなさそうに見えますが、実は大いに関係があります。葉酸は血液を作る働きもあり、母乳は血液からつくられるからです。

ママの体で鉄分だけじゃなくて葉酸も充実していれば、血液もそれだけ増やすことができます。血液が増えることで当然、母乳の生成量も増やすことができるわけです。





■ビタミンBで産後ダイエット!

妊娠中からやっぱり気がかりなのは、産後に元の体型に戻れるかどうか?じゃないでしょうか?妊娠線だって何とか防止したいですよね。

産後ダイエットは、実は早目に始められる方がメリットがあって、妊娠中に体についた脂肪は、通常よりも水分量が多くなっているんです。



そのため、流動性が高く、通常のダイエットよりも脂肪を解消しやすくなっているんです。ただ、産後6ヶ月も過ぎてしまうと、通常の脂肪として定着してしまいます。

産後はまとまった運動なんてなかなかできないものですが、愛され葉酸にはビタミンB群という心強いビタミンも豊富に含まれています。



ビタミンBの主な働きは、脂質・糖質を代謝すること。つまり、食べ物のに含まれる脂質・糖質はもちろんのこと、体についた脂肪もドン度エネルギーに変換してくれるんです。

脂肪が燃えやすい体にしてくれるので、産後にできるだけ早くスタイルを引き締めるためにも、愛され葉酸を飲み続けるのが良いですよ。




飲めば飲むほど効果が蓄積されて、ママの体の調子も赤ちゃんの成長も促してくれる愛され葉酸を試しに飲んでみるにはこちら
↓↓↓









つわりがひどくあまりバランスのとれた食事がとれずにいましたが、飲み始めて数日ですが吐き気が少なくなった気がします!!



買ってみました、葉酸、鉄、カルシウムなど妊娠前や妊娠中の女性には欠かせない栄養が入っているので嬉しいです。



妊娠前の血液検査でヘモグロビンが少なめと言われたことがあったのですが、妊娠初期の血液検査では正常値になっており、配合された鉄分が効いたのかな~と思っています。




妊娠中はビタミンAを摂りすぎるのは危険だと言われています。胎児の奇形リスクが高くなるらしいんですが、よくよく調べてみると、根拠となる情報を見つけることができませんでした。

どうやら、ビタミンAの過剰摂取については、噂が尾ひれを引いているようで、噂のもとになっているのは「レチノイン酸の過剰摂取」です。



ビタミンAも実はいくつか種類があって、レチノイン、レシチン、レチノイン酸という3つがあります。レチノイン酸とはレチノインの誘導体です。

誘導体についての詳しい説明は省きますが、一般的な食品に含まれているのはレチノインが大半で、レチノイン酸とレシチンはほとんど含まれていません。



レチノイン酸は化粧品に使われることが多いんですが、このレチノイン酸を摂りすぎた場合、奇形が起きたという報告があるだけなんです。

ただ、この報告に関しても、レチノイン酸と奇形の因果関係がはっきりと示されているわけじゃなく、あくまでも可能性の一つとして指摘されているのみです。



ビタミンA(レチノイン)も私たちの体になくてはならない栄養の一つであることはまちがないので、敏感に考えすぎないように気を付けましょう。

レチノインを摂りすぎた場合、過剰摂取による悪影響は考えられるものの、推奨摂取量の数十倍は取り続けないと、ほとんど危険はないんです。





飲めば飲むほど効果が蓄積されて、ママの体の調子も赤ちゃんの成長も促してくれる愛され葉酸を試しに飲んでみるにはこちら
↓↓↓







↑このページのトップヘ