2005年11月13日

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーへ遊びに行く

LAの隣の市、アナハイムにディズニーランドとディズニーカリフォルニア・アドベンチャーという二つのディズニー系のテーマパークがある。ランドの方は東京のそれとあまり変わらない。全体の作りも乗り物も殆ど同じである。古いせいかむしろ東京よりもしょぼい感じがする。我が家は去年の12月、クリスマスの前に行った。アドベンチャーの方は2001年にオープンした新しいテーマパークで、乗り物も東京ディズニーランドとは全く違う。ランドよりは大人向けの作りになっている。こちらは、去年の10月位に一度行っている。

今日土曜日は、家族で一年ぶりにカリフォルニア・アドベンチャーに行くことにする。14日が娘の誕生日なので、その前祝といった感じである。
東京でディズニーランドに行く時は「行くぞ」とけっこう気合を入れて行ったものだけど、ここでは意外に気軽な感じで行く。車で、30分強で行けてしまうし、日によって差があるとはいえ、東京程は混んでいないからだ。

東京ディズニーランドはかれこれ10数回は行っているのだけど、私は別にこのテーマパークは好きではない。人が多すぎるのも行列で待つのも嫌いである。そのため、行ったところでいつもすぐに家に帰りたくなってしまうし、実際さっさと帰ってしまう。
しかし、今日は違った。10時の開門に合わせて行って、閉門30分前の7:30位までいた。帰国するまでにここに来ることはもうないだろうし、そうなると一生来ないということになるかもしれない。だから、乗れるものは全部乗っておこうとかなり頑張って、乗り物を制覇した。それに合わせていつもだったら、身長制限があって子供が乗れない乗り物も今日は全部乗った。だから、時間がかかったというのもあるし、初めて乗る乗り物が新鮮で面白かったので気づいたら時間がたっていたというのもある。

面白かったベスト3はCalifornia Screamin’、Mailboomer、Soarin’ Over California。いずれも人気の乗り物だ。
California Screamin’はジェットコースターだ。身長制限があるので私一人で乗った。するとこれも一人であろう白人の10代の男の子(仮にトムとする)と隣り合わせになる。トムと私は何とコースターの先頭だ。どんな感じなんだべ、と不安に思っているとスローなスタート。直線に来たところでいったん止まる。これでドッカーンとか来るんだろうなーと思っていたら、予想通りドッカーンと来て、ものすごい勢いで加速 (調べたところ最初の4秒で時速90kmに達するとのことである)、と見る間に急斜面を登る。そして下る。更に宙返り。私は「うわー、うわー、助けてくでー」とわめきっぱなし。トムも”Oh, No” ”Damn” と叫びまくり。36歳の黄色人種と10代の白人が並んで各国語で叫んでいる姿は今考えると結構笑える。スピードも落ちたところで、何となくトムと顔を見合わせてしまい、お互い恥ずかしいので視線を逸らしてしまった。

Mailboomerというのはフリーフォールと言う乗り物に似ている。違いはあちらが落ちていくのに対して、こちらは一気に上がって行くのである。そのスピード時速60km。危ないからと眼鏡なども外させられる。でもひとつ忘れていたことがあった。一気に加速して上に上がったと思ったら、胸ポケットにいれて置いた入場券家族分とファーストチケット(乗り物を予約したチケット)がばらばらと宙にこぼれてしまった。「あーやばい、どうしよう」 しかし、一気にトップに達して乗り物が止まると何と目の前にそのチケットが何枚も浮いている。すごい。殆ど無重力状態の宇宙船に乗っているのと同じような感じである。「あちょー」と4枚中3枚を掴み取る。残りの一枚は万有引力の法則で落ちていってしまったが、下の通行人が拾ってくれた。良かった、良かった。

Soarin’ Over Californiaは、ディズニーランドのスターツアーズ(宇宙船に乗って宇宙に行く乗り物)に似たシュミレーション型の乗り物。こちらはハングライダーに乗ってカリフォルニアのランドマークの上を飛んでいくというコンセプトだ。ヨセミテ、ゴールデンゲートブリッジ、マリブ、サンディエゴ、パームスプリングなどの上を本当に飛んでいるかのような気分を味わうことができる。

息子はロケット型の乗り物がぐるぐると宙を回るというGolden Zephyrが気に入って7回も8回も乗っていた。待っている人間が殆どいなかったし、二歳の息子にはちょうどいい乗り物だった。娘は身長が伸びて乗れる乗り物がだいぶ増えた。MullHolland Madness(ミニ・コースター)とかSoarin’ Over California、Tower Of Terror (フリーフォール)等の人気の乗り物も乗ってご満悦のようだった。娘は帰りの車の中で眠ってしまった。歩きっぱなしだったし疲れたのだろうな。息子はパレードが終わった6時前にブースターの上で眠ってしまった。家に着いたところで復活し、カレーを山盛り食べたがシャワーを浴びてすぐに就寝。


aitaro1027 at 16:27│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター