2006年08月17日

ロサンゼルスでアメリカ人と働く公認会計士の日記−最終回

6f9438fd.jpg昨日は最終日だった。オフィスに行き、パートナーの斉藤さん及び人事マネージャーと会い、Exit Interviewを受けた。斉藤さんにはPacific Dining Car(ZAGATのスコアは23)へ連れて行ってもらい、ステーキを食べた。うまかったし、斉藤さんの話も面白い。人事マネージャーのインタビューは形だけで、中身は何もなかった。私が一年目にエンゲージメントによっては下っ端の仕事をさせられたり、去年同じプログラムで来た人間が日程上あまり配慮してもらえていなかったことに触れ、改善点がないかを考えてくれと言った。しかし、勿論私の話を聞くような人事ではない。

Exit Interviewはやめていく人間はみんな受けることになっていて、そこで上がった声を吸い上げて、事務所を改善していくのだそうだ。斉藤さんによるとうちの事務所を辞めていく人間の理由で多いのは、1)ハードワークに対する事務所の感謝が感じられない、2)パートナーを見ていると事務所に残ることに魅力を感じられない、の二つなのだそうである。確かに、頑張って働いてパートナーになっても、楽が出来るわけではなく、厳しいノルマで馬車馬のように働き続けるのである。アメリカのパートナーの評価は売上と利益を上げられているかどうか。高品質の監査なんざ二の次である。確かに夢がない。私が新人だった頃の日本のパートナーは楽をしているように見えたけど、それも変わってきていて、かなりアメリカナイズされてきていると思う。正直言って、私もパートナーになることに魅力を感じないもんな。

夜は日本人チームの数名で送別会があった。うちから歩いて10分ほどのモールにあるすし屋の三浦。以前、前を通って、「こんな所にある寿司屋なんてバッタモンに違いない」と思った店だ。しかし、食べてみたらこれがうまかった。日本酒も渋めの品揃えで、獺祭と〆張鶴の純をいただく。新鮮な魚と日本酒。あー、何て素晴らしいのだろう。車を運転しなくていい所という配慮でうちの近くでやってもらったのだ。かなりのハイペースで酒を飲み、二軒目の寛の途中から記憶が飛んでしまった。妻が車で迎えに来たのが1時過ぎだったと言う。当然のように今日はものすごい二日酔いで、せっかく休みが始まったのに、布団の上で、「うー」と呻き、ウトウトしている間に一日が終わってしまった。

終わってしまえば二年間はあっという間だった。ちょうど二年前の今頃、英語学校から帰ってきたら斉藤さんから電話がかかって来た。昨日斉藤さんに念のため確認したら、やはり人事サイドは当初英語があまりうまくない私の受け入れに消極的で、「日本人チームで少し面倒を見てくれ」というようなことを言ってきたのだそうである。しかし、私がアメリカに来た目的はアメリカ人と仕事をすることでアメリカの監査やGAAPを学ぶ、ということであった。そのような経験を通じて、将来事務所を担う人材を育成する、とプログラムの目的には書いてあった。しかし、LAオフィスのHRは「そんなことは知ったこっちゃない」という態度だったのである。

斉藤さんは気を使ってくれて、最初は日本人のチームにも少し行って、慣れた所で段々とUSのエンゲージメントを増やしていけばいい、と言ってくれた。最初からバリバリとUSエンゲージメントでやれれば言うことはないが、でも、まー仕方がない。2年前はアメリカでSOX法に基づいて、内部統制の監査が始まった年で、その関係の仕事が山ほどあった。1年目に行っていたM社ではその関係の仕事をやっていた。けっこう下っ端仕事などもさせられた。斉藤さんと話したとおり、日本のエンゲージメントにも顔を出し、シニアの仕事をやったりもした。勿論、そう行った状況には不満があった。USエンゲージメントで中心メンバーとなって仕事をしたい。

うまい具合に去年の5月にI社のエンゲージメントに入り、それ位から仕事が軌道に乗るようになってきた。遠慮をしていては駄目だ、と思い、HRや知り合いのパートナーに色々と話をしたのが良かったのかもしれない。一年経って、アメリカの仕事に慣れてきた、ということもあるかもしれない。マネージャーへ昇進してから帰国しよう、と決めたこともプラスに働いただろう。今年のI社の決算ではかなり自信をもって仕事に取り組んだ。スタッフを掌握し、半分マネージャーのような仕事もやった。今ではアメリカ流の仕事のやり方を自分なりに消化できたし、英語のハンデがあったとしても、監査でアメリカ人に負けることはない、と自信を持って言える。今年のレーティングは1で、つまりトップクラスだったと聞いた。斉藤さんに言わせれば、マネージャに昇進する中でもそのレートを取れるのは何人もいないのだそうである。マネージャーへの昇進自体は複雑な心境で受け止めた部分もあるが(俺は日本ではマネージャーだったし)、でも、昇進できないで帰るよりは100倍ましである。色々あったけど、終わってみれば、この2年間は私にとって大変有意義なものだった。

このブログを書き始めたのは去年の10月。昨日までで281回投稿した。読者は最後まであまり増えなかったけど、その最大の問題点は、書いていることが全て私の思いつきで、一貫性がないことにあったからだと思う。それでも、好意的なコメントをくれた人がいたのは嬉しかった。会計士受験生さん、Mistyさん、コメントありがとう。

といことで、これでこのブログもおしまいです。最後位は、みんな「素晴らしいブログだった」「終わるのが残念だ」というコメントを残してください。

それではまた。

aitaro1027 at 13:14│Comments(10)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぐら   2006年08月17日 17:09
2年間お疲れさまでした。
いいBlogでしたよ。本当に終わるのが残念です。「ロサンゼルスでアメリカ人と働いたことがある公認会計士の東京日記」として継続して下さい。
2. Posted by ピカソ   2006年08月17日 17:43
5 二年間お疲れ様でした。

私は今年の九月から二年間シカゴに派遣される予定です

それに先だってブログを毎日拝見しておりました

同じように有意義な二年間を送ってこれるように頑張ってきます

本当に二年間お疲れ様でした
3. Posted by ねこ   2006年08月17日 22:27
5 3ヶ月くらい前から拝見してました。
これほど、ひとつのBlogを楽しんだのは初めてです。もう一度読み直したいので、しばらく残していただけたらなぁと思います。
そしてできたら別の形で、今後もBlogを続けていただけたらと思います。
4. Posted by 会計士受験生   2006年08月17日 23:29
5 二年間お疲れ様です。
海外で活躍されている会計士ということでとても楽しく拝見させてもらってました。このブログは「自分自身も将来、会計士として伸び伸びと仕事をするぞ」という気持ちを起こさせてくれました。これで終わってしまうのはとても惜しいと思います。ぜひ今後も続けてほしいです。
5. Posted by 同業者   2006年08月18日 05:24
5 半年ほど前から毎日楽しみにしてました。特に印象に残ったのは、会計士は会社の状態を表すベストの処理を常に探るべきで、グレーな範囲で最も会社が好む処理を探してあげるようなことをしてはいけないという話です。あの回を読んでから、仕事に対するスタンスが変わった気がします。
海外奮闘話や思い出話も楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。そしてお疲れ様でした。
他の方もコメントされていますが、日本に戻られてからもBlogを続けてもらいたいです。
6. Posted by Misty   2006年08月18日 13:03
5 aitaroさん

お疲れ様でした。本当に終了してしまうのですね。寂しくなります。みなさんが書かれていらっしゃるように、日本からも続けていただきたいです。

米企業で働く会計士としての奮闘記はもちろんのこと、時々出てくる家族のお話や旅行、余暇の過ごし方など、すべて楽しく読ませていただきました。また、今日書かれているExit Interviewの内容もとても興味深かったです。Hard workに対する会社からの感謝の気持ちは、どの業種であれ必要なことですよね。そういったencouragementがさらにやる気を生んでくれますからね。

今まで素敵なブログをありがとうございました。残りのLAをご家族と満喫なさってください。お疲れ様でした。
7. Posted by 同業者A   2006年08月19日 09:40
5 お疲れ様です。私も欧州で働いております。海外で働いても接触をあまり行わなかったりすると英語力は伸びなかったり、現場対応能力が伸びなかったりすると自分は感じていますが、それと比較すると格段に立派です。

監査業界には貴方のような存在は必要だと思います。末永くこの業界にいてください。
8. Posted by 受験生(もうすぐ試験!!)   2006年08月19日 23:59
お疲れ様でした。半年ほど前から拝見させてもらってます。監査実務の世界やロサンゼルスでの生活など、自分の知らない世界を知ることができ、大変面白かったです。特に会計士を目指されていた頃のお話が興味深かったです。

終わってしまうのがとても残念です。帰国されましても、飲みすぎにに気をつけてご活躍ください。ありがとうございました。
9. Posted by ぼぎ   2006年08月27日 00:11
診断士受験生です。
楽しませていただきました!
ぜひまた続けてください!
10. Posted by 大手監査法人のJ3   2006年09月04日 00:13
1月ほど前にこのブログを知り、最初から仕事に関係する記述を中心に全て読ませていただきました。
監査先進国と言われるアメリカの事情がよくわかって大変参考になりました。
ありがとうございます。
アメリカの状況は未来の日本だと考えると、このまま監査法人に残るという選択肢は色あせてきます。
かといって、法人を辞めて何をするのかというのが具体的に見えているわけではありません。
いずれにせよ日々の仕事を真面目にこなしつつ考えていかねばならないですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター