ドゥニーム のデニムはシルエットで選ぶ


37

ドゥニームとは?

ドゥニーム (Denime)のブランド名の由来は、デニム(Denime)からきています。
デニムは、15世紀フランスのニームの古代織物センターで生み出された「Serge de Nimes」が語源で「de Nimes」がアメリカに伝わった時のアメリカ訛りで「Denim(デニム)」になったと言われています。

90年代のビンテージジーンズブームがありましたが、高値がつけられていたためマニアックな大人しか購入することができませんでした。

そんなおり、ビンテージジーンズを徹底的に研究し、ビンテージジーンズのような質を求めた新品のジーンズ、復刻ジーンズなどと呼ばれていますが、複数のブランドが立ち上がり今に至ります。

そのなかで、先駆を切っていたのが今はリゾルトジーンズ を立ち上げた林さん率いるドゥニームでした。
ドゥニームは耳のあたりがより本物っぽいのが特徴的で、当時極太シルエットの復刻ジーンズが多かった中でもドゥニーム は太すぎないという差別化ポイントがあったと思います。
 




66タイプは今も人気が高い

52
中でもリーバイスの66タイプ(1966年頃)のデニムを再現した66タイプ は、90年代にも高い人気を誇ったデニムのうちの1本ですが、2017年にあっても未だに品薄状態のようです。
今も人気あるんですね。

リゾルトジーンズ も根強い支持がありますが、リゾルトジーンズ でもでやはり66タイプが人気のようです。

バリエーション豊かなドゥニームの商品ラインナップ

49

ドゥニーム のデニムはシルエットが多様で、商品ラインナップが多いです。
ペンシルフィットから大戦モデルまで展開しています。

ガリガリに痩せている人から、太っている人までビンテージを再現したジーンズを育てられます。
ドゥニームのジーンズはシルエットで選ぶ




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9410612860255627"
data-ad-slot="4056471196"
data-ad-format="auto">