2012年01月

本当はどうでも良くない。

私の夫は酒が大好き!! 毎日飲まずにはいられない。又ケチと言うか、持っているものが余程ボロボロになるか、破れたりしない限り新しいものを欲しがらない。2か月ほど前親戚で結婚式が有った。 この所なかったおめでた!! フオーマルスーツは用意しているが、靴もいくつかあると思ってだしてみたら、全然履いてないのに靴底がボロボロ崩れ落ちて居る。仕方なく有る靴を履いて参加したが、途中、靴底が取れてしまった。式場で靴の上の部分と下の部分をひもで縛った。私にとっては汗の出るような出来事で、、、これからもいつ有るか解らない、慶弔のお付き合い。  で、買っておこうと思い、昨日、心づもりしていた靴を買って帰った。もし足に合わなくては困ると思って、履いてもらうと、、、「まだ いくらでも靴は有る!! 買う事は無い!!」と怒鳴りだす始末。
酒や食べも物は買うが、その他の物を買ったことのない彼!! こちらも腹が立って、ついつい大喧嘩になりました。こうなると必ず出かけていきます。酒を飲みに、、、、「飲みに行くなら、もう  ずーーーっと帰ってこないで!!
外泊しても良いからね!!」 思わず叫んでいました。ちっとも家を空けない彼。たまには、泊まれるスーパー銭湯にでも泊まれば良いと思っていました。  1,2時間 清々してテレビを見たり食事をしたり、していました。時々外で何だか音がするなーーーとは思っていましたが、知らん顔していました。そのうち、大声がしたので、玄関に出て見ました。そこにはコンクリートに横たわる夫が居ました。もう 立つことも、どうすることもできないくらいグタグタに酔っ払って。泥まるけの服を脱がせ、布団まで運ぶのが本当に大変!! 私一人の力では、、、やっと布団に入れてヤレヤレと思ったら、突然起き上がる。どうしたのかと思ったら、腰の辺りから水が、、、おしっこです。トイレに行けない。立てない、歩けない、周りはおしっこまるけ!!,,,,,
服を着替えさせて、ヤレヤレと思ったらまたもや、ごそごそ動いて、、、おしっこ!!
どうしようもないので紙パンツをはかせる。これで大丈夫と思ったら、知らないうちに紙パンツを脱いでいて、またもや辺り一面おしっこ!!   思わず知らずお尻をぴしゃり!! また紙パンツをはかせ、今度はきちんとパジャマもはかせて、パンツは脱がないように、言い聞かせる。  それも、耳に届いていなくて、またトイレに立つ。そのたびに、その辺に倒れたりぶつかったり、、、おでこも、口も、傷まるけ!!
 そのあと、やっと眠ったと見えて鼾が聞こえてきた。    もう12時。私も寝なくては、、、薬をのんで、私も眠った。  しかし、介護ってこういう事なんだ!! って実感した1日でした。飲みだすとブレーキの利かない呑み助の夫を持つ人、、、アドバイスを下さい!!  ちなみに彼は今日1日布団の中。起きれないみたい。、、怒ったりしないで優しく接して行こうと今は思っています。


今回の記事はひどいですね。

ブログネタ
職場でいじめを受けた経験、ありますか? に参加中!
それだけ無視され続けても職場で頑張っておられる姿は敬服です。
何となく今特有の学校なんかのいじめに似ていますね。一人だけ
をターゲットにしてみんなで無視する。大人げない!! YKという言葉が
流行りましたが、ある意味とても大切な言葉で、私もいろんな場所に
出かけますが、そこにはいろいろな人が集まっておられ、まずその中に
入っていく時には、何の話をしているのか、聞き耳を立てて様子を
見ます。そうしてみんなの話している内容を把握します。ドンドン発言
する人が居る間は、ひたすら聞き役に回り、途切れた時に、僅かに
自分の思いを発言。賛同の意見が有れば占めたもので、そのあとは
ドンドン話しの輪に参加で来ます。しかし、話の内容が自分に適してい
無かったり、意見が違うような場合は、終始黙って聞き役になることが
お勧め、、、私はそうやっていろんな人の輪の中に入っていきます。
それらのコツは、沢山の失敗を繰り返した結果学んだ方法だと思います。
周りの人と服装が余り違っても標的にされます。たとえばあまりにも汚かっ
り、貧弱だったり、ちぐはぐだったり、私は若い時服装い無頓着で、結構周りに
比べて、貧層だったり、手前味噌な格好をしていたりして、周りの人はそれなりに
噂していたかもしれません。でも我、わが道を行くの思想で仕事に熱中していて
そんな噂どこ吹く風!! で、生きてきました。今も服装は無頓着ですが、友人が
若いころに比べて、お洒落になったね!! などと言ってくれるところを見るといくらか
ましになったようです。 いくらか参考になったかな??

風邪をひいてしまったらもうどうしようもない!!

ブログネタ
風邪の治し方、あなたはどうしてる? に参加中!

引いてしまったら抗生物質を受け付けない私は、点滴をしてもらいます。インフルエンザとかではなくて、扁桃腺、酷い鼻かぜ、が症状です。市販の薬では治らなくて病院で点滴です。治癒に1週間くらいかかるので、もう風邪をひかないように注意をするのが最善。とにかく睡眠!! 普通、7,8時間眠りますが、疲れたときは10時間眠ることも有ります。 鼻と喉が弱いので、寒いこの時期自転車での遠出は避けます。昔人間で、あまりうがい手洗いはしません。ただしちょっと喉や鼻に異変を感じたら即、イソジンガーグルでうがいします。今はまだ風邪の洗礼は受けていませんが、近所の学校で学級閉鎖するほど流行っているとか。十分に気を付けます。

子供が就学前までは妻が子育てに専念する。に賛成!!

ブログネタ
「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」って考え、どう思う? に参加中!
最近働く女性が増えて、0歳児から保育園に保育を依頼する人が増えています。その裏には毎年増える離婚。それに伴う母子家庭の増加。母子家庭になれば生活費を稼ぐために働き出ざるを得ません。その場合も含めて、8時半から4時まで位の保育園依存は良いですが、余り保育園での生活が長時間に及ぶと、子供の心に欲求不満が募ります。子供にとって保育園はやっぱり保育園で有り、家では有りません。本当にくつろげる場所は家庭でなくてはいけないと思います。さて 中には夫が保育に協力的と言う家庭も有るでしょう。1人や2人の子供は夫にも面倒は見られますが、3人4人はかなりの負担になります。妻も仕事で疲れ、夫も仕事と育児で疲れ、子供の小さい間は見えてこない心が思春期になると、それまでの不満が爆発して、ゲームに明け暮れて勉強をしなかったり、夜遊びをしたり、と言った形で現れた事例をよく目にしました。その時点で母親が退職して子供に接しても事態は急に好転するものでは有りません。長い長い期間の間に培われてしまった性格、習慣、親はズーーーっとこれに付き合っていかなくてはなりません。  長くなりましたが、三つ子の魂100までもと言います。小さい間に子供のしつけをしっかりして、勉強をする習慣もつけないと、成長してからでは遅い!!
と言う事です。働くことによってお金は手に入りますが、いつも一緒に過ごしていない事に対しての後ろめたさからやたら子供に甘くなり、しっかりとしたしつけが出来ません。  もし、母親になるための学校が有って、妊娠したら全員この学校に入学して学ばなければならない。と言った条例が有れば良いな。と思う今日この頃です。

もう50年近く前の成人式。

ブログネタ
成人式の思い出を教えてください に参加中!
昭和37年ころの成人式。今みたいに振袖ではなくて、訪問着でしたね。勿論それは着物のある人の話で
私には来ていく着物が無くて、普段着で参加しました。当時の一宮市は繊維の町として有名で、しかも私の
住んでいた場所は、眞澄田神社に近く、神社の南側は本町通り。繊維も全盛の時代で、着物に興味の無
かった私はよく覚えていませんが、素晴らしい晴れ着の新成人も沢山居たと思います。時代は丁度、安保闘争
三池炭鉱閉鎖の反対する運動など、社会的な活動が活発な時期でした。少なからずそうした事に興味も持って
いた私は、成人式だからと言って、着物を着なければいけないという意識も無く、しかし成人になったという意識は大いに有り、普段着で成人式に参加しました。そういった人は皆無かと思ったら、他にも何人か着物でない人も居ました。今はスポ文と呼んでいますが、当時は一宮の体育館でした。そこで行われた成人式。その最後尾
に居たので、どんな人があいさつされたのか覚えていません。むしろ普段着での参加の方が目立っていたことを思い出します。    そんな私も2人の娘を持ち、彼女たちにはやっぱり着物を着せたいと思い、清水の舞台から飛び降りる思いで振袖を買いました。当然高価な物は買ってあげられず、買った呉服屋さんで着物の着付けをしてもらったのですが、着付けをして下さる方々は、ピンからキリまでの着物を知っておられ、着付けをしながら、「こんな着物ではあと他に使いようが無い!」と娘の目の前で言われ、ひどく傷ついたことも思い出されます。
その事は後で店の人に伝えました。せっかくの晴れの日にそうした中傷の言葉は許せないと。
その後も成人式には着物。しかもドンドン華美になってきています。振袖の無い人は成人式に参加できないようではいけないと思います。一宮市は繊維の町なので町の繁栄の為にそうした習慣が無くならないのかと思っていましたら、振袖姿は日本全国で見受けられます。私はドレスか、スーツで全員が参加できる成人式を望むものです。和やかに立食パーテイ形式で、、、、
プロフィール

aitiken_itimiyasi_...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ