『エリート御曹司が過保護すぎるんです。』配信開始になりました!

冬の気配が感じられてきた今日この頃。
うちのあたりでは『雪虫』がちらほらと飛んでいます。

雪虫というのはアブラムシの進化系だそうで、ポヤポヤした綿のようなものが体についていて、ものすごくかわいいです。
でも最近では、自然現象に感動するより先に「そろそろタイヤ交換か~」と現実味のあることを考えてしまいます(;^_^A

雪……いやだ……

  ◇ ◇ ◇

さて、本日、スターツ出版マカロン文庫から電子書籍が発売となりました!

『エリート御曹司が過保護すぎるんです。』



『サマータイムの恋人』の改稿版になります。
イラストは月島綾さん。
桃ちゃんと二階堂のビジュアルがイメージどおりで嬉しい!(^^)!

一応、日本ラブストーリー大賞でデビューしているのですが、恋愛モノを書く機会が最近少なくて、なんだか自分でも新鮮です。
かわいくて、キュンとして、ちょっぴり刺激的なシーンもある作品になっていますので、ぜひぜひ読んでくださいませ!


《電子書籍販売サイト一覧》

Amazonkindle 
Yahooブックストア
楽天Kobo
BOOK WOLKER
Book Live
honto
(順次追加していきます)

ベリーズカフェに掲載していた淳司編は削除しましたが(キャラ設定がだいぶ変わったので)、桃子編は残してあります。
試し読みもどうぞ~(^^)/

『サマータイムの恋人(原題)』(ベリーズカフェ)

『サマータイムの恋人』電子書籍化のお知らせ

Berry's Cafe に掲載していた『サマータイムの恋人』ですが、マカロン文庫さんにて電子書籍化されることとなりました!

発売は11月です。(毎月10日に配信されているようなので、その頃かと思います)
https://www.berrys-cafe.jp/pc/bookstore/schedule.htm#macaron


何度も改稿しては再掲載していた作品ですが、またまた改稿してしまいました(笑)
けれど、相戸結衣の2017年商業作品レベルまで文章を磨いたので、既読の方にも満足していただけるのではと思います(^^)


タイトルも変わります。
ストーリー的にはほぼ同じなのですが、心理描写、情景描写が細かくなっています。
表紙がこれまたかわいくて(#^.^#)



つきまして、Berry's Cafe掲載分の『淳司編』は10月いっぱいで引き下げる予定です。
(桃子編はそのままです)
淳司の変態度残念度をほぼ削除し、キラキラ御曹司設定になったので(笑)

なので、ヘタレ淳司がお好きな方は、今のうちに堪能しておくことをオススメします!

『サマータイムの恋人』
作品URLはこちら → https://www.berrys-cafe.jp/pc/book/n1424947/


またなにか進捗があったらお知らせしますね☆



執筆時間をどのように確保するか

「仕事をしながら執筆時間を確保するにはどうしたらいいですか?」

というご質問をいただきました。
(木村さま、ありがとうございます! 返信用のメールアドレスが記載されていなかったので、ブログに書かせていただきますね)



私は宝島社の新人賞(けっこうな賞金額だった)を受賞してデビューしたのですが、担当編集者さんからは最初、「いまの仕事は辞めるな」と言われましたね~

ほんと、〝印税生活で左うちわ〟なんて都市伝説!!
月給に換算すると、たいていの作家の収入なんて微々たるものですよ……
(資料代、諸経費もけっこうかかる)

なので現在は、夫に扶養してもらいつつ、子育てもしつつ、パートで働き、執筆もしている状況です。
ある程度安定した収入が確保できるので、ときどき勉強会に行ったり、取材旅行に行ったりもしています。


私の場合、兼業作家といってもフルタイムの仕事ではないし、子供たちも手がかからなくなってきたので、わりと執筆時間は確保できている方だと思います。
(ただし、夏休みに入ると途端にペースダウンする)

仕事をせずに執筆に専念したほうがいいのかな、と思い、3月に仕事を辞めて2カ月ほど家にいたのですが……


結論。
1日中家にいたからといって、執筆量が爆発的に増えるわけではない。

かえって仕事をしているときのほうが、「休みの日にこれだけ書かないと間に合わない!」というプレッシャーがかかり、集中して書けたような気がします。


が、締め切りが近いのに執筆時間が確保できないのは、やっぱりツライ。
睡眠時間を削るのにも限界がある。

なので、気を付けていることがいくつかあります。


①プロットをしっかりつくっておく。

 とくに、キャラクターの人物像は書く前に作りこんでおきます。
 あとは、大雑把な展開。
 短期集中で一気に書くのなら頭の中でプロットを組んだだけでも平気なのですが、不定期で書くようなときには、けっこう内容を忘れますので……(読み直しするのも時間がかかる)


②図書館に行く。

 電源を使える図書館があるので、平日の日中はもっぱら図書館です。
 周りも黙々と勉強やら仕事やらをしているので、集中できます。


③移動時間を利用する。

 電車通勤の場合は、移動時間にスマホで執筆されている方も多いみたいですね。
 私は自動車やバイク通勤だったのですが、移動のあいだにストーリーを練り、家に帰ったら即出力――というかんじでした。


 執筆中は、インターネットのつながる環境に身を置かない、という方もいらっしゃいますね。
 私もTwitter断ちすれば、さぞかし捗るんだろうな……(無理だな)


 ほんと、皆さんどうやって執筆時間を確保しているんだろう~?
 うまい方法があったら、ぜひ教えてください!!!


Twitter プロフィール
第8回日本ラブストーリー大賞・大賞を受賞。小説家になろう×マイナビBooks「第1回お仕事小説コン」優秀賞受賞。『さくら動物病院』『ツアコン!』『路地裏わがまま眼鏡店~メガネ男子のおもてなし~』好評発売中。2月20日『しつけ屋美月の事件手帖』マイナビ出版ファン文庫より発売になります!問い合わせはサイトからお願いします。
オリジナル小説サイト
書籍情報