今日は私がボランテイアで活動している団体の研修で、備前の町へ出かけました。
備前というとまず浮かぶのは、陶芸。陶芸作品を並べた展示場へは行きましたが、もうひとつピンとこない内にバスにもどるはめに・・・・、。
ここで、注目は、備前長船(おさぶね)鍛刀場。
大きな展示場と実演している工房が備わっているのです。
bizenosabunetantoujyou1a

今回は、特別展として「佐野美術館の名刀展」が開かれており、平安時代の太刀から江戸時代の優れた刀が展示されていました。
その美しさもしかり、その切っ先の鋭さには、恐怖感すら覚えました。

午後からは江戸時代の池田藩が、庶民も学ぶことができ地方のリーダーを育てる目的で創設した旧閑谷(しずたに)学校へ出かけました。
とっても自然が豊かな閑静な環境に素晴らしい建築物がのこされているのです。
sizutanigakkou-koudou1a
この講堂は、国宝に指定されている建物で、備前焼の瓦で屋根が葺かれています。
sizutanigakkou-koumon-sibi1a
校門には、立派な鯱(しゃち)がのっています。
sizutanigakkou-isibei1a
石の塀もすばらしい構築物で、おどろきました。
自然景観と見事に調和していました。

この森でずっと気になっていたのが、キセキレイです。
私が行くところにまるで付きまとうように、上空を飛び回っています。
講堂の屋根、資料館の屋根、そして電線という具合です。
カメラチャンスがやってきたのは、バスが待っている駐車場でした。
kisekirei-bizen-sizutanigakkou1a

kisekirei-bizen-sizutanigakkou2a

kisekirei-bizen-sizutanigakkou3a

本当にひさしぶりに出会ったキセキレイです。
私の散歩エリアにはすでにいません。
今は、山間部の渓流沿いにいるといいます。
今日は本当にいい出会いがありました。