靖枝の一振り

co2と軍需産業の密接な関係を調べる。戦争をしない国が何故 軍隊をもちアメリカと軍事同盟を結ぶのか?

原子力委員会

 久しぶりに復活です。

目下玄海原発3号機のヨウ素漏れで九電への抗議で忙しいのですが、国策を変えるチャンス到来です。
原子力政策大綱の改定が検討されているのです。

 原子力委員会の委員26名。委員長は「要するにお金でしょ」と言い放った近藤氏。つまり、嫌われる核の施設ーー処分場にしても二次貯蔵施設にしてもーー建設に反対する住民は金で黙らせる、という今までの方法を平然と公認した人。
この人は望みが無いけれど、副に最近就任した鈴木達二郎さんは少し反原発っぽい人です。

26名中推進派が24名。
残る2人を応援する為に市民意見を出して下さい。
随時受け付けて会議の時に委員に配るのだそうです。
「原子力委員会」を検索すれば出ます。


3通目の私の提出意見。


小出さんと梅木さんの地層処分についての討論会ビデオを見ました。梅木さんが何度も何度も
「住民意見を尊重して進めます」と強調していました。

でも実際に決める時は地元の議会の決議が住民の意見と判断されます。日本は議会制民主主義で多数決です。
一方、被害を受ける人はいつも圧倒的に少数なのです。

上関の町の人口は5,000。祝島は500。
上関町議会は500人の代表ではなく無関心な4500人の代表です。
その議会が原発建設をずっと前に、時効だと言いたいくらい前に、
受け入れました。

 祝島の人達は海を奪われては生きていけないので必死で反対しています。
 どんな理由があろうと人を踏みつけにして何かをやってはいけないのです。
 それが「人道」というものです。

 口先で尊重、尊重と唱えても何の役にも立ちません。
意志決定の制度を変えて下さい。最も影響を受ける人達/被害を被る人達で投票するのです。

 蛇足:原子力委員会副委員長・鈴木さんを、河野太郎トークライブで拝見。上関についてためらいがちに「地元の了解も頂いているものと認識しております」と言っていましたね。

 法律の奴隷にならず「人道」から判断して下さい!

    相変わらず元気なカモちゃんでした。


原子力は危険


河野太郎さんは面白いです。
この人が自民党総裁になれば生まれて始めて自民党に投票します^〜^

動画が流れています。

北朝鮮をはるかにしのぐ量のプルトニウムを持ち、世界でも高額な電気代を国 民に負担させ
数十年前に約束した高速糧殖炉はまだめどもたたない。そして法 外な広告宣伝費で
マスコミを黙らせる。 これで良いのか日本の原子力政策

【出演】河野太郎
【ゲスト】
 飯田哲也(NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)
 鈴木達治郎(原子力委員会委員長代理) Recorded on 10/12/13


これを見て原子力委員会に意見を送りました。

政策検討委員会御中

河野太郎さんのライブで鈴木さんが「いつでも意見を出して下さい、必ず見ます」と
言っていたので出します。

原子力政策の出発点が間違っています。原爆の悲惨な被害を見た時の政府が、
この技術を手に入れようと思って原子力政策を決めた。

勿論核武装を密かに企んだのです。平和利用という隠れ蓑をかぶって。

確かに素晴らしいエネルギーなので多くの科学者が喜んで研究した。
でも原発が運転されてみると様々な欠点が浮かび上がり、良心に恥じて原子力の世界から
抜けた学者も居ます。
残念ながら大部分は生活の為に原子力産業に身を捧げました。

そして玄海原発のプルサーマルでも御用学者が十分に機能を発揮して安全宣言。
それに騙され、金目当てで佐賀県知事は受け入れ表明。

受け入れ表明が3月末だった理由は再処理工場の生命線がかかっていたのでした。

感謝感激した電事連が3000億円を出した。
その一部は古川佐賀県知事に流れ、知事はドバイに銀行口座を開き、あろうことか佐賀牛を輸出して問題を起した〜〜〜うっそー!落語みたいですね。

受け入れ表明の朝佐賀県民は県庁に押しかけていたけれど電話一本でほいほいと事は進んだ、
と怒っていました。


このあたりのことを飯田さん(鈴木さんだったかな)がライブで触れていましたね。
金次第で全て動くのが原子力産業。人の幸せなんて眼中にないのです。


電気は必要です。長い送電線が要らない自家発電とか、いくらでも方法はあります。

佐賀県には 風車と太陽光発電と、おまけに水車まで持っていて自給どころか電気を
売っている人も居ます。

勿論田舎だから出来るのですが、都市でも可能な方法を研究すればいいのです。


エネルギー予算が3,000万。その殆どが原子力に回っています。

原子力から手をひいて100%を自然エネルギーに使えば
産業の育成、若者の就業機会の増加、放射能の恐怖からの解放、
政治家の画策する巨額の税金の獲得作業・汚い裏取引の絶滅ーー いいことばかり。


でもニューモが宣伝している核のゴミ処理は、その方法がいいかどうか解りませんが、
どうしてもやらなければならない私達世代の仕事です。

「原子力事後処理政策」とでも銘打って新しい政策を作って下さい。

事後処理がたくさんあります。

とにかくこれ以上の核のゴミの発生をとめなければならないという事は小学生でも解る
と思うのですが? 
鈴木さん、一刻も早くお願いします!!

最後にひとこと決定打。電気を作るために、弱い人達に放射能を浴びせることは人道上許されません。

まとめ 
原子力利用から全面的に撤退するべきです。
1.原子力は人間がコントロールできません。危険です。
2. 被曝労働無しでは原子炉はなりたちません。
3.放射能のゴミが行き場を失っています。これ以上のゴミの生産をいっときも早く止めるべきです。
4.自然エネルギーは技術もどんどん進歩していて新しい仕事として有望です。


  原発は大変だと 心配している カモちゃん



武器輸出3原則を変えてはいけません

民主党さま

 支持率低下はアメリカへの追従姿勢も大きい原因です。

 武力で平和はつくれない。核兵器がある世界ではこの理想論が現実味を帯びてきました。
日本は世界の道徳的指導者になれる憲法をもっています。
 

 どんなに武装しても、
 強いアメリカや中国には所詮かないっこないのです。


 平和の天使になら、なれます。オンリーワンですから!


 福岡市長選も自民党が勝ちました。まだ自民の方がまし という噂もあります。

この政治状況に がっかりしている カモちゃん

原発 おじさん 

福岡市長選は自民民主の対決の様子。

市民派らしき人があまり市民派に見えないという悲しさを
我慢して、木下としゆきさんを応援中。

ところで原子力政策を大幅に転換するチャンス到来です。
ネガティヴキャンペーンを張りましょう!


電気は原発なくても 足ります。
原発がCO2を出さないのは発電のその時だけ。ウラン採掘、濃縮、加工、 核廃棄物処理に
膨大なCO2を出し、おまけに海を暖めています。

そのせいで ごかい やカニの赤ちゃんは死ぬ運命に。
原発を冷やすために海の水を吸い上げまた外へ吐き出すのです。吸い上げる時には
岸の近くで育っている アカちゃん達が当然巻き込まれます。

人間も原子炉の中で働かされて廃人になっています。

そんな人権侵害を放っておいていいわけが無いのに儲ける事が最優先されて来たのです。

この辺で「千と千尋の神かくし」の一場面のようにみんなで顔を真っ赤にして引っ張って
ヘドロを掻き出して奇麗にしたいです!

 市長選で気が重いけど頑張る カモちゃん

福岡市長選挙11月14日


カモちゃんは政治を変えたいと思っています。

去年暮れから波風の会で「市民派市長を市民の手で!」
と週1回天神で街宣をしてきました。

自前の候補が見つからず うろうろしているうちに、どんどん出てきて
ついに8人の混戦です。

現職の吉田宏市長が当選すると、こども病院は人工島に行きます。
セアカコケグモという毒グモが出る埋め立て地、福岡市のはずれにあって交通の便がとても悪い。

患者の会も小児科のお医者さん達も大反対なのに、吉田市長はインチキ見積もりをとってまで
強行しようとしています。

これを止めるためには現職を落とす以外、ないのです。


何としても吉田再選を阻止したい!

その為に木下さんを応援します。


理由は 
1、こども病院を人工島に移転しない。
2、吉田に勝てる可能性が強い。
3、あらゆる意味で費用対効果の計算が出来る人(だと私は思います。)


政策の細かい点は疑義もあるけれど、この際、小異は捨てて、
こども病院を救わなければなりません。

移転反対の候補者は6人。
木下としゆき、飯野健二、有馬精一(共産)、荒木龍昇、植木とみ子、内海あきのり。
 
おまけに高島宗一郎(自民)まで凍結とか言い出しましたね。

でも、この中で一番勝てる見込みがあるのが木下さんだと思います。

ついでに。
有名な名古屋の河村たかし市長は30団体を越す市民グループが応援して受かったと言います。
だから逆にその市民が市長に見切りをつけたなら、リコールはいとも簡単。いいですね!

そもそも波風の会では良い候補者無しでスタートしたのが間違いでした。

次の選挙に向けて大人物を探します〜〜〜 一緒に探しましょう! 
4月には市議選もあります。

波風の会    
http://www9.plala.or.jp/namikaze/index.html
ニュースしか更新できません^〜^ 

 尚、元気を保つ  カモちゃん



カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ