2008年10月30日

睡眠時無呼吸症候群3+COPD

ae32fe25.jpg睡眠時の鼻呼吸がラクです!イムニタスマスク 1500円購入しました。COPD+睡眠時無呼吸なのでいろいろ検索しているとこのようなグッツがいっぱいでてきます。

4つの突起で口輪筋をソフトに押圧。口呼吸を抑えて唾液の蒸発を防止します。
軟口蓋の弛緩や舌根沈下を抑えて、いびきの主原因を取り除きます。というモノです
値段が安く、シンプルなんでつい通販で、10月の26日に届きました。

「鼻呼吸は鼻腔から咽頭まで15センチもの長さがあり、鼻から入った空気は4つある副鼻腔を通 過する間に、ホコリや細菌などの異物を除去、それと同時に温められ、100%加湿された空気は、肺胞で酸素が最も吸収されやすい状態となります。口呼吸癖は自分では、なかなか気付きませんが、食べるとき音の出る人、横向き、うつ伏せで寝る人、口を開いて寝る人はみな口呼吸をしています。」てな事も調べてみました

私の場合、意識しているときは鼻呼吸ですが、無意識には口呼吸になっているようです、歯科医に頼んであるマウスピ−スができてこないので試しに購入してみました。シリコンゴム製でマスクのように着けるモノです、正直、寝ているとき着けるのはチョット怖い感じがしましたが、やってみました朝起きると少し頭痛がやっぱり悪影響か?でもわかりません、27日は出張で温泉旅館の3人部屋寝ました、その時着けてみたところ、同室の方からいびきはかいていたが、以前より音が静かだったと言われましたが、掛け布団のカバーはとれ浴衣は汗で濡れていました、寝ているうちにそうとう、苦しんでいるのかななどと・・・・そういえば朝起きたらマスクははずれていました。28日は家に帰ってイムニタスマスクを着けないで寝たら、午前4時頃、喉がイガラッポくて目が覚めて、うがいを何度かして、やっと就寝しました、大口を開けて寝ていたんでしょうね。

最近、胸焼けを起こすようになってきましたこれも、COPDに関係があるのでしょうかCOPDの人は胃潰瘍になりやすいと言いますから。

29日やっとマウスピースができていました。歯科医に通うこと3回目、上の歯と下の歯は下の歯を5mmほど前に出してあり、歯と歯の間でには少しの空洞があります、その点はイムニタスマスクと同じかな費用は1万円チョット、29日の夜は12時を過ぎて就寝、朝5時に目が覚め、マウスピースをしているのを確認して朝7時まで寝ました。イムニタスマスクよりいい感じでした。歯医者からは、使い心地を知りたいから来月も来るようにといわれました、それから、ボイスレコーダで鼾の音を撮りなさい、自分もそうしたといわれました、そのうちやってみようと思います。あわなけれは、また保険が効く頃に作り直しましょうといわれました。

寒さを感じる日が続いています、散歩もできない日が多くなってきました、昨日リサイクルショップでルームランナーとかと、のぞきましがありません、
風邪を引いてCOPD増悪にならないように、注意しなければと思っています、皆さんも健康に注意してください。


 先日の日曜日10Km散歩に挑戦しました、というのはイベントがあったので、歩いていくことにしました、距離は前日車で走って測っておきました。5km歩いてイベント会場で食事をしグルグル回って帰ってきました、さすが7kmぐらいの地点で足のかかとが痛くなってきて来ました、月曜日は疲労で足が痛いだろうと思っていましたが何ともありませんでした、つい最近まで1時間も歩いたら翌日足が痛かったのに、びっくりしています、あれからまだ一度も散歩していません。

 そう思ったので、今仕事場を抜け出して散歩にでました、そうしたら日差しも陰り、寒さが増してきたので、通りがかりのスーパーでのどぬーるぬれマスクなるモノを買い小一時間散歩しました、住宅街を歩いたら一度も来たこともない公園があったりして小さな発見あったりします、これからの散歩はマスクはかかせないのでしょうか。


自転車エルゴメータとかしなくて良いのかな、スポースセンターとかに行けばあるのかな?少しでも体力がある内に肺機能?体力を高めておきたいなんて思っていなす.

10月31日(金)追加
昨晩、マウスピースをし、その上から昨日買ったマスクを着けて寝ました、なぜかというと、またのどがイガイガしそうだったからです、そしたらAM1:00に目が覚めてしまいました(なぜかのどイガイガ・うがいをしたり)。それからなかなか寝付かれずTV見たりして、鼻が詰まっているようなので、今度はマウスピース取りマスクだけ着けて寝ました、朝起きたらマスクは口だけに架かっていました、おかげで?、口の乾燥やイガイガ感は減少していました。何か快眠の方法はないモノでしょうか。



aizu1004 at 10:50│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tobby   2008年10月30日 18:06
5 私のブログへのコメント、ありがとうございます。
今後も拝見させて頂きたいと思います。

季節の変わり目ですので、重々ご承知と思いますが、風邪などおひきにならぬよう、お体にお気をつけください。
2. Posted by reo.57   2008年11月03日 04:54
こんにちわ。reo.57です。

コメントを頂きありがとうございます。

ご質問の「β-カロチンは肺癌を誘発する恐れが・・・。」の件ですが、あちこち探しましたが、何処から抜粋したのか探し当てることが出来ませんでした。申し訳ありません。

代わりと言ったら、なんですがこちらを紹介します。
http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20030820/


大変な病気ですね。。。私はメタボなぐらいで、健康体なので、aizu1004さんの気持ちを察することは出来ませんが、くれぐれも、お体を大事にしてください。
私のブログにリンクを張らさせていただきました。
もし、はずして欲しいと思うのでしたら、おっしゃって下さい。
いつでも、はずします。
3. Posted by アラジン   2014年03月26日 14:00
僕は喘息と逆流性食道炎の持病があります。
気管支拡張剤には胃と食道のつなぎ目を拡張させる薬効が胸焼けを助長するようです。
「息苦しさ」を取るか「胸焼け」を取るか?
僕は胃酸を抑える薬でごまかしていますが・・・。
4. Posted by クボジー   2014年09月06日 06:34
呼吸器内科に一泊検査入院して、睡眠時無呼吸症候群の重症度を判定するべきです。
重症の場合はスリープスプリントだけでは対応できず、C-PAPが必要になります。
また無呼吸の原因は気道狭窄だけでなく中枢性の無呼吸が混合している場合が30%あります。その場合、別の治療が必要になります。鼻閉が影響している場合は鼻腔拡張テープも試す価値があります。
口呼吸は加湿されていない空気が肺に入るので肺での酸素の解離が悪く睡眠中の血液中の酸素濃度が下がります。循環器系疾患を悪化させるので早期発見、早期治療が鉄則です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔