2017年07月06日

大きなうねり・・・

こんにちは!



管釣りにおいての時代の変化や、その時のスタイル・・・




釣り全体でも 管釣り業界はかなり流れの速いジャンルかと思います・・・。




数年前常識だったことも すでに時代遅れとなりかねない・・・




これはpemが最近肌で感じる管釣り界の流れ・・・




今回はそれを記事にしようと思います・・・・!








まず、管理釣り場・・・これは相変わらず経営は厳しいと思います・・・!






飼料・魚など経費の高騰、人件費・設備費の確保、釣り人の減少等で予断を許さない状況かと・・・





いっぽう釣り具メーカー・・・





これも決して右肩上がりではなく、いろいろな営業努力をしないと生き残れない状況かと・・・






そしてアングラー・・・





この部分がpemは最近 目に見えていちばん変化を感じます・・・





釣り人口自体も底辺が大幅に増えることはなく、どんどんマニアック化が進んでいる傾向が・・・






その証拠が昨今のテスターの数・・・





どのメーカーも正規の社員以外でテスターやモニターというスタッフを抱え、商品開発に努めている・・・





そのテスターという存在はどこで調達するかというと、主にメジャーな大会で安定して優秀な成績を修めたアングラーにメーカーがオファーをかける・・・





BlogPaint

















そしてオファーを快諾したアングラーが そのメーカーのために商品開発を推し進めることとなる・・・





年々数が増えるテスター・・・やがて大会出場者もテスターだらけになる・・・





参加してるアングラーのほとんどがどこかの看板を背負っている選手だとおもう・・!






そうでないアングラーも日々上位を狙うことで、みんな釣りがメチャクチャうまい・・・!





pemの身の周りでも、そういった関連のアングラーがたくさんいる・・・





釣りが下手くそなpemが一緒にいてもいいのだろうか・・・?とおもうほど身近な存在になった気がする・・・






これをわかりやすく言うと、釣り具メーカーと一般のアングラーの距離がとても近くなったということ・・・






ひと昔前なら、釣り雑誌に出ているようなアングラーは雲の上の存在だったような気がするが 最近では、「あれ? 雑誌に知り合いの〇〇さんが出てんじゃん・・・!」といったかんじ・・・






メーカは、以前にも増して 商品開発に現場で優秀なテスターの意見を最優先するようになった・・・





それが一番信ぴょう性ががあるということだろう・・・





そして 管理釣り場側も集客の良さ という意味で大会をどんどん招致するように・・・





BlogPaint

















すると、そういった大会で勝つためのオリカラやルアーをテスターが提案する・・・






するとすると、メーカーがそれに答えてルアーを発売する・・・





どうやらこのサイクルが現在の管釣り界の主な流れのように思います・・・

(もちろんこれに属さないエリアもあります・・・)




すべてのポジションにおいて、大会ありきの状態・・・





行き着くところ、現在これが一番誰も痛まないスマートな流れなのだろう・・・













一見このような流れに無縁にみえるpemも実際に身近に感じるのが、ハンドメイドコンセプトの変化・・・






本来ハンドメイドルアーは、のんびりゆっくり楽しむものだと思っていました・・・が、





一部大会のルールでは ハンドメでも販売を行っているルアーなら使用してもよろしい! というものがあるようです・・・






大会では ほぼ一般的に出回っている市販品のルアーを使うわけですが、魚が見慣れていない稀少なハンドメルアーを投入することで、たまに良い釣果を叩き出したりする事例があります・・・





当然他のアングラーは同じものを持っていないので一人勝ちになる可能性がある・・・





というわけで、最近ではそんなアングラーから製作の依頼が舞い込んできたりします・・・





いよいよハンドメイドルアーも大会に勝つためのルアーを視野に入れなきゃいけないということか・・・


(すでに大会志向のビルダーさんもいますがね・・・)






これから先 この大きなうねりはどう変化していくのでしょうね・・・











aizufukusuke at 18:42コメント(0)雑記  

2017年07月04日

EZをもっとEASYに・・・3

こんにちは!


前回でボディーが完成したボディーアイタイプのEZ・・・





樹脂粘土は水に弱いため仕上がったボディーに防水コートを施さなければいけません・・・。




コート剤は セルロースセメントでもウレタンでも木工用ニスでも構いません・・・




要は表面が防水されていればなんでも良いのです・・・!




あとボディー自体 最初は少し頼りないくらい柔らかいですが、完成後使っているうちに次第に硬くなってきますのでご心配はいりません・・・!





ちなみにボディーアイバージョンのEZですが、今回は防水にウレタンコートを施しました・・・!





そしてウレタンが乾燥したら、さっそくスイムチェックです・・・!






とりあえず泳ぎを動画にしてみましたのでご覧ください・・・!




















ご覧のような泳ぎに仕上がりました・・・!





泳ぎも安定していて、エリアでも普通に釣れると思いますよ・・・!






ちなみに、このクランクEZ・・・




針金から樹脂乗せまでの工程をpemなら10分かからないと思います・・・!





そして樹脂を乾燥させるために1日おいて 樹脂が乾いたらボディーをグイッと湾曲させてリップを組み合わせます・・・これが約5分くらいかな・・・




その間ヤスリがけもしていません・・・!

(必要ないので・・・)




リップはあらかじめ切り出しておく必要がありますが、リップの製作を含めてもここまでの工程ならトータルで30分くらいでしょうかね・・・!







このように人気のニョロ系クランクが簡単にできてしまいます・・・!





さぁ次は色を塗って、表面をコートして完成させます・・・!














aizufukusuke at 13:25コメント(0)pem-cra EZ  

2017年07月03日

EZをもっとEASYに・・・2

こんにちは!


樹脂粘土クランク EZのボディーアイ化計画・・・!




リップアイの場合ですと針金は、フック側のアイを作ってリップ側はまっすぐのままですが、ボディーアイは両側とも最初からアイを作っておきます・・・





IMG_2060
















このように両側をアイにします・・・!




そして適量のオモリを噛ませて、樹脂粘土を乗せます・・・!




IMG_2061


















今回は5センチのニョロ系で・・・




ここで気を付けたいのがアイの向き・・・




最近pemはフック側は横アイにしています・・・




そしてリップ側は縦にします・・・!





ちなみに、フック側のアイの向きを縦や横にする理由はビルダーさんならおわかりだと思います・・・






では、リップ側のアイの縦と横の違いってわかりますか・・・?






これもそれぞれ泳ぎがまったく変わりますので 皆さんも試してみてください・・・!





1日おいて、乾燥したボディーに湾曲をつけます・・・



IMG_2070











もうこれでボディーは完成です!




そんでリップを削って・・・


IMG_2071















画像のように穴を開けなくてよいので、ひと手間省けますね・・・







あとは頭の下部にカッターで切れ目を入れて、リップを噛ませればOK!






IMG_2072
















リップの向きを調整したら瞬間接着剤で固定して完成・・・!!





超簡単です!


次回は、防水コーティングと色塗りです!





aizufukusuke at 10:01コメント(0)pem-cra EZ  

2017年07月01日

10年ひと昔・・・

こんにちは!


2017年 7月で 我がとんかつ店 「五福」 もおかげさまで11周年を迎えます・・・



ということは 丸々10年が過ぎました・・・




振り返ると長かったような、あっという間だったような・・・




10年もやってるんだから商売も軌道に乗ったか?というと・・・ 全然自信を持ってお返事できないのが現状・・・




それくらい飲食店の経営というのは難しいな・・・という日々の繰り返しです・・・





ちなみに昔、訳あって中断していた大好きな管釣りも 店のオープンと同時期に再開したので こちらも10年・・・






これまでを振り返ると、店を継続できたのは まず、ごひいきにしてくださるお客様のおかげ・・・!








そして、それを支えてくれたpemの奥さんをはじめ、五福スタッフたちの甚大な協力のおかげ・・・!!









そして もうひとつ・・・







よく、「商いは飽きないでやれ!」 といろんな方に言われます・・・





たしかに長年店をやっていると、いろんな事情で仕事が辛くなったり、嫌気がさしたり、マンネリ化したりで継続は自分との闘いだな・・・と痛感することがしばしばあります・・・・











そんなときにpemを救ってくれたのが趣味の釣り・・・








趣味の釣りがあったおかげで、気持ちのリフレッシュを図れたり、ハンドメイドに没頭することで、仕事の辛さや重圧から一時でも忘れられたり・・・






また再度仕事に打ち込める意欲を養ってくれました・・・








そして、店舗や釣りを通じて知り合った釣り仲間の存在・・・





これがとても大きいです・・・!





これまでにいろんな方が店に来てくれました・・・!







趣味を通じて ホントたくさんの方々とお知り合いになれました・・・!!






そんなご縁で一緒に釣りに行ったり、飲みに行ったり、泊りに行ったり・・・

(吐いたり・・・笑)








中でも 釣り友さんの一人は このまえ「五福」で結婚式を挙げてくれました・・・!


(pemは司会を務めさせていただきましたよ・・・)





あとにも先にも 五福で披露宴はもうないかな・・・ホント感謝感謝です・・・!



(お二人ともお幸せに!)
 




釣りの様々なイベントも みんなでいろいろ考えて企画して形にしていく・・・





pemの本業も、自分の責任のもとに 自分で考え、自分で実行して形にしていく作業・・・





その作業にエネルギーを与えてくれた趣味の釣り・・・






pemはこの趣味がなかったら、こうして元気でいられなかったかもしれません・・・





仕事だけでもダメ・・・遊びだけでもダメ・・・






pemがpemを保っていられるこの微妙なバランスでpemの精神が成り立っているのだと思います・・・





人の精神なんてほんとはモロいもんです・・・







そんなモロいpemですが、これからも精進してまりますので、どうぞ店舗共々末永くご愛顧いただけたら幸いです・・・。





今後ともお付き合いのほど、よろしくお願いいたします・・・!











aizufukusuke at 09:42コメント(4)雑記 | ご挨拶 

2017年06月30日

EZをもっとEASYに・・・1

こんにちは!


樹脂粘土によるクランク pem-cra EZ・・・




クランク作りがとても簡単にできるので、現在ハンドメ教室の教材に使用しているものですが・・・




もっともっと皆さんに手軽に作ってもらうために、作る上での各工程をいつも頭の中で繰り返しています・・・。





そしてある工程で止まりました・・・





それはリップ付けのところ・・・








現在pemのクランクは リップアイといって、リップに穴をあけてそこに針金を通すやり方でアイを作っています・・・。






つまりリップの部分にアイがあるということ・・・




IMG_1991













(これがリップアイ!)






リップアイにする理由はいくつかあるのですが、これを作るとなるとリップに穴を正確に中心に打ったり、ボディーとリップを組み合わせるときに手間というか それなりのコツが必要だったりと、これからハンドメイドを始めよう!という方には少々難易度が高いのを忘れていました・・・(汗)









というわけで、市販品でも再び極光を浴びている ワウやバービー、トレモのように より簡単なボディアイの作り方に変更いたします・・・!



(今後リップアイに対して便宜上 ボディーアイと呼びます・・・)




そのボディーアイバージョンのEZを実際にpemが作ってみようと思います!




次回はその作業の様子をお見せいたします・・・!













aizufukusuke at 13:23コメント(0)pem-cra EZ  

2017年06月28日

サーモン嫌いの謎・・・


こんにちは!


今回の記事は、我が五福でけっこう頻繁にある事例で・・・これは海なし県である栃木だからそうなるのか、そこら辺がよくわからないので記事にして皆さんにご意見をいただこうと思いました・・・。









うちのお店は とんかつ屋ですがお刺身も充実しています・・・




理由は、うちが代々魚屋だったということで、今でも市場に顔が利くのです・・・




なので、お昼のランチメニューでは、トンカツとお刺身のセットメニュー等もあり、大変好評です・・・




お刺身の盛り込みでは、マグロやタイ、ホタテ、たこ、サーモンや甘えびなどが付きます・・・が・・・




このお刺身の盛り込みで 「サーモン」だけがかなりの確率で食べられずに戻ってきます・・・




しかもサーモンを食べない方の年齢はほとんどご高齢の方ばかり・・・



(そのくせ塩鮭は大好きなんだよね・・・笑)




なぜ刺身を食べないのか過去に何度かお伺いしたことがあるのですが、川魚は寄生虫がいるから・・・とか、サーモンの生臭いのもダメ・・・という回答が・・・





ん? 川魚!?寄生虫!? 生臭い!?





それなら生もの自体が苦手なのか? というと決してそうではなく、マグロやタイを美味しい!美味しい!といって喜んで召し上がります・・・





ちなみに当店のサーモンは、ヤシオマス、日光サーモンをはじめ、海外産でもかなり新鮮なものを取り扱っているので、新鮮で臭みなどまったくありません・・・





しかも脂も乗っているので、下手なトロよりも美味しいのでは?とpemは思っているのですが・・・





それを残されるとpemはとても残念な気持ちになります・・・







それと反対に 若い年齢層や小さいお子様はサーモンが大好きです・・・!




理由はたぶん昨今の回転寿司ブームのおかげで、小さい時から美味しいサーモンを口にしているからでしょうか・・・





いったいサーモンを敬遠する年代の方々に 当時サーモンに対する何があったのか・・・





ちなみに、おじいちゃん・おばあちゃんたちは、芋やカボチャが嫌いな人多いよね・・・戦時中・戦後にたくさん食わされたから・・・





それと似たようなことかな・・・?











ここで余談ですが、「ハマチ」 という魚・・・皆さんも名前はご存知だと思います・・・!






ちなみに このハマチって魚、いったい何者だかわかりますか・・・?






回転寿司でも人気の魚ですね・・・










じつはこのハマチ・・・ブリの稚魚を養殖したものをハマチと呼びます・・・





ですから自然界にハマチという魚は存在しません・・・





比較的安価な養殖ハマチは当時、飲食店やお寿司屋さん、居酒屋さんなどで老若男女を問わず人気の魚でした・・・




しかし、子供の頃からpemはハマチが苦手でした・・・理由はハマチのエサ・・・




質の悪い飼料で育てたため、ギトギトした脂身と独特の臭みがpemの口には合いませんでした・・・


(今ではかなり改良され とても美味しい魚になったのでpemもたまに食べます・・・)





それから比べると現在のサーモンは当時のハマチとは比較にならないほど美味なのですが なぜかみなさん箸が進まないようです・・・





冒頭でも述べたように、これは我が栃木県だけで起きてる現象なのかどうなのか・・・





みなさんの地域ではいかがでしょうか・・・?























aizufukusuke at 19:03コメント(10)トラックバック(0)雑記  

2017年06月27日

意識低下中・・・



こんにちは!





どうも毎年この時期はアカンな〜




1年でpemが一番嫌いな季節・・・




体のバイオリズムかなんか知らんが、どうも気力体力共に上がってくれない・・・(汗)




しかも今年は、いつもより輪をかけて追いつかないかんじ・・・


(老化だなっす・・・)




血圧は高いし、頭は痛いし、膝は痛いし、首肩はコリッコリだし・・・











去年の今ごろはダイエットをして 山に登ったり筋トレしたりして体をかなり絞ったんだけど・・・



















BlogPaint

















(pem脳内での去年のイメージ・・笑)









その後の不摂生で見事リバウンド・・・


(食って・飲んで・寝て・・・)








5キロも太っちった・・・(笑)







デブ
















今は醜い ぽっちゃりオジサンに逆戻り・・・




まぁとりあえず仕事は無難にこなしてるし、ハンドメも気晴らしに続けてはいるんだけど・・・


(新型も完成したよ!)







早くこの無気力地獄から抜け出さねば・・・






早くキンキンに冷えたビールの美味い季節になれ!!







aizufukusuke at 13:53コメント(4)トラックバック(0)雑記  

2017年06月22日

ごふくらテスター・・・

こんにちは!


前回の記事のように度々ご紹介してますが、五福では過去これまでに いろんなエリア関係者さんがお見えになりました・・・





管釣りオーナーさんだったり、釣具屋さんだったり、メーカーさんやテスターさん・・・






まずエリア関係者だと・・・




レイクウッドリゾートさん、大芦川F&Cさん、那須フィッシングカレッジさん、発光路の森フィッシングエリアさん、宮城アングラーズヴィレッジさん・・・







メーカー関係者(テスター・モニター含む)だと・・・



フォレストさん、ロデオクラフトさん、ヴァルケインさん、ロブルアーさん、オフィスユーカリさん、アングラーズシステムさん、ノマディックコードさん、スタジオ峰岸さん、サウリブさん、サンヨーラインさん、(ゴッドハンズさん)・・・





プチ釣り博ができるな・・・(笑)




今思うと結構来てる・・・(汗)




このようなエリアや各メーカーさんは 商品開発や品質及びサービス向上のために、それぞれ腕利きの常駐スタッフやテスターさんやモニターさんを数多く従えています・・・






最近pemの感覚がマヒしてるけど、やっぱすげぇ〜な・・・







こんな総勢を前におこがましくも pemも現在 新型のクランク作りに取り組んでいます・・・









ちなみに pemが作る「ごふくら」のテスターはというと・・・







こんな方が・・・

















































こんなかんじ・・・(笑)





まぁ、オイラはオイラなりに楽しくやってま〜す・・・(笑)






aizufukusuke at 10:52コメント(6)トラックバック(0)ハンドメイドルアー  

2017年06月21日

ご来店・・・!

こんにちは!


いよいよ梅雨らしい天気になってきました・・・


気温も寒くなったり暑くなったりしますので、体調管理にお気を付けください・・・!









さて、そんな折・・・五福にこんな方々が遊びに来てくれました・・・!



IMG_2029
















ロデオクラフト モニターの高松さん 

アングラーズシステム テスターの横田さん

サウリブ テスターの飯島さん




それぞれ、各大会の年間チャンピオンだったり 表彰台常連者だったりする面々です・・・



アングラーズシステムの横田さんは 最近ご自身が開発されたロッドを3本リリースされたそうです・・・!



自分のロッドが出せるなんてすごいことですよね・・・





それだけ絶大な実績と信頼があるということでしょう・・・!




ちなみにpemは、高松さんとは長い付き合いで、出会った当時のことやpemがルアーを作り始めたころの話などで盛り上がりました・・・!






当時エリアでのルアー釣りは彼に教わったpemの師匠でもあります・・・!



(史佳君! あまりみんなの前でpemの当時の恥ずかしい話をしないように・・・笑)





平日の閉店間際だったのでゆっくりお話ができました・・・




pemにしてみればまったく次元の違うステージで活躍されている方々ですが、いろんなご縁でこのような場を得られることはとても光栄なことだな・・・と思います・・・!





これからもそれぞれのご活躍を楽しみにしております!




ご来店ありがとうございました・・・!!










aizufukusuke at 09:40コメント(0)トラックバック(0)出会い  

2017年06月20日

出来ちゃった・・・から 作った! へ・・・

こんにちは!


月曜の休日・・・奥さんはお友達とお出かけ・・・




家にはpemと猫だけ・・・!珍しくまったく予定がない状態だったので、pemは久しぶりにクランク作りをしました・・・!





BlogPaint













お天気も良かったし気温もエアコンなしで快適に作業できる環境・・・


(作業部屋にはエアコンがないので真夏は部屋が灼熱地獄になります・・・笑)





現在、新型のクランク作りに取り組んでいるのですが、クランクの形状や機能がほぼ出尽くしてるこの昨今で何をもってpemは新型と言っているのか・・・





たしかに 自分なりに工夫して作ったつもりでも、既存のどれかに類似してしまうのは仕方のないことでしょう・・・



でもそこをかいくぐっていろいろ開発するのもハンドメイドの楽しみのひとつ・・・




では、何が新型なのか・・・







pemもこれまでにいろんなタイプのクランクを作ってきました・・・それは時にオリジナルだったり 時に勉強を兼ねた他作品の模倣だったり・・・





つまりそれらの機能の良い所だけを盛り込んでいけば きっと良いものができるのではないか・・・





という発想・・・






ここでちょっと話が反れるんだけど、pemの使っている樹脂のうち 試作に向いてる素材がエポキシクランク・・・





これは、浮力材の量とエポキシの量で比重調整するわけだけど、それらを精密計りで重さを出すので ほとんど比重の狂いがない・・・




しかも成形が楽なので、頭の中に浮かんだ新しい形状も思いのまま・・・





pemは今まで作って来たクランクのバランスをこれまでずっと記録してきているので、試作に応用するのがとてもスムーズにできる・・・





だから新型を作るときも さほどバランスを気にすることなく形状や泳ぎの質からスタートさせることができるわけです・・・




つまり 思いつきで作ってみたけど、うまく浮かばなかったとか、ちゃんと泳がなかったという初歩的なミスがかなり軽減されてるということ・・・




ちなみにこのシステム・・・昔某大手メーカーさんに説明したら、試作を作るのにとても画期的だということで採用されているみたいです・・・








そこを踏まえて話を戻すと・・・




今回は、今まで釣り場で経験してきた状況を考えて、比較的魚が反応しやすい機能を加えてみようという試み・・・




形は、市販のクランクではまだないだろうという形状にしてみました・・・





ちなみにロングニョロ系は たしかに良く釣れるんだけど、現在ほとんどのビルダーさんが作っているので もう今更作るのはいいかなと・・・(汗)







かといって小型のクランクは泳ぎの質を間違えると、仮にちゃんと泳いでも魚がほとんど反応しないものになりやすいのです・・・


(理由は長くなるので省きます・・・)





というわけで、まだ試作の段階なのですが、今回pemが作ろうとしている機能は、重心・イレギュラー・ロール系という3ワードを意図的に盛り込みます・・・。


(ホントはあと一つあるんだけど これはちょっと内緒・・・)





これで結果pemが思ったように出来上がるといいんだけどね・・・




これと同じように釣りでは、 釣れちゃった・・・ではなく 釣った!ということをアングラーのみなさんが日々目指すように、ハンドメイドも出来ちゃったではなく、意図して作った・・・となるように技術力を向上させていこうと思います・・・!












aizufukusuke at 15:07コメント(2)トラックバック(0)ハンドメイドルアー  
livedoor プロフィール
訪問者数

    Recent Comments
    ブログ村
    livedoor 天気
    記事検索