全線復旧をめざして!JR只見線復興応援プロジェクト supported by 会津商工信用組合

カテゴリ:


【全線復旧をめざして!JR只見線復興応援プロジェクト】
 株式会社エヌ・エス・シー supported by 会津商工信用組合

スタッフ写真



2011年夏、新潟・福島豪雨の影響で鉄道橋が流失し会津川口〜只見が不通となってしまった只見線。

IMG_1719


昨年夏、只見線復旧に向けJRと福島県が正式に合意したことを受け、沿線各市町村でも復旧にむけた取り組みが活性化していく中、株式会社エヌ・エス・シー様は、復旧が1日でも早く達成できるよう応援できる環境をつくることが必要と考え、購入型クラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。

main


プロジェクトの中心人物である諏江正義さんは、JR只見線が走る福島県奥会津の出身。

IMG_1701


生まれ育った実家の裏には只見線が走り、高校卒業までの18年間ほぼ毎日、只見線を見て育ったそうです。

IMG_1702


奥会津地域の人々のライフラインとなっていた只見線の1日でも早い復興をなんとか応援出来ないかという思いと、永年親しんで来た只見線に恩返しをしたく、このプロジェクトを企画。

IMG_1710


鉄道ファンのみならず、全国の皆様に只見線の良さ、そして【ふくしま】の良さを伝えたいとの想いが詰まったプロジェクトです。

IMG_1712


プロジェクトオーナーの株式会社エヌ・エス・シー様は、携帯販売代理店として携帯電話大手3社のショップを運営。

プロジェクトオーナー2


リターン商品には、郷土写真家星 賢孝氏の四季折々の只見線を撮影した写真をご提供いただき、このプロジェクトだけのためにオリジナルのスマホ手帳カバーとモバイルバッテリーをラインナップしました。

kenkouhoshi
郷土写真家星 賢孝氏
ポストカード_1

カバー1


BT1

フルコンプリート1

このプロジェクトの支援金の5%は、只見線復旧復興基金へ寄付されます。

詳しくは、『MOTTAINAIもっと』のページをご覧ください。

ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


【全線復旧をめざして!JR只見線復興応援プロジェクト
  supported by 会津商工信用組合】
  https://mottainai-motto.jp/project/detail/362

【株式会社エヌ・エス・シー】
  http://nsc-aizu.com         
  https://www.facebook.com/nsc.aizu

【あいづしんくみ】
  http://www.aizushinkumi.co.jp/

着物レンタルを通して会津の魅力を全国へ!〜会津の伝統工芸“会津木綿”の着物を仕立てたい〜

カテゴリ:

main


着物レンタルを通して会津の魅力を全国へ!



 〜会津の伝統工芸“会津木綿”の着物を仕立てたい〜

supported by 会津商工信用組合

sozaihiroba_cf_main_01
sozaihiroba_cf_banner_01

特定非営利活動法人素材広場様では、着物レンタル事業を開始します。

すでに予約受付を開始し、レンタルは41日からのご利用となります。

sozaihiroba_cf_main_02 
sozaihiroba_cf_banner_02

城下町会津の街並みを多くの観光客が着物姿でまち歩きする様子を思い浮かべると、
なんだかワクワクしますね!

sozaihiroba_cf_main_03
 sozaihiroba_cf_banner_03

この着物レンタル事業には、

“女性も男性も着物でまち歩きを楽しんでいただきたい”

という想いが込められています。

 sozaihiroba_cf_main_04
sozaihiroba_cf_banner_04

しかし現在、用意している着物は女性用のみ。

 今後、男性用の着物を伝統工芸品・会津木綿で仕立てる計画です。

sozaihiroba_cf_main_05

そこで今回、クラウドファンディング「MOTTAINAIもっと」を通して、
着物を仕立てるための資金を広く全国から募ることとなりました。

sozaihiroba_cf_main_06

このプロジェクトを機に、素材広場様の取組みに共感されましたら、
是非ご支援をいただきたいと思います。

また、シェア・拡散いただけましたら幸いでございます。

 皆様どうぞよろしくお願いいたします!

 


ご支援はこちら…

MOTTAINAIもっと】

 着物レンタルを通して会津の魅力を全国へ!
〜会津の伝統工芸“会津木綿”の着物を仕立てたい〜
supported by 会津商工信用組合

https://mottainai-motto.jp/project/detail/342

 
sozaihiroba_cf_banner_05

【特定非営利活動法人素材広場】

homepage 

https://www.tabi.sozaihiroba.net/

 Facebook 

https://www.facebook.com/sozaihiroba/


 

【あいづしんくみ】

http://www.aizushinkumi.co.jp/城下町会津の街並みを多くの観光客が着物姿でまち歩きする様子を思い浮かべると、なんだかワクワクしますね!

この着物レンタル事業には、
“女性も男性も着物でまち歩きを楽しんでいただきたい”
という想いが込められています。

しかし現在、用意している着物は女性用のみ。
今後、男性用の着物を伝統工芸品・会津木綿で仕立てる計画です。

そこで今回、クラウドファンディング「MOTTAINAIもっと」を通して、着物を仕立てるための資金を広く全国から募ることとなりました。
このプロジェクトを機に、素材広場様の取組みに共感されましたら、是非ご支援をいただきたいと思います。
また、シェア・拡散いただけましたら幸いでございます。
皆様どうぞよろしくお願いいたします!

ご支援はこちら…
MOTTAINAIもっと】
着物レンタルを通して会津の魅力を全国へ!〜会津の伝統工芸“会津木綿”の着物を仕立てたい〜 supportedby 会津商工信用組合
https://mottainai-motto.jp/project/detail/342

【特定非営利活動法人素材広場】
homepage
 
https://www.tabi.sozaihiroba.net/
Facebook
 
https://www.facebook.com/sozaihiroba/

【あいづしんくみ】
http://www.aizushinkumi.co.jp/

 

あいづしんくみレディース城の会連合会発会30周年記念講演会

カテゴリ:

【伊藤聡子氏講演会開催!!】

講演1


24日、あいづしんくみレディース城の会発会30周年を記念して、フリーキャスター伊藤聡子様を講師にお招きし、記念講演会を開催いたしました。

講演2


伊藤聡子様といえば、ひるおび水曜日のレギュラーですので、皆様ご存知かと思います。

今回は、演題「地域から変える!これからの企業のあり方」で、全国各地で活躍する事業者の方々の事例をあげてご講演いただきました。

会長挨拶名入れ


理事長挨拶名入れ


拝聴された皆様は、ご自身の事業などで会津から全国へ拡げることのできる何らかのヒントを発見されたと思います。

講演3


また、ご講演前の限られた時間ではございましたが、七日町通りも散策いただき、現在クラウドファンディングを展開している有限会社桐屋紙器工業所様とクラガーデンコーヒー様にもお立ち寄りいただきました。

桐屋訪問2


桐屋訪問1


クラガーデンコーヒー1


クラガーデンコーヒー2



 当日の様子は伊藤聡子様のオフィシャルBlogでもご覧いただけます。

【伊藤聡子様オフィシャルBlog Be active! Be graceful!】
https://ameblo.jp/ito-satoko/

【あいづしんくみホームページ】
http://www.aizushinkumi.co.jp/

七日町通り「明治蔵」が蘇る。歴史的建造物をおしゃれな空間へ。

カテゴリ:

【福島発クラウドファンディングサービス KickOFF フレフレふくしま応援団】
 七日町通り「明治蔵」が蘇る。歴史的建造物をおしゃれな空間へ。 supported by 会津商工信用組合

kulagarden_2017_1020_2



路地裏的な回遊性を持った拠点施設「七日町パティオ」は、七日町を訪れる多くの方々のニーズに応えるとともに、七日町商店街への波及効果は大きなもので、来街者が少ない冬季対策としても期待されます。
今後、レトロな蔵群に感性豊かな若々しいセンスを取り込んだ魅力あるテナントが揃えば、七日町商店街に刺激を与え、通り全体のレベルアップにもつながると期待されています。

外観1


外観2



店内1



店内2




このたび、「七日町パティオ」入居第一号の「クラガーデンコーヒー」様は、 購入型クラウドファンディングを活用し、歴史的建造物の中で看板商品のアイスブリュードコーヒー(KULAスペシャル)などを楽しんでいただき七日町がよりいっそう活性化させるプロジェクトを開始しました。

洪さん


スペシャル

クラガーデンコーヒーのオーナーはニヘイ農場のオーナーでもあります。
2015年11月、愛知県の豊明花きで開催された「鉢物品評会2015鉢花・蘭の部」にて、シクラメン「ひらりもも」が福島県知事賞受賞という大変名誉な評価をいただいたそうです。

40年の生産技術と経験を活かし、現代農業技術を取り入れたより良いシクラメン、カーネーションを毎年作れるよう一鉢一鉢、熱意と丹精を込めて生産されておられます。

シクラメン3000


クレマチス3000



カーネーション





今回のプロジェクトでは、「クラガーデンコーヒーご利用券」のほか、この会津で育った「シクラメン」「クレマチス」「カーネーション」をご支援いただいた皆様にお届けします。

皆様、温かいご支援よろしくお願い申し上げます。

【福島発クラウドファンディングサービス KickOFF フレフレふくしま応援団】
 七日町通り「明治蔵」が蘇る。歴史的建造物をおしゃれな空間へ。 supported by 会津商工信用組合
http://www.kickoffjapan.com/fukush…/project/s/project_id/114

【株式会社ニヘイ ニヘイ農場】
http://niheiflowers.fukushima.jp/index.html

【七日町通りまちなみ協議会】
http://nanuka-machi.jp/

【あいづしんくみ】
http://www.aizushinkumi.co.jp/

桐屋九代目当主が蘇らせた伝統工芸〜未来へ繋げる会津木綿〜

カテゴリ:


【福島発クラウドファンディングサービス KickOFF フレフレふくしま応援団】
 桐屋九代目当主が蘇らせた伝統工芸〜未来へ繋げる会津木綿〜supported by 会津商工信用組合

kiriyashiki_20171020_1




会津漆器や和菓子を入れる箱を作る会津で一番古い老舗、「有限会社桐屋紙器工業所」様では、会津木綿を使った箱屋ならではの商品を製造販売しています。

2F4A1478



その昔、会津藩の物資を運んでいた籠屋で、会津藩より「桐屋」という屋号を頂戴したそうで、紆余曲折を経て、箱屋としてスタートしてから100年以上の歴史があります。

このたび、会津木綿を使ったオリジナル商品をリターン商品とした購入型クラウドファンディングプロジェクトが開始されました。

2F4A3228




リターン商品のティッシュボックスは、板紙に会津木綿を貼りつける独特の方法で作り上げたティッシュボックスは壊れにくく、また、お母様が手作りで幾日もかけて作り上げるアジロ編みバックは、何年でも愛用できるオリジナル商品です。

桐屋九代目当主が手がける歴史ある本物の伝統工芸を、是非手にとって感じてください。

皆様、暖かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

2F4A3131
2F4A3143
2F4A3170
2F4A3200
2F4A1628
2F4A1600

【福島発クラウドファンディングサービス KickOFF フレフレふくしま応援団】
 桐屋九代目当主が蘇らせた伝統工芸〜未来へ繋げる会津木綿〜supported by 会津商工信用組合
http://www.kickoffjapan.com/fukush…/project/s/project_id/113

【有限会社桐屋紙器工業所】
http://kiriyashiki.com/

【あいづしんくみ】
http://www.aizushinkumi.co.jp/

このページのトップヘ

見出し画像
×