May 2004

May 31, 2004

るるぶ南大阪

実は、こっそり「るるぶ南大阪」版に、
AJARAが載っておりますですよ。

地域版やと思っていたら、全国発売。
当然、amazonでも売っていました。
買ってやろうかなと思う方は、↓をクリック!


るるぶ南大阪堺泉州河内南

ajara at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) AJARAの楽屋裏 

古澤さんがやってきた! その5

166b0161.gif[写真5 社長と焼酎乙の会メンバー記念撮影!]
左から、やきとりかたな・松本氏
    古澤社長
    AJARA・西尾(私)
    ぼんぼんや・杉田氏
写真には残念ながら写っていませんが、
「街のあかり」の中井氏もメンバー。

ajara at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼酎はどうだ。 

古澤さんがやってきた! その4

6da66cdc.gif[写真4 試飲に出品された焼酎ラインナップ]

ajara at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼酎はどうだ。 

古澤さんがやってきた! その3

764abc7c.gif[写真3 熱心に聞き入るご来場の皆様]

ajara at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼酎はどうだ。 

古澤さんがやってきた! その2

bafc8c45.gif[写真2 酒店きおか・木岡圭介氏のご挨拶]

ajara at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼酎はどうだ。 

古澤さんがやって来た! その1

d1222825.gif
[写真1 レクチャー中の古澤醸造 古澤社長]

5月30日、晴れ。
蒸し暑い大阪・堺の地に、
名門蔵「古澤醸造(合)」の古澤教雅社長が
深井焼酎乙の会主催「第一回焼酎呑人会」のために、
遠く宮崎県・日南市よりお越し頂いた。

この会は、深井から焼酎文化を広げようという趣旨のもと、
飲食店・酒販店・お蔵元・御客様が一同に会し、
触れあう場所を提供する会。

今回、その記念すべき第一回となった。
会場は、加盟店のひとつ「BAR 街のあかり」。
2月にオープンしたばかりの気鋭のBAR。

日曜日のお昼というお休みの中、約30名の方が御来場。
古澤社長からお借りした製造行程を記した
社長自作のビデオを鑑賞し、
その後、焼酎の造りや種類などレクチャーを頂いた。
また、質疑応答でも古澤社長の独自のお考えや、
楽しく分かりやすい解答に御客様も納得。

そして、御提供いただいた4種の焼酎を試飲。
芋焼酎「手づくり八重桜」「一壺春」「摩無志」
麦焼酎「古澤」のラインナップ。
それぞれを比べて個性を楽しみながら飲んだり、
おのおの好みの銘柄を探すように飲んでいらっしゃった。

抽選会や即売会も行われ、ますます盛会に。
フィナーレでは、加盟4店の店主の挨拶と、
今回、お蔵元と我々を結び付けて下さった、
「酒店きおか」の木岡圭介氏にご挨拶をいただいた。
「焼酎は日常のお酒。肩肘を張らずに楽しんで頂ける
 よいお酒を皆様の目で選んで飲んで頂けたら。」
とおっしゃった木岡氏。
焼酎に対する並々ならぬ愛情を感じた。

古澤醸造様は、芋・麦・米・蕎麦と多種の焼酎を造られるが
そのどれを取っても手づくりである。
「日南という地は、縦に長い宮崎の南にある。
 その温暖な気候で育まれる焼酎は、
 そのどれもが力強い。
 原料が違っても、その個性は似ている。」
とおっしゃった古澤社長。
明治より続く、伝統の蔵の心意気を皆が感じ取れただろう。

最後に、この会を通じて我々が得たものは量り知れない。
焼酎を造るという「風土」を肌で感じ、
飲む気持ちが、やがて「愛着」へと変わる。
そして、造り手と飲み手が一本に結ばれた瞬間。
この感動を胸に、次回へと繋げていこう。

この会を開会するにあたり、
何から何まで、お力をお貸しいただいた、
「酒店きおか」の木岡圭介様・奥様、
「古澤醸造合名会社」の古澤教雅様、
そして、早朝より準備に取りかかってくれた、
「深井焼酎乙の会」加盟店のスタッフの皆さん、
最後までおつき合いいただいた御客様。

本当にありがとうございます。
皆様のお力に感謝し、これからもこつこつと
この会を続けて参ります!

PS.この会終了後の打ち上げは3次会まで続きました。
あまりに旨い酒。本当にメンバー一同、
忘れられない夜になりました。




ajara at 16:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 焼酎はどうだ。 

May 29, 2004

焼酎は何処へ

僕の店では、焼酎は主力商品。
ブームも手伝って、更に売れ行きが加速している。
老若男女問わず。食昼食後問わず。
そんな気軽さと、ヘルシーさ。
加えて、昨今の蔵元の努力により技術革新が、
焼酎に飛躍的な人気を与えた。

御存じの通り、芋焼酎人気は超過熱。
今は、黒糖焼酎や黒麹やはだか麦等の香ばしい麦焼酎にも、
人気が飛び火し、新製品も続々登場している。
本当に、焼酎好きには喜ばしい時代だと思う。

が、しかし......
焼酎の蔵元は元々家内制手工業で、
生産量が追い付かず、軒並み出荷調整が続いている。
僕らも、仕入れには非常に頭を悩ませているが... 。

つい先日、プレミアの代表、森伊蔵の偽造に端を発する
一部酒販店やブローカーの横行ぶりは目に余る。

・プレミア価格での店頭販売。2倍、3倍当たり前の酒販店。
・抱合せ販売。買いたくない焼酎まで買わせる酒販店。
・これらをまるで蔵元の指導のように唱う酒販店。
・個人と見せ掛けてオークションに出ている酒販店。
・とどめは、蔵と直接取引している飲食店から、
 逆に仕入れている酒販店。

あーぁ。書いていて本当に辛くなる現実。
僕は、別に酒屋さんを敵対視しているわけではない。
中に、きちんと適正に販売する事を心掛け、
さらに焼酎愛に溢れ、日々良い酒の提供をしてくれる
真のプロと呼べる酒屋さんが僕の周りにもたくさんある。
彼らと話すと、本当に真摯な心に触れ、
こちらまで、身が引き締まる位たなのだから。

その他方面では、なんの勉強もせずに、
ブームだけを追い掛け、御客様の不利益を承知で、
利鞘を蝕む一部の人間たち。
今日、とあるディスカウント店でその酒棚に並ぶ、
「●●は、プレミア価格となっております。
 ご了承頂ける方のみお買い求め下さい。」
という但書きを見て、あえてもう一度言う。

自由だ。どう売ってもらっても現状罰もない。
しかし、その背中に「背徳」を感じているのなら、
そんな商売は長くは続くまい。
また、次なる利鞘を求めても、
消費者はすでに高値焼酎から目を離しだしている。
それは、現場にいて実感するところだ。

消費者のみなさんも、わざわざそんな酒を、
酒販店でかったり、暴利な飲食店で呑むのなら、
声を高らかに言う。
「無駄」を買うくらいなら、「心」を買ってもらいたい。
真の価格で、真の旨さを堪能できる。
それは、誰にでもできる最高の贅沢だから。

ajara at 01:25|PermalinkComments(3)TrackBack(1) モノ申させて頂きます! 

May 27, 2004

唄うワタシ

長らく唄を唄っていない。
もう、唄いはじめて25年近くなるのだが、
1年強。人前で唄わなかった記録としては最長。

6月。かなり久々に唄を唄う。
馴染みのメンツと3曲くらいの小ライブだが、
今から、心踊る気分。

昔ほど、「俺の唄を聴け!」的な思いも無くなり、
かなりフラットな気持ちで唄えるようになったが、
それでもこのブランクからの復活。
いやがおうにも力が入ってしまうだろう。

オールドジャズの佳曲、
「月光価千金」「on the sunnyside street」
それに、昭和歌謡史に残る名曲、
「胸の振り子」

こんな選曲も肩の力を抜けと言われているようだが。
いくつになっても唄える場所があることに感謝。
楽しみまくって、ステージを下りよう。

ajara at 16:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 唄屋・ニシオの音ネタ 

May 26, 2004

やめよっかな。

長くお店を経営されている方なら皆そうだと思いますが、
僕も、正直もうBARをやめようかなと思った事があります。

僕は、10年間で2回。
一度目は、たわいもない事でしたんで割愛。
二度目が、結構長く尾を引いたので、その事を書きます。

丁度、4年位前の事ですが、
その頃は、僕の店の回りにも新業態の飲食店や、
BARがいろいろと濫立しだしました。
元来、心配性だった僕は、競合店と聞くともうピリピリ。
そちらの御客様の入り具合を気にしたり、
どんな事をやっているのか探ってみたり....。
もちろんスタッフにも、結構やかましく言っていました。

そんなある日、僕の店を卒業したスタッフが、
店を出すと言って来ました。
それも、僕の店のすぐ近くで。
正直、滅茶苦茶祝ってあげたい気持ちと、
「焦り」にも似た気持ちが交錯し、複雑でしたね。

まぁ、気の小さい経営者だなぁと思いつつ、
オープンまで、彼に対して少々のヘルプしながら、
様子を伺っていたんです。(ホント、せこい。笑。)

で、実際お店が出来上がったので見て欲しいと言われ、
そこに足を踏み入れた時の気持ち。

「やばい。完璧に店の作りで負けている...。」

そこから、僕の焦り方は尋常ではなかったですね。
言わば「弟子」に抜かれたと思っているわけですよ(笑)
そんな気持ちで営業を続ける毎日ですが、
うちの御客様も、祝儀でそちらに出掛けますよね。
その度に、「嫉妬」なんかしちゃうんですもん。
自分で自分を疑いましたね。

で、「やめよう」と本気で思ったのは、
ある日、仕事が休みで、その店に顔を出した時。
しばらく、ウチに顔を出してくれていなかった常連達が、
もう、目を疑うかのごとくウヨウヨ。
頭をこう「ガツーン」と斧でたたき割られた感じでした。

引きつり笑いが止まらずに、小1時間も居られなかった。
帰り際、ひとりの御客様に、
「どうしたん? 元気ないやん。また、行くわ。」
と言われた時、身体が震えたのを今でも覚えています。

そこから帰り道は、もうどう帰ったのかも記憶がない。
以来、何日も何日も苦しみ続けましたね。

でも、そこからなんとか立ち直れたのは、
ある御客様の一言。

「マスター、幸せやねぇ。
 毎日こんな良いお客さんに囲まれて。
 きっちりやってたら、こうなるんやねぇ。」

救われた気がしました。
信じてくれている人がいると実感しましたし、
その人たちの為に、やらないとと思い、
その後、今のような感覚になれるまで、
そりゃ、死にもの狂いで勉強し、「心持ち」を変えました。

今となって、その時の事を思うと、
足りなかったのは、「自信」と「自分を許す気持ち」。
これだったような気がします。

御客様は「これを待ってくれているんだ」という視点で、
店や商品作りをしていなかった事。
また、そんな状態だったので、流行に流されたり。
で、過渡期にある自分をあまりに「無力」に感じてました。

でも、やっぱり自分の心持ちを変えて正解でしたね。
毎日、気付きがあって「小さな楽しさ」を積み上げて、
それを、みなさんに届ける。
みなさんの心に灯を灯す役目なんだと知った時、
他人と比べる事を辞めました。
そして、他人の事をうらやましく思う事もない。

そう、自分で自分に灯を灯す事、続けているんです。

ajara at 18:48|PermalinkComments(6)TrackBack(0) そうだBARをやろう。 

May 25, 2004

ブログ王決定戦

ブログは全国的に、すごい加速度で広まっていますねぇ。
HPに比べ、手軽な事が人気らしいです。

ランキングを見ていても、毎日新しい面白いブログが。
そんな、盛り上がりの中、
個人で、「ブログ王決定戦」というサイトを立ち上げた
熱心な方がいらっしゃるのでここで紹介します!

以下は、サイトの趣旨をそのまま転記しました。
管理人の熱い思いが伝わりますね。

「当サイトは、ブログランキングサイトですが、他のランキングサイトと違う所は、各ジャンルごとに20ずつ紹介されており、上位15位以内に入らなければ、リンクを継続出来ないシステムにしました。

 通常は、ランキングの下位でもリンクは継続できます。しかし、この方法ですと、やたらと数が増えるだけで、後ろの方へ回ってしまったサイトは注目される事はなく、探す方も大変であるのが現状です。それならば、いっそ読者ユーザーが利用しやすい様なシステムが良いのでは、と考えこのシステムにしました。投票も、アクセス数ではなく、読者が読んでみて良かったものに投票して頂きます。これにより、質のもっとも高いブログが残り、読者が探す時間を短縮でき、尚且つエキサイティングなサイトになると考えました。ライターさん方には、厳しい条件だと思いますが、やりがいのある場だと思って頂ければ幸いです。一度落ちても、何度でもリベンジして頂いて結構です。

 ユーザーがユーザーの為の利用しやすいコンテンツを作っていく。そのお手伝いをさせて頂けたらと思ってます。今後は、コミュニティーだけではなく、ユーザーが必要としているコンテンツを作って行きたいと考えておりますので、ご意見、ご要望等ございましたら、掲示板、又はメールにて、ご一報頂きたいと思います。よろしくお願いします。」

どうです? 面白そうでしょ?
僕も、早速コラムのジャンルで登録しました。
これからどんどん盛り上がってくれるといいですね。
                                              

ajara at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) OH! FRIEND! 
★愛情のコメント★
★繋がっています★
明日放映!! (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
またまたへんしーん。
さぶいですね?? (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
またまたへんしーん。
おきなわ?? (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
大人の定義?
またまたTV出演!! (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
ギター青年
発見 (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
熱き人々。
★BLOGな仲間たち★