December 09, 2005

若いってこと。

ここのところ、「若い人」の事について
ご相談を受けたり、お話を聞いたりする事がありました。
対象は20代の人の事で、
彼等より年が上の方よりのお話なんです。

そして話の中身は大体、
「何を考えているのかわからない」なんですね。

例えば、社会人としてのモラルとか、
人間関係に対する考え方とか、
いろいろな事に対してのモチベーションとか。

経験のある方々から見れば、
「何でそんなに甘く考えてるの?」っていう具合。

僕も若いスタッフを雇い入れていますし、
自分も40代ですから、とってもよく見る光景です。
確かに、「?」な行動がしばしばあります。

そこで僕もいろいろ考えていたんですけど、
発見が2つありました。
僕の個人的見解ですけれど。

ひとつは、

「見た事も聞いた事ない事柄は、わからない。」

やっぱり、時代背景や育った環境も違いますし、
経験則が全然違う訳です。
傍目から見れば、そんな事もわからんの?と
言ったところで、本人にはチンプンカンプン。
自分と世代の違う他人とでは、
体感温度すら違うわけですから。

やっぱり、何度となく伝えていくしかないと思うんです。
初めて体験したら、まずその事実を知る。
それでも、それが彼等の腑に落ちるまで、
何度となく失敗や疑問も起こる。
その度に、同じ事を繰り返し伝えるだけ。
教えてあげるなんて大それた事、考えない事。
すると、こちらは結果を求め出しますから、
ただ、伝えるだけで、あとは本人に考えてもらう。

僕は、そうする事で苛立ちが少し押さえられています。

もうひとつは、

「尖って、当たり前。」

20代の頃を、思い出しました。
成人式なんていう儀式の後くらいの事です。
確かに自分も「尖りすぎて」いました(笑)。
何の実績も根拠もないくせに、何かできそうな無鉄砲感。

僕などは、音楽で本当に食えるなんて思ったクチ。
そりゃ、自分大好き青年でありました。
「自分の努力」のみで生きてると思ってたんです。

でも、後々いろいろな事に気付きましたよね。やはり。
例えば、学校なんて糞食らえと思ったものの、
読み書きができて、お金の計算もできてっていうのは、
お国の制度や大人達が作った血税でもって守られてきたこと。
あんなオヤジになりたくないと揶揄した
大人の人たちに結局おんぶされていたんです。

でも自分は、まだ働きだしたばかり。
まだ何も返せていなかった時代。
無知だからこそできた無謀な尖り。

こんな事も30~40歳と年を重ねて、
自然とというか、必然があって理解をするようになりました。
たくさんの人々の教えと時間が解決したわけですよね。

だから僕はいいんだと思うんです。その尖りも。
彼等もそのうち、経験と時間を、
そして伝える側も同じ年を重ねて行きます。
互いに経験を積み、上手に円みを重ねあえるのがいい。
これも、自分が今こんな年になったから言えることですが。

2つの発見のまとめ。
変えられないんですよね。人を人の力では。
だから、ゆっくり眺めてあげながら、
気付いた事を伝えてあげるだけでいい。
それを、彼等がひとつひとつ、
その時々に抱えられるだけ抱えます。
そこから腑に落ちた事が、またひとつひとつ気付きになり、
自分を成長させていきますから。

それをああしろ、こうしろと言うのは、
転ばぬ先の杖。おせっかいにさえなるかも知れませんね。


ajara at 14:06│Comments(0)TrackBack(0) ヒトのフリ見て 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
★愛情のコメント★
★繋がっています★
明日放映!! (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
またまたへんしーん。
さぶいですね?? (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
またまたへんしーん。
おきなわ?? (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
大人の定義?
またまたTV出演!! (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
ギター青年
発見 (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
熱き人々。
★BLOGな仲間たち★