December 27, 2005

話を聞く。話が効く。

先日、お客様とさせて頂いたお話。

その方は初回の来店時に当店に、
カウンターにひとりでご来店のお客様が多い事を
とても不思議そうに思ったそうです。

とりわけ20代後半から30代の女性。
それと、スーツや仕事帰りの30代後半の男性。
この2通りのお客様が多い事に気付かれたそう。

そして、次の来店時もそのまた次も....
何度か来店してくれているうちに、
その方がひとつの答えを見つけたと言うんです。

「マスターと話に来てるんやね。」

ハハハ。手前味噌ですが、嬉しかった。
そんな風に捉えてくれるのが。

僕は客観的にそれだけの理由ではないと思うんですけれど、
その方は、飲みながらずっと観察し続けて、
もちろん、僕にも触れてくれて、そう感じてくれた。

でも、何故かなぁとまた自問してみました。
昨日も書きましたが、
僕が使う言葉なのかなぁと思ったんです。

今年に入ってからいろいろあって、
できるだけ明るく楽しい言葉を使いたくって、
心掛けてきたつもり。
もしも、暗い気持ちで来られた方がいても、
ただ、理由もなく励ますのでなく、
その事が頭から離れるような、
明るい話題を話したいと思っていたんです。

悩み事。相談事。いろいろお聞きしますが、
やっぱり僕とその方ではすべてのバックボーンが違う。
聞いてみて、僕的な考えは述べますが、
やっぱり、押し付けたりはできませんし、
もちろんその方の人生を変える事はできない。

それであれば、気持ちが明るくなるような
そんな話をと思って話ていたんです。

僕の大好きな斉藤一人さんという方のお話で、
「人は明るいところに集まる。
 自分が灯台になって、
 まわりを照らしてあげる事。
 光を見にくるんですよ。
 それが観光。」
というのがあります。

僕が光ってるなんておこがましいですけれど、
少しは明るくできたらなと思って、
この1年歩んで来たら、
お客様からこんなお話を頂けた。

実践していくと、きちんと結果がでるんですね。
ありがたい事です。ほんとに。

また今宵も
明るい光が訪れてくれた皆さんと我が店に灯りますように。

ajara at 15:36│Comments(2)TrackBack(0) ちょっと深呼吸。 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takora   December 27, 2005 21:12
私の大好きな言葉で
「一隅を照らす」という言葉があります。(通ってた高校の校訓でもあったんですが)最近ちょっとブルーな気分だったけれど、マスターのブログ読んでから、言葉に気をつける第一歩として元気に明るく挨拶をするってことに気をつけてみました。業者さんにも、警備員さんにも、同僚にも。。そうすることでなんだか自分の気持ちもあったかくなりました。

今年を振り返る中でアジャラという店に出逢えてマスターにも出逢えたこと。。嬉しかった出来ことの一つです♪

2. Posted by あじゃら   December 30, 2005 18:46
5 takoraさん。おおきにです。
一隅を照らすですか。
深く染み渡る言葉ですねぇ。

あったかくなりたければ、
まずは自分が発していく。
結果は、思った通りにならなくても、
自分としては気持ちを発しただけで、
すーっと気持ちが晴れるものですから。

今年も1年、出会いとお付き合いに感謝。
また来年もあなたにとって
良き年で゛ありますように。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
★愛情のコメント★
★繋がっています★
明日放映!! (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
またまたへんしーん。
さぶいですね?? (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
またまたへんしーん。
おきなわ?? (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
大人の定義?
またまたTV出演!! (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
ギター青年
発見 (注文建築のアイムホーム。スタッフ日記)
熱き人々。
★BLOGな仲間たち★