グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

第310号(第13巻第10号) 2017年(平成29年)2月12日

グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第310号(第13巻第10号) 2017年(平成29年)2月12日
No. 310 (Vol.13-No.10) Date: 2017/2/12
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
★「第310号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
・グローバル・ファンドの総合監察官事務所、「思い切って言おう!」腐敗監視・防止キャンペーンで成果
・グローバル・ファンドが支援する結核の「症例探索」の重要性
・トランプ政権は米国のエイズ援助をどう変えようとするのか?
●アフリカの地域別記事
・ナイジェリア、230万人の人がHIVの治療を受けないまま過ごしている
・リビア、国連機関が患者へのHIV治療のギャップを埋める
・(タンザニア)HIVの流行を防ぐためにはコミュニケーションが不可欠である
------------------------------------ Vol. 13 No.10---

グローバル・ファンドの総合監察官事務所による腐敗監視・防止キャンペーン

【2017年1月15日】12月9日は、国連の「国際腐敗防止デー」 International Anti-Corruption dayに指定されている。途上国のエイズ・結核・マラリア対策に資金を供給するグローバル・ファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金) The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malariaの総合監察官事務所 Office of the Inspector General(OIG)は、腐敗への意識を高めるため、「思い切って言おう! I speak out now!」キャンペーンを始動した。グローバル・ファンドの資金を悪用する腐敗問題に関して、総合監察官事務所では2015年の終わりまでに、腐敗に関する数百もの報告を受け取っており、2014年と比較して30%も増加している。これらの報告の1/3以上が、浪費した資金を取り戻すための提案や、グローバル・ファンドの影響力を高める活動につながった。
今回のキャンペーンでは、報告の質や即時性を高めることが目的であり、第一段階としては、現地スタッフや上層部が不正や汚職のサインに気づくことができるよう、eラーニングのプラットホーム(www.ispeakoutnow.org)を提供している。また、事務局に加え、予備調査の対象として選ばれたマラウイ共和国、コートジボワール共和国、ウクライナの3ヵ国がキャンペーンの主対象となった。
続きを読む

盛り上がる結核への注目

【2017年1月16日発】触媒的投資を通じてグローバル・ファンドは「触媒的投資」 catalytic funding を通じ、結核の症例探索 case finding に1億2500万ドルを拠出することとなった。

続きを読む

トランプ政権は米国のエイズ援助をどう変えようとするのか?

【2016年12月1日】米国のドナルド・トランプ新政権は、まだ国際協力についてどのように取り組むかの判断を示していないが、HIV/エイズ問題に取り組む市民社会組織は、HIV/エイズに関する米国の財政拠出の削減について警鐘を鳴らしている。米国政府は国際的なHIV対策の最大の支援国であり、13年前、ジョージ・W・ブッシュ政権において発足した、「米国大統領エイズ救済緊急計画」 U.S. President’s Emergency Plan for AIDS Relief(PEPFAR)はHIV/エイズ対策のためにこれまで約600億米ドルを拠出している。続きを読む

ナイジェリア、230万人の人がHIVの治療を受けないまま過ごしている

【2017年1月25日 ラゴス(ナイジェリア)発】西アフリカの人口大国ナイジェリアで抗レトロウイルス薬への耐性を持つ感染が増えていることについて、医療専門家は警鐘を鳴らしてきた。しかし、その前に、国内のHIV感染者で何の治療も受けていない人は少なくとも230万人いる。

続きを読む

リビア、国連機関が患者へのHIV治療のギャップを埋める

【2017年1月3日】内戦が続く北アフリカのリビアにおいて、医療サービスが崩壊し、命を救う医薬品の提供ができなくなっているため、数週間前から、世界保健機関 WHO がリビア内のHIV陽性者に必要とされる抗レトロウイルス薬(ARV)の配布を開始した。

続きを読む

(タンザニア)HIVの流行を防ぐためにはコミュニケーションが不可欠

【2017年1月18日、ザンジバル(タンザニア)発】タンザニア本土の沖合に浮かぶザンジバル島では、親子間でセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス SRHR に関するコミュニケーションが求められている地域の一つである。この地域において、HIVHIVに関するフォーラムが開催され多くの人が集まった。

続きを読む

第309号(第13巻第8号) 2017年(平成29年)1月29日

グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第309号(第13巻第8号) 2017年(平成29年)1月29日
No. 309 (Vol.13-No.8) Date: 2017/1/29
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
★「第309号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
・グローバルファンド、2017年1月から3年間の地域別・国別配分額を発表
・(インドネシア、西パプア州)鉱業労働と軍事化がHIV拡大を招く
・(インド)マニプール州の女性の高い薬物使用率
・グローバルファンド「卒業」の負の影響=ボスニア・ヘルツェゴビナの場合

●アフリカの地域別記事
・(ジンバブエ)「5万のHIV自己テストキットが役立つ」
・(タンザニア)「母子間のHIV感染が20%減少」
・(リベリア)WHOが患者のHIV治療ギャップを埋める
・(ウガンダ)都議会リーダーがHIVへのファンディングを増加


------------------------------------ Vol. 13 No.8---

グローバルファンド、2017年1月から3年間の地域別・国別配分額を発表

【2016年12月15日 ジュネーブ発】途上国のエイズ・結核・マラリア対策に資金を拠出する国際機関、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(略称:グローバルファンド)は、支援を受ける各国に、2017年1月から3年間の間に拠出できる出来る資金額を通知した。続きを読む

(インドネシア、西パプア州)鉱業労働と軍事化がHIV拡大を招く

【2016年11月21日カンベレ(インドネシア)発】
鉱業と軍事化がインドネシアのパプア地域にどのようにHIVの流行をもたらしたのか

マティナ・ワナゴさん Martina Wanagoは、インドネシアのパプア地域(ニューギニア島の西半分)にいるHIV陽性者である。彼女は伝統的な暮らしをしており、他の大勢の人々と同じく自身の不調の原因を知らなかった。神に祈ることしかできなかった彼女だったが、近くの病院で治療を受けることができた。この病院は米国の「フリーポート・マクモラン」」Freeport McMoRanという世界最大の鉱業会社によって作られた病院で、この会社によって原住民にもたらされた数少ない発展のひとつである。
続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF
  • ライブドアブログ