グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

2010年06月

2010年6月21日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデイト
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第147号(第6巻第20号) 2010年(平成22年)6月21日
Vol.6-No.20 (No.147) Date: June 21, 2010
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

UNAIDS、フランス語圏と連携強化

4月1日、国連エイズ合同計画(UNAIDS)は、50カ国にのぼるフランス語圏諸国との協力を強化することを約束した。フランス語圏諸国では、400万人以上がHIV/エイズに感染している。UNAIDSは約2週間前にも、ポルトガル語圏の国々とHIV/エイズに対し協力を強化する取り組みを始めている。続きを読む

東アフリカ共同体:ひとつの地域に、ひとつのHIV法を

ブルンジ、ケニア、ルワンダ、タンザニア、ウガンダの5カ国でつくる「東アフリカ共同体」 the East African Community (EAC) は、HIV治療サービスの最低基準を定める、共通のHIV予防・対処法案 HIV Prevention and Management Bill を審議中である。続きを読む

タンザニア:大統領、アフリカの軍隊内のHIV感染率について警告

タンザニアのジャカヤ・キクウェテ大統領 Jakaya Kikwete は、4月12日から4日間にわたりタンザニア北部のアルーシャで開かれた2010年国際軍事HIV/AIDS会議the 2010 International Military HIV/AIDS Conferenceの場で、軍隊内での高いHIV感染率はアフリカの安全保障上の問題を引き起こし得ると警告した。続きを読む

南アフリカ:大統領、エイズ検査キャンペーンに関する声明を発表

4月8日、南アフリカ共和国のジェイコブ・ズマ大統領 Jacob Zuma は、4月15日から実施予定だった大規模なHIV検査キャンペーンの延期に伴い、声明を発表した。延期の理由は、当日が大統領自身のブラジル・アメリカ出張と重なったためであり、結局、キャンペーン自体は4月22日から開始された。ズマ大統領の声明は以下の通り。

(以下、声明)
続きを読む

ルワンダ:不十分な若者へのHIV/AIDS対策


18歳のデヴィッド・キメニイ David Kimenyi (仮名)は、ガールフレンドにHIV/AIDSをうつしてしまったのではないかと考えている。彼は、自分が感染していることを知りながら、何度もコンドームをつけずにセックスした。「一緒にいて楽しかったし、信じ合っていたから、コンドームをつけずにセックスしたんだ。何回かした後、彼女に俺はエイズなんだと話そうと決心したんだ」。事実を告げたのは、今から6ヶ月前だった。しばらくして、ガールフレンドは彼の元を去った。続きを読む

2010年6月4日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデイト
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第146号(第6巻第19 号) 2010年(平成22年)6月4日
Vol.6-No.19 (No.146) Date: June 04, 2010
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

★アフリカ: 資金援助不足が新たな治療ガイドラインの足かせに


WHOは抗レトロウイルス薬治療(ART)の新たなガイドラインを発表し、ARTを開始すべきHIV感染者のCD4値(免疫力の強さを測る数値)を200から350に引き上げた。ARTを早期に始めるほど死亡率や日和見疾患が減少することが、研究によって分かったのだ。しかし、エイズ対策のための国際的な資金援助が不足している昨今、これが発展途上国での新ガイドラインの実施を不可能にしていると、活動家らは語る。続きを読む

★南アフリカ: 女子学生がHIV感染の矢面に立つ〜エイズとともに


南アフリカ共和国の「高等教育HIV/AIDSプログラム The Higher Education HIV and AIDS Programme (HEAIDS)」は同国の国内21大学のHIV/AIDSに関する調査を実施した。調査対象は、2万4千人の生徒と職員である。調査結果の一部は次のとおりである。

続きを読む

★南アフリカ共和国: 内閣が検査と治療の対象者を支援


南アフリカ共和国の内閣は2010年3月、大臣やその他のリーダーがHIV検査を受けることを含む、HIV予防及び治療プログラムの拡大実施計画を承認し、その詳細についての発表を行った。
続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ