グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

2012年11月

第209号(第9巻第5号) 2012年(平成24年)11月21日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第209号(第9巻第5号) 2012年(平成24年)11月21日
Vol.9-No.5(No.209) Date: November 21, 2012
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★お知らせ★
----------------------

◎ブックレット『ミレニアム開発目標 世界から貧しさをなくす8つの方法』大好評発売中!
日本経済新聞にも掲載されました!
http://gcapj.blog56.fc2.com/blog-entry-229.html
日経新聞記事(11月20日夕刊)貧困解消へ理解深めて 市民団体がブックレット
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1500T_V11C12A1CR0000/

----------------------
★「第209号」目次
----------------------

<通常記事>
●アフリカ
(東アフリカ)人道危機状況下のセックスワーカーにも支援を
(ジンバブエ)医薬品資金援助の透明化を!:エイズ活動家
(ナイジェリア)航空・携帯使用税導入、HIV/AIDS資金へ:連邦政府
(仏語圏サブサハラ・アフリカ)エイズ対策強化を訴え:国連報告

●アジア・欧米
(インドネシア)HIVとB型肝炎の治療薬が安価で入手可能に
(オーストラリア)一時滞在者への医療アクセスの悪さの影響
(ラテンアメリカ)HIV陽性のユースの声を聞け―コンサルテーション
●国際
HIV陽性者の喫煙率低下にはグループ・セラピーが効果的

------------------------------------ Vol.9 No.209----

(東アフリカ)人道危機状況下のセックスワーカーにも支援を

【2012年10月19日 ナイロビ(ケニア)発】人道危機状況で生計のためセックスワークに従事する貧しい女性たちは、コンドームを着けない無防備なセックスを行いがちだ。続きを読む

(ジンバブエ)医薬品資金援助の透明化を!:エイズ活動家

【2012年10月12日ハラレ(ジンバブウェ)発】ジンバブウェの国家エイズ評議会 National AIDS Council(NAC)の不適切な資金管理に関する批判が高まる中、ジンバブウェのエイズ活動家たちは、国のエイズ関連予算使途の公開を要求した。続きを読む

(ナイジェリア)航空・携帯使用税導入、HIV/AIDS資金へ―連邦政府


【2012年10月10日アブジャ(ナイジェリア)発】ナイジェリア連邦共和国政府は、ナイジェリアにおけるHIV/AIDS対策資金を供給する方法の一つとして、国内で事業を行う企業を含む、航空機および電話機ユーザーへの課税を検討している。続きを読む

(仏語圏サブサハラ・アフリカ)AIDS対策強化を訴え:国連報告

【2012年10月12日 キンシャサ(コンゴ民主共和国)発】国連合同エイズ計画UNAIDSが10月12日に発表した報告書によると、サブサハラ・アフリカ地域にある29の仏語圏の国家は、HIV/AIDSへの対応で短期間に大きな改善が見られたものの、同地域にある仏語圏以外の国々に対して依然として大きな遅れを取っており、国際的な援助の大幅な増加が必要であるという。続きを読む

(インドネシア)HIVとB型肝炎の治療薬が安価で入手可能に

【2012年10月19日 ジャカルタ(インドネシア)発】インドネシアのHIV陽性者とB型肝炎患者は、現地の製薬会社が抗レトロウイルス薬を製造する許可を得ることで、手頃な価格で品質のよい医薬品を入手できることに期待を寄せている。続きを読む

(オーストラリア)一時滞在者への医療アクセスの悪さの影響


【2012年8月20日】オーストラリアの一時滞在者は、医療保険制度や補助金の対象外とされており、抗レトロウイルス薬を得る資格が認められていない。保健衛生分野で働こうとしている人たちには、ビザ取得のためにHIV検査が義務付けられている。また、保健衛生分野で働こうとしている人には、ビザ取得のためにHIV検査を義務付けられている。こうした制度的な問題がある中で、一時滞在者や永住者のHIVの影響と抗レトロウイルス療法(ART)のアクセスに対する課題や服用アドヒアランスを理解するため、調査を実施した。続きを読む

(ラテンアメリカ)HIV陽性のユースの声を聞け―コンサルテーション

【2012年10月18日】ラテンアメリカおよびカリブ地域のHIV陽性のユースネットワークthe Network of Positive Youth for Latin America and the Caribbeanは、特定の地域におけるHIV陽性のユース向けにコンサルティングを始めた。続きを読む

HIV陽性者の喫煙率低下にはグループ・セラピーが効果的

【2012年10月19日ニューヨーク(米国)発】米国ニューヨークのブロンクス区で行なわれた無作為比較実験で、HIV陽性の喫煙者を対象とした禁煙を促すグループ・セラピーによる介入プログラム「積極的な禁煙」 Positively Smoke Free (PSF)に参加して禁煙に成功した人が参加しなかった人の2倍という結果が出た。それでも禁煙率は20%に届かなかった。続きを読む

第208号(第9巻第4号) 2012年(平成24年)11月4日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第208号(第9巻第4号) 2012年(平成24年)11月4日
Vol.9-No.4(No.208) Date: November 4, 2012
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★お知らせ★
----------------------

◎動く→動かす編ブックレット『ミレニアム開発目標 世界から貧しさをなくす8つの方法』
店頭・オンラインで好評販売中!執筆者は政策提言NGOから現場プロジェクト型NGOまでマクロとミクロ両方の視点から書かれており、学校の教材などにもおすすめです。

「ミレニアム開発目標」アマゾンに掲載されたレビューから:
≪本書はMDG8の部分において、この「援助効果」の考え方についてNGOの視点からしっかりと書き込まれており、評価に値する。一方で、MDG1の「貧困」の章では、日本のNGOが、現地の村落の人々が可能な適正技術を用いて、村人とともに生活道路の建設を行うプロセスがしっかり書き込まれているなど、日本のNGOが現場でうち鍛えてきた方法論についても書き落としていない。≫

<合同出版HP内でも紹介されています>
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=320

----------------------
★「第208号」目次
----------------------

<通常記事>
●アフリカ
(アンゴラ)HIV/エイズNGOネットワークの取り組み
(ウガンダ)反同性愛法が独立50周年に“傷をつける”?
(ガンビア)ジャーナリストが結核予防啓発
(ルワンダ)アフリカで唯一MDG4達成国となるか

●アジア・欧米
(中国)南部でセックス・ワーカーの顧客のHIV感染率拡大―薬物使用とヘルペスウイルス
(中国)メタドン代替療法―サービス提供者と患者からみた認識された挑戦
(ロシア)ペンザ州でHIV感染者数増加

●国際
世界基金への拠出拡大を求め市民社会が共同アピール

------------------------------------ Vol.9 No.208----
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF
  • ライブドアブログ