グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

2013年07月

第226号(第9巻第16号) 2013年(平成25年7月21日)

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第226号(第9巻第16号) 2013年(平成25年7月21日)
Vol.9-No.16(No.226) Date: 21st July, 2013
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
----------------------
★「第226号」目次

●対策・課題別記事
(ロシア)地方分権化でエイズ治療薬の入札が遅延 活動家らが監視活動へ
米州機構エイズと人権に関わる決議採択
エイズ病理学国際会議、マレーシアで開催
25%以上のHIV感染を回避:インドのセックスワーカーの予防プロジェクト

●地域別記事
(ナミビア)10代少女達の妊娠と性感染症予防策
(タンザニア)タンザニアのHIV/AIDS対策成功例
(ナイジェリア):アブジャのHIV/AIDSが10%減少へ

------------------------------------ Vol.9No.226号----

(ロシア)地方分権化でエイズ治療薬の入札が遅延 活動家らが監視活動へ

【2013年6月】ロシアでは2013年以前、保健省が抗レトロウイルス薬を管理していた。治療薬の入札などの手続きは適宜行われ、6月には、その年度に確保されたエイズ治療薬が調達されていた。その後、在庫切れになることは頻繁にあったが…。続きを読む

米州機構エイズと人権に関わる決議採択

【2013年6月7日 ワシントン発】米州機構(以下、OAS。中南米の独立国35か国からなる、世界で最も古い地域機構)は、HIV陽性者とHIVに感染しうる人々の人権を促進し保護する決議を採択した。続きを読む

エイズ病理学国際会議、マレーシアで開催

【2013年6月17日 クアラルンプール発】マレーシアの首都クアラルンプールで、6月30日から7月3日にかけて、第7回国際エイズ学会HIV病理学・治療・予防会議The 7th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention 2013 (IAS 2013) が開催される。この会議は、IASと「エイズ研究拠点形成センター」Center for Excellence for Research in AIDS (CERIA)、マラヤ大学によって企画運営され、マレーシア会議・展示局 Malaysia Convention and Exhibition Bureau (MyCEB) が最大限の後押しを行っている。
続きを読む

25%以上のHIV感染を回避:インドのセックスワーカーの予防プロジェクト

【2013年6月21日】インドのHIV予防プログラムにより、セックスワーカーの25%以上が感染を回避できたという調査結果が発表された。
続きを読む

ナミビア)10代の少女たちの妊娠と性感染症予防策



【2013年6月21日 ケートマンスフープ(ナミビア)発】2012年度、ナミビアの最南部に位置するカラス州に住む十代の学生のうち300人以上が、妊娠を理由に学校を辞めていたことが明らかになった。続きを読む

(タンザニア) タンザニアのHIV/AIDS対策の進捗


【2013年6月21日 ダルエスサラーム(タンザニア)発】東アフリカの国タンザニアのジャカヤ・キクウェテ大統領Jakaya Kikweteによると、タンザニアでは、数々のHIV/AIDS対策を行ってきており、この先も課題があるものの、10年前に比べると状況は大きく変わったという。続きを読む

(タンザニア) タンザニアのHIV/AIDS対策の進捗


【2013年6月21日 ダルエスサラーム(タンザニア)発】東アフリカの国タンザニアのジャカヤ・キクウェテ大統領Jakaya Kikweteによると、タンザニアでは、数々のHIV/AIDS対策を行ってきており、この先も課題があるものの、10年前に比べると状況は大きく変わったという。続きを読む

(ナイジェリア):アブジャのHIV/AIDSが10%減少へ


【2013年月6月18日アブジャ(ナイジェリア)発】西アフリカの国ナイジェリアでは、首都アブジャを含む行政区分である、連邦首都地区Federal Capital Territory Administration(FCTA)内でHIV/AIDSの新規感染が過去2年間で10%減少という成果が出ている。この成果は、母子感染予防の拡大に関する連邦首都地区ステークホルダー会合において報告された。続きを読む

第225号(第9巻第16号) 2013年(平成25年7月7日)

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第225号(第9巻第16号) 2013年(平成25年7月7日)
Vol.9-No.16(No.225) Date: July 7th, 2013
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
----------------------
★「第225号」目次

●対策・課題別記事
 ブラジル、セックスワーカーのコンドーム使用推進キャンペーン打ち切り
 エイズへの世界的取り組みはほかの地球規模課題へのモデルになりうる
 パキスタンのHIV陽性者の闘い

●地域別記事
 アフリカのファーストレディ、HIV/AIDS対策へ向け団結
 (ルワンダ)教会での性教育、HIVとの闘いへ
 (ウガンダ)小中学校でのHIV調査が始動

------------------------------------ Vol.9No.225号----
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF
  • ライブドアブログ