グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

2014年11月

第260号(第11巻第6号) 2014年(平成26年)11月15日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第260号(第11巻第6号) 2014年(平成26年)11月15日
No.260(Vol. 11-No. 6) Date: 2014/11/15
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★「第260号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
(フランス)がんの罹患率でHIV陽性者・陰性者に有意差
(イタリア)治療効果の向上を狙う新しいエイズ・ワクチンの研究
(モロッコ)保健への投資が開発の鍵:UNAIDSと関連機関が共同でシンポジウム

●アフリカの地域別記事
(西アフリカ) エボラ・ウイルス病の脅威に晒されるHIV陽性者たち
(アフリカ地域)ポスト2015にユースの声を!ケニアでの試み
(アフリカ地域)UNAIDS、東・南アフリカでHIV検査集中キャンペーン推進
(ナミビア)HIV治療の鍵は食料安全保障
(スワジランド)性行為を慎んだ少女に現金給付?スワジランドの新エイズ対策プログラム

------------------------------------ Vol. 11 No. 6---

(フランス)がんの罹患率でHIV陽性者・陰性者に有意差

【2014年10月17日パリ(フランス)発】抗レトロウイルス治療Anti-Retroviral Therapy(ART)によってHIV陽性者が長く生きられるようになった今、HIV陽性者のがん罹患率の高さに関心が集まっている。
続きを読む

(イタリア)治療効果の向上を狙う新しいエイズ・ワクチンの研究

【2014年9月8日 ローマ(イタリア)発】HIVの予防と治療のために、これまで様々な努力がなされてきた。特に抗レトロウイルス治療Anti-Retroviral Therapy(ART)に関しては、近年予防に効果があることも分かり、大きな成功となった。続きを読む

(モロッコ)保健への投資が開発の鍵:UNAIDSと関連機関が共同でシンポジウム

【2013年10月15日 マラケシュ(モロッコ)発】エイズ、結核、マラリアなどの感染症の現状に影響を与えることができる巨額の資金を調達するために、感染症問題にかかわる国連機関や国際機関、そのパートナーなどは、共同責任の精神のもとに協力している。政府、民間セクター、民間財団、個人、実行国がそれぞれに果たす役割を担っている。続きを読む

(西アフリカ)エボラ・ウイルス病の脅威に晒されるHIV陽性者たち

【2014年10月8日 フリータウン(シエラレオネ)発】

WHO(世界保健機関)の報告によると、2013年12月に初めてギニアでエボラ・ウイルス病(エボラ出血熱:編集部注)が発生して以来、10月頭に至るまで、同地域でエボラ・ウイルス病に感染した、もしくは感染が疑われる人々は5,000人以上越えている。感染が集中するギニア、シエラレオネ、リベリアの 3か国では 9月 23日現在までに、3,088人が死亡した。エボラ・ウイルス病は患者の体液に接触すると感染するが、これまで治療法は発見されていない。続きを読む

(アフリカ地域)ポスト2015にユースの声を!ケニアでの試み


【2014年9月17日 ナイロビ(ケニア)発】アフリカの青少年たちは、今月末に開催予定の国連総会UN General Assemblyでも焦点の一つとなる「ポスト2015開発アジェンダ」(ミレニアム開発目標(2015年で終了)以降の新たな開発目標)の中身について討論することを、同世代の若者たちに呼びかけている。続きを読む

(アフリカ地域)UNAIDS、アフリカ全土でHIV検査キャンペーンを推進

【2014年10月9日 アディスアベバ(エチオピア)発】国連は、12月1日の世界エイズデーに合わせてアフリカでHIV検査キャンペーンを実施し、1日で行われるHIV検査件数の世界記録に挑戦する。活動には、アフリカ各国政府、国連合同エイズ計画UNAIDSの東および南アフリカ地域サポートチーム、市民団体等が参加する。
続きを読む

(ナミビア)HIV治療の鍵は食料安全保障

【2014年10月13日 ウォルスベイ(ナミビア)発】南部アフリカのナミビア共和国のHIV陽性者にとって、バランスの取れた食事を1日に少なくとも1食を保障するという食料安全保障は、確実に抗レトロウイルス治療 ARVの効果をもたせるために、政府や民間セクターが取り組まなければならない重要な課題のひとつである。続きを読む

(スワジランド)性行為を慎んだ少女に現金給付?スワジランドの新エイズ対策プログラム

【2014年10月8日 ムババネ(スワジランド)発】南部アフリカの小さな王国、スワジランドの政府は十代の少女に対し、性交渉を慎んだ場合、月額200リランジェニ(約$20)を提供する新たなHIV対策プログラムを発表した。続きを読む

第259号(第11巻第5号)2014年(平成26年)11月2日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第259号(第11巻第5号)2014年(平成26年)11月2日
Vol.259 (No.11-No.4) Date:2014/11/02
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★「第259号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
(ハイチ)調査報告 エイズ治療の正しい情報の普及が急務
(インド)「開発途上国の製薬工場」インドのモディ新首相に対し米国の圧力に屈しないよう申し入れ
(バングラディシュ)アジア太平洋エイズ国際会議、次回ダッカで開催
(韓国)HIV感染者の4分の1が神経認知障害

●アフリカの地域別記事
(ウガンダ)赤ちゃんのために新たなHIV検査機器導入へ
(ジンバブウェ)ジンバブウェのHIV対策
(マラウイ)国連でファーストレディによる呼びかけ

------------------------------------ Vol.11 No.5---
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ