グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

2015年07月

第275号(第11巻第21号) 2015年(平成27年)6月28日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第275号(第11巻第21号) 2015年(平成27年)6月28日
No. 275 (Vol.11-No.21) Date: 2015/06/28
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★「第275号」目次
●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
(ロシア)政策的黙殺の中、薬物使用者の間でエイズは拡がっていく
(米国)バーニー・サンダース上院議員、無償教育実現のためのロビンフッド税導入の法案を上程
(ベラルーシ)HIVにかかわる入国規制を撤廃

●アフリカの地域別記事
(南アフリカ共和国)保健大臣が抗レトロウイルス薬不足の報道に弁明
(タンザニア)減少しつつあるエイズによる死亡者
(ナイジェリア)HIV/エイズの蔓延を止めるには資金が足りない
(ルワンダ)国家警察が地域治安支援機関のメンバーにも自発的HIV検査を実施

------------------------------------ Vol. 11 No. 21---

(ロシア)政策的黙殺の中、薬物使用者の間でエイズは拡がっていく


【2015年5月24日モスクワ(ロシア)発】医療用品の詰まった大きなバックパックを持った2人のHIV予防活動家たちが、モスクワ郊外の薬局の前で配布所を開くと、ほぼ同時に、痩せ細った若い男性が近づいてきた。「軟膏はあるかな?」と彼は尋ねながら、履いていたジャージのズボンの裾をめくり、たくさんの赤い皮疹を見せた。続きを読む

(米国)バーニー・サンダース上院議員、無償教育実現のための 「ロビンフッド税」導入の法案を上程


【2015年5月19日ワシントン(米国)発】米国の看護師、学生、宗教・公民権運動のグループ、環境活動家、労働・住居支援者たちは、米国のヴァーモント州選出の無所属(民主党と院内会派を組んでいる)の上院議員、バーニー・サンダース氏Bernie Sandersによる計画を歓迎した。この計画は、「ロビンフッド税」と呼ばれるもので、米国での金融取引に対して小額を課税し、誰でも大学教育を受けられるようにすることと、地域社会の重要なニーズに用いることを目的とした2つの新規議員法案を上程するというものである。続きを読む

(ベラルーシ)HIVにかかわる入国規制を撤廃


【2015年4月9日ジュネーブ(スイス)発】東ヨーロッパに位置するベラルーシ共和国はHIV陽性者に対して入国や滞在、居住することを規制していたが、このたび、この規制を撤廃すると発表した。国連合同エイズ計画UNAIDSは、これを歓迎している。また同国は、抗レトロウイルス治療を含む医療サービスに外国人も平等にアクセスできるようにするという。この発表は、いくつかの国で実施されている、HIV陽性者に対する入国や滞在、居住を規制する法律や政策が、公衆衛生や人権の世界標準から逸脱していることを示唆するものである。続きを読む

(南アフリカ共和国)保健大臣が抗レトロウイルス薬不足の報道に弁明


【2015年5月24日プレトリア(南アフリカ共和国)発】南アフリカ共和国のアーロン・モツォアレディ保健大臣Aaron Motsoalediは24日、同国東部のクワズールー・ナタール州における抗レトロウイルス薬の不足の報道に対して、同国の首都プレトリアにて取材に応じ、「実際に不足しているのは子供用の『アバカビル』 Abacavirでありこの事態は我々の管理の及ばない状況で起こった。一錠に複数の抗レトロウイルス薬が配合されている多剤混合薬(FDC)の在庫が尽きたわけではない」と述べた。続きを読む

(タンザニア)エイズによる死亡者が減少


【2015年5月22日ダルエスサラーム(タンザニア)発】東アフリカに位置するタンザニアで、全国のエイズ対策に責任を持つ政府機関である、タンザニア・エイズ委員会 Tanzania Commission for AIDS (TACAIDS) は、同委員会と関係者・団体等の協力によって、過去10年間でAIDSの死亡者数が40%減少し、感染者数も50%減少した、と発表した。続きを読む

(ナイジェリア)HIV/エイズの蔓延を止めるには資金が足りない


【2015年5月27日アブジャ(ナイジェリア)発】アフリカ最大の人口大国であるナイジェリアの政府がHIV/エイズの蔓延に歯止めをかけ、HIV陽性者を治療するために十分な資金を割り当てないなら、「エイズ・フリー世代の実現」という目標達成は遅れてしまうだろうと、ビラリ・カマラBilali Camara国連合同エイズ計画UNAIDSナイジェリア事務所長は言った。
続きを読む

(ルワンダ)国家警察が地域治安支援機関のメンバーにも自発的HIV検査を実施


【2015年5月28日ルワンダ発】ルワンダはアフリカ中部に位置し、長野県の2倍ほどの国土である。首都キガリの郊外にあるカシーアルーKacyiru警察病院の医療チームは、ニャマガベNyamagabe郡におけるルワンダ国家警察 Rwanda National Police の警官と地域行政治安支援機関 District Administrative Security Support Organ のメンバーを対象としたHIV検査プログラムを、5月26日に終えた。続きを読む

第274号(第11巻第20号) 2015年(平成27年)6月14日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第274号(第11巻第20号) 2015年(平成27年)6月14日
No. 274 (Vol.11-No.20) Date: 2015/06/14
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★「第274号」目次
●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
(中国)上海で結核ワクチンに関する専門家会議開催
(アジア太平洋地域)同性愛者やトランスジェンダーに対する恐怖症がHIV予防を妨げる
(オーストラリア)ARTの開始時期、中断、変更に関する最近の傾向
(ブルキナファソ)資金不足はエイズ患者に何をもたらすか?

●アフリカの地域別記事
(ケニア)包皮切除がHIV/AIDS予防に役立っていない
(アンゴラ)政府がHIV陽性児童の積極的保護
(ナイジェリア)HIV/AIDS管理政策の評価
(ケニア)同性愛を認めてHIV感染を減少させよ

------------------------------------ Vol. 11 No. 20---

(中国)上海で結核ワクチンに関する専門家会議開催


【2015年5月5日上海(中国)発】「第四回結核ワクチンに関する世界フォーラム」が4月21日に中国の上海で開かれ、32ヵ国から約300人の専門家が結核ワクチンの開発に関する動向について意見交換した。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ