グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

2017年09月

第325号(第18巻第1号) 2017年(平成29年)9月10日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第325号(第18巻第1号) 2017年(平成29年)9月10日
No. 325(Vol.18-No.01) Date: 2017/9/10
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★「第325号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
・グローバルファンドの資金の国レベルでの受け手となる「国別調整メカニズム」の構造と役割の改革
●アフリカの地域別記事
・(ザンビア)エイズ検査がついに強制に!
・(マラウイ)植民地時代の同性愛法がHIV・エイズとの闘いを妨げる
・(ジンバブウェ)ARV薬の不足に至急対処する必要
------------------------------------Vol.18 No.01 ---------------

グローバルファンド、国レベルでの対応調整機関「国別調整メカニズム」の改革へ

【2017年8月22日】
途上国の三大感染症に資金を供給する国際機関、グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)は、案件形成の取りまとめ役となり、また、グローバルファンドの拠出資金について全体を「国別調整メカニズム」country coordinating mechanism (CCMs) の構造と役割の改革に乗り出した。この改革の鍵となる部分は、グローバルファンドのパートナーであるドイツ国際協力公社 GIZ の「バックアップ」部門(グローバルファンドによる資金拠出を国レベルでうまく機能させるためのイニシアティブ)や、英国のエイズ専門の国際NGOである「国際HIV/AIDS同盟」 the International HIV/AIDS Alliance、そしてフランスのグローバルファンドに対する技術協力のためのメカニズムである「イニシアティブ5%」 Initiative 5% などとともに組織化された国別のコンサルテーションである。続きを読む

(ザンビア)エイズ検査がついに強制に?

【2017年8月16日】
アフリカ南部に位置するザンビア共和国のエドガー・ルング大統領 Edgar Lunguは、エイズによる更なる犠牲を食いとめるために、公的保健機関におけるHIV検査を強制的に行うと発表した。続きを読む

(マラウイ)植民地時代の同性愛禁止法が、HIV/AIDSとの闘いを妨げる

【2017年8月17日 ブランタイヤ(マラウイ)発】
アフリカ南部の内陸国マラウイでは、刑務所内での性感染症増加に伴い、コンドーム配布の是非が問われている。続きを読む

(ジンバブウェ)ARV薬の不足に至急対処する必要

【2017年8月23日】
アフリカ南部の内陸国ジンバブウェにおいて、公衆衛生に関する機関で抗レトロウイルス薬(ARV)が不足し、HIV感染者やエイズを発症した人に影響を及ぼすことが深刻な懸念となっている。マルチセクターによる協力で何年間もHIVやエイズ関連の死亡を減少させてきたジンバブウェにとって、抗レトロウイルス薬のうち第2選択薬として使われているアバカビルAbakavirの不足は、通常なら3か月分の薬を渡すところ、1週間分の薬しか渡せない、という深刻な事態であり、痛恨の極みといえる。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ