グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

2017年10月

第327号(第18巻第3号) 2017年(平成29年)10月8日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第327号(第18巻第3号) 2017年(平成29年)10月8日
No. 327(Vol.18-No.3) Date: 2017/10/8
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★「第327号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
・(ケニア)グローバルファンドの資金と援助吸収能力の課題:アフリカからの声
・一部諸国がグローバルファンドの資金を十分吸収できない理由
・グローバルファンドへの拠出を増やしつつ、エイズ対策の二国間援助を減少させる英国
・1996年から2015年までのカナダ・ブリティッシュ・コロンビア州のエイズ政策の変遷を見る
●アフリカの地域別記事
・(ウガンダ)新たなHIV治療モデルで病院の混雑を緩和する
・(ナイジェリア)宗教指導者がHIV・エイズの終結に男性の参加を促す
・(南アフリカ共和国)副大統領、東ケープにHIV・エイズセンターを開設
-----------------------------------Vol.18 No.03 ---------------

(ケニア)グローバルファンドの資金と援助吸収能力の課題:アフリカからの声

【2017年9月5日、ナイロビ(ケニア)発】 
途上国の三大感染症対策に資金を攻究する国際機関、グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)の資金で三大感染症多作案件を実施している国の一部においては、事務局および各国の両方に存在する能力不足によって、その資金が十分に活用されていない事態が続いており、結果としてグローバルファンドの資金によって提供されているサービスの適用範囲が狭くなり、また、プロジェクトの質の低下も招いている。続きを読む

一部諸国がグローバルファンドの資金を十分吸収できない理由

【2017年9月19日】
途上国のエイズ・マラリア・結核対策への資金拠出を行う国際機関であるグローバルファンドがこの5月に開催した理事会において、アフリカ諸国の選出理事から「グローバルファンドの資金が十分に案件実施国に行き渡るためには、国レベルで生じる問題を含めた、幅広い分野における課題を明らかにすることが必要である」と指摘がなされた続きを読む

グローバルファンドへの支援拠出を増やす一方、HIV対策への二国間支援を大幅に減額する英国 

【2017年9月19日 ナイロビ(ケニア)発】 
英国のHIV関連NGOのネットワークであるストップ・エイズ同盟 STOP AIDS Alliance によると、英国のエイズに関する援助は、多国籍機関や、特にグローバルファンドへの資金が増額されている一方で、二国間援助の資金が減少しているという。続きを読む

1996年から2015年までのカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のエイズ政策の変遷をみる

【2017年9月19日】
カナダ西部のブリティッシュ・コロンビア(BC)州は、1996年に高活性抗レトロウイルス治療(Highly Active Antiretroviral Therapy:HAART)が入手できるようになってからHIVの予防および治療が劇的に進展した。しかしこのHAARTの導入からHIVの蔓延にどう対応し、予防や治療がなされてきたか、その変遷がまとめられた文献がない。このため、ある研究者グループが、社会生態学的枠組みにそって、生物医学的かつ保健的なサービス、またコミュニティや社会構造への介入についての、その歴史的変遷をレビューした。
続きを読む

(ウガンダ)新たなHIV治療モデルで病院の混雑を緩和する

【2017年9月13日 カンパラ(ウガンダ)発】 
東アフリカに位置するウガンダの保健省は、HIV陽性者の治療継続を促すために、新たな治療サービスモデルDifferentiated Service Delivery(DSD)の採用を発表した。このモデルは、患者の服薬を促すために医療施設の混雑緩和や待ち時間の短縮に焦点を当てている。続きを読む

(ナイジェリア)HIV/AIDSの終結へ、宗教指導者が男性の参加を促す

【2017年9月14日 ジャリンゴ(ナイジェリア)発】 
アフリカ西部に位置する人口大国ナイジェリアの東部に位置するタラバ州 Tarabaにおける二大宗教の指導者たちは、HIV/AIDSの母子感染をなくすために、目下、男性の参加推奨のためのあらゆる手段を講じている。聖職者たちは、自分たちはこの流行を止める重要な役割であると信じ、宗教指導者という地位を有効利用して信者の妊婦たちに出産前ケアを受けるよう促している。続きを読む

(南アフリカ共和国)副大統領、東ケープにHIV・エイズセンターを開設

【2017年9月18日 南アフリカ共和国発】
シリル・ラマポーザ南アフリカ共和国副大統領Cyril Ramaphosa は、HIVに感染した子どもを世話する人々に敬意を表した。副大統領は、「このコミュニティの中で、HIVに感染した子どもが疎外されることなく居場所があると確信できるようにしている優れた人々だ」と話した。彼は、東ケープ州のンデヴァナにあるヴヨ・ムブリ・エンピリスウェニHIV・エイズ孤児センターで述べた。続きを読む

第326号(第17巻第2号) 2017年(平成29年)9月24日

■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■
グローバル・エイズ・アップデート
GLOBAL AIDS UPDATE
----------------------------------
第326号(第17巻第2号) 2017年(平成29年)9月24日
No. 326(Vol.17 -No.02) Date: 2017/9/24
■GLOBAL■<□<■AIDS■>□>■UPDATE■

----------------------
★「第326号」目次

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事
・インドネシアのグローバルファンドへの拠出要請、結核の案件発掘や「カギとなる人口集団」におけるHIV予防サービスを優先化
・HIV陽性の10代の妊産婦をどうサポートすべきか
・グローバルファンドの新事務局長選出プロセスはうまく進んでいる:選考委員会が報告
・HIV陽性の若者の小児科ケアから一般ケアまでの流れと注意すべき点
●アフリカの地域別記事
・(コンゴ民主共和国)HIVはいまだにタブーとなっている
・(ボツワナ)HIV・エイズに対する祈りの月間が始まる
------------------------------------Vol.17 No.02 ---------------

インドネシアのグローバルファンドへの拠出要請、結核の案件発掘や「カギとなる人口集団」におけるHIV予防サービスを優先化

【2017年8月22日】 
5月24日、インドネシアのグローバルファンド案件の形成や監理にあたる「国別調整メカニズム」(CCM)は、グローバルファンドに対して、結核およびHIV対策の資金供与申請書 funding requests (FRs) を提出した。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF
  • ライブドアブログ