石油輸出国機構 OPEC Organization of the Petroleum Exporting Countriesと国連教育科学文化機関UNESCO United Nations Educational,Scientific and Cultural Organizationによる基金は、「HIV/AIDS危機」を教育によって減少させるプロジェクトを2005年1月から2年間にかけて実施する。若年層に広がる新規HIV感染の抑止を目標に、中東アジアの12ヶ国で行われる。OPEC基金は225万USドルを提供し、情報と教育、省庁への支援、教育計画とカリキュラムの改善に焦点を当てている。 計画の概要は以下の通り;
1. 知識の集約、教育関連の省庁・学校関係者に対するアドボカシー教材開発;
2. 国家、地方レベルでの教育関係者の能力を向上、戦略的計画、カリキュラム開発、教師のトレーニング、モニタリングと評価の質の向上;
3. メディアを通じたHIV/AIDSの予防教育の拡大;
4. UNAIDSと協力し、教育におけるHIV/AIDSのインパクトに対する国際的なモニタリング・評価ツールの強化;
5. 教育現場でHIV/AIDS予防教育拡大
 この共同プロジェクトでは、ウズベキスタンの若者リーダーやベトナムのMSM(男性と性交渉を持つ男性)のピア教育など、各国で現在進行中の草の根活動も支援し、活動を展開させていく予定である。
 OPEC基金のHIV/AIDS特別基金は2001年6月にHIV/AIDS流行拡大に対し、世界規模の活動を行う国際的団体との協力を進めるために設立された。
 プロジェクトが展開される予定である12ヶ国は以下の通り;アフガニスタン、バングラデシュ、カンボジア、中国、ヨルダン、カザフスタン、ラオス、レバノン、シリア、タイ、ウズベキスタン、ベトナム

原文表題:OPEC and UNESCO create AIDS project for twelve countries in Asia and the Arab world
日付:December 28, 2004
出典:UNESCO website
URL:http://portal.unesco.org/en/ev.php-URL_ID=24324&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html