【2014年7月22 日 オーストラリア連邦・メルボルン】

国際エイズ会議が開催されていたメルボルンのクラレンドン地区 Clarendon で7月21日、中東・北アフリカ地域の男性とセックスをする男性 Men who have sex with men のネットワークとして「M・コアリション」M-Coalition が設立され、エイズに取り組むコミュニティの人々にお披露目され、これを歓迎する盛大なイベントが行われた。


アラブ自由・平等財団the Arab Foundation of Freedom and Equality(AFE)の支援により発足したMSMネットワークである「M・コアリション」は、中東および北アフリカ地域における男性間での性交渉によるHIV感染の予防や、質の高い治療へのアクセス実現を促進する新しい支援策を講じることを目的としている。

この「M・コアリション」事務局長のジョニー・トーメ氏Johnny Tohme は、このネットワークについて、「やりかたによってはエイズを終わらせることが可能となりつつあるこの重要な時代、私たちは、アラブ世界において、MSMの保健への権利とその他の人権が認められ、実現し、そして保護されるようになることを求め、取り組んでいく」と述べている。

この地域では、MSMのHIV感染拡大が増大し、対策が失敗する状況にあるが、2014年1月にレバノン、4月にチュニジアにおいて、MSMとHIVに関する世界フォーラム MSMGF の支援により、エイズに取り組む市民社会活動家やサービス提供者らが集まり、当該地域におけるMSMとHIV/AIDSに関する取り組みの将来について討議が行われた。

●原題: MSM Advocates from the MENA Region Launch “M-Calition”: The First Arab Coalition on MSM and HIV
●出典:The Global Forum on MSM & HIV, All rights
●日付:2014/07/22
●URL:http://us1.campaign-archive2.com/?u=1efcb45b2d3a4abde06876054&id=29550c1bd3&e=[UNIQID]