【2017年10月9日 ブランタイヤ(マラウイ)発】アフリカ南部の内陸国マラウイのブランタイヤ県の保健省に勤めるメドソン・マチャヤ医師 Medson Matchayaは、マラウイ・ニュース機関 Malawi News Agencyとのインタビューで、妊娠中の女性はHIV検査を2回受けるべきであると話した。これは、マラウイの最大都市ブランタイヤから北方にある郊外の町、ルンズにあるカディディ・ヘルス・センターで、産科クリニックを受診する妊婦が出産前にHIV検査を2回行っていたという報告を受けての発言である。
マチャヤ医師は、「妊婦には妊娠初期の3ヶ月内にHIV検査を受けるよう促しているが、もし最初の3ヶ月の間に検査をすれば、妊娠期間は9ヶ月なので出産までにあと6ヶ月あることになる。確実にHIV陰性であることを確かめるためには再度検査する必要がある」と話した上で、「しかし、もし妊娠8ヶ月でHIV検査を受けた場合、その後は再度検査を受けないだろう、なぜならば、『ウインドウ・ピリオド』(HIVに感染しているが、HIVが検査で発見されない可能性のある期間)とされる3ヶ月間は出産後に終わるからである」と付け加えた。

2人の子どもをもつある母親は、ほとんどの女性が妊娠中に2回HIV検査を受けないのは悲しいことだとして「ほとんどの産科クリニックでは妊婦は2回検査しません、なぜなら最初の検査で陰性という結果を誤解してしまい、ウインドウ・ピリオドの期間中であるという可能性を考えないためです」と話している。

母親は、「妊婦が確実に2回検査を実施できるようにするのは医療提供者の義務であると思う。同時に妊婦は自身と生まれてくる子どもの健康に注意を払うべきだ」とも話す。

妊娠中においては、『ウインドウ・ピリオド』の可能性を加味してHIV陰性であることを確かめるため、一定期間を置いて2回検査を受けて陰性であることを確認することが推奨されているが、ほとんどの妊婦は、妊娠中に1回しか検査を受けていない。

原題:Malawi: Pregnant Women Must Be Tested Twice for HIV-Blantyre Dho
出典:The Malawi Post
日付:2017/10/09
URL:http://www.maravipost.com/pregnant-women-must-tested-twice-hiv-blantyre-dho/