【2018年11月1日ビサウ(ギニアビサウ)発】HIVは大別してHIV-1型とHIV-2型の2種類が存在し、大多数のHIV陽性者が感染しているHIV1型(HIV-1)に比べ、HIV2型(HIV-2)は感染性や病原性が弱いとされている。しかし、HIV-2感染者がエイズを発症するまでの期間やその死亡率に関して、信頼性のある推定値はない。HIV-1感染者とHIV-2感染者の潜伏期間と死亡率、CD4陽性T細胞の動態を比較することを目的とする研究プロジェクトがアフリカ西部の国ギニア・ビサウにて展開された。。

方法
本研究は、前向きオープンコホート研究を適用した。研究対象者は、1990年2月6日からギニア・ビサウ共和国の都市および地方の警察署に勤務する、正規雇用の全警察官である。2009年9月28日まで継続的に参加者を加え、2013年9月28日までHIV-1陽性者、すなわちHIV-1に感染している人とHIV-2陽性者、すなわちHIV-2に感染している人の追跡調査を実施した。血液検体は、参加者登録時と警察署への定期訪問時に採取した。HIV-1およびHIV-2の感染者から収集した縦断的データを潜伏期間、余命、T細胞動態に基づいて分析した。HIVに感染した時期は、検体が最後にHIV陰性だった時期と最初にHIV陽性になった時期の中間であると推定した。自然死亡率がHIV関連死亡率に及ぼす影響を評価するために、同じグループに属する参加者で、HIVに感染していない2,984人のデータを分析した。

結果は以下のとおりである。23年間の調査期間中、872人がHIV陽性とされた。内訳は、408人がHIV-1感染者(183人は参加登録前、225人は参加登録後に感染した)、464人がHIV-2感染者(377人は参加登録前、87人は参加登録後に感染した)であった。HIVに感染してからエイズを発症するまでの平均期間は、HIV-1が6.2年(95% CI: 5.4-7.1)、HIV-2が14.3年(10.7-18.0)であった(p<0.0001)。HIV感染後の平均余命は、HIV-1が8.2年(95% CI: 7.5-8.9)、HIV-2が15.6年(12.0-19.2)であった(p<0.0001)。参加登録前にHIV-1もしくはHIV-2に感染した人にも同じ結果が見られた。HIVに感染していない人と比較したところ、自然死亡率による交絡は限定的であった。CD4陽性T細胞の平均値は、感染初期にはHIV-2感染者の方がHIV-1感染者よりも高く(28.0% [SE: 1.3]対22.3%[1.7]; p=0.00094)、徐々に低下した(0.4% [0.2] 対 0.9% [0.2] /年; p=0.028)。HIV-2感染者が臨床的エイズを発症した際のCD4陽性T細胞の平均値(18.2%, IQR 7.2–25.4)はHIV-1感染者(8.2%, 3.0–13.8; p<0.0001)よりも高かった。

調査結果からわかるのは、HIV-1感染者とHIV-2感染者のどちらも、抗レトロウイルス治療を受けなければエイズを発症し死亡する確率が高いということである。

原題:Long-term follow-up of HIV-2-related AIDS and mortality in Guinea-Bissau: a prospective open cohort study
出典:The Lancet HIV
日付:2018/11/01
URL:https://www.thelancet.com/journals/lanhiv/article/PIIS2352-3018(18)30254-6/fulltext