【2018年11月14日ウガンダ(カンパラ)発】東アフリカの内陸国の一つであるウガンダの首都カンパラは、20以上の保健従業員や製造業者はHIV/AIDSの治療とそれに対する全国的な鋭敏化を図るために「Shs10b」というキャンペーンを打ち出した。

「1ドルHIV/AIDSイニシアティブ」 One Dollar HIV/AIDS Initiative : ODIのヴィナンド・ナンタルヤ議長(元ウガンダエイズ委員会委員長) Vinand Nantulya は、ODI立ちあげを契機に、「HIVやエイズ治療の費用を増やすべき」と述べた。そのうえでナンタルヤ氏は、「HIV/AIDSは、国内のビジネスに影響するだけではなく、ビジネス環境全体を不安定にする。また、援助資金の減少に対し、HIV/AIDS対策に必要な資金を自分たちで調達する時期が来た」とも述べた。

ウガンダ民間セクター基金 Private Sector Foundation Uganda : PSFU のパトリック=ビターチャ議長 Patrick Bitature は、ウガンダ投資庁Uganda Investment Authority : UIA の元関係者マギー・キゴジ氏 Maggie Kigozi を発起人とする、2018年12月9日開催予定のHIV/AIDSウォークは、ODI企画の一つで、1万人を対象とし、「終わるまで Until It’s Over : UIO」をスローガンとした。

ウガンダでは、新規HIV感染者は週に962人である。すべての年代を含めて132万4,685人がHIV陽性者であり、そのうちの86%に相当する114万1,489人が抗レトロウイルス治療を受けている。また、診断に使用される機器の費用、および治療薬費などを含めHIV/AIDS患者の治療に、毎年276百万ドルを費やしていると推定されている。

ODIのジョージ・タマル コーディネーター George Tamaleは、もし、毎年100億ウガンダ・シリングを確保できれば、年間5万人のHIV感染や治療に用いられている資源を発展させることができると言った。彼は、なぜ苦しみが沈滞することと戦うかという理由に自己満足があるとも話した。

「私たちは38年間HIVと闘うことに及び腰だった。その結果、対策が停滞してきた。私たちは、を市民として資金を増やし、自らこの感染症と闘うことに関係することで停滞を覆す必要がある。私たちは個人のお金を増やすことでしかこれを達成できない、そうすればドナーが手を引いてもできる」と。

1980年代の初期、年間HIV感染者は23万人だったが、1986年、ムセベニ Museveni 大統領就任後、年間HIV感染事例は8万人に減少した。しかし、2000年代以降、その数は上昇傾向となった。今後、更なる方法を検討しなければならない。

原題:Campaign to Raise Shs10b for HIV Fight Launched
日付:2018年11月14日
出典:Daily Monitor
URL:https://www.monitor.co.ug/News/National/Campaign-raise-Shs10b-HIV-fight-launched/688334-4851080-b7h1lj/index.html