【 2018年11月20 日カンパラ(ウガンダ)発】東アフリカに位置するウガンダでは、暴露前予防内服 Pre-Exposure Prophylaxis:PrEP における、注射型の抗レトロウイルス薬の試験的投薬のための参加者となる女性たちの募集を開始した。これは、ケニア、マラウィ、ボツワナ、ジンバブウェ、南アフリカ、およびスワジランドの6ヶ国でも実施される5年間の大規模試験の一部である。ウガンダを含めた7か国から合計3,200人が募集された。

同試験は、二重盲検的に実施され、参加者は実験群、および対照群に分けられ、実験群は注射型の抗レトロウイルス薬カボテグラビル cabotegravirが投与され、もう一方の対照群はプラセボ(偽薬)が投与される。

参加者は、初めの2か月の間は毎月1回注射を受け、その後は2か月おきに1回の注射を受けることになる。この調査に参加した女性たちには、募集時から試験終了時まで妊娠せず健康であることが求められた。

HIV予防臨床試験ネットワーク HIV Prevention Trial Network:HPTN の一部であり、HPTN084として知られるフェーズ3の臨床試験では、カボテグラビルが2か月間毎月投与され、その安全性や、個人がHIV感染リスクに暴露されたときのリスクを減少できるかどうかについて評価された。

もし、この薬が安全かつ効果的であることが示されれば、現在の使用されている毎日服薬する必要のあるツルバダ Truvada の代りに、カボテグラビルはPrEPの選択肢になりうる。

国際エイズワクチン推進構想(IAVI)の研究員であり、医師のアマンダ・ワニャナ氏Dr. Amanda Wanyana は、本試験の一つが実施されることになるウガンダ・ウイルスリサーチ研究所において、「南アフリカ共和国においては、この試験はHIV陰性者の中から、ゲイを含む感染可能性の高いグループに対して実施されるが、ウガンダやケニアではHIV陰性者の中でも生産年齢人口である18歳から45歳までの健康な女性を対象とすることになる。」と述べた。

原題:Uganda: Clinical Trial of Injectable ARV Drug Starts in Uganda
出典:The East African
日付:2018/11/20
URL: https://allafrica.com/stories/201811200385.html