【2018年11月23日ナイジェリア発】国連合同エイズ計画 UNAIDSが発行した 『知識は力 Knowledge is Power 』という新しい報告書によると、世界のHIV陽性者のうち940万人が、自身がHIVに感染していることに気づいていないという。一方、陽性者の75%にあたる2700万人は自身がHIVに感染していることを認知しているとされる。報告は、現在HIV陽性に気づいていない940万人や、ウイルス量が検出限界以下まで制御しきれていない1940万人への対策強化を呼びかけた。

UNAIDSによる新たな報告書は、HIV検査や治療を強化することで、より多くのHIV陽性者へ到達できると示している。

健康を保ち、他者への感染を予防するには、継続的な抗レトロウイルス治療で、HIVを検出限界以下に持ち込むか、非常に低い水準まで抑え込む必要がある。UNAIDSのミシェル・ シディベ事務局長 Michel Sidibe によると、ウイルス量を効率的に管理するためには、12ヶ月ごとにウイルス量検査をする必要があるという。ウイルス量検査は、HIV治療の経過観察の最適の方法であり、治療が効果的であることや、ウイルスをしっかり制御し人々を健康的に生き永らえさせているということを示すものであるという。

ウイルス量検査の普及度合いは地域差が大きく、ある地域ではウイルス量検査がHIV治療に標準的に組み込まれていて簡単に受けることができるが、別の地域では国内にウイルス量検査機械が1つしかないということもあるという。シディベ事務局長は、「HIV検査とウイルス量検査は、ロンドンでも、アフリカ南東部マラウイ共和国の首都、最貧国の一つであるリロングウェでも、全てのHIV陽性者が例外なく同じようにアクセスできるべきである」と強調した。

また同報告書は、HIV検査への最大の障害は、差別と偏見であると示した。女性・男性・若者や鍵となる人口集団 key populationに関する研究によると、HIV関連の医療サービスを利用しているところを見られることに対する恐れや、陽性だった場合、家族や友達、性的パートナーや地域の人々に知れ渡ることに対する恐怖が、検査を含めたHIV関連サービス利用の妨げとなっているという。

UNAIDS は、HIV検査は基本的人権のひとつであるとしており、国連のHIV/AIDS 関連機関は世界に対し、HIV検査に対する障害をなくすよう呼びかけている。障害をなくすとは、HIV関する差別や偏見をなくすこと、HIV検査や治療の匿名性を確保すること、一番必要としている人たちへ届けるためHIV検査戦略を最大限に展開すること、などが含まれる。また、別の医療サービスとの連携することや、HIV検査や治療を妨害する法的障害をなくすこと、低・中所得国へウイルス量検査を普及させること、新生児に対するHIV早期診断を徹底することなども挙げられる。

上記の方法を実践することで、HIV陽性者やHIVに影響を受けている人々が、必要としている命を救う医療サービス(=HIV関連サービス)を利用できることを保証し、大いに推進することができると明らかにした。

原題: Nigeria: 9.4 Million People Living With HIV Unaware - UNAIDS Report
出典:All Africa (PREMIUM TIMES)
日付:2018/11/23
URL: https://allafrica.com/stories/201811230135.html