グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

中東・北アフリカ

シリアにおけるHIV/AIDS=忘れられた者たち


【2016年2月10日  アレッポ(シリア)発】2013年から国際エイズ協会(IAS)の一員であるアブドゥル・ナーセル・カーダン氏 Abdul Nasser Kaadanは、シリアの主要都市のひとつ、アレッポ出身の医師で、昨年、トルコへの避難を余儀なくされた。IASは彼とともに、HIVの最前線にいるシリアの人々の声を確実に届ける取り組みをしている。以下は、彼の話である。
続きを読む

(キルギスタン)同性愛者団体の事務所に攻撃


【2015年4月10日タリン(エストニア)発】中央アジアにあるキルギス共和国の首都ビシュケクにある性的少数者(編集部注)の団体「ラブリス」Labrysが何者かに襲撃された。これについて、東欧・中央アジアで活動するNGO「男性の健康に関するユーラシア連合」Eurasian Coalition on Male Health (ECOM)は断固抗議している。2015年4月3日の夜、何者かが同団体の敷地内に爆薬の詰まった3本のビンを投げ入れる事件が発生した。幸いケガ人はなく、建物にも大きな損傷はなかった。しかし、この団体が襲撃されるのは今回が初めてではない。過去にもオフィスに石が投げ入れられたり、活動家らは何度も暴力行為を受けたりしている。続きを読む

(中東・北アフリカ)HIV検査は女性への配慮が必要

【2015年3月8日 ジュネーブ(スイス)発】 中東・北アフリカ地域のHIV検査はこの10年で目覚ましく向上したが、未だ、不適切な新規感染の検査が行われ、感染についても過少報告が行われており、改善の余地がある。続きを読む

(アラブ首長国連邦)中東・北アフリカでエイズ増


【2014年12月1日 ドバイ(アラブ首長国連邦)発】中東・北アフリカにおける新規のHIV感染率やエイズ関連疾患による死亡数が、他の地域よりも早いペースで増加している。続きを読む

(モロッコ)保健への投資が開発の鍵:UNAIDSと関連機関が共同でシンポジウム

【2013年10月15日 マラケシュ(モロッコ)発】エイズ、結核、マラリアなどの感染症の現状に影響を与えることができる巨額の資金を調達するために、感染症問題にかかわる国連機関や国際機関、そのパートナーなどは、共同責任の精神のもとに協力している。政府、民間セクター、民間財団、個人、実行国がそれぞれに果たす役割を担っている。続きを読む

(中東・北アフリカ地域)薬物使用者におけるHIV感染数の増大

【2014年6月27 日】中東・北アフリカ the Middle East and North Africa(MENA)の国々における注射薬物使用者injection drug user (IDUs)のHIV感染について、国際チームによる電子データベースおよび各国の報告書を用いた総合的な調査により、その実態が明らかとなった。続きを読む

(イラン)イランにおけるHIV/AIDS対策は機能している?

【2014年3月22日 テヘラン(イラン)発】昨年12月、英国の医学誌「ランセット」の論説(12月14日付1958ページ)は「イランのHIV感染率は過去10年間で毎年80%ずつ増加した」と繰り返した。続きを読む

(エリトリア)エイズに取り組む団体が年次総会を開催

【2013年5月13日 アスマラ(エリトリア)発】 エリトリアでHIV陽性者の福利厚生やHIV/AIDSに関するキャンペーンなどに取り組んでいる国家的組織、ビド国民協会 Bidho National Association (Bidhoはティグリニヤ語で「挑戦」という意味)はHIV/AIDS予防に関して社会が果たす役割の向上を求めている。5月12日、同国民協会が開催した年次総会において、そのような提起がなされた。続きを読む

(北アフリカ)HIV/AIDS対策にサッカー活用

【2013年1月21日 ワシントンD.C.(米国)発】アルジェリア、チュニジア、モロッコのサッカー代表チームも、アフリカ・カップ・オブ・ネーションズの参加を通し、アフリカに広がるエイズと闘うとしている。続きを読む

(北アフリカ)若者対象のエイズ啓発キャンペーン

【2012年12月21日 ヌアクショット(モーリタニア)発】北アフリカのモロッコ国内では、若者を対象としたエイズ啓発キャンペーンが実施されている。4度目となったイベント「シダクション モロッコ」"Sidaction Maroc"(「エイズへの行動:モロッコ」の意)は12月31日まで行われ、若者たちに感染拡大を防止するため検査を受けるよう呼びかけている。テレビを使った募金活動も行われる。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ