グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

若者

(ケニア)HIV陽性の若者の人口が30万人に

【2018年8月15日 モンバサ(ケニア)発】東アフリカに位置するケニアの国家エイズ対策委員会 National AIDS Control Council : NACCのコースト州現地事務所は、ケニアにおける若者と子どもたちの間でHIV陽性者数が増加していることについて、懸念を示した。

NACCの理事を務めるンドゥク・キロンゾ博士Dr. Nduku Kilinzo は、ケニアの海岸部の主要都市であるモンバサで開催された第14回ケニア小学校長協会の会合において、「ケニアは、24歳以下の若者のうち約30万人がHIV陽性者である。内訳は、10〜24歳が約18万4千人、10歳以下が約10万人である。10-24歳の若者の間では毎日48人ものHIV新規感染が起こっており、2017年、ケニアでは思春期の若者の間で一万八千件の新規HIV感染が記録された」と述べた。

キロンゾ博士は、HIV新規感染者の増加の要因として、若者の間でのHIV/AIDSに対する情報の不足、性的暴力、仲間たちによる強制、HIVに脆弱な人口集団に対する社会の偏見などがあるとした。

「ケニアの若者の約20%にあたる5人に一人が、15歳になる前に性交渉をもっている。同時に、ケニアの若者の多くはインターネットでセックスについての情報を入手しているが、それらの多くは若い世代に誤解を与えるものである。しかしながら、親や教師の立場にある我々は、インターネットに背を向けている。若者がインターネットから得ている情報は誤解を招くものである」とキロンゾ博士は続けた。NACCのデータによると、仲間たちからの強制によってケニアの若者のうち20%は15歳の誕生日以前に性交渉をもっている。

キロンゾ博士はさらに、「15〜19歳の女性のうち約46%はHIV検査を受けたことがなく、同じ年代の男性のうち58%はHIV検査に一度も行ったことがない」と述べ、若い世代にHIV/AIDSについて教育するため、教師や両親に国家エイズ対策委員会または他のHIV/AIDSサポートグループに協力するように求めている。

原題:About 300,000 Young People are Living with HIV/Aids
出典 : Capital FM
日付:2018年8月15日
URL: https://www.capitalfm.co.ke/news/2018/08/about-300000-young-people-in-kenya-are-living-with-hiv-aids/

(ナイジェリア)15%の若者が15歳までに初めての性交渉を経験している

【2018年2月13日 (アブジャ)発】
国家エイズ戦略委員会(National Agency for the control of AIDS:NACA)の長官であるサニ・アリユ氏Sani Aliyuによると、ナイジェリアの少なくとも15%の若者が15歳までに初めての性交渉を経験しており、コンドームなしの性行為や複数のパートナーを持つ若者が増えていると危惧した。また、若者の間ではHIV検査の受診率も低く、17%の若者のみがHIV陽性者か否かを知っている。これを受けて2月14日のバレンタインデーに先立って、若者へ「HIVではなく愛を共有しよう」というスローガンが掲げられた。バレンタインの時期は特に若者がお互いの愛を表現しようと、コンドームなしの性行為がおこなわれ、無計画な妊娠やHIV/AIDSを含む性感染症(Sexually Transmitted Infections: STIs)に感染する危険がある。
続きを読む

国連、性教育への包括的アプローチを提唱

【2018年1月10日】ユネスコ(国連教育科学文化機関)が出版した最新の国際性教育実践ガイダンスは、初版から約10年が経つ中で、健康や福利を促進し、人権やジェンダーの平等を尊重して、子どもや若者が健康かつ安全で生産的な生活を送れるようにするための質の高い包括的な性教育を提唱している。続きを読む

HIV陽性の10代の妊産婦をどうサポートすべきか

【2017年8月4日】
HIV陽性の10代の妊婦や母乳で子育てをしている10代の母親に対して、必要なサービスを提供し母子感染を防ぐためには、特別な配慮とサポートの改善が必要である。本稿は、低所得国におけるHIV陽性の10代の妊産婦に対する産前ケアサービスの提供とその成果について公表されたエビデンスを精査し、知識とプログラム・サービスの間の隔たりを確認し、HIV陽性の10代の妊産婦という弱い社会集団に対してより効果的な治療を提供するためには、何が必要なのかを明らかにしようとするものである。続きを読む

HIV陽性の若者の小児科ケアから一般ケアまでの流れと注意すべき点

【2017年9月1日】
小児ケアから成人ケアへ移行する時期は、HIV陽性の若者にとって、治療を継続できず離脱するリスクが特に高い。しかし、それを実証するデータが不足している。続きを読む

(カメルーン)エイズ・フリー・ホリデー、ピアエデュケーションによってHIVに感作する

【2017年6月14日】
アフリカ中部の国、カメルーンの首都ヤウンデの第9地区の住民のうち566人が、HIVの感染拡大について教育を受けている。ヤウンデ市街のいたるところでは、道行く人に向けてHIVに関するメッセージを持った、淡い緑色のエプロンを身に着けた少年少女を目にする。続きを読む

HIV伝染を終わらせるために、若者に耳を傾けよう

【2017年3月8日】本文章は、アフリカ中央部の内陸国ルワンダのポール・カガメ大統領の娘で女性のエンパワーメントに関わる活動家である、アンジェ・カガメ氏 Ange Kagame によるものである。

続きを読む

(アフリカ地域)ポスト2015にユースの声を!ケニアでの試み


【2014年9月17日 ナイロビ(ケニア)発】アフリカの青少年たちは、今月末に開催予定の国連総会UN General Assemblyでも焦点の一つとなる「ポスト2015開発アジェンダ」(ミレニアム開発目標(2015年で終了)以降の新たな開発目標)の中身について討論することを、同世代の若者たちに呼びかけている。続きを読む

(ケニア共和国)2030年までにエイズをなくすために

【2014年9月10日ナイロビ(ケニア)発】

2030年までにエイズをなくすという目的は、若者の性と生殖にかかわる政策を優先させなければ達成に至らないだろう。体力があり性的に活発であることと、意識の低さやサービスへのアクセスのしにくさが加わり、若者はセックスに関係して起こる健康リスクをもっとも受けやすい。これに対する取り組みとして、ポスト2015年の議論のなかで、性と生殖に関する健康・権利sexual and reproductive health and rights (SRHR)に関する若者の声を伝えていくことが重要である。続きを読む

(スイス)若者のエイズ治療アドヒアランスの国際比較



【2014年9月4日  ジュネーブ(スイス)発】53か国を対象とした、抗レトロウイルス治療を行っている青少年のアドヒアランス(編集部注:自ら適切に服薬を行っているかどうかということ)の状況についての調査で、アジア・アフリカの方が欧州・米州よりもアドヒアランスの状況が良いことが判明した。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ