グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

こども

(ナミビア)子どものAIDS当事者たちのための未来を創るティーン・クラブ

【2018年4月20日ヴィントフック(ナミビア)発】南部アフリカの西海岸に位置するナミビア共和国の北部、カプリビ回廊地域の付け根に位置するアンダラ郡病院には、10代の若者たちが30人近く集まり、同年代の患者とHIV/AIDSに関する様々な経験や心情を共有している。

彼らは、両親のどちらかまたは両方をHIV感染によって亡くしており、未だHIV感染に対するスティグマが残る地域社会から孤立している。ナミビアには17000人以上の若いHIV陽性者がおり、ナミビア北東部のカヴァンゴ東部地域に位置するアンダラ郡にも、数百人のHIV陽性者の若者たちが生きている。国際保健に関するコンサルタントである「イントラヘルス・インターナショナル」Intrahealth International と、これと連携する地元関係者による調査により、同地域に住む10代のHIV陽性者はARTの継続率が低いことを明らかにした。この背景には自分自身の感染状況を他人に知られたくないという思いだけでなく、差別や偏見、自宅や学校から病院までの距離、保護者や大人たちからの支援不足が挙げられる。

そこでこの状況を改善すべく、アンダラ郡では10代のHIV陽性者への対応に精通した地元関係者を養成・配置するとともに「10代クラブ」Teen Clubを創設し、各分野の専門家がチームとなって彼らのニーズに応える体制を整えた。クラブ創設当初は参加者が少なかったが、彼らの病気に対する不安や恐怖を軽減させる社会心理的サポートを実施することにより徐々に増えていき、ART継続率の改善につながった。

多くの子どもにとって、まず自分自身がHIVに感染していることを理解することから始まるが、これは精神的にも身体的にも容易なことではない。クラブに所属する子ども達は病院の関係職員からHIV感染の事実を告知され、自身のHIV感染の状況を理解することでクラブへの入会およびソーシャルサポートを受けることができる。

包括的なHIVケアおよび治療には抗レトロウイルス薬による治療だけでなく、特に子どもや10代のHIV陽性者にはソーシャルサポートが不可欠である。HIV陽性者が日々直面する困難に打ち勝つためには、肯定的な役割モデルに基づく強力なソーシャル・ネットワークが役立つ。クラブの職員は、所属する子どもたちが他の10代の子どもたちと同じように生きていけるよう、親、子ども、地元関係者と良好な関係を構築していきたいとしている。

原題:Namibia: Teen Clubs Shaping a New Future for Children with HIV
出典:AllAfrica
日付:2018/4/20
URL:http://allafrica.com/stories/201804200264.html

胎盤がHIVを持つ母子、母子感染の問題を解決する可能性がある

【2018年2月6日】世界の大部分では、出産後、胎盤は破棄され、新生児と母親のケアに重点がおかれる。しかし研究者らは、胎盤に多くの重要な細胞が含まれており、研究によって新生児の発達に関する重要な知見を得ることができるのではないかと考え始めている。続きを読む

アフリカのファーストレディ、子どものHIVを終わらせるために立ち上がる

【2018年1月29日 アディスアベバ(エチオピア)発】1月29日、エイズに取り組むアフリカ元首夫人連合 Organization of African First Ladies on AIDS (OAFLA) は、「フルー・トゥ・シャイン」Free To Shineキャンペーンを開始した。2030年までにアフリカにおける子どものエイズを終結させ、母親の健康を維持するねらいがある。OAFLAの総会で開始されたこのキャンペーンは、地域レベル、世界レベルで人々や組織を団結させ、子どものエイズを終結できる医療を進めている。この目標を達成するために、「母子感染の根絶を目指す2020世界目標」に焦点を当てている。続きを読む

(ケニア)受診の遅れがHIV陽性の子供の致死率を高める

【2018年1月10日 ナイロビ(ケニア)発】HIV陽性者の子どもが抗レトロウイルス治療を利用できるにも関わらず病院で早期に死亡していることが最近の研究で問題として挙げられている。先週の英国の医学誌「ランセット」の論文で明らかになったことは、抗レトロウイルス治療は陽性者の子どもの生存率を増やしていないということである。定期的なHIV検査をしないため、多くの子どもが病院に受診して初めてHIV感染していることを知ることもわかった。さらに、多くのHIV陽性である子どもは、入院している間に深刻な重感染を診断され、高い死亡率を引き起こしていると述べている。続きを読む

(シエラレオネ)HIVを持つ、AIDSを発症した子どもたちをサポートし守るための体制はまだ不十分である

【2017年12月11日 フリータウン(シエラレオネ)発】
アフリカ西部、太平洋岸に位置するシエラレオネで、12月6日(水)に、子どものための国家委員会 National Commission for Children(NCC)が開催され、国内におけるHIV/AIDS対策が順調に進んでおりARTへのアクセスも著しい進展があるにも関わらず、子どもへの支援がいまだ不十分であることについて議論された。
続きを読む

HIV陽性の若者の小児科ケアから一般ケアまでの流れと注意すべき点

【2017年9月1日】
小児ケアから成人ケアへ移行する時期は、HIV陽性の若者にとって、治療を継続できず離脱するリスクが特に高い。しかし、それを実証するデータが不足している。続きを読む

生まれてすぐHIV治療を受けた子ども、9歳になっても新たに治療を必要とせず

【2017年月7月24日】
母子感染よりHIVに感染して生まれた子どもが、生後すぐに短期間の治療を受けた後、9年間治療を受けていなかったが、何ら問題なく健康を維持していたことが、パリで開かれた学会にて発表された。ウイルスをもって生まれた子どもに希望を与えるだろう。続きを読む

ウガンダで500人の少女が毎週HIVに感染している「その事実にウガンダの誰が注意を払っているだろうか」

【2017年2月9日】ウガンダ・エイズ委員会Uganda Aids Commissionが数日前に発表した報告が本当であれば、来年の今頃までに2万6,000人の少女がHIVに感染している可能性は極めて高い。もしこの傾向が続くのであれば、2029年までに、自分の娘や孫娘がHIV陽性者である可能性も高い。一方で、自分の息子や孫息子、夫もまた無関係ではない。

続きを読む

(アンゴラ)政府がHIV陽性児童の積極的保護に乗り出す


【2015年5月12日ルアンダ(アンゴラ)発】南部アフリカで大西洋に面するアンゴラ共和国にある「エイズとの闘いのためのアンゴラ国立研究所」Institute of Fight against Aids(INLS)のドゥセリナ・セラーノ所長Ducelina Serranoは11日、HIV陽性の児童を保護する政策の推進と、彼らが直面するスティグマの減少は、HIV/エイズの課題に取り組む上で、アンゴラ政府が担うべき責任の一部だと話した。続きを読む

(アフリカ地域)HIVの母子感染の重大性にどう取り組むか

【2014年8月1日】エイズという疾患が発見されたのは1980年代のことであり、その後、エイズの原因がHIVであることがわかった。当時は、エイズに治療法がなく、健康に重篤な影響を与える疾患であるということで、社会に大きな衝撃を与えた。抗レトロウイルス治療が導入される前は、エイズは死に至る感染症であった。さらに、最も衝撃的だったのは、これが世代を超えて感染すること、つまり新生児がHIVに感染して生まれてくる、ということだった。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ