グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

タンザニア

(タンザニア)HIV自己検査キットの販売、使用に懸念が高まる

【2018年8月22日ダルエスサラーム(タンザニア)発】アフリカは概して保健に関する教育が不十分で、感染症が拡大する状況にある。世界にも同様の地域は数多く存在するが、こうした地域において、疾病への対応について、個人が権威ある専門家のガイダンスを受けずに自己決定を行うことは、その困難に拍車をかけかねない。

例えば、HIV陽性かどうかを人口の半分以下しか知らないようなところでは、HIV自己検査は、特に感染リスクの高い人々が自身のHIV感染状態を知るのに役立つが、一方で専門家による検査やカウンセリングも依然として必要である。

HIV検査やカウンセリングへの投資は十数年にわたり行われてきたが、検査キットの使い方がわからない人、差別や偏見により検査結果を受け入れようとしない人がいる。カウンセリング無しのHIV自己検査は、逆に感染拡大を助長しかねないと専門家は指摘する。さらに、検査キットを不法に輸入する販売業者が出てくることが懸念されている。また、不法輸入販売者の出現により、世界保健機関 The World Health Organisation:WHO が規定する最低限の質を担保できない状況も考えられ、本来、医師による再検査が必要なHIV陽性者がそのまま放置されてしまう可能性もある。

2013年の初の国際HIV自己検査シンポジウムで、HIV自己検査は、20年以上も前から注目されてきたにも関わらず、政策立案者の中には賛否両論があり、結果として、これまで積極的に導入されてこなかったことが報告されている。

国連合同エイズ計画 UNAIDS は、「HIVの新たな感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連死ゼロ」を共通ビジョンに掲げ、これが達成できるよう各国へのアプローチに取り組んでいる。一方、HIV自己検査キットを活用した検査は、環境の整った医療施設で医療者がHIV検査を行い、さらにカウンセリングによって、人々がHIVに関連する知識もえられるというは異なり、検査結果を記録することもなされない。これでは、HIV自己検査キットを自身で購入・実施するHIV自己検査は、個人が自身のHIV感染状況を知る機会を増やすという以外の公衆衛生上の価値は望めない。

このような状況の中、タンザニアの「保健・コミュニティ開発・ジェンダー・高齢者と子ども省」のウミー・ムワリム大臣 Ummy Mwalimu は、HIV自己検査に関する許認可の全権を握っている。つまり、事故検査を促進するか、販売を中止するかについて、権限を持っているということである。

HIV自己検査を普及するにあたっては、これを国内外のHIV関連の目標達成に向けて、プログラムや医療者、関係者を支援するために使っていかなければならない。

また自己検査のガイドラインは、カウンセラー導入されているケースでは、パートナーへの告知を手助けすること、また倫理的、効果的で受け入れられやすく、根拠に基づいた方法で実施・拡大することを目的にするべきである。

原題: Tanzania: Outlaw Self HIV Testing Kits' Sale, Use by Public
出典: Tanzania Daily News
日付:22 AUGUST 2018
URL: https://allafrica.com/stories/201808220581.html

(タンザニア)HIV自己検査が可能に

【2018年5月31日ドドマ(タンザニア)発】アフリカ東部のタンザニア連合共和国の野党「市民統一戦線」(CUF)のマスード・サリム議員Masoud Salimは、タンザニアの最大都市ダルエスサラームから西に400kmに位置する法律上の同国の首都ドドマのHIV感染率が2倍になっていることについて政府に問題提起した。

タンザニア政府は5月31日に、国民自らHIV自己検査ができるような法律を検討中だと述べた。保健・コミュニティ開発・ジェンダー・高齢者・子ども省 Ministry for Health, Community
Development, Gender, Elderly and Children のウミー・ムワリム大臣 Ummy Mwalimu
によると、現在の法律では個人に自己検査を認めていないという。大臣は、「司法長官と修正案
について議論しているが、これが可決されれば結果が15分で出るHIV自己検査が可能になるで
あろう」と話した。

首相官邸でアンソニー・マブンデ次官 Anthony Mavundeは、「政府はHIV検査を普及させるための特別なキャンペーンを開始する予定だ」と述べた。

原題:Tanzania Plans to Allow HIV Self-Testing
出典:The Citizen
日付:2018/05/31
URL:http://allafrica.com/stories/201805310514.html

(タンザニア)AIDS教育センター20か所設立

【2018年3月29日】東アフリカに位置するタンザニアの国家エイズ委員会(TACAIDS)は、南部の回廊地帯(海岸沿いの首都ダルエスサラームからザンビアに向けた帯状の地域)に20のAIDS教育・訓練センターを設立している。目的は、HIV陽性者が比較的多い南部高原での対応を進めるためだ。現在感染率がもっとも高い地域は、法律上の首都であるドドマDodomaであり、この地域のHIV1陽性率はこの4年間で72.4%上昇している。

この計画では、HIVに加え、肝炎や結核、性行為によって感染する併存疾患について、地域社会が教育の機会を持てるようになることを目指す。TACAIDSの代表であるレオナルド・マボコ医師Dr. Leonard Mabokoは、この計画は感染率の高い地域に対し、タンザニアのエイズ信託基金を通じてTACAIDSが行う対策の一環であり、南部には少なくとも20ヶ所つくると述べた。

HIV/AIDSの教育・訓練センターは、抗ウイルス治療、日和見感染症への対応、予防方法や暴力の対応などを含めた教育を様々な地域で行うために使われる。センターでは、人々の教育に加え、HIVの予防と治療に必要な技術的支援を医療機関に対しても提供している。

タンザニアの南部回廊のセンターは、HIVの感染率が高いンジョンベNjombe、イリンガIringa、ムベヤMbeyaの3地域にまたがってつくられる(2017年の国家統計局(NBS)によれば、感染率はンジョンベで11.4%、イリンガで11.3%、ムベヤで9.3%であった)。この3地域はザンビアにもつながる主要な陸上ルートでもあり、多くのトラックドライバーが往復をする。この地域にセンターをつくる狙いは、他の地域や人々にHIVが拡散されることを防ぐことである。

タンザニアでは、HIVの感染率における地域差が大きい。国全体でのHIV陽性者は少なくとも140万人いるが、海岸沿いの南部のリンディLindiや沖合の島でタンザニアを構成する共和国の一つであるザンジバルZanzibarではその割合は1%未満と低い。一方、ドドマDodomaやタンガTanga、ムワンザMwanzaではHIV陽性者の増加が著しい。最新の調査によれば、ドドマでのHIV陽性者の割合は、2017年に2・9%から5%に上昇した。タンガでも2.4%から5%、ムワンザでは5%から7.2%まで上昇した。

タンザニア政府は法律上の首都で国の中央に位置するドドマに行政府を移転し、人口の少ない中部地域への移住を奨励する政策をとってきた。レオナルド・マボコ医師Dr. Leonard Mabokoによれば、この政策はエイズとの闘いを阻害する結果にはつながっていないという。委員会は、Dodomaで過去4年間に72%陽性率が上昇したことについて懸念を示しつつ、政府に対してドドマへの移民流入がパニックを引き起こさないよう行動することを求めている。

●原題:Tacaids Sets Up 20 AIDS Education Centres
●出典:Tanzania Daily News
●日付:2018/03/29
●URL:http://allafrica.com/stories/201803290056.html

(タンザニア)自主的な男性の割礼を促す運動が良いスタートをきる

【2018年1月19日 ダルエスサラーム(タンザニア)発】東アフリカのタンザニア連合共和国の中部にあるシンギダ地方で、HIV・エイズの感染や他の疾病リスクを減らすことを目的にした、自主的な亀頭包皮切除を促すキャンペーンがシンギダ地方で好スタートを切り、多くの人々が無料サービスに訪れた。続きを読む

ザンジバルでの教訓、他国が次のチャンスを得るための手がかりへ

【2017年4月27日 ザンジバル(タンザニア)発、執筆:ジェマ・オーベルト記者 Gemma Oberth 】2017年3月20日、東アフリカ・タンザニアの沖合に浮かぶザンジバル島の自治政府は、グローバルファンドに対して結核とHIVのプログラムの継続のために640万ドルを申請した。このうち50万ドルが、「優先的資金手当要望」 Prioritized Above Allocation Request: PAAR とされた。しかし、その詳細については、案件形成過程でしか明らかにならないことになっている。

続きを読む

(タンザニア)HIVの流行を防ぐためにはコミュニケーションが不可欠

【2017年1月18日、ザンジバル(タンザニア)発】タンザニア本土の沖合に浮かぶザンジバル島では、親子間でセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス SRHR に関するコミュニケーションが求められている地域の一つである。この地域において、HIVHIVに関するフォーラムが開催され多くの人が集まった。

続きを読む

(タンザニア)「母子間のHIV感染が20%減少」

【2016年12月29日 ダルエスサラーム(タンザニア)発】(記者:ダンスタン・ミル Dunstan Mhilu)保健データによるとHIV母子感染はこの5年間で20%減少した。

記者に対する概況説明において、タンザニア・エイズ委員会 Tanzania Commission for Aids(Tacaids) の幹部である、レオナルド・マボコ医師 Dr. Leonard Maboko は、この減少は2010年と2015年との記録の比較に基づいていると述べた。彼は、これは保健省、Tacaids、そしてNGOを含む鍵となる人々の尽力により国民の意識が向上したことによると説明した。

続きを読む

(タンザニア)セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス&ライツを進めるために

【2016年11月1日】
東アフリカの国タンザニアで10月13日、セクシュアル・アンド・リプロダクティブ・ヘルス&ライツ Sexual and Reproductive Health and Rights (SRHR) に関する全国会議が開催された。そこでタンザニア女性法律家協会 TAWLA が、タンザニアにおける危険なタンザニアの危険な中絶という、議論を呼ぶテーマについて開かれた議論の場を提供した。この会議には、国会議員から政府高官、市民社会組織まで120人以上が参加した。続きを読む

(タンザニア)AIDS患者を差別しないで

【2016年10月25日 シニャンガ(タンザニア)発】
東アフリカの国、タンザニア連合共和国の北部、シニャンガ地域の地域医療責任者、ヌル・ンプヤ医師Dr.Nuru Mpuyaは、現場に務める保健衛生官 Health OfficerがHIV陽性者に対して虐待的な言葉を使っていることで警告を受けてきていると報告した。ヌル医師は地域に配属になった新しい保健衛生官、看護職、臨床医、薬剤師、臨床検査技師らを含む25名に対してオリエンテーションにて上記のように述べた。
続きを読む

タンザニア、国全体でエイズ・フリー世代を心に描く

【2016年9月17日 ダルエスサラーム(タンザニア)発】2030年までにエイズを終息させようという動きが強まる中で、ソーシャルワークに関する教育は、公共政策の最優先事項であり政府のアジェンダであるはずだ。

続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ