グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

マダガスカル

★(マダガスカル)HIVの低感染率がもたらす予防への無関心

【2012 年5月21日 アンタナナリボ発】
マダガスカルはHIVの感染率が低い。しかしこの低感染率が、現在直面している政治的な危機と相まって、独自の問題を抱えている。
続きを読む

世銀:マダガスカルに2.39億ドル拠出

 世銀はマダガスカルの開発援助資金として2.39億ドルの拠出を承認した。2002年の政変以降、同国は順調な経済成長を遂げ、2003年には9.4%、2004年は6.3%、今年も6%以上を維持できるとの見方が強い。今回世銀から拠出される2.39億ドルの長期低利貸付によって以下の3つプロジェクトが実施される。

1.経済協力: 最大規模で予算約1.3億ドルの「統合成長拠点プログラム the Integrated Growth Poles programme 」は、経済成長の拠点となる3つの輸出加工区の経済・社会インフラ整備とリハビリを目的としている。プロジェクトは、(1)中小企業育成支援、(2)首都ITビジネスパーク建設と農・工業地域への技術協力、
(3)リゾート地ノシベの国際ホテル開発、の3つからなり、世銀は、当事業によるハード・ソフト両面からの支援は、同国政府の地方分権化に貢献するとものと期待している。

2.貧困削減: 同国の貧困削減戦略ペーパー (PRSP) Poverty Reduction Strategy Paper 実施のため、8千万ドルが拠出される。同国PRSPでは、貧困削減に向けて教育や保健セクターに重点を置いている。教育セクターでは、学費の免除や教材の無料配布、保健セクターでは、安全な飲み水の提供や健康状態の改善に取り組む。この他、公務員や政治家の汚職を撤廃すべく、公共支出管理の改善などの制度改革を推し進める。

(3)STI/HIV/AIDS予防活動: 予算は3千万ドル。保健セクター支援、地元市民団体によるケアプロジェクトの経済的支援、その他プロジェクト管理、モニタリング・評価、援助ドナーとの調整が予定されている。 

原題:MADAGASCAR: World Bank releases $239 million for developmentprojects
日付:13 July, 2005
出典:IRIN Plus News
URL:http://www.plusnews.org/AIDSreport.aspReportID=5028&SelectRegion=Southern_Africa&SelectCountry=MADAGASCAR

おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF
  • ライブドアブログ