グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

ルワンダ

(ルワンダ)キガリ市、今後5年間で新規HIV感染者減少を目指す

【2018年9月21日キガリ(ルワンダ)発】東アフリカの内陸国、ルワンダの首都であるキガリ市は、新HIV戦略計画において2015年最終調査時と比較し、2020年の調査では6.3%の罹患率の減少を見込んでいる。

2015年の調査では、セックスワーカーの2人に1人がHIV/AIDSに関する情報を持っておらず、市内の55パーセントがHIVに感染していることが明らかになった。

キガリ市社会問題担当のパトリシア・ムホンゲルワ副市長 Patricia Muhongerwa は、「私たちは開発パートナーたちと、HIVと闘うための5年間の戦略的計画とその具体的な活動を示しました。私たちが、キャンペーン活動にもっと力を入れれば、新規HIV罹患率が減少すると願っています。」と述べ、「新規HIV感染を制限するためには、売春を確認する必要があります。それを達成する唯一の方法は、セックスワーカーにアプローチし、彼らと深い議論をすることです。」と続けた。

ルワンダ・バイオメディカル・センター Rwanda Biomedical Centre HIV国家戦略・運用計画のムハンマド・セマクレ 戦略アドバイザー Muhammed Semakure は、「キガリ市役所は、新規HIV感染を予防するための様々なプログラムを持っている」と述べた。

「まず、抗レトロウイルス治療薬 Anti-retroviral drug : ARV を早期に服用するために、人々の状況を知る手助けをする努力をします。今のところ、私たちは、検査のために公共施設に行くことを恐れる人々のために、自己検査の新しい戦略を持っています。そして、HIV陽性と診断された人々の性交渉相手ができるだけ早期にHIVの状態を知る助けとなるようなプログラムがあります。」、また、「コンドーム簡易販売プログラム the program of condom Kiosks を始める時、設置場所としていくつかのホットスポットを選んだ。新HIV戦略的計画の目的は、必要とされるすべての場所に設置することである。」と彼は述べた。

UNAIDSのベツル・ヴォルデセマヤト カントリーディレクター Betru Woldesemayatは、ルワンダの強力なリーダーシップと、2030年までにエイズの終息を目指す「ファースト・トラック」のアジェンダを推進するコミットメントを賞賛しました。

「ファースト・トラック都市イニシアチブ」の目的は、国と都市が2020年までに90-90-90の世界的治療目標に達する具体的な行動をとるよう促すことである。この90-90-90は、HIV陽性者の90%が自分の感染状況を知り、その90%がHIV治療にアクセスし、その90%において、HIVのウイルス量が検出可能値以下に下がるという状況を意味する。都市化率が高いことは、HIV感染の機会だけでなく、多くの課題が伴う。キガリ市でHIV予防と治療サービスを迅速に追跡すれば、費用対効果の高い方法で多数の人々に届く可能性がある」と彼は語った。

原題:Rwanda: City of Kigali Seeks to Reduce HIV Prevalence in the Next Five Years
出典:The New Times RWANDA’S LEADING DAILY
日付:2018年9月21日
URL:https://www.newtimes.co.rw/news/city-kigali-seeks-reduce-hiv-prevalence-next-five-years

(ルワンダ)HIVに対する国際的な連帯と説明責任を要求

【2018年3月26日】アフリカ中部の内陸国であるルワンダにおいて、公衆衛生とプライマリー・ヘルス・ケアを担当する国務大臣であるパトリック・ンディムバンジ博士 Dr Patrick Ndimubanziは、2019年12月に開催予定のアフリカ・エイズ性感染症国際会議 the International Conference on AIDS and Sexually Transmitted Infections in Africa (ICASA)に着手することを宣言する記者会見で、保健セクターの取り組みを前進させるためのお互いの説明責任の強化と地球規模の連帯を呼び掛けた。この会見ではまた、ICASAのロゴとテーマの公募が呼びかけられた。

「私たちはエイズや性感染症、関連疾患へ対処するため最新のエビデンス、に基づいた政策や戦略に関しての包括的な議論を楽しみにしている」

彼は、この会議がHIVへの闘いを妨げる課題を解決するための絶好の機会だと付け加えた。

「今こそアフリカにおける自由な人やモノの移動をどう実現するかを語るときであり、また、持続可能な開発目標(SDGs)について話をするときであり、またHIV、そして生涯に渡って健康的で生産的な生活を人々に提供するという目標にどう到達するかについて話すのに絶好の機会である。また政策担当者として、アフリカ諸国がどのような最新政策や戦略を採用しているのを見て、HIVに立ち向かうための課題をどのように解決すればいいかを議論したい」

会議は、最新の科学的知見、政策や戦略について共有するための場を提供する。

ルワンダはHIV/AIDSをなくすための闘いにおいて、確固たる進歩を遂げて来た。HIV感染率はここ10年3%に抑えられており、口腔内自己検査(口腔内の粘膜を綿棒で取り機関に送付することで行う自己検査)、自主的なカウンセリングと検査サービスの拡大や、移動型のコンドーム販売キヨスクの設置など、最新の画期的アイディアも発表されてきた。

アフリカ・エイズ協会 Society for AIDS in Africaのルーク・アルマンダ・ボデア氏Luc Armand Bodeaは会議を、HIVの新しい動向を知るためのいい機会だとした。

「私たちが今話している間も、人々は偏見にさらされ続けている。しかしそれ以上に、私たちは困難に直面している。ICASAは日々直面している困難について語ることのできない人々のために、その障壁を超えるための場を提供するものだ」

同協会の役員であるナムウィンガ・チントゥ博士Dr Namwinga Chintuは、これは特別な会議だという。なぜならこれはアフリカ人によるアフリカ人のための集まりだからだ。

彼女はこの会議が、プロジェクト実行者とアフリカの科学者たちがHIVについての知識と経験を共有するための場であるという。ルワンダ政府が非常に熱心になっていること、また彼らと共にこの会議を成功に導けることを喜ばしく思っているという。

<ICASAについて>

ルワンダは、今回で20回目となるICASA2019の主催国であり、そのロゴは国の特徴、SDGs、90−90-90や2030年までにエイズを終息させる目標などを反映したものとする予定だ。個性的で最適なロゴを求めてコンテストが開催され、採用者には賞品が贈られる。コンテストは全てのアフリカ諸国に開かれており、特にアーティストやHIV陽性者などの参加が推奨される。

ICASAは主要なそして唯一の、アフリカで開催されるバイリンガルな会議である。コミュニティを脆弱にする疾病であるHIVや結核、マラリアからアフリカが解放されることで、HIV/AIDSの影響を緩和するため1990年から開催されている。現在まで14カ国で開催されており、通産10万人以上が参加した。

●原題:Rwanda: Call for Solidarity, Accountability in Global Fight Against HIV
●出典:The New Times
●日付:2018/3/26
●URL: http://allafrica.com/stories/201803260421.html

(ルワンダ) 「エイズ・フリー世代」がアフリカの経済成長のカギに:カガメ大統領夫人が表明

【2017年9月21日キガリ(ルワンダ)発】ルワンダのジャネット・カガメ大統領夫人 Jeannette Kagameは、「HIV/AIDSフリー世代」がアフリカ大陸の経済発展に大きな役割を果たすと述べた。カガメ大統領夫人は、第72回国連総会と合同で開催された「エイズと闘うアフリカ・ファーストレディー機関」 Organization of African First Ladies on AIDS (OAFLA) で、若い力が未来を変えると強く信じている、と述べた。「アフリカの人口ボーナスを活用する能力は、若い人々の健康と福祉に強く依存している。我々は『スタート・フリー、ステイ・フリー、AIDSフリー』という目標を実現するために保健システムを総動員しなくてはならない。良質のヘルスケアと教育にアクセスする権利を保証することにより若者に投資すれば、彼らは明るい未来のためにその機会を最大限に利用できる」と若者の力の重要性を強調した。

続きを読む

(ルワンダ)ガサボ郡でエイズ対策のためのマッピング

【2016年11月8日 ガサボ(ルワンダ)発】
東アフリカの内陸国ルワンダの首都キガリ県にあるガサボ郡で、エイズ対策のための会議が行われた。「ガサボ郡のHIV予防のステークホルダーは、郡内の青少年にHIVの情報とサービスへのアクセスを増やすための連携を強化する必要がある」と一人の行政官が言った。ガサボ郡で保健ディレクターを務めているエレン・ニランヤムウィブワEllen Nyiranyamwibwa は先週、全ての機関内での連携を強化することによってどこに問題があるのかを決定し、対処できるようになると主張した。「何が起きているのか明確な情報がなければ、保健パートナーの中にはセクターを選り好みし、他のセクターを放置しがちなものもいる。しかし、どの機関が関与しているかを全てのステークホルダーが知っていて、どのような介入が行われているのかをお互いに学べば、プランニングを改善し、行動する範囲を決めるやすくなる」と彼女は言う。続きを読む

(ルワンダ)HIV/エイズの子どもたちに対するケア

【2016年5月4日 ルワンダ発】
昔と違い、HIV感染イコールはすなわち死、ということを意味しない。感染の経緯に関わらず、長く健康に生きることができる。子どもの頃にHIV陽性者であっても、ルワンダの法律では、保護に関する特例に基づく権利を有している。続きを読む

(ルワンダ)HIV対策には革新的対応が必要


【2015年9月30日 ガツィボ(ルワンダ)発】アフリカ中央部の内陸国ルワンダの東部県ガツィボ郡Gatsibo Districtで、地元のNGOが農村部でのHIV検査や治療を推奨する取り組みを開始した。このNGOは「アフリカ福音主義企画ルワンダ」African Evangelical Enterprise Rwandaで、その取り組みは、草の根レベルでHIVのサービスへのアクセス改善を目指すものであり、検査をしないと村を破壊してしまうHIV/AIDS対策を強化する運動だ。続きを読む

(ルワンダ)生まれつきHIV陽性者だった私の夢


--------------------------------------
【2015年10月1日 ルワンダ共和国発】 以下は、母子感染によってHIVに感染したルワンダ人の女性、クレア・ガサマゲラさん Claire Gasamageraの手記である。続きを読む

(ルワンダ)子どもHIV陽性者の36%が治療できていない -----------------------------------------


【2015年7月30日キガリ(ルワンダ)発】 東アフリカの内陸国ルワンダのHIV陽性者団体「ルワンダHIV陽性者ネットワーク」Rwanda Network of People Living with HIV/AIDS、「国連合同エイズ計画」UNAIDS、「ルワンダ生物医学センター」Rwanda Biomedical Centre (RBC)の共同調査によると、HIV陽性の子供たちの36%もが診療への道を閉ざされているという。続きを読む

(ルワンダ)難しいHIV/AIDS対策管理 --------------------------------------


【2015年7月13日ルワンダ発】 感染症の治療及び管理は非常に難しい。HIV/AIDSは一生にわたって薬を飲み続けないといけないのでより難しくなる。患者は長生きするには厳格なガイドラインや方法に従わなければならない。続きを読む

(ルワンダ)国家警察が地域治安支援機関のメンバーにも自発的HIV検査を実施


【2015年5月28日ルワンダ発】ルワンダはアフリカ中部に位置し、長野県の2倍ほどの国土である。首都キガリの郊外にあるカシーアルーKacyiru警察病院の医療チームは、ニャマガベNyamagabe郡におけるルワンダ国家警察 Rwanda National Police の警官と地域行政治安支援機関 District Administrative Security Support Organ のメンバーを対象としたHIV検査プログラムを、5月26日に終えた。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ