グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

ビジネス・企業

(ザンビア)メディアとHIV対応

【2018年10月31日ルサカ(ザンビア)発】アフリカ南部の内陸国の一つであるザンビア共和国は、アフリカのなかでHIV感染の影響を最も受けている国のひとつである。同国では、2030年までにHIV/AIDSの終息を目指し国連エイズ合同計画(UNAIDS)が策定した「90-90-90戦略」のもと、ザンビア国家エイズ戦略枠組み National AIDS Strategic Framework of Zambiaが改訂され、ゲイやトランスジェンダー、男性とセックスをする男性 Men who have sex with men : MSM を含めるよう制度の対象が見直された。UNAIDSの「90-90-90戦略」とは、HIV陽性者の90%が自分の感染状況を知り、その90%がHIV治療にアクセスし、その90%においてHIVウイルス量が検出可能値以下に下がるという状況を意味する

HIV影響の評価 The Zambia Population-Based HIV Impact Assessment : ZAMPHIA は、2016年3月から8月の間のエイズ対策の進捗状況を明らかにした。同調査によると、15歳から59歳までの成人で年間におよそ4万6千件の新規感染があり、成人の感染率は12.3%で、男性が9.5%、女性が14.9%であることが明らかになった。しかし、同調査は、国家エイズ戦略枠組みの改定前に調査されたため、異性間のカップルのみに焦点が当てられ、対策の鍵となるゲイやトランスジェンダー、MSMに焦点が当てられていない。

ザンビアのHIV対策を取りまとめる国家エイズ委員会 National AIDS Council : NAC は、HIV問題を解決するために関係者が一致団結できるよう主導的役割をはたしている。2017年6月、NACは国家エイズ戦略枠組National AIDS Strategic Framework : NASF 会議を開催した。
同会議には、メディアも招待され公開された。メディアは、NACはMSMがHIV感染拡大の元凶であると認識していると報道している。一方で、MSMを含むすべてのHIV陽性者が治療やケアにアクセスできるようHIV対策に取り組むことについても議論したと報道された。

ザンビアの英字紙である「ルサカ・タイムズ」紙は「リビングストンはザンビアのゲイの中心地である」という見出しを掲げ、あるいは「儲けたお金で家を建てた者もいて儲かるようにもみえる」などと、この会議はメディアによって否定的に報道された。このような報道によって地域で活動する当事者や国際援助機関による支援状況に影響を与えた。また、影響を受けた当事者らは、偏見や逮捕を恐れて身を隠すようになった。この問題解決のために、NACと他の協調関係にある組織がメディア機関と一同に会し、正当な事実に基づく客観的報道をすることがHIV対策の改善になることを確認した。今後、メディアとの有効な協力関係は、2030年までにエイズを終息させるための重要な鍵の一つとなる。

原題:The Media and HIV Response in Zambia
出典:Key Correspondents
日付:2018/10/31
URL:http://www.keycorrespondents.org/the-media-and-hiv-response-in-zambia-%E2%80%A8/

HIVの日和見感染症であるサイトメガロウイルス網膜炎に女性団体が注意喚起

【2013年8月5日 ブエノスアイレス(アルゼンチン)発】HIV陽性の女性の国際的なネットワークである「HIV/AIDSと共に生きる女性国際コミュニティ」ICW は、医薬品特許プール the Medicines Patent Pool(編集部注1)とロシュ社Roche(スイスの製薬会社)が、HIVの日和見感染症であるサイトメガロウイルス網膜炎 CMVR の治療薬を、最も必要とされている貧困国で利用可能となる見込みを立てたことに対し、これを賞賛する声明を出した。続きを読む

(ウガンダ)個人業者のHIV検査キット普及に懸念も

【2013年2月6日 カンパラ(ウガンダ)発】ウガンダの保健当局者は、民間の薬局などによるHIV検査キットの販売を懸念しており、専門家のカウンセリングを伴う検査を推奨している。

首都カンパラには、中国、インド、欧州から輸入されたHIV検査キットを仕入れている薬局もある。カンパラの郊外ワンデゲヤWandegeyaの薬局では、3,000ウガンダ・シリング(約1.12米ドル)で、検査キットの一つである「ディターミン」Determineを販売しているという。続きを読む

(アフリカ)結核に関するSNSサイト、オープン

【2013年2月20日 シアトル(米国ワシントン州)発】世界の結核対策の第一線で働いている人々を対象とする新しいSNSサイトが、国際保健分野で活動しているNPO「パス」(Path: 本部・米国)の支援でオープンした。
続きを読む

(南アフリカ共和国)南アの保険会社、エイズに伴う障害にフォーカスした保険制度を設置

【2013年2月4日 ジョハネスバーグ(南アフリカ共和国)発】南アフリカ共和国で生まれた保険会社、オールド・ミューチュアル社 Old Mutual Corporateは、多くの企業の努力や、退職者のための基金などの成果があってか、エイズによる死亡者数が近年顕著に下がったとの見解を示した。しかし実際、エイズに起因する障害への保険請求は、増加傾向を辿っている。このため、企業側は、障害給付金の改善に焦点をあてた団体保険をうまく活用することを勧めている。続きを読む

ジョンソン&ジョンソン、HIV治療新薬「ダルナビル」に関する特許で特例

【2012年11月30日】11月29日、ジョンソン&ジョンソンは、HIV治療新薬「ダルナビル」に関し、サハラ以南のアフリカや最貧国等の環境下では特許を行使しないという新しいポリシーを発表した。しかし、対象地域が64カ国に限られている点で、過去に他の治療薬に関して他の企業やジョンソン&ジョンソン自身が発表したポリシーと比べ後退している。続きを読む

(ナイジェリア)航空・携帯使用税導入、HIV/AIDS資金へ―連邦政府


【2012年10月10日アブジャ(ナイジェリア)発】ナイジェリア連邦共和国政府は、ナイジェリアにおけるHIV/AIDS対策資金を供給する方法の一つとして、国内で事業を行う企業を含む、航空機および電話機ユーザーへの課税を検討している。続きを読む

(ガーナ)アングロ・ゴールド・アシャンティ社と世界基金がマラリア対策で協力

【2012年6月13日 アクラ(ガーナ)発】南アフリカ共和国最大の金の採掘企業、アングロ・ゴールド・アシャンティ社 AGA は、自社が金鉱山を有する西アフリカ・ガーナ共和国の40の地域において、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)と協力して、包括的マラリア対策プログラムの一環として、殺虫剤の室内残留散布(Indoor Residual Spraying=IRS)の取り組みを普及させることを発表した。続きを読む

(米国)米国医療制度改革をめぐるホワイトハウスと製薬業界の裏取引が明らかに

【2012年6月8日 ワシントンDC(米国)発】米国オバマ政権下で3年前の2009年、医療制度改革を巡ってオバマ政権と製薬業界で交わされたメールのやり取りが、共和党の議員らによって公開され、医療制度改革をめぐる製薬業界とオバマ政権の複雑な関係が明らかになった。続きを読む

★ノバルティス社、学生たちに「占拠」される=知的財産権に関する抗議行動で=

【2012年2月22日 ニューヨーク(米国)発】スイスの大手製薬会社ノバルティス Novartis の年次株主総会の前日、米国の3都市で同社のオフィスがAIDS活動家や学生、コミュニティグループにより「占拠」された。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ